MENU

ファクタリングとは何か?メリットやデメリット、仕組みなどを考えよう– category –

ファクタリングとは何か?メリットやデメリット、仕組みなどを考えよう もし、赤字負債などによって借金ができてしまったならファクタリングを利用することができます。 ただ「ファクタリングとは?」「ファクタリングのメリットは選び方とは」など疑問もあるでしょう。 ファクタリングの内容について紹介していきます。
黄門様
黄門様
経営によってお金が足りなくなれば、少しのお金を借りる程度ではどうしようもないの〜
もし、経営難などによる赤字や負債があるならファクタリングを使用するのがいいようですが、内容をしっかり明記しておくことが大事ですね
お銀
お銀

ファクタリングとは何か?

ファクタリングという言葉を聞いたことがある人でも、内容についてはよく分からない人もいるでしょう。 ファクタリングとは入金待ちの請求書を買取ってももらって決済日よりも早く現金を受け取るサービスになります。 商取引の際は先に商品やサービスを提供して後からクライアントがその代金を支払う構造になっています。 そのため、商品を提供しても直ぐに入金されず数ヶ月先に代金が入金される仕組みとなっています。 このサービス提供から入金までのタイムラグが売掛金と言われていますが、企業によっては売掛金を持っていても資金を手にしているわけではないので、早くサービスや商品を代金を手に入れたいこともあります。 ただ、売掛債権を早銀行などに早く買取してもらうなら金額は手数料を引いた金額となり、取引先から入金される金額よりも少なくなります。 そうなると利益が減るので企業としてもダメージが大きくなります。 しかし、ファクタリング業者を利用するなら資金を早く得ることができ、手数料もあまりかからないので、直ぐにお金が必要な経営者にとっては魅力的な資金調達の方法と言えます。
助さん
助さん
ファクタリングを利用するなら素早く資金を得ることができるので、経営難となっている企業にとっては大きな助けになりますね
サービス代の入金が何ヶ月も先だと中小企業は大変なので、そのときにファクタリングを利用するのはいい方法ですね

ファクタリングのファクタリングの仕組みはどうなっているのか?

ファクタリングの仕組みはどうなっているのか? ファクタリングを利用するなら入金が早くなるので、企業にとっては資金調達の際に利用したい方法の1つでしょう。 ただ、ファクタリングを利用するなら仕組みを理解しておくことも大事になります。 ファクタリングはの仕組みは、主に自社とファクタリング会社の間で取引をする方法と企業のクライアントと自社、ファクタリング会社の3社で取引する方法があります。 どちらの方法でも資金を受け取ることができますが、それぞれ2社間ファクタリング3社間ファクタリングと言われており特徴が違います。 それぞれの仕組みについて紹介しましょう。
黄門様
黄門様
ファクタリングの方法は1つでは無いのじゃな。2社間と3社間の違いについて確認しておくのが良いのじゃな

2社間で取引をするなら

2社間でファクタリングの取引を行うなら、次のような流れになります。
2社間ファクタリングの流れ
  1. 資金が欲しい企業はファクタリング会社に売掛債権の売却を行います。
  2. その後に手数料を引いた分の売却代金が支払われることになり、取引先から売掛代金の支払いが入金されます。
  3. 入金されたならその金額をファクタリング会社に支払います。
2社間での取引の流れとしては、取引先を巻き込んでの資金調達ではないので、売掛債権の譲渡が知らされないというメリットがあります。 クライアント側に自社がファクタリングによる資金調達を行ったことが知られるなら、そのクライアントどの今後の取引関係が悪くなってしまう可能性もあるからです。 そのため、クライアント側に資金調達を知られたくない場合は2社間での取引がおすすめですが、資金を得るためには手数料が多く取られてしまうのが難点です。 手数料で多く取られてしまうと、その分本来もらえるはずだった代金が少なくなってしまうので、その点は注意しておくことが大事です。
2社間での取引は自社とファクタリング会社のみの取引でクライアントには何も伝わらないのが良いけど、手数料の高さが難点と言えるね
お銀
お銀

