MENU
Amazonギフト券の現金化がバレてしまう条件とは?理由と対策を徹底解説
調査員:すぐる
Amazonギフト券の現金化は、還元率の高さと即金性の速さから人気の高いクレジットカード現金化の一種です。新幹線や他の商品券と比べて現金化がバレにくいため、他のクレジットカード現金化に比べて手が出しやすくなっています。

手元に現金はないが、どうしても現金が必要だというような場合の救済措置として活用する方もいらっしゃいます。しかし、いくらバレにくいといっても、全くバレない訳ではありません。

なぜなら、Amazonやカード会社はamazonギフト券を購入する人が現金化目的の購入なのではないか、と常に目を光らせているからです。さらに、現金化目的の購入がバレた場合には、ペナルティが課せられる可能でいも出てきます。

助さん
助さん
amazonギフト券の現金化は、換金性も高くおすすめだと耳にしました。
Amazonギフト券を購入して買取業者と取引するだけなので、手間もかからなそうです。
やってみたいと思うのですが、何か気をつけるべきポイントなどはありますか?
たしかにamazonギフト券の現金化は、換金性が高く人気があります。
しかし、現金化目的での購入が発覚した場合、それなりのペナルティが課せられるかのうせいがあります。
助さん
助さん
そのペナルティとはどのようなものがあるのですか?
ペナルティを受けないための方法などあれば知りたいです。

このページでわかる事

Amazonギフト券の現金化がバレた際に受ける4つのペナルティ

Amazonギフト券の現金化がバレた際に受ける4つのペナルティ
Amazonギフト券はAmazonのショッピングサイト内で利用できる金券です。この金券を換金する行為をAmazon側は規約で禁止しています。

また、amazonギフト券を含める金券の現金化は、ほぼ全てのクレジットカード会社が規則で禁止している事項です。

そのため、amazonギフト券の現金化がバレてしまった際には、Amazon側とギフト券の購入に使用したクレジットカード会社側の双方からペナルティが課せられる可能性があります。

ペナルティは以下の4つです。

① Amazonアカウントの利用停止や強制退会
② クレジットカードの利用停止や強制解約
③ 携帯電話の利用停止や強制解約
④ バンドルカードの利用停止や強制解約
助さん
助さん
ペナルティには、Amazon側からと決済側からの2種類があるということですか
場合によっては双方からペナルティを受ける場合があります。
まずは各ペナルティがどのような物なのかについて知っていきましょう

①Amazonアカウントの利用停止や強制退会

Amazonギフト券を換金目的で購入したことがAmazon側にバレてしまった場合、Amaz側からの通知が一切ない状態で、アカウントの利用停止や強制退会のペナルティが課せられる可能性があります。

前項でも解説した通り、AmazonではAmazonギフト券を換金目的で購入する行為を禁止しています。そのため、規則に違反したアカウントは利用停止や強制退会、または注文していた商品が強制的にキャンセルされるなどのペナルティーを受ける可能性出てくるのです。

また、Amazonは一度強制退会させたユーザーの再登録を認めていません。そのため、いくら時間を置いても再登録ができないので、以後Amazonのサービスは一切受けられなくなります。

②クレジットカードの利用停止や強制解約

クレジットカードを利用してamazonギフト券を「換金目的」で購入したのがバレた場合は、クレジットカードの利用停止や強制解約のペナルティが課せられます。

なぜなら、ほとんどのカード会社は金券を換金目的で購入する行為を規約で禁止しているからです。近年は現金化を行う方も増えているため、カード会社はより一層監視を徹底している傾向にあります。

