ファクタリングに審査落ちする原因とは?

ファクタリング 審査落ち
調査員:まさひろ
ファクタリングは資金調達に便利で融資条件の影響を受けにくいことで知られています。
しかし、利用したい時にできないことがあります。
それがファクタリング会社の審査落ちです。

ファクタリングで審査落ちしてしまった原因がよくわからず、複数のファクタリング会社に利用を拒否されてしまう場合があるのです。

そこで、ファクタリングの審査落ちする原因や審査落ちのリスクがたとえあったとしても利用すべき魅力などについて紹介します。

助さん
助さん
ファクタリングを使おうとしたら審査落ちになってしまいました。ご隠居、なぜだか御存知ありませんか?
黄門様
黄門様
ファクタリング会社はたくさんあるから、他のところに申し込んで見るとよさそうじゃな。審査落ちしてしまう理由には、さまざまな要因がある。まずはそれを知るのじゃ
ファクタリングの審査に落ちる原因は1つではないのですね
お銀
お銀
目次

ファクタリングで審査落ちする原因

ファクタリングで審査落ちする原因
ファクタリングで審査落ちする原因として、審査要件に達していないことです。

特に、ファクタリングの審査は中小や零細企業には厳しく、利用金額が高すぎる場合や経営状況が悪いなどの理由から多くの経営者が審査に落ちています。

助さん
助さん
ファクタリングで審査落ちしたのは、審査基準を満たさなかったからでしょうか?クレジットカード現金化のように審査落ちがないと思っておりました
黄門様
黄門様
これはよくある間違いじゃな。通常のファクタリングは、売掛債権というリスクあるものを現金化するため、必ず審査があるんじゃ。しかもその審査は意外に厳しいのじゃ。審査を通過するには、経営の健全さや十分に信頼できる企業の債権だとファクタリング会社に認識してもらう必要があるんじゃ。それに、利用金額が高すぎると1顧客あたりの上限をオーバーしてしまい、利用を断られるケースもあるのじゃ。
ご隠居のおっしゃる通りで、さらに売掛金の期日などが影響してきますね。期日が近いほど信頼できるため、審査に通りやすくなるのです。
お銀
お銀

審査で落ちないためのチェック項目

ファクタリングの審査で重視されるポイント

  • 債権の期日
  • 債権譲渡登記の証明
  • 企業の取引実績(口座履歴)

ファクタリング会社は、売掛債権を現金にする代わりに、その債権の回収が確実性を見込んで信頼して取引をしています。

つまり、その債権に支払いなどの問題が後々起こるようであれば、審査の段階で落とすほうがリスクは少ないのです。

無理にリスクの高い債券を引き受ける必要はないというわけです。

中でも確実に審査に落ちる原因「債権の二重譲渡」です。

審査の段階でそれが判明すれば利用を断られるでしょう。

利用の悪質なケースとして、100万円分の債権を80万円で買取るファクタリング会社のA社とB社に、一方には内緒で黙ったまま債権を現金化する人がいます。

すると、100万円の債権で160万円の現金を回収できますが、二重ではないことを前提に利用条件としているA社とB社をそれぞれ騙していることになり、しかもこの行為は後でばれます。

最悪の場合は法的な問題が発生し、事件化することすらあります。

助さん
助さん
債権の二重譲渡は告訴されるケースがあるから絶対に使わないことですね。
ルール違反して手に入れる現金にはそれなりのリスクやペナルティがあるのは当然です。
お銀
お銀

ファクタリング会社の審査基準による

上記に加えて、ファクタリングには統一的な絶対基準があるわけではなく、あくまでも会社が独自に決めた相対的な審査基準を利用者がクリアできるかどうかです。

実際のところ、同じ条件で同じ利用額で申し込んで審査に通るケースと、まったく通らないケースがあります。

その違いから審査に対する厳しさや重視するポイントなどが浮かび上がってくるでしょう。

特に利用金額をいくらまで許容しているのかの範囲と企業の経営状況は審査基準に必ず含まれています。

利用するファクタリング会社がどの程度審査基準を厳しくしているのか把握して利用することで、行き当りばったりな審査落ちを防ぐことができるでしょう。

審査に通りそうなファクタリング会社を利用しよう!

ファクタリングは審査に通って初めて利用できます。

審査に通らなければ、たった1円すら現金を入手することはできません。

原則は、いくつかの確認手続きと契約を経て取引が完了します。

審査はファクタリング会社に一任されており、現金化できるかは業者選びが大きなポイントです。

審査条件を知り、手数料などを吟味したうえで、優良ファクタリング会社を利用しましょう。


この記事を書いた人

某私立大学を卒業後、中堅食品メーカーに就職。
学生時代から食べることが好きで、就職後は定期的にご褒美として高級料理を食べるようになったのですが、給料だけでは足りない場合もあり、最初はクレジットカード払いにして支払いを先延ばしにして対応していました。

しかし、限度額もあるため、何か良い方法はないかと調べているとファクタリングの存在を知りました。

ファクタリングは事業者向けだと思っていたが、個人向けの業者もあると知り使ってみたものの、手数料や入金スピードなどが業者で違い、注意しないと損をするどころか騙される危険があること実感しました。

金融庁も注意喚起していて、実際に騙されている人が多いことを知ったので、それならと自身の経験を活かしつつ、ファクタリングの関する情報発信を始めています。

目次