3社間取引の仕組みとは

3社間取引をするときは、自社とファクタリング会社と取引先のクライアントでファクタリングを行います。 3社間では取引先に請求書の支払いをファクタリング会社にしてもらう同意を得ることで成立します。
3社間ファクタリングの流れ
  1. まずは自社からファクタリング会社に売掛債権の売却を行います。
  2. その後にファクタリング会社から売却代金が支払われます。
  3. その後ファクタリング会社は取引先のクライアントから売掛金の支払いをもらうことでファクタリングが完了します。
3社間取引であれば取引先のクライアントが元々支払うはずだったサービス代金をファクタリング会社に支払うだけなので、クライアントには何も損失は生じません。 また、3社間取引なら2社間取引よりも手数料は低めに設定されているので、自社側としては元々入金されるはずだった代金を少ない手数料で得られるメリットがあります。 ただ、クライアントを巻き込むため「経営状態が悪いのでは?」と悪い印象を抱かれる可能性もあり、3社間取引はクライアントとの信頼性が重要になってくると言えます。
助さん
助さん
3社間取引は手数料が少なくて済みますが、クライアントに経営難と疑われてしまうことにもなりますね。クライアントとの信頼性に自信があるなら3社間取引を選ぶのが良いですね

ファクタリングを行うメリットとは何か?

ファクタリングを行うメリットとは何か? 資金調達を行うならファクタリングを行うことが検討できますが、利用する際はファクタリングのメリットについて知っておきたい人もいるでしょう。 ファクタリングを利用するならいろいろなメリットがあり会社の資金調達に役立てることができます。 メリットは以下のようになっています。

メリット

  • 早く資金を手に入れられる
  • 会社の財務状態によらず利用できる
  • 信用情報に傷は付かない
  • 売掛金未回収を回避できる
ファクタリングを利用するならメリットについて知っておくことも重要ですね。しっかりメリットを確認して自社の状態に合っているのか確認しましょう

早く資金を手に入れることができる

ファクタリングの1番のメリットと言えるのは売掛金を直ぐに得ることができることです。 商品やサービスをクライアント側に提供することができても、その代金を受け取るのは数ヶ月先となっているので、何らかの事情により直ぐに資金が必要になることもあります。 その際に銀行から資金調達をすることも可能ですが審査に時間がかかり、また事業の業績や経営状態が悪化していることが判明したなら融資を受けることができないこともあります。 ただ、ファクタリングであれば売掛金をファクタリング会社が買取りをしてくれるため、代金を数日後には受け取ることができ、早いなら即日で受け取ることも可能です。 もし即日で資金調達することができたなら、会社の経営資金に直ぐに利用することができるので、スピーディーに問題を解決することも可能です。 早く資金を調達したいときに売掛金を持っているなら、ファクタリングの利用が1番いいでしょう。
黄門様
黄門様
ファクタリングを利用するなら即日で資金を得られることもあり銀行から融資を受けるよりもお得じゃな

会社の財務状態によらず利用することができる

ファクタリングは会社の状況に関わらずに資金調達をすることが可能です。 銀行や消費者金融機関などであれば会社の状態を把握して経営状態が悪そうであれば融資を拒否、または融資される資金が希望額とは低い金額になってしまうこともあります。 しかし、ファクタリングの場合は会社の経営状態ではなくて売掛先の与信になります。 売掛先の企業やクライアントがしっかり売掛金を支払うことができるのかが大事なポイントになるので、自社の経営が悪化していても売掛先の企業が経営に問題ないならファクタリングを利用できます。 ファクタリングで得られる金額も売掛金の金額を手数料で引かれた分の金額なので、資金調達でどのくらいの金額を得られるのか計算もしやすいです。
ファクタリングは売掛金が回収されることが重要であり、自社の経営状態は左右されないよ。なので、経営状態が悪くてもファクタリングなら資金調達がしやすいね
お銀
お銀

信用情報に傷が付くことはない

信用情報に傷が付くことはない ファクタリングは売掛債権の売買の仕組みとなっており、銀行や金融機関の融資とは異なります。 銀行や金融機関の融資となれば金額を返済することが滞れば負債を抱えてしまうリスクもあり、自分の信用情報に傷がついてしまうことがあります。 しかし、ファクタリングはお金を借りるのではなく、本来入金されるはずの売掛金を先にファクタリング会社を通して入金してもらうことです。 そのため、自分の信用情報に傷が付いてしまうことはなく、会計上でも負債に分類される事はないので決済書においても赤字が増えることはありません。 資金調達をするときは信用情報に傷がつかないように配慮を示ことが多いですが、ファクタリングであればその点は気にしなくて済むので大きなメリットとなります。
ファクタリングは融資ではないので利用しても信用情報に傷が付く心配はありません。安心して利用することができますね

