現金化とは?現金化の方法や、やり方をご紹介します

現金化とは?現金化の方法をクレカ以外のやり方も紹介します!
調査員:だいすけ
お金がどうしても必要なときは、借金や友達に借りて乗り切る方法があります。

でも、お金は簡単でバレないやり方で用意できた方が良いですよね。
実は世の中には、先払い買取や後払いアプリと使った現金化など、便利な方法(現金化方法)がたくさんあります。

そこで今回の記事では、

  • そもそも現金化とは何か
  • クレジットカードを使った現金化方法
  • クレジットカード以外の現金化方法

などを解説。

様々な現金化方法を網羅しているので、あなたが実践しやすい方法がすぐに見つかります。
いざという時に困らないように、ぜひ確認しておいてください。

目次

現金化とはどういう意味?

現金化とはどういう意味?

現金化とは、何らかの方法でお金を用意することを意味します。
ただし、借入などは含まれず、基本的に本来は違う目的のサービスを利用する場合を指すのが特徴です。

利用するサービスによって、

  • クレジットカード現金化(キャッシングは除く)
  • 後払いアプリ現金化
  • 先払い買取現金化
  • 不用品の売却による現金化

などがあります。

ローンを申し込む訳では無いため、ブラックリスト入りしていても利用できる現金化方法も。

現金化を利用しても信用情報にキズが付きにくいのもポイントです。
将来的に住宅ローンを使いたい場合なども安心して現金化は利用できます。

現金化方法としては、クレジットカードのショッピング枠を使うやり方が手軽で一般的です。
そのため、クレジットカード現金化には専門業者も多く、利用しやすい状況が整っています。

もし急いでお金が必要ならば、クレジットカード現金化から検討していくのがおすすめです。
ちなみにキャッシング枠を使う場合は、単なる借入なので現金化とは呼びません。

もちろん「クレジットカードが作れない」「既に枠が一杯」ということもありますよね。
そんな人でも利用できる現金化方法もたくさんあるので安心してください。

詳しくは後で解説します。

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使った現金化方法のことです。
キャッシング枠を使い切った後でも、お金を手にできるのが特徴。

限度額もショッピング枠の方が多いため、キャッシング枠では足りない場合にも便利です。

ローンと違い、すでにクレジットカードを持っていれば改めて審査を受ける必要がありません。
ブラックリストに載っていても、手持ちのカードがあれば利用できる現金化方法です。

クレジットカード現金化の返済は、普通の買い物と同じようにクレジットカード会社に行います。
そのため、後からでも分割払いやリボ払いに変更できる場合が多いのもポイント。

一括払いが難しい状況・金額でも、無理なく返済できるのはクレジットカード現金化のメリットです。

ただし、現金化目的でショッピング枠を使うことはクレジットカードの利用規約に違反する行為。
もしカード会社にバレた場合には、カード停止などのトラブルになる場合があります。

でも違法行為では無いため、逮捕される心配はありません。

クレジットカード現金化には、

  • 専門業者を使う
  • 自分で行う

この2つのパターンがあります。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、状況に応じて使い分けるのもあり。
現金化の中でも利用が多い方法なので、次で詳しく解説します。

クレジットカードを使う現金化の方法

クレジットカードを使う現金化の方法

クレジットカードを使う現金化の方法は、手軽で利用しやすいので便利です。
だけど上述したように、ショッピング枠を使うので普通のお店では商品しか買えません。

お金は直接用意できないので、どうすれば現金化できるのか解説します。
業者に依頼する方法の他、自分ですることもできるからやり方を確認してください。

ネットの業者に依頼する方法

ネット上には、クレジットカード現金化業者がたくさんあります。
こういった専門業者に依頼すると、即日現金化も可能。

ネットの業者でクレジットカード現金化をする場合はこのような流れになります。

ネット業者を使う流れ
  1. 業者の公式サイトから依頼・申し込む
  2. 折り返しの連絡を受ける(注意事項や説明など)
  3. 連絡時に指定された商品をクレジットカードで購入
  4. 決済が確認できたらお金が銀行口座に振り込まれる
  5. カード会社に返済

