MENU
ファクタリングの支払いはどう行われる?方法や流れなども確認しておこう

資金調達を行う際に銀行融資を受けることもできますが、ファクタリングを利用することも可能です。

ファクタリングは売掛債権を持っているなら買取りしてもらって資金調達してもらうことができるので、銀行融資に頼るよりも確実に行うことができます。

ただ、ファクタリングを利用する際は

  • 支払い方法
  • 流れ

について理解しておきたい会社もあるでしょう。

ファクタリングの支払いを知っておかないとトラブルになることもあるからです。

ファクタリングの取引の支払いについて内容を紹介します。

黄門様
黄門様
ファクタリングを行う際は支払いについて内容を確認しておくことが大事なのじゃな
助さん
助さん
ファクタリングの支払いはうまく行われなければ自社の信用性が落ちてしまうこともあるみたいです。支払いの方法や流れについて確認しておきましょう

2社間と3社間のファクタリングの支払い方法

2社間と3社間のファクタリングの支払い方法
ファクタリングを行うときは2社間と3社間による取引を行うのが一般的です。

ファクタリングの一般的な取引

  • 2社間の場合は主にファクタリング会社と自社のみで取引を行う
  • 3社間取引の場合はファクタリング会社と自社、そして売掛先の取引企業の3つで行う

そのため、3社間と2社間では取引の内容も異なり支払いの流れも違います。

どのように支払うことができるのか紹介しましょう。

ファクタリングの支払いをするときには2社間と3社間で異なるようですね。しっかり流れを掴んでおくようにしましょう

2社間ファクタリングの支払い

2社間ファクタリングの支払いの流れとしては、まずはファクタリング契約を行います。

その後にファクタリング会社から手数料の除いた買取金額の入金が行われるので金額を確認するようにしましょう。

その後、売掛債権を支払う期日になれば売掛先から自社に入金がされます。

その入金された金額をファクタリング会社の銀行口座に入金すれば取引は完了となります。

2社間取引の場合は売掛先はファクタリングの流れに入っていないので、売掛先は入金をそのまま取引している会社に入金します。

ただ、ファクタリングを利用したなら、その売掛金はファクタリング会社に譲渡済みの売掛金となるので、入金を確認したなら速やかにファクタリング会社に送金しなくてはいけません。

売掛債権をファクタリング会社に買取りしてもらったということは、利用した会社はファクタリングの売掛金回収代行を行なっている仕組みとなるからです。

売掛先から入金されたのにお金を支払わないとなると、それは法に触れることになるため、必ず入金するようにしましょう。

2社間ファクタリングの場合は売掛先から入金されたのを確認したなら、直ぐに入金を行うことが大事ですね
お銀
お銀
売掛先はファクタリング利用したことを知らないので、売掛先からファクタリング会社に入金されることはなく、全て自社で行うことを明記しておくべきですね

3社間ファクタリングの支払い

3社間ファクタリングの支払いの流れとしては、まずファクタリング契約をします。

ファクタリング契約の際には

  • 売掛先への通知
  • 売掛先からの承諾

なども必要になってくるため、2社間ファクタリングよりも契約数は増えて手間と時間もかかる可能性があります。

契約を終えることができれば、ファクタリング会社からファクタリング手数料を除いた買取金額の入金が行われます。

売掛先は期日になると直接ファクタリング会社の銀行口座に入金をしてくれるので、利用企業はファクタリングしてお金をもらった時点で何も行動しなくて良くなります。

3社間ファクタリングの場合は、契約の際に売掛先に譲渡通知書が売掛先に届いており、ファクタリング会社の口座情報も掲載されています。

そのため、売掛先が取引会社に入金することはないというわけです。

利用した企業は売掛先からの入金が無くても慌てる必要はなく、無事に支払われていることを確認する程度でいいでしょう。

黄門様
黄門様
3社間ファクタリングの場合は売掛先が支払いをしてくれるので、利用した企業は売掛金が入金してくる日を待っておく必要はないのじゃな
助さん
助さん
利用した企業はファクタリング会社から買取り金額をもらった時点で支払いに関して大きく行動することはないようですね