最悪の場合、残債の一括返済や個人信用情報機関(CIC)に登録されるといった、いわゆるブラックリスト入りも危険性も少なくありません。

ブラックリストに登録されてしまうと、最短で5年、最長で10年は他の会社でクレジットカードが発行できなくなりますし、ローンを組むのも難しくなります。

③携帯電話の利用停止や強制解約

携帯のキャリア決済を利用した際は、携帯の利用停止や強制解約といったペナルティを課せられる可能性があります。

携帯の強制解約はブラックリストに載る場合もあるため、以降、新しく携帯を契約しようと思ってもなかなか契約できない状況に陥る危険性あります。

④バンドルカードの利用停止や強制解約

バンドルカードを利用してamazonギフト券を現金化目的で購入した際は、バンドルカードの利用停止や強制解約のペナルティが課せられる可能性があります。

バンドルカードとは、株式会社カンムが発行しているチャージ式のプリペイドカードです。即日発行で翌月払いのため、バンドルカードを利用してアマゾンギフト券を購入する人も少なくありません。

しかし、バンドルカードもクレジットカード会社と同じように換金目的での金券購入は禁止しています。そのため、現金化目的での購入が発覚した際は利用停止や強制解約などのペナルティが課せられる可能性があるのです。

ただし、バンドルカードを発行する株式会社カンムは個人信用情報機関(CIC)に加盟していないため、バレてもブラックリストに載る危険性はありません。

Amazonギフト券の現金化がバレてしまう原因とは

Amazonギフト券の現金化がバレてしまう原因とは

助さん
助さん
amazonギフト券を現金化目的で購入する行為はなぜバレてしまうのですか?
それは、現金化目的で購入する人たちは総じて特徴的な購入の仕方をするからです。Amazonやクレジットカード会社は購入方法によって、そのユーザーが現金化目的かそうでないかを判断材料のひとつにしています。

「Amazonギフト券を現金化目的で購入しているのではないか」と疑われてしまう原因について解説していきます。

高額なAmazonギフト券を購入する

一度で高額なAmazonギフト券を購入してしまうと、現金化が疑われやすくなってしまいます。なぜなら、通常の目的で高額なAmazonギフト券を購入するユーザーはそう多くはないからです。

Amazonギフト券は本来Amazon内での商品を購入する際の「商品券」として販売されています。そのため、5,000円や10,000といった金額を購入する方がほとんどです。つまり、高額なamazonギフト券を購入するユーザーは悪目立ちしてしまうのです。

一定期間で繰り返しamazonギフト券を購入する

少額のamazonギフト券を一定期間に繰り返し購入した場合も、現金化を疑われてしまいます。

前項でも解説した通り、一度に高額なギフト券を購入は現金化を疑われてしまう購入方法です。そのため、現金化目的のユーザーは「少額のギフト券を繰り返し購入すれば良いのでは」と考えます。

このように考える方が多くいるため、立て続けにamazonギフト券を購入する行為は、かえって不審に思われてしまうのです。

Amazonギフト券の購入金額を支払えない

Amazonギフト券をクレジットカードなどで購入した際、支払いを滞納してしまうと、現金化目的でギフト券を購入したのではないかと疑われてしまいます。

なぜなら、「購入したamazonギフト券を支払えない」→「支払い能力がない」→「現金が必要なユーザー」と紐づけられてしまうからです。

Amazonギフト券の現金化を口外してしまう

第三者が口外してしまうという理由も、Amazonギフト券を現金化目的で購入したのがバレてしまう原因の一つとなっています。

ギフト券の現金化はわざわざ他人に言う内容でもないため、めったな事がない限りは誰にも話さないようにするのをおすすめします。どんなに信用している人であっても同様です。

悪徳な換金業者を利用してしまう

換金の際に悪徳業者にひっかかり、個人情報がリークされてしまう危険性もあります。Amazonギフト券の換金業者は全てが優良サイトとは限りません。

悪徳業者にあたってしまうと、現金化目的での購入がバレてしまう他にも、「法外な手数料を取られる」「現金が振り込まれない」「個人情報の流失」など、さまざまな被害を被る可能性も考えられます。

amazonギフト券の現金化がバレない方法

amazonギフト券の現金化がバレない方法

助さん
助さん
amazonやクレジットカード会社側にバレることなくamazonギフト券を購入する方法はないのですか?
100%バレない方法なないです。
しかし、バレにくくするために策を講じることはできます。