買取方式とキャッシュバック方式に分かれるものの、基本的にはどちらも同じです。
ただ、キャッシュバック方式の場合は商品の受け取りがあります。

デジタルコンテンツが多いので、メールで受け取れるため気になるほどの違いはありません。

業者選びでは、換金率など他の要素を重視するのがおすすめです。
振り込まれるお金の意味合いがちょっと違うものの、どちらもスマホがあれば10分~30分程度ですぐに終わります。

店舗型業者に依頼する方法

クレジットカード現金化業者は、あまり見かけないものの街中に店舗を構えている場合もあります。
繁華街などを注意して見ていると「カードでお金」「現金化」などと書かれた看板やチラシを見かけることもあると思います。

店舗型業者に現金化を依頼する場合、基本的には買取方式です。

依頼する際の流れは、このようになっています。

店舗型業者を使う流れ
  1. お店に行く
  2. クレジットカードで商品の購入
  3. 購入商品の売却(別店舗の場合あり)
  4. 売却代金を現金で受け取る
  5. カード会社に返済

その場ですぐに現金を受け取れるのがメリット。

ただし、同一店舗で購入~買取まで完了できるとは限りません。
購入商品を別店舗に売りに行く必要がある業者もあり、手間が余計にかかります。

その分、販売と買取を分けることで、現金化目的と思われずクレカトラブルを避けやすくなるメリットも。

ネット業者よりも面倒な部分もありますが、悪質業者による詐欺被害を避けやすい方法です。
不明な部分はスタッフに直接確認できるため、安全にクレジットカード現金化ができます。

店舗型・無店舗型それぞれにメリットがあります。
そのため、クレジットカード現金化業者は店舗型と無店型どちらが良いかは、利用者がどう望むか次第なので、どっちがお得とは断言できません。

現金化自分でする方法

クレジットカードを自分で現金化する方法もあり、

自分でやる流れ
  1. クレジットカードで高換金率商品を購入
  2. 購入した商品を売る(リサイクルショップ・金券ショップ・フリマアプリなど)
  3. 現金を受け取る(店頭ならその場で、フリマアプリなどは後日)
  4. カード会社に返済

といった流れで行います。

あくまでも自分でするため、購入するアイテムや売却先はあなた次第です。

ただ、クレジットカードで購入する商品は高く売れること(換金率の高さ)が重要。

現金化でよく利用されるのは、下の商品が多いです。

  • ギフトカード・金券類
  • 新幹線回数券
  • スマホ
  • ゲーム機
  • ブランド品

特に、金券類は90%以上の換金率になるものが多いイチオシのアイテム。
使うクレジットカードの決済ブランドのギフトカードであれば、公式サイトから簡単に購入できます。

即日現金化したい場合や頻繁にクレジットカード現金化を行うなら、スマホやゲーム機もおすすめ。

その理由は、近所の家電量販店や専門店など購入できるお店が豊富だから。
それでいて換金率が高めで、1アイテムが高額なのがポイント。
まとまった現金を用意しやすいアイテムなんです。

売却する方法としては、ギフトカードなら金券ショップ、スマホやゲーム機はゲオなどの専門店がおすすめ。
フリマアプリでも高く売れますが、商品の発送や入金の確認が必要になります。

手間や時間がかかるため、特に急いでいる時にはおすすめ出来ません。

自分でする現金化方法には、もう1つ商品の購入~返品~返金を利用する方法もあります。
ただし、返品するタイミングが難しく、一般的に3日後以降と言われています。

それも確実では無く、失敗すると単にクレジットカードへの請求をキャンセルして終わることに。

お店にもいい顔をされないため、あまりおすすめできない方法です。
ただ、購入金額がそのまま返金されるため、覚えておくといつかは役に立つかも知れません。

よりお得に現金化する方法についてこちらのページでもチェックしましょう。
最新クレジットカード現金化の裏ワザ

クレジットカード以外の現金化の方法

クレジットカード以外の現金化の方法

クレジットカードを利用する以外にも、現金化方法はたくさんあります。
クレジットカードは誰でも持っている物ではありませんよね。

何よりクレジットカード現金化だけでは足りない可能性もあるので、他の方法も覚えておくと安心です。

メルカリで行う方法

メルカリで現金化を行う方法は下記のやり方が基本になります。

メルカリ現金化の流れ
  1. メルカリに登録
  2. 不用品を出品
  3. 売れたら商品の発送
  4. 相手が確認したら取引完了(売上金の入金)
  5. アプリから振込申請し現金を入手

