自分でできる現金化

FamiPayを現金化するためにはファミマTカードが必須?独自ルールを把握しよう

FamiPayを現金化するためにはファミマTカードが必須?独自ルールを把握しよう

QRコード決済機能付きアプリのFamiPayは、ファミリーマートでのショッピングに使用出来るアプリです。

FamiPay残高を現金化するためには、ファミリーマートで購入した商品を買取店へ転売するという方法により実現出来ることが分かります。

ポイントとなるのは、FamiPayはあくまでもスマートフォン用のアプリであって、ICカード型の電子マネーでは無いという点です。

助さん
助さん
ファミリーマートでの買い物をする機会があるのでFamiPayアプリを登録しましたが、チャージした金額を使い切れなかった時には現金化出来るのでしょうか?

よく勘違いされがちですが、FamiPayは電子マネーではなくQRコード決済機能付きアプリですから、一度チャージ入金した金額は返金されません。アプリを退会しても現金化出来ないからこそ、使い切るしかないですよ。

助さん
助さん
え?FamiPayで公共料金支払いをしようとしても、一部公共料金には対応していないから現金化しようとしても返金してくれないと困ります。他に現金化する方法は無いのでしょうか?

ファミリーマート店内で購入した商品を買取店へ持ち込めば現金化出来るので、効率良く換金できる方法を探すしかないですね。

FamiPayを現金化する方法は2種類ある?

FamiPayを現金化する方法は2種類ある?
FamiPay残高を現金化する方法は、FamiPayを使って購入した商品を売却するしかありませんが、どのような商品を購入すれば良いかという点では、2種類に分けられることを知っておくと迷いません。

ICチップ搭載電子マネーとは異なるQRコード決済だからこその注意点を事前に確認しておく必要があります。

FamiPayなら購入商品の転売による現金化を行える

ファミリーマート店内で販売している商品を購入出来るからこそ、転売しやすい商品に心当たりがあるならば、FamiPay残高を使って

  • 購入した商品を買取店へ持ち込む
  • フリマアプリを使って転売する

のいずれかの方法で現金化出来ます。

実際には手間がかかるものの、フリマアプリを使って現金化を行う方法が換金率を比較的高く出来る方法です。

しかし、他の電子マネーとは異なり購入可能な商品がファミリーマートで販売されている商品に限定されてしまうことから、取り寄せ品を狙わないと厳しいと考えられます。

FamiPayはファミリーマート店内のデジタルギフト券を購入可能

FamiPayは利用可能な店舗がファミリーマートに限定されているからこそ、提携先が広がるまでの間はファミリーマート店内で販売されているデジタルギフト券が狙い目です。

一般的な商品とは異なり、電子マネー払いにより金券類の購入は出来ないと思われがちです。

しかし、FamiPayに関してはファミリーマート店内に掛かっているカード型のデジタルギフト券についてのみFamiPay残高を使って購入出来ます。

助さん
助さん
もしかしてAmazonギフト券やGooglePlayカードも購入出来てしまうわけですか?

Famiポートを使ってレシート出力するタイプのデジタルギフト券は対象外であって、あくまでも各棚や専用ラックに掛かっている各種デジタルギフト券ならFamiPayで購入可能です。

助さん
助さん
なるほど。Amazonギフト券シートタイプの購入は不可で、Amazonギフト券カードタイプなら購入可能なわけですね。

カードタイプのデジタルギフト券に限定してFamiPayを使った購入が可能

ファミリーマート店内にあるデジタルギフト券は数十種類もありますが、FamiPayを使ってAmazonギフト券を多数購入していたら不自然にならないか気にする人もいるはずです。

しかし、FamiPayによりデジタルギフト券を購入した場合であっても、FamiPayボーナスが付与されることからポイント集めをしている人なら積極的にFamiPayによる決済でデジタルギフト券購入を行っています。

むしろ、購入したAmazonギフト券がカードタイプという点に注意しなければなりません。

返品による現金化はFamiPay残高が戻るだけで現金化に失敗する

FamiPayを使った現金化に失敗する人の多くが、他の電子マネーと同様の返品による現金化を行おうとしました。

見落としがちですが、FamiPayはあくまでもQRコード決済機能付きアプリであってICチップ付き電子マネーではありません。

最初からQRコード決済による返品時に残高が戻るシステムが組み込まれているからこそ、電子マネーとは異なり現金による返品が行われません。

FamiPayには返品による現金化は通用しないことを知っておく必要があります。

FamiPayはAmazonギフト券購入による現金化が最も効率が良い

FamiPayはAmazonギフト券購入による現金化が最も効率が良い
FamiPayを現金化する際には、FamiPay残高を使って商品を購入して転売する方法により現金化を行います。

ファミリーマート店内で販売されている商品は食品が多いために、転売しようとしても身内程度にしか販売出来ないものが少なくありません。

このため、Amazonギフト券カードタイプを使った現金化が、専門買取業者がいるという点から最も効率が良いと考えられます。

FamiPayを現金化するためにはファミマTカードが必須となる

FamiPayを現金化する際には、複数のチャージ方法が存在している中で、ファミマTカードがほぼ必須の存在となっています。

なぜなら、公共料金支払い後に得られるFamiPayボーナスポイント狙いでチャージを行った人を除いて、大半の人がクレジットカード現金化を行うためにFamiPayを現金化したいと考えるからです。

