MENU
amazonギフト券の換金は未成年でも行える?18歳以上でも未成年が買取を利用できない理由を解説!

未成年は世間的にまだ子どもとして扱われることが多く、買取サービスを提供する業者側の法律やローカルルールにおいてもさまざまな制限を受けます。

中でも今回取り上げる未成年によるamazonギフト券の換金は、購入や買取一連の法的な責任といった観点から未成年では換金が難しい状況にあるとされます。

そこで、未成年がどうしてamazonギフト券の換金が難しいのか、買取業者は未成年の年齢基準や買取可否の理由について購入と買取の両面から紹介します。

助さん
助さん
ご隠居。

この前のことですがamazonギフト券を換金できるか未成年の方に聞かれました。

『未成年お断り』という業者はよく見かけますが、実際のところ未成年は買取業者と取引できないのでしょうか?

黄門様
黄門様
未成年という年齢区分は買取業者にとっては重要なポイントじゃ。

自分の会社で未成年との取引がトラブルにつながらないとも限らない。

基本的に未成年との取引はしないという業者が多いのじゃ。

お銀
お銀
そちらについては私のほうから背景となる法律やリスクについてもう少し詳しく説明させて頂きます。

amazonギフト券の換金は未成年でも可能か

amazonギフト券の換金は未成年でも可能か
未成年はamazonギフト券を換金できないとされます。

しかし、実際にamazonギフト券の買取業者は未成年に対して一律の規制を課していることは稀で、18歳以上なら未成年が1人でも買取を実施していることがあるのです。

特にamazonギフト券の換金では買取業者を始めとした方法がよく知られています。

助さん
助さん
amazonギフト券の買取による換金を前提としたとき、そもそも何歳が成人や未成年の基準なのでしょうか?
お銀
お銀
成人年齢は民法で20歳です。

基準は下げる傾向にあるので、2022年からは18歳でも成人と認められるように法改正されます。

日本の未成年の定義

民法による成人の定義日本では、成年と未成年の区切りを民法により定めており、満20歳ではない人(20歳未満)を未成年としています。

成人式が20歳の年度にあるのは上記のためです。

2022年4月からは・・・2022年4月より民法の成人の定義が変更されるため、18歳より成人と認められます。

2021年現在は、まだ20歳が成人の基準のため間違えないようにする必要があります。

つまり、買取が「成人(年齢)」を条件としている場合には18歳以上であっても未成年は換金できず、18歳以上としていれば、親の代理なく換金を実施することができるのです。

「未成年だからまったくできない」、あるいは「18歳以上なら確実に換金できる」といった年齢区分がすべての業者の間で共通しているわけではないのです。

助さん
助さん
今年の2021年までは20歳が一つの区切りというわけですね。

業者に対する規制の法律はどうなっているのですか?

お銀
お銀
法律的にはモノを売買する許可やルールを定める「古物営業法」が該当します。

地方によっては「青少年保護育成条例」のように業者側を地方基準で個別に規制するケースもあるのです。

これには18歳未満の青少年から法定代理人(親)の許可なく買取することを禁止しています。

条例はあくまでも地域により差があるため、全国共通の年齢制限ではありません。

ところが、自分たちの住んでいる条例を知らない人も多いため、該当するかどうかがわからないという方もたくさんいるのです。

未成年個人の買取拒否が多い理由

未成年個人の買取拒否が多い理由

成年に達しない年齢の子どもを規制するのは未成年を犯罪から守るのが理由です。

たとえ18歳以上でも成人でないと断られることがある背景には、amazonギフト券の換金や売買にはリスクが伴うことが挙げられます。

本人が商品を買うだけであれば、それほど年齢は気にならないものですが、売る場合には売る物品の価値を保証する責任が伴うのです。

例えば、有名なオークションサイトのヤフオクは落札が満15歳から利用できます。

しかし、出品は18歳以上(法定代理人の許可なしの個人なら成人)にその時点でなっている必要があるのです。

amazonギフト券の買取業者では、いずれも身分証から年齢や本人確認に問題がないことをチェックします。

そのため、業者が取り決めている18歳以上or成人済みの基準で換金の可否が決まるのです。

未成年が買取できる手段

買取業者は、未成年に買取できる方法として条件付きでOKしていることがあります。

それが法定代理人の許可、すなわち親の同意書です。

通常の中古品店舗買取であれば親が随伴することで買取可能とする店もありますが、amazonギフト券の換金はネット上店舗の取引で行われる事が多いため、同意書や成年の代理で換金することが規制の厳しい店舗における唯一の方法となるのです。