取引先の倒産などの売掛金未回収を回避できる

ファクタリングを行うなら取引先の売掛金が回収できなくなるリスクも回避できます。 売掛金は数ヶ月先での入金となるので、その入金までにクライアントの企業が倒産してしまうと売掛金が未回収となり資金を得ることができなくなります。 しかし、ファクタリングを利用したなら直ぐに売掛金の金額を得ることができ、後はファクタリング側が売掛金の回収をすることになります。 そのため、ファクタリングを利用した時点で売掛金が未回収となる事は防ぐことが可能になります。 ファクタリング業者も売掛金が回収できるのか審査をするので、リスクが高い売掛先は承諾してもらえな可能性もあります。 ただ、利用できれば未回収になることはないので、先に代金を回収した人はファクタリングを考えてみましょう。
助さん
助さん
ファクタリングを利用できれば、その時点で未回収とはならず代金を得られるのは大きなメリットですね。素早く回収したい人は利用を検討してみるのがいいです

ファクタリングを利用する際のデメリットとは

ファクタリングを利用する際のデメリットとは ファクタリングを利用する際はメリットばかりが注目されるかもしれませんが、デメリットももちろん存在します。 ファクタリングの利用の際に注意してくことには何があるのか確認してみましょう。

デメリット

  • 手数料が取られる
  • 取引先との関係が悪くなる可能性がある
黄門様
黄門様
ファクタリングの利用はメリットだけではないのじゃな。デメリットも把握して正しく利用するのがいいのじゃな

手数料が取られてしまう

ファクタリングを利用するときは売掛金を先に入金してもらうことができますが、その際に手数料を取られてしまいます。 ファクタリングの手数料は2社間取引と3社間取引により金額は変わってきますが、
  • 2社間の場合は10〜30%
  • 3社間の場合は1〜10%
手数料が発生します。 もし、売掛金を期限まで待っていれば満額もらうことが可能ですが、ファクタリングを利用することで、早く売掛金を得られても満額といきません。 また、売掛金の金額が大きいほど手数料で取られる金額も大きくなってしまいます。 例えば、200万円の売掛金で手数料が10%であれば20万円となり、180万円が売掛金として手に入りますが、1,000万円の売掛金で10%なら100万円が手数料となり900万円の売掛金となります。 売掛金の金額が大きいほど手数料も多く取られることになるので、ファクタリングの利用の際は早急にお金が必要なときに検討するのがいいでしょう。
ファクタリングは手数料を何%か取られるので、利用するときは手数料を引いた金額を計算しておくことが大事だね
お銀
お銀

取引先との関係が悪くなる可能性もある

ファクタリングを行うことで取引先やクライアントとの関係性が悪くなる可能性もあります。 2社間取引であれば基本的に取引先には資金調達したことが伝わることがないので、信用に問題が出ることはありませんが、3社間であればクライアント側にファクタリング会社に売掛金を支払うことになるので資金調達がバレてしまいますし、手間をかけることにもなります。 また、ファクタリングを利用した際の金額が高額であれば、売掛金の受取金額がファクタリング会社にあることを公的に証明するために債権譲渡登記を求められるので、取引先にもファクタリングすることが知られてしまいます。 ファクタリングが知られれば、取引先からは「経営が悪化しているのではないか」など疑念を抱かれる可能性もあるので、今後の取引に影響が出てしまうことにもなるので、注意が必要と言えるでしょう。
ファクタリングは取引方法や金額によっては取引先に知られてしまうことになるようですね
助さん
助さん
ファクタリングによって取引先に悪い印象を抱かれる可能性がないか利用する前に検討することが重要ですね

ファクタリング業者の選び方とは?