ファクタリングの手数料を支払うタイミングとは

ファクタリングの手数料を支払うタイミングとは
ファクタリングを利用する際は手数料を支払う必要があります。

ファクタリングは売掛債権を買取ってもらうことができても100%で買取りしてもらえるわけではなく、何%か取られて支払いをしてもらうことができます。

2社間と3社間では取引手数料が違い

  • 2社間の場合は10〜20%ほど
  • 3社間の場合は2〜15%ほど

で手数料を抜いた金額となっています。

2社間取引の際に100万円分の売掛債権を買りしてもらう場合

手数料で10%取られることになるとします。
100万円に対して10%の手数料なので90万円が入金されることになります。

この手数料はファクタリング会社が計算して利用した企業に入金する際に自動的に引かれています。

今回の場合は、入金された金額が90万円であれば、すでに手数料の支払いをしたとみなされます。

その後に100万円が売掛先に入金されたなら、ファクタリング会社の口座に100万円を入金します。

ただ、ファクタリングの手数料は買取手数料以外に

  • 印紙代
  • 登記資料の費用

なども含まれるため、提示された手数料が登記費用など事務手数料も含まれているのか確認する必要があります。

買取手数料が5%と提示されながら諸々の費用もかかって10%の手数料となってしまうこともあるため、手数料を支払うときの内訳はしっかり確認しておきましょう。

手数料の支払いはファクタリング会社が計算して入金するときに差し引かれた金額で支払いするので、利用企業は手数料の支払いする必要はないよ
お銀
お銀
助さん
助さん
手数料の支払いには何が含まれるのか確認しておくことは大事なので、契約前に内訳けの確認をしておきましょう

ファクタリング契約の流れの注意点

ファクタリング契約の流れの注意点
ファクタリングを利用して資金調達を行うことは会社にとってもメリットがあります。

ただ、ファクタリングを利用する流れには注意点もあるため、その注意点を確認しておくことは大事です。

ファクタリングの支払いや流れの際に何に注意する必要があるのか紹介します。

黄門様
黄門様
ファクタリングを利用するときは契約の流れの際に注意しておくことがあるようじゃな。流れに任せるのではなく、確認をして契約するのじゃな

契約書の内容を把握して確認したうえで申請を行う

ファクタリングを利用するときは契約書の内容をしっかり把握することができるようにしておくことが大事です。

ファクタリングの契約の際には

  • 償還請求権
  • 債権譲渡通知
  • 債権譲渡登記

などが記載されている可能性があります。

償還請求権とは

償還請求権とは万が一売掛金の回収ができなかった場合、ファクタリング会社が利用者に対して売掛債権の買取金額の返金を請求できる権利です。

ファクタリングの場合は売掛債権を返金する義務は通常ありませんが、償還請求権が契約に記載されていると返金しなくてはいけない可能性も生じることがあります、

また、譲渡債権通知は売掛債権が譲渡されたことを通知することです。

3社間でファクタリングをする際は支払いの必要もあり、契約書に記載されていますが、2社間の取引の場合は売掛先に通知することはないため譲渡債権通知は記載されていません。

債権譲渡登記は売掛債権が譲渡された事実を客観的な証拠として残しておく登記です。

ファクタリング会社が売掛債権に対する権利を主張するものなので、契約に必須で記載を要求しているところもあります。

このようにファクタリングの契約にはいろいろな

  • 権利
  • 通知

が記載されています。

ただ、取引方法によっては必要ないものもあり、見落とすと後で後悔することもあるため、しっかり確認しておきましょう。

ファクタリングの契約をするとき権利や通知を確認して不利な内容となっていないのか確認することが大事ですね。流れに任せて契約すると売掛金の返金をしなくてはいけないこともあります