出品した商品は、値段設定によってはすぐに売れないこともあるため、買い手が現れるまでずっと待たなければなりません。
すぐに売りたい場合は安く設定する必要があり、現金化の効率が下がります。

メルカリにはもう1つ現金化の方法があり、それが「メルペイのあと払い」を使う方法です。

メルペイのあと払い現金化の流れ
  1. メルペイのあと払い対応店で高換金率アイテムを購入
  2. 買取店で売却
  3. 現金を入手
  4. 後日メルペイに返済

という現金化方法も利用できます。

メルペイは後払いアプリとしても使えるため、クレカやお金が無くても商品を購入できるのがポイント。
それを各種買取店やメルカリなどで売れば良いだけです。

これを使えば売る不用品がなくてもメルカリを使った現金化ができます。
ちなみにメルペイはメルカリアプリから使えるので、普段から利用しているなら登録の手間が省ける便利な現金化方法です。

paypayで行う方法

paypayで現金化を行う方法はこのようになります。

paypay現金化の流れ
  1. PayPayに登録
  2. アプリ内で支払い方法をPayPayあと払いに設定
  3. paypay対応店で高換金率商品を購入
  4. 各種買取店やフリマアプリなどで売る
  5. 現金を入手
  6. 後日PayPayに返済

PayPayあと払いは、限度額が50万円と高いのが特徴です。
対応店も多いので、街中での商品購入がしやすいのもポイント。

クレジットカード現金化と同じように、使い勝手の良い現金化方法です。

キャリア決済を使う方法

キャリア決済を使うと、支払いを携帯電話料金と合算にできます。
要は後払いにできるため、後払い現金化が簡単にできるのがポイント。

各携帯キャリア毎にサービスが用意されているので確認してください。

ちなみに各キャリア決済は、利用上限が同じで10万円になります。
年齢や携帯電話の契約期間によっては、限度額が下がることがあるので注意してください。

auかんたん決済

auかんたん決済で現金化を行う方法はこのようになります。

au現金化の流れ
  1. au IDへ登録
  2. auかんたん決済に対応したネットショップで高換金率商品を購入
  3. 支払い方法で「auかんたん決済」を選択し暗証番号を入力
  4. 購入商品を受け取る
  5. 各種買取店やフリマアプリなどで売る
  6. 現金を入手
  7. 後日携帯電話料金と合算で返済

auかんたん決済は、

  • au
  • UQ mobile
  • povo
  • auひかり
  • auひかり ちゅら

などの契約者が利用可能です。

au IDにはau系以外の利用者も登録はできますが、キャリア決済が出来ないため意味がありません。
auかんたん決済はネットショップしか対応していないのですが、実店舗で使う裏ワザがあります。

それは「auPAY」か「au WALLEカード」を使う方法です。
仕組みはauかんたん決済を使ってチャージし、後日携帯電話料金と合算で返済になるので手順も変わりはありません。

これを使えば対応している店舗で商品を購入することができるのでおすすめです。

ただ、au WALLEカードは廃止になり新しく発行することはできません。
auPAYであればすぐにできるので、実店舗で使いたいときはauPAYにチャージしてから使うようにしましょう!

d払い

d払いで現金化を行う方法はこのようになります。

docomo現金化の流れ
  1. d払いアプリに登録
  2. アプリ内で電話料金合算払いを設定
  3. d払い対応店で高換金率商品を購入
  4. 各種買取店やフリマアプリなどで売る
  5. 現金を入手
  6. 後日携帯電話料金と合算で返済

ドコモ・ahamo<の契約者が利用可能です。 d払いには他のスマホユーザーも登録できますが、キャリア決済が出来ないため意味がありません。 d払いアプリは街中のお店も対応店が多いため、即日現金化もしやすい方法です。

