MENU
給料ファクタリングを利用する際に確認することとは?リスクや注意点の確認をしておこう

資金がないときはファクタリングを利用することも1つの方法です。

ファクタリングは売掛債権を買取りしてもらうことで資金を得られるので、資金調達の点では銀行や消費者金融とは違う特徴があります。

ファクタリングは法人だけでなく、個人向けに給料ファクタリングを利用して資金調達を行うことも可能です。

ただ、個人向けに給料ファクタリングを行う際は注意点も確認しておかなければ後悔することもあります。

給料ファクタリングの内容について紹介していきましょう。

黄門様
黄門様
個人が利用できる給料ファクタリングについて内容を確認しておくことが大事じゃな
助さん
助さん
給料ファクタリングはリスクや注意点も高いと言われているので、利用する際は内容を把握してから決定すべきですね

給料ファクタリングとはどんな仕組み?

給料ファクタリングとはどんな仕組み?
「給料ファクタリングとはどのような仕組みなの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

給料ファクタリングとは給料債権を給料日前に資金化する個人向けのファクタリングサービスです。

給料は債権と呼ぶことができる

給料と言うのは会社で働く従業員が仕事をする際にもらうことができる資金であり、従業員は会社に働いた分の給料を請求できる権利があります。
そのため、給料は債権と呼ぶことも可能です。

ただ、仕事をしている従業員の方は給料日にならなければ給料を得ることができず、給料日前に会社からお金をもらうのは難しいです。

そのため、給料ファクタリングは給料債権を先に買取り、給料日になれば、その金額分の債券を得ると言う仕組みになっています。

簡単に言うと、利用者は給料ファクタリングを利用して給料の前借りができることです。

そのため、給料ファクタリングの場合は取引内容についても法人とは少し内容が異なるところもあります。

給料ファクタリングは給料債権を買取りする方法なので、利用者は給料日前に給料を得ることができるわけですね
お銀
お銀

2社間取引での給料ファクタリング

2社間での給料ファクタリングは、基本的に

  • 利用者
  • ファクタリング

のみで取引を行います。

会社員の方がファクタリング会社と債権譲渡契約を結び、手数料を引かれた金額が支払われます。

その後に給料日に給料が支払われれば、そのお金をファクタリング会社の銀行口座に入金させる方法です。

つまり2社間取引の場合は会社を巻き込むことはないので、急なお金が必要になった場合も気軽に利用することが可能です。

また、給料ファクタリングの場合は締め日から給料払いまで最大で1ヶ月ほどなので、期間も短いと言えるでしょう。

会社に知られずに給料を前借りさせたい場合は2社間での取引を選択しましょう。

2社間ファクタリングであれば勤務先の会社を巻き込まないので気軽に利用することができますね

3社間取引での給料ファクタリング

給料ファクタリングで3社間取引を行うなら、

  • 利用者
  • ファクタリング会社
  • 勤務先の会社

を巻き込んでの取引になります。

3社間ファクタリングの場合は勤務先に「給料債権の譲渡の同意書」を書いてもらう必要があるので、勤務先の会社に

  • 債権譲渡通知書
  • 承諾書

の締結をしてもらって取引が完了されます。

勤務先の会社は給料日に契約書の指示に従い、ファクタリング会社の入金口座に依頼者に入金する給料を直接入金します。

そのため、3社間取引を行うと入金がほぼ確実なので、手数料は安く抑えることが可能です。

大体2社間取引の手数料は5%以上という設定になっています。

しかし3者間取引の場合は3〜5%の手数料なので2社間よりもお得にファクタリングを利用することが可能です。

ただ、

  • 勤務先の会社に契約書を書いてもらうなど会社側の負担が増してしまう
  • 会社側に自分が資金が無いこともばれてしまう

ため、印象が悪くなる可能性もあります。

黄門様
黄門様
3社間取引の場合は手数料は抑えられるが会社にバレてしまう可能性が高くなるのじゃな
会社にバレる可能性がある分、3社間よりも2社間を利用する人が多いようですね
お銀
お銀

給料ファクタリングを利用するメリットは何がある?