ファクタリング業者の選び方とは? 経営難や資金調達の際にファクタリングを利用するなら、経営状態を元に戻すことが可能なので、積極的に利用するのがおすすめです。 しかし、ファクタリングを利用するときは選び方に悩むんでしまう人もいるかもしれません。 ファクタリングによって損をしないためにも優良のファクタリング会社を選ぶようにポイントを知っておきましょう。
黄門様
黄門様
ファクタリングをするなら選び方を知っておくのも重要なことじゃな。優良会社を見極めてファクタリンを上手に活用できるようにするんじゃな

債権の買取可能金額を確認

ファクタリンを利用するときに債権買取可能金額を確認することは大事です。 債権可能買取金額はファクタリング会社によって買取額の下限と上限が異なり、最小買取可能額が20万円と設定している会社もあれば200万円からの設定にしている会社もあります。 もし、最大可能買取金額も1,000万円〜1億まで幅広くあるので、自分が買取って欲しい金額の下限と上限を確認しておくことが大事です。 もし、100万円の売掛金を買取って欲しくても、そのファクタリング会社の下限が200万円からであれば買取りしてもらうことができません。 上限に関しても同じことが言えるので、自分の売掛金を買取ってくれるファクタリング会社を見極めることが、時間のロスをすることなくスムーズに買取を進められるコツになります。
各ファクタリング会社によって買取の下限と上限は違うようですね。下限と上限に当てはまる会社を選ぶようにしょう
お銀
お銀

資金調達までのスピードはどれくらいか

資金調達までのスピードはどれくらいか ファクタリング会社を選ぶときに資金調達のスピードも重要になってきます。 ファクタリングはスピーディーに売掛金を買取って入金をしてくれるとはいえ、各会社によってスピードが違います。 通常2社間ファクタリンであれば即日〜3日程度で資金調達することができ、3社間ファクタリングであれば3日〜1週間程度の期間となります。 早急に資金が必要であれば即日や3日以内に資金が手に入る2社間ファクタリング、少し期間に余裕を持たせることができるのであれば、3社間取引など状況に合わせて取引することができます。 ただ、早期でファクタリングできるほど手数料も多く取られる可能性があるので、その点も考慮する必要があるでしょう。 ファクタリングの期間をポイントに当てはめつつ、会社にとって最適な期間を選ぶのがポイントです。
助さん
助さん
ファクタリングは各会社によって期間が異なるので、状況に合わせて選ぶ必要がありますね。ただ、長くても1週間程度であることを覚えておくのがいいですね

ファクタリング会社の創業年数を確認

ファクタリング会社を選ぶときは設立した年数も確認しておくのが大事です。 ファクタリングは最近利用されることが多くなってきているサービスなので設立年数が短い会社も多いです。 ただ、ファクタリングに関して丁寧なサービスや信頼を得て取引をしたいなら、設立年数が長い会社は安心できます。 設立年数が長いということは、それだけ多くの人に支持されており、丁寧なサービスをしている目安となります。 また、設立年数が長いならファクタリングに関しても経験があるはずなので、契約に関するトラブルや思わぬ事態が発生することも少なく安心できます。 設立年数の長さを確認して信用安心感を抱くことができるのか検討してみましょう。
ファクタリングの設立年数が長いほど安心感を抱けますね。大体5年以上の設立年数があるなら、ノウハウや経験があるので安心できますよ

個人事業主の利用もできるのか?

ファクタリング会社は法人のみではなく個人事業主も利用できるところもあります。 そのため、自分が個人事業主で売掛金を買取りして欲しい場合は、個人事業主も買取可能のファクタリング会社を選ぶことが大事です。 個人事業主であっても資金調達をしなければならない状況になることもあるでしょう。 その際に、売掛金があるならファクタリングを利用した方が銀行の融資を受けるよりも確実に資金調達ができます。 個人事業主が利用可能なファクタリング会社は個人事業主も可能」など会社のサイトに記載されています。 「個人事業主はファクタリングは無理」と諦める必要はなく、利用を前向きに検討してみましょう。
黄門様
黄門様
個人事業主でもファクタリング利用は可能じゃぞ。資金調達の際の選択として考えておくのじゃな

担当の対応にも確認

ファクタリングをする点では担当者の対応も選び方に関わってきます。 ファクタリングは大きなお金が動く取引であり、会社の運命を決定する選択ともなります。 大手の優良ファクタリング会社は大事な取引という点を理解しているので、スタッフに関しても徹底的な指導を行なっています。 そのため、ファクタリング会社を利用するときに担当者が丁寧な対応や言っていることに関して一貫性があるようなら信用ができる会社と言えます。 こちらの質問に対しても曖昧に答えるのではなく、しっかりと質問に答えてくれるなら、自分もファクタリングの内容を理解することができ前向きに検討できます。 そのため、ファクタリング会社を選ぶときは担当者の対応を確認して、信頼することができるのかがポイントと言えるでしょう。
担当者の対応によってファクタリング会社を選択しやすくなるね。担当者の丁寧さを特に重視して検討してみよう
お銀
お銀

注意すべきファクタリング会社とは?