Amazonギフト券を現金化目的で購入したのがバレないためには、バレる原因と逆を行います。全くバレない訳ではありませんが、疑われる確率が低くなるのは事実です。

1回で高額なamazonギフト券を購入しない

1度の購入を10,000程度にすることで現金化を疑われにくくなります。逆に、50,000円〜500,000円のような高額なamazonギフト券を購入すれば、現金化目的なのではないかと疑われてしまいます。

1回で複数回のamazonギフト券を購入しない

一定期間に複数回amazonギフト券を購入するのも、現金化を疑われてしまう行為の一つです。そのため、短い期間に少額のギフト券を大量購入するのを控えれば、現金化を疑われる可能性は低くなります。

作ったばかりのクレジットカードで購入しない

新しく作ったばかりのクレジットカードでamazonギフト券を購入するのも、あまり良い方法とはいえません。なぜなら、クレジットカード会社は新規ユーザーの動向を警戒しているからです。

クレジットカードにはクレジットヒストリーが登録されています。クレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用履歴のことです。長期間の利用者で滞納が一切ないユーザーは、クレジットカード会社からの信頼も高く、高額なamazonギフト券を購入しても疑われにくい傾向にあります。

一方カードを新しく作ったユーザーは信頼にいたる使用履歴がないため、amazonギフト券を大量購入したり高額な額を購入したりすると、すぐに現金化を疑われてしまうのです。

Amazonアカウントに登録しているクレジットカードで購入する

Amazonアカウントに登録しているクレジットカードで購入する
Amazonに登録しているクレジットカードと別のクレジットカードを使用してギフト券を購入すると、現金化目的での購入だとバレやすい傾向にあります。

Amazonではアカウントとクレジットカードの情報を紐づけているため、登録しているカードと違うカードで購入してしまった場合、不正利用を疑われやすくなっているのです。

そのため、amazonギフト券をクレジットカードで購入する場合は、必ずAmazonに登録しているカードで購入するようにしましょう。

返済できる額のamazonギフト券を購入する

Amazonギフト券を購入する際は、自分が払える金額に納めておくようにしましょう。現金化するからと返済できる範囲以上のギフト券を購入してしまい、結果払えないとなれば、現金化を疑われてしまう可能性が高くなります。

良質な買取業者を利用

Amazonギフト券の買取業者は優良な業者を選ぶようにしましょう。悪徳業者にあたってしまったばっかりに、トラブルが発生してしまう事態も起こり得るからです。トラブルから現金化がバレてしまう可能性も考えられるため、業者選びは慎重に行いましょう。

EメールタイプのAmazonギフト券を購入

Amazonギフト券の購入には、クレジットカード支払いでのみ購入できる「E
メールタイプ」があります。Eメールタイプのギフト券えあれば、決済方法で現金化を疑われるリスクが少なくなります。また、販売価格が15円〜と幅広いのも特徴です。

ただし、Eメールタイプのamazonギフト券は実店舗で買い取ってもらえないため、実店舗での換金を目的としているのであれば別の方法で購入するのをおすすめします。

信頼できる友人・知人に販売

アナログな方法ですが、信頼のおける友人などにamazonギフト券を売るというのも現金化がバレにくい方法となります。ただし、現金化が規約に反していると理解している友人に限ります。なぜなら、規約違反だと理解していない友人から現金化が漏れてしまう可能性もあるからです。

amazonギフト券の現金化が疑われやすい人

amazonギフト券の現金化が疑われやすい人
Amazonギフト券を現金化目的で購入したのがバレやすい人には、共通した特徴があります。次の項目では、バレやすい人の特徴について解説していきます。