既にチャージ済みのFamiPay残高を現金化することを第一優先としている人はさほど多くない実態があります。

FamiPayへのチャージを行えるクレジットカードが、ファミマTカードのみという点がポイントです。

Amazonギフト券カードタイプを購入して現金化業者へ売却する

Amazonギフト券カードタイプを購入して現金化業者へ売却する
ファミマTカードはクレジットカードですから、Amazonギフト券のEメールタイプをAmazon公式サイト経由で購入して現金化することは可能です。

しかし、ファミマTカード経由でFamiPayへチャージしてからファミリーマート店頭にあるAmazonギフト券カードタイプを購入すれば、FamiPayボーナスポイントを獲得出来ます。

Amazonギフト券買取業者の中には、

  • Eメールタイプ
  • カードタイプ

で買取率に差を設けている所がありますが、同率買取の業者を選べばFamiPay残高を使ってAmazonギフト券カードタイプを購入する方法が有利です。

また、クレジットカード決済を使ったAmazonギフト券購入が明らかに多すぎると、残念ながらクレジットカード現金化を行った事実がバレやすくなってしまいます。

そこで、ファミマTカードを使って現金化を目指すなら、下記の流れで行う方法が安全です。

ファミマTカードで現金化を安全に行う方法

  1. FamiPayへチャージ
  2. Amazonギフト券カードタイプを購入
  3. 現金化業者へ売却する

他のクレジットカードは、Amazon公式サイトからEメールタイプを購入して買取依頼を出すといった使い分けを行うことにより、現金化を行う際のリスクを分散させることが出来ます。

助さん
助さん
Amazonギフト券は種類が多いから気にしていませんでしたが、オンライン購入ならクレジットカード現金化、店頭購入ならカードタイプで現金化すれば良いわけですね。

最終的にはAmazonギフト券をクレジットカード利用可能額を元手にして購入して買取依頼を出す点では変わりません。しかし、Amazonギフト券ばかりを購入すると目立つので、FamiPay経由ならAmazonギフト券だけでなくGooglePlayカードといった複数のデジタルギフト券を購入して買取依頼を出せばリスク分散出来ます。

カードタイプのAmazonギフト券買取店は少ない

Amazonギフト券を買取依頼する際には、カードタイプのAmazonギフト券を取り扱っている店舗が少ない点に注意しなければなりません。

クレジットカード現金化業者が新たな手法としてデジタルギフト券買取を行っている場合には、残念ながら手間を減らすためにEメールタイプしか取り扱っていないことが少なくないわけです。

デジタルギフト券買取を専門的に行っている業者を使えば、最初から悩むことなくFamiPayにて購入した複数のデジタルギフト券を一気に買取依頼することが出来ます。

FamiPayを現金化する際にはチャージルールに注意しよう

FamiPayを現金化する際にはチャージルールに注意しよう
FamiPay残高を現金化する際には、複数存在するチャージ方式の中から何を目的として現金化したいのか把握した上で適切に処理する必要があります。

なぜなら、一度FamiPayにチャージした金額は、FamiPayを退会しても消滅するだけで払い戻しが一切行われないからです。

FamiPayの現金チャージはファミリーマートレジで行い10万円が上限

FamiPayへのチャージ方法として誰もが行えるのは、ファミリーマートのレジで行う現金チャージです。

一度現金を入金したら払い戻し方法が無いことを理解した上で、慎重に行わなければなりません。

10万円が上限となっていることから、FamiPayを使った商品購入についても同じく10万円以内に限られます。

ファミマTカードからのチャージは3つの規制を把握しよう

クレジットカードからFamiPayへのチャージを行う際には、ファミマTカードからしか行えないという点に注意しなければなりません。

他のクレジットカード経由でのチャージには対応していないので、クレジットカードからのチャージを希望する場合には、下記を行う必要があります。

クレジットカードからのチャージを希望する場合の流れ

  • ファミマTカードの申し込み審査を受ける
  • クレジットカード発行をしてもらう

また、ファミマTカードからFamiPayへのチャージ額は無制限に行えるわけではなく、次のように上限金額に制限が掛けられている状態です。

FamiPayへのチャージ額の上限金額

  • 1回の上限は 3万円
  • 1日の上限は 10万円
  • 1ヶ月の上限は 100万円

Amazonギフト券ならFamiPayを使って先に大量買いストックを持てる

Amazonギフト券カードタイプならば、有効期限が長いためにFamiPayを使ってコツコツと先に分散して購入しておくことが可能です。

ファミマTカード経由でのチャージ額上限が1カ月100万円であっても、1日にチャージ可能な金額の上限が10万円なために10万円を超える金額の現金化は日を跨ぐ必要があります。

事前にAmazonギフト券を複数回に分けて購入しておけば、買取店へ売却する際には買取額をチェックして相場が高い日に売却すれば換金率を高く出来ます。

FamiPayの現金化は手間をかけてじっくり行えば安全性を確保しやすい

FamiPayの現金化は手間をかけてじっくり行えば安全性を確保しやすい
FamiPayの現金化を行う際には、退会しても払い戻し不可という点を考慮して、FamiPayにて商品を購入してから買取店へ売却して現金化するという流れは変わりません。

FamiPayにて購入可能な商品は、ファミリーマート店内にある

  • 商品
  • 取り寄せ品

となるので、最も嵩張らず金額が大きくなるデジタルギフト券を購入して買取専門店へ売却する方法が現金化への近道です。