MENU
現金化がクレジット会社にバレたらどうなる?利用停止を回避する方法とは?
調査員:しんや
あなたは「クレジットカードのショッピング枠を現金化しようと考えているけれども、カード会社にばれたらどうしよう。」と不安かもしれません。

クレジットカードは様々な会社から発行されていて、利用停止になる基準が異なります。

金券類や新幹線の回数券を一度に大量にショッピング枠で購入すると、「現金化目的の可能性がある」と判定される可能性大。

  • 調査が入る
  • カードの利用を停止される

リスクが高まります。

そこで、クレジットカード現金化が

  • バレるパターン
  • バレるとどうなるのか
  • バレない現金化の方法

を解説。
バレること無くクレジットカード現金化をしたいなら、しっかりとチェックしてください。

金券類や新幹線の回数券をショッピング枠で一度に大量購入すると、カード会社から現金化目的ではないかと疑われることに。
調査やカードの利用停止といったリスクが高くなります。

クレジットカード現金化がバレるパターン

現金化がバレるのは普段の一定の「パターン」があるから

クレジットカード現金化がカード会社にバレる人は、そこまで多くありません。
しかし、共通した傾向があるため、該当しているとチェックされる可能性が高まります。

カードのキャッシング枠を使い切っている

疑われるパターン1

カードの「キャッシング枠」をめいっぱい使い切っていて、更にクレジット枠の使用額が上昇している。

この場合「キャッシングだけでは間に合わなくなったため、ショッピング枠で現金化をしているのではないか」とカード会社から疑われます。

突然ショッピング枠をめいっぱい使い込む

疑われるパターン2

キャッシングを利用していた人が、突然ショッピング枠を限度いっぱいまで使い込む。

このパターンは現金化を行っている可能性が高いとみなされます。

換金率の高い商品を頻繁に購入する(金券は一発アウト)

金券類を大量購入するとカード会社からマークされる

疑われるパターン3

換金率の高い商品を頻繁に購入している。

購入商品の内容からも、クレジット会社は「現金化」を探り当てることができます。

  • ゲーム商品
  • 貴金属
  • ブランド物

など、換金率が高い商品ばかり購入している人は注意が必要です。

本来禁止されている金券をクレジットで購入した場合、ほぼ100%カード会社から電話がかかってきます。

そもそも金券類は、クレジットカードでの購入が禁止されています。
しっかり覚えておきましょう。

黄門様
黄門様
突然、5万円分の新幹線の回数券やAmazonギフト券を購入した場合、現金化目的や第三者による不正利用を疑われても仕方がないじゃろうな。

クレジットカード現金化がバレやすい商品

換金率が高い商品の購入はカード会社が監視している
換金率だけを見て現金化を実行するのはやめましょう。

クレジットカード会社は、長年の取引履歴を分析しており、

  • 金券類
  • 新幹線の回数券

を購入して現金化を実行する人物がいることを把握しています。

そのため、Amazonギフト券などの金券類や新幹線の回数券といった換金率の高い商品の購入は常に監視されていると考える方が良いでしょう。

普段、金券類や新幹線の回数券をカードで購入したことが無いにもかかわらず、突然大量に購入した場合、不正利用と判定されるリスクが高くなるので注意してください。

現金化バレるとどうなるのか?

「クレジットカード現金化」はクレジット会社との規約違反(契約違反)になります。
だからバレると、それ相応の対応措置がとられます。

カード会社から確認の問い合わせが来る

カード会社から問い合わせが来るケースもある

カード会社のシステムによって「規約違反に該当する」と判断された場合、カードが一時的に利用停止状態に。
電話でカード会社から問い合わせが来るケースが多数です。

電話で質問される内容

  • 「今日、カードを利用して、△△という店舗で××という商品を購入しましたか?」
  • 「購入した目的を教えてください。」

このような質問には、

  • 「現金化目的かどうか」
  • 「第三者による不正利用かどうか」

を判断する目的があります。

「現金化目的や不正利用ではない」と確認された場合は、すぐに利用停止状態が解除されます。
だから「自分自身で使用するため」と答えれば、それ以上は追及されないケースが殆どです。

しかし、現金化目的が疑われる場合は、利用停止状態が継続。
一括返済を求められるケース
もあります。

助さん
助さん
一時的にカードの利用を停止されても、電話による問い合わせで正当な利用が確認されれば、すぐに利用停止状態が解除されます。

カードが使用停止に

カードが使用停止に
クレジットカードのショッピング枠の現金化が明るみに出ると、その時点でカードが使用できなくなります。
これは「解約させられる」ことを意味します。