助さん
助さん
『アマゾンギフト券の現金化がバレない方法』に気をつけて購入すれば、バレるリスクが抑えられるというわけですね!
確かに、前項で説明した内容に留意すれば、現金化がバレにくくなります。
しかし、Amazonやクレジットカード会社がチェックしている項目はそれだけではないのです。
助さん
助さん
一体他にどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?
現金化を疑われやすい人たちには、共通した特徴があります。
次に解説する項目にひっかかってしまう人は、現金化目的での購入を疑われやすいでしょう。

クレジットカードの滞納が多い人

クレジットカードの滞納を頻繁にしている人は、クレジットカード会社からマークされやすいです。そのため、amazonギフト券を含め、換金性の高い商品を購入した場合、「現金化目的なのでは?」と疑われてしまいます。

一度ブラックリストに登録されてしまった人

一度でもブラックリストに登録された経験のある方は、たとえブラックリストから外されたとしても、しばらくの間は監視対象として扱われます。そのため、換金率の高いamazonギフト券を購入した際は、調査されてしまう可能性が出てきます。

カードローン・キャッシングの利用回数が多い人

頻繁にキャッシングやカードローンをしている人も、疑われやすい対象となります。キャッシングはクレジットカードをATMに入れて希望額を現金で受け取れるシステムです。簡単に言うと、借金をしているようなものとなります。

そのため、キャッシングをしている方は手元にお金がない人とみなされ、調査の対象になりやすい傾向にあります。

amazonギフト券の現金化が疑われてしまった際の対処方法

amazonギフト券の現金化が疑われてしまった際の対処方法
Amazonギフト券を現金化目的で購入しているのでは、と疑われてしまった場合、Amazonやクレジットカード会社から確認の電話がかかってくる可能性があります。

どのような理由でamazonギフト券を購入したのか確認する電話です。ここで正直に答えてはいけないので、「それっぽい理由」用意しておきます。

例えば、「Amazonで買い物をするために購入した」「内祝いとして購入した」「結婚式で行う余興の景品として用意した」などです。

これらの理由で乗り切ったあとは、直ちに現金化をスットップするのをおすすめします。なぜなら一度現金化を疑われたユーザーは、その後も疑われやすくなってしまうからです。

amazonギフト券の残高は現金化できるのか?

Amazonギフト券の換金は、ギフト券が未使用な状態であるのが絶対の条件となります。そのため、アカウントに登録してしまったギフト券は換金が不可能です。どうしても換金したのであれば、換金性の高い商品を購入し、転売する方法しかありません。

未成年でも現金化はできるのか?

Amazonギフト券の買取業者を利用するには、18歳以上でなければなりません。そのため、未成年のamazonギフト券の現金化は基本的にできないと考えていて良いでしょう。

Amazonギフト券の現金化は、換金率とペナルティが表裏一体

Amazonギフト券の現金化は、換金率とペナルティが表裏一体
Amazonギフト券の現金化は換金性が高くバレにくい分、バレた際のペナルティも大きいです。バレないためには、購入の仕方や買取業者の選び方が大切となってきます。

とはいえ、各会社のルールで禁止されているだけなので、法的には何の違法性もありません。

より安全にamazonギフト券の現金化を行うには、本記事で解説した項目に留意しつつ、良質な買取業者で換金するようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元金券ショップ店員です。

ギフト券はもちろん、イベント関係のチケットや交通機関系など、様々な金券類の売買に精通。

その知識を使って、身近な商品券の売買やお得な買い物情報を中心にSNSを通じて情報をしていました。

だがSNSを使った悪質な買取業者の存在に気が付き、実際に被害が出ていることに憤慨。

特にアマゾンギフト券に関して、騙し取られる被害が多いことを知ると業界全体のイメージダウンを危惧する。

優良業者を利用すれば騙される心配が無いことをしっかり伝えたいと思うようになり、多くの方に知ってもらえるようにと記事の執筆も始めました。

執筆した記事一覧はこちら