ソフトバンクまとめて支払い

まとめて支払い現金化の方法はこのようになります。

ソフトバンク現金化の流れ
  1. 対応ネットショップで高換金率商品を購入
  2. 支払い方法で「ソフトバンクまとめて支払い」を選択(メールで届く3桁の番号を入力する場合あり)
  3. 購入商品を受け取る
  4. 各種買取店やフリマアプリなどで売る
  5. 現金を入手
  6. 後日携帯電話料金と合算で返済

ソフトバンク・Y!mobile・LINEMOの契約者が利用可能です。

ソフトバンクまとめて支払いは、対応しているネットショップが少ないので注意してください。
その代わり事前に登録する手間がなく、手軽に利用しやすいキャリア決済です。

Amazonは対応しているので、購入商品には困りません。

atoneで行う方法

atoneで現金化を行う方法はこのようになります。

atone現金化の流れ
  1. atoneに会員登録(実店舗で利用する場合は本人確認も)
  2. atone対応店で高換金率商品を購入
  3. 支払い方法でatone翌月後払いを選択
  4. 各種買取店やフリマアプリなどで売る
  5. 現金を入手
  6. 後日atoneに返済

atoneを実店舗で使う場合は、利用実績が必要です。
そのため、最初はネットショップでしか利用できないので注意してください。

通常のatoneで支払う場合は、注文確定10日後までの決済になります。
すぐに返済できる予定がないなら、必ずatone翌月後払いを選ぶようにしてください。

ペイディで行う方法

ペイディで現金化を行う方法はこのようになります。

ペイディ現金化の流れ
  1. ペイディ対応店で高換金率商品を購入
  2. 支払い方法でペイディを選ぶ
  3. メアドと携帯番号を入力しSMSで届く4桁の認証コードを入力
  4. 購入商品を受け取る
  5. 各種買取店やフリマアプリなどで売る
  6. 現金を入手
  7. 後日ペイディに返済

ペイディは登録しなくても利用可能ですが、登録~本人確認を行うと利用限度額がアップするのが特徴です。
早めにやっておくと、いざという時にまとまった額の現金化がしやすくなります。

分割手数料は無料で、3・6・12回払いも選べる(分割回数は加盟店による)のもポイント。
一括払いが難しい状況でも、安心して高額の現金化がしやすい方法です。

ただし、ペイディを実店舗を使う場合に、リアルカードの発行が必要になります。
バーチャルカードは最短5分の即日発行が可能ですが、リアルカードには1週間程度かかるので注意してください。

ペイディカードはどちらも無料で発行できるため、即日現金化を希望するなら早めに申し込むようにしましょう。

NP後払いで行う方法

NP後払いで現金化を行う方法はこのようになります。

NP後払い現金化の流れ
  1. NP後払い対応店で高換金率商品を購入
  2. 支払い方法でNP後払いを選択
  3. 商品を受け取る(請求書は同梱または別送)
  4. 各種買取店やフリマアプリなどで売る
  5. 現金を入手
  6. 後日請求書を使ってコンビニなどで返済

NP後払いは、請求書が送られてくるのが特徴です。
そのため、特に会員登録などを行わなくても簡単に後払いで商品が購入可能。

ただ、NP会員に登録しておくとポイントが貯まる・使えるようになります。
少しでもお得に現金化をしたいなら、会員登録しておくのがおすすめです。

対応しているのは通販サイトだけで、実店舗では利用できないから注意してください。
同じ会社が提供しているatone(アトネ)なら、実店舗でも利用できます。

バンドルカードで行う方法

バンドルカードで現金化を行う方法はこのようになります。

バンドルカード現金化の流れ
  1. バンドルカードアプリに会員登録
  2. 「ポチっと」チャージかドコモ払いでチャージ
  3. VISA対応店で高換金率商品を購入
  4. 各種買取店やフリマアプリなどで売る
  5. 現金を入手
  6. 後日バンドルカードかドコモに返済

バンドルカードに登録すると、VISAのバーチャルカードが即時発行されます。
審査や年齢制限がないため、誰でも簡単に作れるので安心してください。

基本的にVISAのクレカと同様に使えるため、上記クレジットカード現金化と同じ方法で現金化も利用可能。

ただし、そのままで使えるのは事前にチャージをするプリペイドカードとしての機能だけなので注意してください。
現金化が必要な状況では、お金でチャージする余裕はありませんよね。