手数料が高い設定となっていないか

手数料が高い設定となっていないか
ファクタリングを利用するときは、手数料が高い設定となっていないのか確認する必要があります。

ファクタリングの手数料は2社間と3社間の方法によって違いはありますが、通常2社間の場合は手数料が高く設定されます。

ファクタリングの手数料の相場

  • 2社間の場合は手数料が5〜15%ほど
  • 3社間取引の場合は2〜10%ほど

手数料については契約する前に担当者と話し合って決定しますが、契約書では話し合いで決定した手数料と違う金額が載せられていることもあります。

そのため、契約する前にはしっかり手数料の確認を行うことが大事です。

  • 手数料の設定が法外な価格になっていないか
  • 合意した際の設定と違うのか
  • 諸経費が含まれているのか

も担当者に質問をしておきましょう。

ファクタリングでは登記や事務費用などは手数料に含まず、別途で請求することがあるからです。

ファクタリングの手数料の請求と登記費用の確認も一緒に行うようにしましょう。

助さん
助さん
ファクタリングの契約の流れの際には手数料の設定が担当者と話したときの金額と同じなのか確認しておくことですね
手数料と諸経費が一緒なのか別途になっているのかも確認しておかないと支払い負担が増えてしまうこともあるよ。その点も確認しておこうね
お銀
お銀

ファクタリング会社へ支払いをしないとどうなるのか

ファクタリング会社へ支払いをしないとどうなるのか
ファクタリングをして売掛債権を買取りしてもらい資金調達をできたとしても、2社間取引の場合は売掛金が入金されれば、ファクタリングの口座に入金をして支払いをする必要があります。

しかし、売掛金が会社側に入金されたのにファクタリング会社支払いをしなかったなら以下のようなことが起こることもあります。

支払いをしないリスクについて紹介します。

ファクタリング会社へ売掛金の支払いは絶対に行う必要がありますが、もし支払いをしなければ大きなリスクがあります。絶対の支払いを行うようにしておきましょう

ファクタリング会社から催促をされる

期日になってもファクタリング会社に売掛金が入金されない場合はファクタリング会社から支払いの催促を受けます。

支払いの催促の方法としては電話で

  • 支払いについての状況
  • 入金されたのか

の確認を行います。

その際にファクタリング会社に売掛金の支払いをすればそれで完了ですが、連絡しても不審な点がある場合は会社に訪問して

  • 状況説明
  • 売掛金の入金の有無

を追及してきます。

ファクタリング会社としても買取った売掛金が入金されなければかなりの損失となるので、支払いはしっかり追及されます。

もし、売掛金が入金されたのに支払いをすることを忘れていた場合は、電話での催促があったときに直ぐに入金して支払いを行うようにしましょう。

そのまま催促を無視していると事態は悪化することになるからです。

黄門様
黄門様
ファクタリング会社から売掛金の催促があった場合は直ぐに支払うことが大事じゃな。支払いをしない場合はファクタリング会社から法的手段を取られることもあるぞ

遅延分の損害金を請求される

遅延分の損害金を請求される
ファクタリングを利用して期日に売掛金が入金されたのに支払いをしなかった場合は遅延分の損害金を請求されることもあります。

遅延分の損害金を請求される理由

期日になって入金されていたことが分かっていたのに売掛金を入金しなかったとなると、それは契約違反となるためです。

遅延した期日が長いほど遅延分の料金も大きくなるため、遅延の日数によっては売掛金を買取ってもらった倍ほどの金額を支払う必要性も生じます。

売掛債権の買取りで資金調達を行ったとしても、後に倍以上に支払いをすることになれば会社としては損失が大きくなってしまい、最悪赤字経営となってしまうこともあります。

ファクタリングに複数か買取りしてもらった場合は、混乱してしまって期日を間違えてしまう可能性もあります。

そのため、以下のように行動するべきです。

  • どの売掛債権をいつ入金をして支払いをするのかしっかり記録する
  • 遅延して余分な費用を支払いすることがないように注意する
ファクタリング会社への入金が遅れてしまうと遅延分の違約金を支払う必要も出てくるよ。期日をしっかり明記しておき、支払いが遅れないように注意しておこうね
お銀
お銀