給料ファクタリングを利用するメリットは何がある?
会社員などのサラリーマンも給料ファクタリングを利用して資金を得ることができます。

しかし、給料ファクタリングを利用する際のメリットについて知っておくことも大事です。

どのようなメリットがあるのか内容を紹介します。

給料ファクタリングを利用するメリットについて考えておくと利用しやすくなりますね

審査が甘いので資金計画を立てやすい

給料ファクタリングは法人と同じで審査が

  • 銀行
  • 消費者金融

と違って厳しくありません。

消費者金融を利用してお金を借りる場合、

  • 返済トラブル
  • 自己破産
  • 複数会社から借入れがある

などの状態であれば審査の段階で落とされてしまいます。

消費者金融によって設定に違いもあるため、必ずお金を借りることのできる保証もなく、資金計画を計画しにくい点があります。

しかし、給料ファクタリングの場合は自分の返済履歴に

  • 自己破産
  • 滞納歴
  • 借入額が大きい

などブラックであっても利用することが可能です。

給料ファクタリングの場合は給料の売掛金額分のみしか資金提供せず、給料は勤務先で仕事をしているなら必ず支払われます。

消費者金融のように

  • 相手の信頼性
  • 資産状況

によってお金を貸すわけではないので、本人の審査に関しては厳しくありません。

ただ、会社が給料を支払ってくれることが大事なので、勤務先の信頼性が重要です。

もし、借入に困っているなら給料ファクタリングがおすすめです。

助さん
助さん
給料ファクタリングが重視するのは勤務先からの信頼性なので利用者の履歴は重視していないと言うことですね

借入ではないので個人信用情報を記載されない

借入ではないので個人信用情報を記載されない
個人で借入を行うなら「個人信用情報」に個人情報が記載されます。

信用情報機関には

  • 自分の名前、生年月日、電話番号などの情報
  • 照会日
  • 契約予定額
  • 紹介会社

などの申込み内容に関する情報源が記載されます。

また、クレジットカード情報も記載され

  • 借入回数
  • 利用日

などもしっかり記録に残ります。

個人信用情報は他の金融機関とも共有することができるようになっており、借入をしている状態のままだと他の金融機関から借入することが難しくなってしまいます。

個人信用情報の記録が残ってしまうと借金がしにくくなるのですが、給料ファクタリングの場合は債権の売買によって資金を得ることができるので個人信用情報に名前が記載されることはありません。

つまり、自分の信用情報が載らないのでお金を借入したいときは金融機関から借入しやすくなると言えます。

今後金融機関を利用する可能性がありそうなら、借入状況を良くするために給料ファクタリングを利用することができます。

給料ファクタリングを利用するなら個人信用情報に名前が残らないようだね。公的機関としても自分の情報をあまり共有して欲しいないなら給料ファクタリングの利用は前向きに検討できるね
お銀
お銀

会社の給料未払いを回避できる可能性もある

給料ファクタリングを利用するなら会社の給料未払いを回避することも可能です。

仕事で働いているなら勤務先から給料をもらうことは正当な権利ですが、会社によっては

  • 給料の支払いを先延ばしにする
  • 会社が倒産して未払いになる

こともあります。

もし、会社が倒産してしまった際は給料を受け取ることができないので、働いたとしてて正当な対価を得ることができなくなります。

ただ、給料ファクタリングで債権を買取りしてもらった後はファクタリング会社の責任となります。

仮に

  • 会社が倒産してしまった
  • 支払いを拒否した

場合、利用者はお金を返済する義務がありません。

そのため、給料が未払いになることを回避できると言えます。

ただ、ファクタリング会社も会社の情報については前もって調査して給料がしっかり支払われるのか確認されます。

調査したときに下記のような性質があるなら、ファクタリングを拒否されることもあります。

ファクタリングを拒否される場合

  • 会社が倒産するリスクがある
  • 給料を支払わないような体質がある

この点は明記してファクタリング利用しましょう。

助さん
助さん
給料債権をファクタリングに買取りしてもらった後は、お金を返す必要はありません
ファクタリング会社も利用者の会社の情報は調査するので状況によっては利用できないこともあるようですね