実はバンドルカードを使った現金化には、2種類のチャージ方法があります。
その1つが、キャリア決済のドコモ払いを使ってチャージをする方法です。

ドコモユーザーなら、携帯電話料金と合算で支払いができるため、普通にチャージをしても後払いにできます。
チャージする際にドコモ払いを選べば良く、IDとパスワードだけと使い方も簡単です。

もう1つが「ポチっと」チャージという、独自の後払いサービスでチャージする方法です。

バンドルカードの後払いサービスなので「ポチっと」チャージには審査があります。
対象年齢も満13歳以上になるので注意してください。

条件を満たしていれば、ドコモユーザー以外でも後払いでクレジットカード現金化と同じ方法が利用できるので便利ですよ。

LINE Payで行う方法

LINE Payで現金化を行う方法はこのようになります。

LINE Pay現金化の流れ
  1. LINEに会員登録(既に利用していれば必要なし)
  2. LINEのウォレットタブからLINE Payに登録
  3. LINE Payにクレジットカードを登録
  4. LINE Pay対応店で高換金率商品を購入
  5. 各種買取店やフリマアプリなどで売る
  6. 現金を入手
  7. 後日登録したクレジットカードに返済

LINE PayはLINEユーザーなら簡単に利用開始できる決済サービスです。
ですが、現金化をするためにはチャージが必要。

通常の方法では、現金化で利用する意味がありません。

「チャージ&ペイ」という後払いサービスもありますが、クレジットカードを登録しないと利用できないのが問題。
登録できるクレジットカードがあるなら、そのままクレジットカード現金化を使えば良いだけですよね。

わざわざLINE Payを使って現金化を行うメリットとしては、

  • LINE Pay経由の支払いになり現金化が疑われにくい
  • 決済ブランドに関係なくVisaのバーチャルカードが発行できる

などがあります。

以前はポイントが貯まったものの、2023年5月1日から貯まらなくなりメリットが減少。
他の後払いアプリも登録は簡単なので、現金化に使う大きなメリットはありません。

amazonテンポラリーカードで行う方法

amazonテンポラリーカードで現金化を行う方法はこのようになります。

amazonテンポラリーカード現金化の流れ
  1. Amazonからクレジットカードを申し込む
  2. amazonテンポラリーカードの発行を受ける(自動的にAmazonに登録)
  3. Amazonで高換金率商品を購入
  4. 商品を受け取る
  5. 各種買取店やフリマアプリなどで売る
  6. 現金を入手
  7. 翌月26日に三井住友カードに返済

amazonテンポラリーカードは、アマゾンで使用することになるものの、通常のクレジットカードと同様に買い物が可能です。

ただし、Amazonギフト券の購入には使えないため換金率の高い商品の選択肢は減ります。
限度額も3万円なので、高額な現金化には向きません。

そもそもテンポラリーカードは、本カード(Amazon Mastercard)の発行・到着までに利用する暫定的なクレジットカードです。
あくまでもクレジットカードの発行なので、審査も必要になります。

カード番号しか発行されない分、営業時間内に申し込むと審査は10分程度で完了します。
Amazon Mastercardが届くまでにどうしても現金が必要な場合には便利です。

審査結果によっては、amazonテンポラリーカードが発行できない場合もあります。
本カードの審査を受けることになり、こちらも落ちる可能性があるので注意してください。

ちなみに、キャンペーンによってはAmazon Mastercardを申し込むとアマゾンポイントが貰えます。
ポイントはAmazon Mastercard発行後の加算になるので注意してください。

amazonテンポラリーカードの段階では、ポイントを使った現金化はできません。

交通系ICカードで行う方法

交通系ICカードを使って現金化を行う方法は主に2パターンあります。

1つ目の方法がこのようになります。

交通系ICカード現金化の流れ1
  1. 各交通系ICカード(アプリも可)を用意
  2. 各交通系ICカードにクレカでチャージ
  3. カードを解約
  4. チャージ金額を受け取る
  5. 後日チャージに使ったクレカに返済