上記問い合わせ時点では、確認のための一時停止です。
でも正当性を証明できなければ、解除されないままになってしまいます。

残高を一括請求される

クレジットカード現金化がバレた場合、カードが利用できなくなるだけではありません。
それまで使用したカードの支払い残高を一括請求されることになります。

分割払いを組んでいたローンも、すべてその場で精算しなければなりません。

クレジットカードが作れなくなる

クレジットカード現金化がバレてしまうと、信用機関情報にあなたの名前がリストアップされます。

そのため、他の会社でもクレジットカードを作るのが難しくなるでしょう。

現金化がバレると、クレジット会社の規約違反になり厳しい処置が待っています。
トラブルを避けるためには、カード会社になぜバレるかを知り、避けなければなりません。

一度目は見逃されても二度目は即時利用停止になる可能性が高い

一度目は見逃されても二度目は即時利用停止になる可能性が高い

カード会社が現金化目的での利用を疑ったとしても、一度目は即時利用停止になるケースは少ないと言われています。

ただし、明らかに現金化行為が疑われるケースでは、再び「大量の金券類の購入」を実行すると即時利用停止処分に。
そのまま解除されない
可能性があります。

一度、カード会社から問い合わせがあった場合、同じカードで現金化の実行は避ける方が良いでしょう。

バレないようにクレジットカード現金化する方法

クレジット会社にバレないように現金化する方法

カード会社にバレないようにクレジットカード現金化を行うには、上記で紹介した行為を避けましょう。

キャッシング枠を使いすぎない

キャッシング枠を限度額いっぱいに使用している人は、それだけで「現金化」を疑われやすくなります。

日頃からキャッシング枠を使いすぎないように気をつけましょう。

似た商品ばかり購入しない(現金化を繰り返し行わない)

クレジットカード現金化を繰り返していると、

  • 「換金率の高い商品をいくつも購入する」
  • 「似たような商品を何度も繰り返し買う」

といった傾向が生まれます。

すると、クレジット会社は不審に思いますよね。

だからバレないためには、

  • 繰り返さないこと
  • 似た商品を大量に買わない

ことが大切です。

カード会社との信頼関係を築いておこう(日頃からきっちり返済する)

カード会社との信頼関係を築いておこう

結局、一番大切なのは、カード会社との信頼関係です。

「この人なら、ローンを組んでもしっかりと返済してくれる」
クレジット会社がこんな風に評価してくれれば、疑われることはありません。
では、どうしたら信頼関係が築けるのでしょう?

それには、日頃から返済をきっちりと行い、よい利用者でいることが最重要です。
これを心がけていれば、クレジットカード現金化でも、大きな問題は生まれないでしょう。

現金化業者を利用する際は悪徳業者に注意

地域で長年営業を継続し、ノウハウを蓄積している業者に現金化を依頼する方法もあります。
これならカード会社から、現金化を疑われるリスクを低減できます。

ただし、現金化業者の中には、裏で闇金業を営んでいるなど悪徳業者も交じっています。

悪徳業者は、長期間営業を続ける意思がありません。
短期間で稼ぎ、店を畳むことを考えていることが多いのが特徴。
ハイリスク商品による、多額の現金化を一度に実行。
クレジットカードの利用停止に繋がる可能性が高い
ので注意しましょう。

クレジットカード現金化がバレることに関するよくある質問

Q.クレジットカード現金化業者からバレる原因(郵送物など)が送られてきますか?
A.いいえ、ほとんどありません。
確かにクレジットカード現金化業者は、申込者にクレジットカードで指定のものを購入させます。
そのキャッシュバック等の名目で、振り込みをすることが多いです。

ですが基本的に情報商材やフリーの画像等を購入。
メールで商品を送って完結させます。

Q.クレジットカード現金化がカード会社にバレるのはなぜ?
A.購入履歴に不自然な点があると、現金化を疑われる原因になります。

例えば、ショッピング枠を利用して、換金性の高い新幹線のチケットやブランドものを毎月決まった日に大量に購入。
こういった使い方だと、クレジットカード会社は現金化を疑います。

Q.クレジットカード会社から現金化を疑われない対処法はありますか?
A.特に有効なものはありません。

ですが、クレジットカード会社からの電話には必ず出ることが大切です。
その上で、何か聞かれてもひたすらに「現金化目的での利用ではない」と答えるしかありません。

仮に利用用途の確認等、疑うような電話がかかってきた後は、しばらくは現金化目的での利用を控えたほうがいいでしょう。

Q.クレジットカードの現金化がばれてしまい、カードの利用を停止させられてしまいました。
弁護士に相談したら何とかできますか?
A.基本的に対応してもらえません。
カード会社の利用規約に違反しての利用停止処置だと思われます。
だから弁護士に相談しても、カードの利用停止措置が解除される可能性は非常に低いです。

クレジットカード現金化はバレると大変だから適度に実行

現金化はカード会社にばれにくい金額に留めて適度に実行することが大切

クレジットカード現金化は、あくまでも「一時的な資金繰り」のために実行。
適切な金額に留めておく
ことが、バレないためにも大切です。

クレジットカード現金化がバレるパターンとしては、

  • キャッシング枠を使い切っている
  • ショッピング枠を急に使い込む
  • 換金率の高い商品を頻繁・大量に購入

などがあります。

こういった使い方をしていると、

  • カード会社から電話で問い合わせが来る
  • クレジットカードの利用停止
  • 支払い残高を一括請求
  • クレジットカードが作れなくなる

などの可能性が高まるので注意してください。

本記事が、

  • どのようなケースで現金化がカード会社にバレやすいのか
  • バレないように実行するための手法

について知りたい方のお役に立つことができれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内で飲食店を経営していたものの、お金の出入りが激しくて短期的な金欠状態になることも多々あり、借り入れよりも手軽に利用できるからと、クレジットカード現金化業者を利用するようになっていきました。

少しでも割りの良い業者がないかと次々と替えながら利用していくことで、いろんな現金化業者について詳しくなっていき、その後お店はたたむことになったものの、蓄えた知識を活かしてクレジットカード現金化についての情報を伝え始めるようになりました。

切羽詰まっているときは悪徳業者に騙される危険も高いので、選び方や注意点など、実際の利用で感じたことなどを初心者にもわかりやすくまとめています。

執筆した記事一覧はこちら