注意すべきファクタリング会社とは? ファクタリングを利用するときは会社選びが大事なので、よく分析することが重要です。 ファクタリングは大きなお金が動くので、中には悪徳会社もあり、その場合はお金を取られてしまうことになります。 どのような会社は注意しておくべきなのかそのポイントを紹介しましょう。
助さん
助さん
ファクタリング会社もすべてが優良会社とは限らず、中には悪徳会社もあるようですね。悪徳会社はどのようなやり口となっているのか確認しておきましょう

手数料がかなり高い設定となっている

ファクタリングを利用するときは手数料を取られます。 これはどこのファクタリング会社でも同じことが言えますが、相場が決まっており、大体2社間で平均10〜20%3社間で平均2〜9%です。 優良ファクタリング会社の場合は大体相場通りの手数料を提示しますが、悪徳会社であれば相場を超えて30%や40%ほどの手数料を提示してくることがあります。 売掛金によって手数料は少し多くなることもありますが、30%以上はかなり手数料が高いと言えます。 手数料が相場以上の金額となってしまうなら、その会社でファクタリングすることは保留しておき、別の会社で再度見積もりをしてもらった方が安全です。 手数料はできるだけ抑えられる方が売掛金の損失にならないため、手数料は契約前に確認しておきましょう。
ファクタリングの手数料の相場は高くても20%ほどですね。それ以上の手数料を要求されるようであれば、再度別の会社の利用を検討した方がいいですね

要求される資料の数が少ない

要求される資料の数が少ない ファクタリングのを利用する際は審査があります。 ファクタリングは売掛債権を扱うので仕方がありませんが、審査と契約を合わせるとかなりの書類を提出しなくてはいけません。 一般的にファクタリングの際に提出しなくてはならない書類は
  • 本人確認書類
  • 売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー
  • 印鑑証明書
  • 納税を証明できる書類
  • 会社情報を説明する書類
  • 入金予定の売掛債権が確認できる書類
  • 経営状況が分かる書類
このようにかなり膨大な書類の量になります。 そのため、書類の量が多いならそれだけファクタリング会社も丁寧に対応していることが分かりますが、提示書類が3〜4種類など、明らかに少ない量であれば疑問を抱いた方がいいでしょう。 提出資料が少ないなら自分の用意する手間が少ないので気軽に思えるかもしれませんが、提出資料が少ないということは、それだけ証明するものが少なくなるので、何かトラブルが発生したときに要求することができなくなります。 そのため、書類の要求が少ないなら信用することが難しくなるので、契約が簡単過ぎると感じたなら、一旦保留にしておくのが最善です。 ただ、ファクタリング会社によっては審査の時点では提出する書類が少なく、契約時にまとめて提出を要求されることもあります。 その場合は悪徳業者のやり方ではなく正規の方法でもあるので心配はいりません。 契約時にも提出書類が少ないなら他の会社でも話をしてみましょう。
黄門様
黄門様
ファクタリングをするときは書類の提出量も注意しておくのじゃな。最低限上記で紹介した書類が提出されるのかは確認しておくのじゃな

オフィス以外での契約を要求される

ファクタリングを利用するときは必ず対面して契約成立させる必要があります。 ファクタリングは大きなお金が動くため、相手に直接会わなければ信頼することができないからです。 しかし、今はオンライン化や多様性のある会社も増えてきているので、オフィス以外の契約方法も増えてきています。 中には訪問契約をしてくれる会社もあるので、必ずオフィスで契約しなくても良い環境にはなっています。 しかし、オフィスで契約した方がファクタリング会社の状況も分かり、実際にどのように運営しているのか確認できるので安心感は違います。 何より問題があったときもオフィスを知っていれば、その会社に訪問して交渉が可能です。 そのため、オフィスでの契約を担当者に話しておくことが大事です。 担当者がオフィスでの契約に応じてくれるなら信用することができますが、オフィス以外での契約にこだわるようであれば悪徳業者の可能性もあるので利用を控えることを検討等すべきです。
ファクタリングの契約で安心感を得たいならオフィスでの契約を話してみよう。もし、オフィス以外での契約であれば悪徳業者の可能性もあるので注意が必要だね
お銀
お銀