助さん
助さん
未成年の換金方法は一般的な方法と違うのですか?
お銀
お銀
基本的には同じです。

ただし、買取業者なら未成年でも18歳以上で換金できます。

オークションの場合は、成人でないと親の同意なしに換金は無理です。

個人取引では年齢とは無関係に取引できますが、買い取ってくれる人がいないと使えませんね。

また、上の3つの方法以外では、売買取引が難しいことが判明しているサービス(メルカリやフリマアプリ等)もあるので取引場所には注意が必要です。

amazonギフト券の購入は未成年でも可能

amazonギフト券の購入は未成年でも可能

助さん
助さん
これまで買取について未成年でも可能だったり難しかったりというのは分かりました。

では、そもそもamazonギフト券の購入は未成年でも行えるのでしょうか?

お銀
お銀
公式Amazonサイトの細かい規則としては、成人でないとできないことになっていますが、現実的には形骸化しているので購入が可能です。
助さん
助さん
amazonギフト券は購入時にクレジットカードが必須ですが、未成年だと所有できないのではないですか?
お銀
お銀
いいえ、その辺は心配はありません。

クレジットカードの中には未成年でも18歳以上で持てるカードの種類があり、家族カードも使える通販サイトなので未成年による制限はそこまで大きくありません。

懸念としては収入が成人に比べてないため、普通のクレジットカードを作るときの審査に通りにくいことくらいです。

それに学生向けのクレジットカードなら問題なく作れるでしょう。

クレジットカードの使用

基本的にamazonギフト券現金化の目的で換金する場合、先にAmazonのサイトからクレジットカードで金額分のギフトを購入する必要があります。

クレジットカードは中学生や高校生では作れないため、未成年では持てないという誤解が広まっています。

しかし、カード会社の中にはクレジットカードの申込み条件を18歳以上としており、未成年でも作ることができるのです

また、家族カードのように親が支払いの責任を持つ子が18歳以上(高校生不可)で持てるものも登場しています。

しかも留学を条件に15歳から高校生でも持てる家族カードがあるのです。

Amazon公式の見解

amazonギフト券の購入にはクレジットカードが必要でそれは18歳以上なら未成年でも持てることは明らかです。

一方で、Amazonの通販ではamazonギフト券の購入条件をどのように定めているのかについては公式の見解となり規則があります。

それによれば「成人(20歳以上)」を条件にアカウントを作り商品を買うことができるとしています。

20歳未満の場合、親権者か後見人の承認が必要としているのです。

しかし、アカウント作成に年齢のわかる本人確認や同意書などは必要ないため、実質的には未成年でもアカウントを作ってamazonギフト券を購入できます。

助さん
助さん
もし、未成年が購入したらどうなるのですか?
お銀
お銀
よくある成年同意ボタンは未成年でも押した時点でたとえ偽りであってもその行為が成立するのと同じです。

厳格に管理していないという点で、amazonギフト券に対しては未成年の購入がそこまで問題とされていないことを意味します。

贈呈されたamazonギフト券

贈呈されたamazonギフト券
amazonギフト券を現金化する際に入手する方法で楽なのがすでに贈呈されたギフトコードをメールボックスなどですでに持っている場合です。

ギフトとして送られたのであれば年齢などの制限を受けることもありません。

ただし、買取時に年齢制限が発生するため、購入はできても高校生以下の場合は個人で換金ができないという状況が生じるのです。

取引サイト・オークション購入

買取業者に売る場合、公式サイトでの購入がセオリーではありますが、中には取引サイトやオークションを利用するケースもあります。

しかし、上記の方法はあまりおすすめできません。

理由はトラブルの原因になることがよくあるためです。

助さん
助さん
どんなトラブルがあるのでしょうか?
お銀
お銀
ギフト券残高やアカウントが凍結されてギフトそのものが使えないことが判明し、買取側が損失を補填するように賠償金や保証を求められるトラブルです。