売掛先に売掛につい確認をされることも

ファクタリングを利用して期日になっても入金して支払いをしない場合、ファクタリング会社は売掛先に状況確認として通知することもあります。

2社間取引の場合は通常売掛先を巻き込まないようにしているため、売掛先は取引先の企業がファクタリングしたことを知ることはありません。

しかし、ファクタリング会社は契約の際に、正常に入金されなければ譲渡債権通知を行使して売掛先に状況確認を行うこと記載していることがあります。

遅延した場合のリスク

期日通りに支払いを行えば売掛先に知られることはなくても、遅延した場合は譲渡債権通知により売掛先にファクタリングしたことがばれてしまうことになります。

もし、売掛先にファクタリングしたことがバレてしまうなら2社間取引をした意味が無くなってしまいます。

売掛先にバレてしまうことで信頼関係にヒビが入ることもあれば、遅延したことまで知られてしまうので、取引先企業との関係性が悪くなってしまう可能性が高いです。

しかも、2社間取引で高い手数料を支払っているのに売掛先にバレてしまったなら2社間の方法を選択した意味もなくなってしまいます。

そのため、売掛金は期日通りに支払いをすることが1番良い方法です。

助さん
助さん
支払いが遅れることになれば取引先企業にファクタリングしたことがバレてしまう可能性も生じるということですね
期日通りに支払いしないことで2社間ファクタリングをした意味も無くなってしまいますね。しっかりと期日通りに支払うことが2社間ファクタリングのメリットを活かせますね

訴訟を起こされることもある

ファクタリングが期日になっても支払われず、何度も催促しているのに無視しれていると訴訟などの厳しい対応をされることもあります。

もし、期日に売掛先から入金されていて、催促を無視しているとなると、売掛金以上に多額の賠償金を支払うことになります。

また、ファクタリング会社に入金するはずの売掛金を

  • 自社の資材購入
  • 諸経費

などに当てて使用すると横領罪として起訴されてしまうこともあります。

横領罪として起訴される理由

ファクタリング会社に売掛債権を譲渡していることで、その売掛金はファクタリング会社の物となっているためです。

訴訟を起こされると

  • 賠償金の請求
  • 横領罪の罪

だけでなく、他の取引先の企業にも訴訟を起こされたことが知られるので大きなイメージダウンとなり、会社を存続させることが難しくなって倒産になることもあります。

そのため、

  • 売掛金を遅延させること
  • 自社の補填に使用すること

は絶対に避けておきましょう。

直ぐに支払いをすることが会社のためにも安全です。

黄門様
黄門様
ファクタリング会社から訴訟を起こされると利用した企業にとっては良いことは1つもないのじゃな
買取ってもらった売掛債権を使い込んでしまうと横領罪に問われることもあるようだね。期日通りに入金することを心がけておこうね
お銀
お銀