おすすめのファクタリング会社とは

おすすめのファクタリング会社とは ファクタリング会社にもいろいろあるので、ファクタリング会社のおすすめを知りたい人もいるでしょう。 悪徳業者に引っかからないためにも優良のファクタリング会社を知っておくことは安全です。 おすすめのファクタリング会社について紹介します。
助さん
助さん
ファクタリングをしっかり成立させるためにも、優良会社を知っておくのは大事なことですね

ビートレンディング

ビートレンディングは、個人事業主や法人に対応している業界でも知名度の高いファクタリング会社です。 売掛金対応金額は30万が最小となっており、最高は3億円までとかなり幅広い金額設定となっています。 類型契約者数も2万件以上であり多くの実績を積んでいるので安心して利用を検討できます。 気になる手数料は2%からとなっており、手数料も相場通りからの設定なので前向きに検討できます。
ビートレンディングは安定感のあるファクタリング会社で人気が1番ある会社ですね。安心感は1番感じやすいはずです

GMO BtoB払い

GMOBtoB払いは、6ヶ月以内に入金予定となる注文書や3ヶ月以内の請求書まで幅広い売掛金を買取ってもらうことができ、手数料も業界最低基準の1%からとなっています。 申請から入金までも最短2営業日となっており書類も多くは必要ありません。 ただ、利用できるのは法人であり個人事業主は対応していないので注意しましょう
黄門様
黄門様
GMOBtoB払いは早く資金調達をしたい方におすすめの会社じゃな

ファクタリング会社について検討しよう

ファクタリングを利用するなら売掛金を買取りしてもらうことができるので、資金調達としては確実です。 即日払いや手数料の負担を軽減もできるので、スピーディーに大きなお金を工面できます。 ぜひ利用を検討してみましょう。

理想的ファクタリングの成功のカギは業者選択!優良業者の見極め方とは?

理想的ファクタリングの成功のカギは業者選択!優良業者の見極め方とは?
助さん
助さん
ご隠居、どうやらこのご城下は景気が良くないらしく、多くの商人が資金繰りに苦しんでいると聞きましたが、なにか妙案はございませんでしょうか?
黄門様
黄門様
なに助さんや、資金繰りが苦しいとな?それはいかんのぉ。資金繰り、資金繰り、おう、お銀、そなた、なにやら南蛮渡来の資金調達手段で効果的なものがあると申しておったな。
お銀
お銀
はい、ご隠居、南蛮渡来のファクタリングという手法を用いると、効果的な資金繰りが行えると小耳にはさみました。
うむ。ご隠居、私もファクタリングなる手法で効率的に資金繰りが行えるという話を耳にしたことがあります。あれは確か大阪の浪花屋のご主人からだったかと記憶しております。

調達手段が限定的な運転資金!ファクタリングなら効率的に運転資金を調達できる

起業後の事業資金は
  • 設備資金:店舗・事務所の開設や車両購入など設備投資が該当
  • 運転資金:事業運営を維持するために必要
上記の二種類に大別できます。 計画的に行われる設備投資の資金は金融機関からの融資で調達するのが一般的ですが、審査に時間がかかるので利用申し込みから資金調達完了までに時間がかかるのが実状です。 このため突発的に発生するキャッシュフロー悪化や想定外の支払いを融資で対応するのは現実的ではなく、融資は運転資金調達には不向きな資金調達手段だと言えます。 ファクタリングは保有資産の売掛債権を債権取引で譲渡・売却して資金に置き換える資金調達手段で、スピーディーに運転資金を調達することが可能です。 またファクタリングの審査は利用者ではなく売掛先を重視するので、業績が振るわない利用者でも問題なく利用できるのも魅力的だと言えます。 しかしファクタリングを利用すれば無条件に理想的な資金調達が行えるわけでもなく、「どのファクターを利用するのか?」がカギになるのでファクター選びが重要です。
助さん
助さん
ご隠居!これはっ!異国はこのような方法で資金調達を行っているのでございますね。
黄門様
黄門様
なるほど、お銀の言うとおりファクタリングは魅力的な資金調達手段のようじゃな。
お銀
お銀
はい、ご隠居。ファクタリングは突発的な資金繰りに素早く対応できる調達手段です。
お銀よ、ファクタリングはファクター選びが重要になることもご隠居にご説明差し上げろ。
お銀
お銀
はい、ご隠居、格さんのおっしゃるとおり、ファクター選びを誤ると効果的な資金繰りに失敗してしまう可能性もございます。