給料ファクタリングを利用するときのリスクとは

給料ファクタリングを利用するときのリスクとは
個人の方も給料ファクタリングを利用して資金を確保することが可能です。

ただ、給料ファクタリングはリスクもあるため、しっかりリスクを明記しておく必要があります。

どのようなリスクがあるのか内容を解説していきましょう。

黄門様
黄門様
給料ファクタリングには問題点もあるようじゃな。どんなリスクがあるのか確認しておかんと後で後悔するかもしれんぞ

高い手数料設定にされている場合もある

給料ファクタリングを利用するときは手数料が取られますが、この手数料が高く設定されていることがあります。

給料ファクタリングを利用するときに、

給料が20万円で2社間取引で手数料が15%ほどの場合

先に17万円を受け取ることになります。

ただ、1ヶ月後に20万円を支払うことになれば年利で換算すると100%を大きく超えた手数料になる計算です。

給料ファクタリングは1ヶ月以内に返済するとはいえ年率に変換して手数料を考えてみるとかなり大きくなってしまいます。

消費者金融などで借入する方が手数料を安く抑えることが可能なので、高額な支払いとなる可能性がある給料ファクタリングはリスクが高いです。

以前では20%ほどの手数料を設定していましたが、今では給料ファクタリングも利息制限法に基づいて年率15%以内に抑えるようにする必要があります。

しかし、給料債権の手数料を15〜20%などの高額な設定で請求してくるファクタリング会社もいます。

手数料が高過ぎる設定になっていないのか確認しておくようにしましょう。

給料ファクタリングの場合は手数料の設定を確認しておくことが大事だね。手数の設定によってはカードローンなどを利用する方が安いとも言えますね
お銀
お銀

悪徳業者が給料ファクタリングを行っている場合もある

悪徳業者が給料ファクタリングを行っている場合もある
給料ファクタリングの業者の中には、

  • 詐欺業者
  • ヤミ金業者

が運営していることもあります。

ヤミ金運営をしている悪徳業者の場合

法律に定められていることを守らずに違法な仕方で金融業を行っている場合が多いです。

悪徳業社が給料ファクタリングをしている特徴としては

  • 法外な手数料の設定
  • 契約書を作成しない
  • 厳しく取り立てる

があります。

悪徳業者の場合は、

  • 法外な手数料の設定として年率1,000%を超える高利貸しを行なっている
  • 契約書を作成せずにお金を渡して後になってファクタリングした金額以上の請求をしてくる

など、悪質な方法でお金を騙し取ろうとしてきます。

悪質なファクタリング会社を利用してしまって夜逃げしてしまうなど、大きなトラブルが生じてしまっている人もいるため、利用しないように上記の3点は確認しておくようにしましょう。

万が一、給料ファクタリングで悪徳業社に当たってしまったなら、弁護士に相談するようにしておきましょう。

助さん
助さん
給料ファクタリングの中には悪徳業者も存在しているようですね。もし、悪徳業者に当たったなら直ぐに弁護士に相談するようにしましょう

給料ファクタリングは金額が少ない場合もある

給料ファクタリングは給料を担保としてお金を得ることができます。

そのため、給料の金額以上の資金を得ることはできません。

一般的なサラリーマンの場合

給料の金額は個々によって変わりますが、一般的なサラリーマンだと25〜30万円ほどです。

ただ、資金の必要性に応じては給料の金額以上が必要なこともあり、その場合は給料ファクタリングの利用だけでは足りないこともあります。

さらに、買取りしてもらった金額から手数料で差し引かれるため、さらに金額は少なくなってしまいます。

また、給料ファクタリングの場合は基本給のみが対象であり

  • 残業手当
  • 休日手当
  • ボーナス

などは買取りしてもらうことができません。

そのため、基本給が少ない場合自分の予想していた金額ではないこともあります。

給料ファクタリングを利用する際は、対象となる債権について確認したうえで利用しましょう。

給料ファクタリングを利用するときは対象が基本給のみであることを覚えておきましょう
給料ファクタリングの場合は給料のみなのでカードローンのように給料以上の借入はできないことも確認しておこうね
お銀
お銀

給料ファクタリングの利用で確認しておくべき注意

給料ファクタリングの利用で確認しておくべき注意
給料ファクタリングを利用するときはリスクを考慮した上で注意点があります。

どんな点に注意しておく必要があるのか紹介します。

黄門様
黄門様
給料ファクタリングを利用したなら、注意点も確認しておくべきじゃ。注意点を考慮したうえで利用を検討するのじゃな

利用した月の給料は入ってこない

給料ファクタリングを利用したなら、その月の給料は当然入ってこないことを明記しておきましょう。

給料ファクタリングで給料を前借りさせてもらっている状態となっているので、給料日には当然お金が入ってきません。

勤務先から給料をもらうのは最長で2ヶ月後になるため、その期間までの資金のやり繰りも計画しておく必要があります。

給料が入らないとなると

  • 家賃の支払い
  • 光熱費などの固定費の支払い

が滞るリスクもあります。

また、給料ファクタリングの場合は債権の先延ばしをすることができず、次の給料日に入金された金額をファクタリングの口座に入金しなくてはいけません。

もし、給料を入金しないようであれば、それは犯罪行為になってしまうこともあります。

このような注意点があることを踏まえて利用を考えましょう。

助さん
助さん
給料ファクタリングを利用するなら、その月の給料は無いという認識を持っておきましょう。

事前の確認をしておく

給料ファクタリングを利用するときは事前に業者の確認をしておくようにしましょう。

給料ファクタリングには先ほども紹介したように悪徳業者が利用している可能性もあります。

悪徳業者を利用をせず優良業者を見極めるため、事前に

  • ホームページの確認をして金融庁の登録をしているのか確認しておく
  • 手数料の年率を確認する
  • 契約書を見せてもらう

こともしておきましょう。

優良のファクタリング業者であれば、金融庁の登録もされており、契約書についても細かく説明して疑問点を解消してくれます。

事前に確認をして適当に済ませないようにしましょう。

給料ファクタリングの際は優良業者であるかの確認を行っておくことが大事だよ。急いでいてもポイントは確認して安全性を確保しておこうね
お銀
お銀

給料ファクタリングは慎重に検討しよう

給料ファクタリングは慎重に検討しよう
給料ファクタリングを利用して資金を得ることは可能です。

しかし、給料ファクタリングはメリットがある一方、リスクや注意点もたくさんあるので、確認して慎重に行うことが大事です。

十分内容を考慮して利用するようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人