未成年の場合、そうしたトラブルの対処は最終的に親が責任を持つことになります。

安いからと公式以外の購入方法でEメールタイプのギフトコードを買って換金するのは実際のところかなりリスクが高いのです。

普通に公式で買って換金するのがおすすめです。

業者による買取可否の違い

業者による買取可否の違い

助さん
助さん
買取できる業者と難しい業者ではどこに差があるのですか?
お銀
お銀
サービス内容にそこまで差はなく、リスクの管理に違いがあります。

未成年のトラブルを避けようとする業者や優良業者ほど無理な取引はしません。

利用を承認している買取業者

未成年の利用を承認している買取業者は、通常、未成年の買取で18歳以上を対象としています。

18歳未満(いわゆる青少年)への買取そのものは親が代わりに行わない限り、未成年を承認していたとしても買取対象から外れます。

満18歳なら親の同意書なしで買取OKとしている業者やその一方で親の同意を必要とする場合など2パターンあるのです。

同意を必要とする業者の方がリスクマネジメントの管理体制や安全性が高いため、優良業者ほど未成年に対して厳しい基準を保持しています。

お断りの一文がある業者

amazonギフト券の買取を拒否する業者は、可能とする業者より圧倒的に多く、不可とする業者は珍しくないでしょう。

基本的に法律や条例を守る立場を取る優良業者ほど未成年との取引の危うさを認識し、トラブルになったときに未成年と法的に争う必要がないようにしているのです。
助さん
助さん
未成年とのトラブルはどうしてそこまで避けようとするのでしょうか?
お銀
お銀
業者は未成年とのトラブルによって自社がサービスブランドの低下や未成年を狙ったビジネスという誤解を与えないように営業しています。

そのため、安全な運営を前提としたときは、お断りの一文を入れて未成年がうっかり利用しないようにガイドラインを整えたいのです。

実態不明の業者

未成年との取引をそもそも想定していない買取業者も中にはいます。

その場合、未成年者側がその業者を利用できるかどうかは、個別の問い合わせが必要です。

問い合わせをせずに利用してしまった場合、身分証確認の時点で止められてこれまでの買取手続きが無駄になるか、未成年不可としているスタンスなのにもかかわらず未成年と伝えずに使用したユーザーとして認知されます。

未成年者がamazonギフト券の買取でトラブルを避けるためには、そもそも未成年OKか否かを先にチェックすることがどうしても必要です

未成年がamazonギフト券を換金するメリット・デメリット

未成年がamazonギフト券を換金するメリット・デメリット

助さん
助さん
未成年がamazonギフト券を換金するメリットやデメリットについて教えて下さい。
お銀
お銀
メリットは即日バイトを除いていて現金を手にする数少ない方法という点です。

逆にデメリットは、業者による未成年への規制が厳しく、買取自体を実施しない業者が多いことです。

未成年は、お小遣い目当てや一時的な資金を得るためにamazonギフト券を換金します。

そのうな場合のメリットとして、アルバイトや先払いの現金を必要としないというメリットがあります。

反対にデメリットとして、amazonギフト券の買取による換金は未成年が行う場合にリスクがあり、特に業者はリスクを避けて買取を実施していないケースが多く、「未成年お断り」としていることです。

オークションや個人販売でもトラブルが起きるリスクは避けられないため、他に収入や責任を取りにくい未成年が行うには必要以上にリスクを抱え込む危険があることがデメリットです。

助さん
助さん
購入や買取を通した換金にはリスクが付きまとうのが未成年のようですね。

リスクなしで現金化はできないのでしょうか?

お銀
お銀
ノーリスクの取引は未成年の場合、かなり限られています。

購入のリスクをなくす方法なら、プレゼントされたギフトです。

それを換金することで、通販での買い物ではなく、現実の買い物で現金として使えるのがamazonギフト券の買取をするメリットです。

未成年のamazonギフト券換金は難しいが不可能ではない

未成年のamazonギフト券換金は難しいが不可能ではない
買取業者を使ったamazonギフト券の換金は、未成年に対しては利用自体に厳しい制限がかかっています。

その理由の1つとして、未成年にとってはリスクが高く、事業者にとっては法律や条例、買取サービスのトラブルなどから未成年と取引することにリスクがあるためです。

18歳以上と満20歳の間には、民法で成人と認められるかどうかの2年というわずかな期間の違いだけでなく、収入やリスクに対する責任を取れるかどうかが大きく影響します。

未成年の方はできるだけamazonギフト券の換金はリスクを避けて行うようにし、買取業者を利用する場合には「未成年お断り」になっていないかを最初に確認するのが良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人