ファクター選びは慎重に!利用ファクターがファクタリングでの資金繰りを左右する

ファクタリングは比較的新しい資金調達手段ですが、参入障壁が低いので既に非常に多くのファクターがファクタリングによる資金調達を提供しています。 保有する売掛債権を処分するファクタリングは融資と違い金融庁の監督下に置かれない取引なのが、参入障壁の低さの理由です。 参入障壁が低いことからファクタリングを装い違法融資を行う悪徳業者も存在し、うっかり利用するとトラブルに巻き込まれるので慎重にファクターを見極める必要があります。 しかし判断材料や判定基準なしでの見極めは困難なので何十社もファクター調査を行った結果、浮かび上がってきた優良業者の共通点を基にスコアリングしランク付けします。 共通の評価基準でスコアリングすることでファクターを公平に評価し、ランク付けすることで評価結果を可視化するのが今回のファクターのスコアリング評価の狙いです。

ファクターをランク付けして判定・比較するスコアリングの評価基準とは

ファクターをランク付けして判定・比較するスコアリングの評価基準とは
助さん
助さん
なるほど、共通の基準でなら公平にファクターを判定することができるということだな。
黄門様
黄門様
うむ、お銀、あくまで公平な捌きを行おうというその気構え、あっぱれじゃ。
お銀
お銀
ご隠居、ありがとうございます。共通基準で判断することが重要だと考えております。
して、お銀よ。どのような基準を持ってファクターの判定を行うのじゃ?
お銀
お銀
格さん、ファクターを判定する評価基準を具体的にご説明致します。

ファクター見極めの判断材料となる評価基準とは

お銀
お銀
ご隠居、助さん、格さん、お銀が考えるファクターを見極める判断材料は次の6点です!
  • 手数料
  • 取引対応額
  • クラウド契約対応
  • 信頼性
  • ノンリコースでの取引
  • 乗換・連続利用の対応

手数料や発生する諸経費の扱い(5点)

ファクタリングには売掛先に債権譲渡を通知する三社間取引と通知しない二社間取引があり、取引方法によって手数料が異なります。 ファクタリング民法で認められた債権譲渡や資産売却なので、貸金業法・出資法・利息制限法の規制を受けず、手数料は業者が自由に設定できます。 しかし三社間1~9%・二社間10~30%という手数料相場は存在するので、この料率が目安になります。 また手数料以外に発生する事務手数料や二社間取引で行われる債権譲渡登記の費用などの諸経費も実質換金率に大きく影響するので見逃せないポイントだと言えるでしょう。 手数料が安いファクターの方が資金調達効率が高いのは言うまでもありませんが、手数料以外の諸費用が高額だと資金調達効率が低下するのでこの2点のバランスを判定します。

取引対応の下限額と上限額(3点)

最少取引額や最大取引額はファクターごとに異なり、この取引対応額によってファクターが少額の調達に適しているのか、高額調達に対応しているのかが判断できます。 債権取引はファクターが追うリスクが小さくないので、一度の取引でより多くの利益を得られる大口取引が好まれる傾向にありますが利用ニーズは比較的少額なのが実状です。 理想的なのは小回りの聞く少額取引から大金が動く大口取引まで対応するファクターなので、取引の下限額と上限額の対応幅の広さを判定します。

契約手続きはクラウド契約か(2点)

悪化したキャッシュフローや想定外の支払いなどで生じる資金ショート対応に活用されるファクタリングには、スピーディーな資金調達も求められます。 通常利用申し込みから資金調達完了までは三社間(1~2週間)、二社間(即日~3営業日)が目安ですが、クラウド契約の採用などで調達速度のスピード化が進んでいます。 利用者にとって調達速度が速いのは喜ばしく、非対面の契約で秘匿性の高い利用ができるクラウド契約への対応も判定基準の1つとして取り上げます。

信頼できるファクターか(5点)

急成長したファクタリング市場ですが既に非常に多くの参入業者が存在し玉石混合の状態であるのが実状で、なかには悪徳業者実体が闇金の偽ファクターも存在します。 流動性の低い資産の売掛債権は資産のなかでは厄介な存在ではあるものの、大切な資産であることは変わらないので信頼できるファクターと取引したいものです。 業歴や資本金、事業規模などから信頼できるファクターなのかをある程度は推測できるので、企業概要を中心とした調査で信頼できるファクターなのかを判断します。