ファクタリングの支払いが遅れそうな場合は

ファクタリングの支払いが遅れそうな場合は
ファクタリングを利用したなら期日に売掛金が入金したときに必ず支払いをしなければいけません。

ただ、売掛先からの事情などで入金が遅れそうになることもあります。

ファクタリングの支払いが遅れそうならどのように行動すべきか内容を把握しておきましょう。

助さん
助さん
ファクタリングの支払いが事情により遅れそうになることもあります。その場合はしっかり適切な対応をしておくことが大事ですね

ファクタリング会社に連絡

2社間の場合は売掛先から入金された後に、ファクタリング会社の口座にお金を入金する必要があります。

ただ、売掛先から入金されず期日が万が一先延ばしになってしまったなら、ファクタリング会社に連絡を入れておきましょう。

連絡を入れないとファクタリング会社は売掛金が入金されていないので、不信感を持たれてしまい自社に催促の電話をしてきます。

そのときに事情を説明することもできますが、前もって分かっていたなら事前に連絡しておいた方がファクタリング会社も安心できます。

売掛金の入金がされない以上ファクタリング会社に入金はできませんが、最低限連絡を入れるようにしておきましょう。

売掛金の入金が遅れそうな場合はファクタリング会社に連絡を入れておき事情を説明しておくことが大事ですね

いつまでに支払うことができるのか伝えておく

売掛金の入金が万が一遅延しそうであれば、いつ入金されるのかファクタリング会社に伝える必要があります。

売掛金の入金予定が万が一変更した場合、ファクタリング会社は売掛債権を買取りしているので入金日を知る権利があります。

支払い期日の変更をファクタリング会社に伝えないなら「持ち逃げするのではないか?」と思われてしまい、トラブルの原因につながってしまうこともあります。

後々のトラブルにならないように、売掛金の支払い変更日が分かったならしっかり

  • 理由
  • 日付変更

を伝えましょう。

ファクタリングの支払いで期日の変更があったなら直ぐに変更日を伝えることが大事だね。連絡しないならトラブルに発展することもあるので、忘れずに連絡を入れることがポイントだね
お銀
お銀

ファクタリングへの支払いをしなくて良い場合とは

ファクタリングへの支払いをしなくて良い場合とは
基本的に2社間の場合は売掛金が入金されたなら、ファクタリング会社の口座に入金しなくてはいけません。

しかし、事情によってはファクタリング会社に入金しなくても良いこともあります。

どのような場合、ファクタリング会社に支払いをしなくてもいいのか、その内容を紹介します。

黄門様
黄門様
ファクタリングでも入金の支払いをしなくていいこともあるようじゃ。支払いをしなくて良い状況についても理解しておくと利用企業側も損をしなくて済むの

取引先が倒産したとき

ファクタリングは売掛先から入金されれば必ず支払いをする必要があります。

しかし、万が一売掛先が倒産した場合は売掛金が入金されません。

その場合は基本的に利用した企業は売掛先に変わってファクタリング会社に売掛金の支払いをする必要はありません。

取引先が倒産したときの責任の所在

ファクタリング会社は売掛債権を買取りしているので、その後はファクタリング会社の責任となります。

ただ、ファクタリング会社と契約したときに償還請求権が記載されているなら売掛先に変わって支払いをする必要性も出てきます。

基本的に支払いは必要なくても契約内容には注意しておきましょう。

助さん
助さん
売掛先が倒産した場合は入金されないのでファクタリング会社に支払いをする必要はないということですね

詐欺や脅迫紛いの行いをされたとき

ファクタリング会社から

  • 詐欺
  • 脅迫

などを受けた場合も売掛金の支払いをしなくて済みます。

脅迫や詐欺紛いの行為は契約違反になりファクタリング会社側が行った場合は契約解除を行うことができるようになっています。

ただ、利用した企業がファクタリングの契約を詐欺として立件するには難しい場合もあります。

もし詐欺として疑わしい場合は弁護士に相談して適切な処置をしてもらうようにしましょう。

ファクタリング会社側で詐欺が発覚した場合は売掛金を入金しなくて済むのですね。疑わしい場合は弁護士の力を借りることも念頭に置いておきましょう

ファクタリングの支払いについて理解しておこう

ファクタリングの支払い方法や流れ、注意点などについて紹介してきました。

ファクタリングの支払いは売掛金が入金されたなら必ず支払いをするようにしましょう。

支払わないと利用企業側が損をするだけになるからです。

信頼性を保つためにも内容を把握しておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人