ノンリコースでの取引か(3点)

ファクタリングは売掛先の問題で取引債権が回収不能になっても、利用者が買い戻す必要のない償還請求権のないノンリコースでの取引が一般的です。 債権取引で売掛債権と共に債権に存在する「回収不能リスク」もファクターに譲渡できるのが、ファクタリングの魅力なのでノンリコースでの取引かどうかを判定基準に加えます。

乗り換えや連続利用の対応(2点)

利用中のファクターより取引条件が良ければ積極的にファクター乗り換えを行うのは効果的ですし、ファクターも乗り換え利用を歓迎しています。 また取引歴のある利用者や売掛先は負担するリスクが軽減するので、ファクターは連続利用や継続取引を望む傾向が強く手数料割引などで利用者の乗り換えを防止します。 ファクタリングで理想的な資金繰りを実現するためには、乗り換え利用や連続取引・継続取引の対応も重要になるので判定基準の1つに加えます。
採点と評価基準評価基準の概要
手数料 (5点)ファクタリングは三社間取引と二社間取引に大別でき、手数料が異なります。 手数料は業者が自由に設定できますが、三社間1~9%・二社間10~30%が目安になります。 手数料以外に発生する事務手数料や二社間取引で行われる債権譲渡登記の費用などの諸経費も実質換金率に大きく影響する見逃せないポイントです。 手数料が安いファクターが、資金調達効率が高いのは言うまでもありませんが、手数料以外の諸費用が高額だと資金調達効率が低下するのでこの2点のバランスを判定します。
取引対応額 (3点)最少取引額や最大取引額はファクターごとに異なり、少額の調達に適しているのかや高額調達に対応しているのかが判断できます。 債権取引はファクターが追うリスクが小さくなく、一度の取引でより多くの利益を得られる大口取引が好まれますが利用ニーズは比較的少額なのが実状です。 理想的なのは小回りの聞く少額取引から大金が動く大口取引まで対応するファクターなので、取引の下限額と上限額の対応幅の広さを判定します。
クラウド契約対応 (2点)悪化したキャッシュフローや想定外の支払いなどで生じる資金ショート対応に活用されるファクタリングには、スピーディーな資金調達も求められます。 三社間(1~2週間)・二社間(即日~3営業日)が目安ですが、クラウド契約の採用などで調達速度のスピード化が進んでいます。 利用者にとって調達速度が速いのは喜ばしく、非対面の契約で秘匿性の高い利用ができるクラウド契約への対応も判定基準の1つとして取り上げます。
信頼性 (5点)急成長したファクタリング市場ですが既に非常に多くの参入業者が存在し玉石混合の状態で、なかには悪徳業者や実体が闇金の偽ファクターも存在します。 流動性の低い資産の売掛債権は資産のなかでは厄介な存在ですが、大切な資産なので信頼できるファクターと取引したいものです。 業歴や資本金、事業規模などから信頼できるファクターなのかをある程度は推測できるので、企業概要を中心とした調査で信頼できるファクターなのかを判断します。
ノンリコースでの取引 (3点)ファクタリングは売掛先の問題で取引債権が回収不能になっても、利用者が買い戻す必要のない償還請求権のないノンリコースでの取引が一般的です。 債権取引で売掛債権と共に債権に存在する「回収不能リスク」もファクターに譲渡できるのが、ファクタリングの魅力なのでノンリコースでの取引かどうかを判定基準に加えます。
乗換・連続利用の対応 (2点)より取引条件が良いファクターへの積極的な乗り換えは効果的ですし、ファクターも他社からの乗り換えを歓迎しています。 取引歴のある利用者や売掛先は負担するリスクが軽減するので、ファクターは連続利用や継続取引を望む傾向が強く手数料割引などで利用者の乗り換えを防止します。 ファクタリングで理想的な資金繰りを実現するためには、乗り換え利用や連続取引・継続取引の対応も重要になるので判定基準の1つに加えます。
ランキングは以下のスコアリング合計点数を基準として判断し行っています。
  • Sランク:18点以上(9割以上の得点)
  • Aランク:16点以上(8割以上の得点)
  • Bランク:14点以上(7割以上の得点)
  • Cランク:12点以上(6割以上の得点)
  • Dランク:12点未満
123...4