チャージにはクレジットカードが必要ですし、原則返金できません。
ですが解約することにより、チャージしたお金を返金して貰えるのがポイントです。

  • リアルカード:窓口で解約しその場でお金を受け取る
  • スマホアプリ:アプリ内で解約(退会)し指定口座に振り込み

となり、解約には手数料が必要ですがどちらでも現金を手にできます。
クレジットカード現金化よりは手数料は安いものの、繰り返し行うのは怪しまれるので危険です。

他にも各交通系ICカード対応店で、高換金率商品を購入し、売却する方法もあります。
ですが他の決済アプリと違い、独自の後払いチャージが無いので注意。

クレジットカードを使ってチャージをする必要があり、利用する意味がありません。

そこでもう1つは、

交通系ICカード現金化の流れ2
  1. 各交通系ICカード対応店で高換金率商品を購入
  2. 商品を返品
  3. 返金を受ける
  4. 後日チャージに使ったクレカに返済

という方法になります。
クレジットカードで直接購入~返品する方法と違い、交通系ICカードは現金で返金されるケースが多いのがポイント。

交通系ICカードは、単独では後払いが使えません。
でも自分でクレジットカード現金化を行うより、効率的に返品・返金を利用した現金化ができます。

ポイントサイトで行う方法

ポイントサイトで現金化を行う方法は、

ポイント現金化の流れ1
  1. 各ポイントサイトに会員登録
  2. 資料請求などでポイントを獲得
  3. 獲得ポイントを現金として振込依頼(電子マネーの場合も)

となり、電子マネーに変換した場合はさらに、

ポイント現金化の流れ2
  1. 高換金率商品の購入
  2. 各種買取店やフリマアプリなどで売る
  3. 現金を入手

と続きます。

ポイントサイトでポイントを貯めるには、ショッピングや各種サービス利用、会員登録などがあり無料で貯められる方法も。
普段からコツコツと利用しておくと、いざという時に現金化で役立ちますよ。

ポイントサイトで貯めたポイントは、他のポイントや電子マネーに交換するだけだと思っている方もいると思いますが、

  • ポイントタウン
  • モッピー
  • ちょびリッチ
  • ハピタス
  • げん玉

など、直接対応した銀行口座に振り込んで貰えるサービスも多いので安心してください。

貯めたポイントはそのまま現金として無駄なく手にできます。

ただ、振込対応していない場合は電子マネーに交換~商品購入~売却と、現金化までに手間がかかるから注意。
事前に交換可能なサービスをチェックして、お金にできるポイントサイトを利用するのがおすすめです。

レシートで行う方法

レシートで現金化を行う方法はこのようになります。

レシート現金化の流れ
  1. レシートアプリに登録
  2. レシートを撮影してポイントを獲得
  3. 貯まったポイントを振り込んで貰う

レシートでポイントが貯まるアプリには色々とありますが、

  • ONE
  • CODE
  • Keeep
  • CASHb

などは銀行振込に対応しています。
直接お金に換えられるので、簡単に現金化できますよ。

レシート以外の写真やアンケートの回答などでもポイントが貯まるアプリもあるんです。
ただ、どれも獲得できるポイント数は少ないから期待しすぎないこと。

コツコツとポイ活をするのが好きなあなたにピッタリのサービス。
返済する必要の無い手軽な現金化方法です。

マイルで行う方法

マイルで現金化を行う方法はこのようになります。

マイル現金化の流れ
  1. ANAかJALのマイレージサービスに登録
  2. 搭乗やショッピングなどを使いマイルを貯める
  3. 貯まったマイルを電子マネーに交換
  4. 電子マネーで高換金率商品を購入
  5. 各種買取店やフリマアプリなどで売る
  6. 現金を入手

貯まったマイルは直接現金にはできないため、電子マネー経由で現金化をすることに。
商品類を購入して現金化するため、手間がかかる現金化方法です。

飛行機への搭乗でマイルを貯められるのがポイント。
旅行が趣味だったり仕事によっては、簡単に大量のマイルが貯まります。
手間はかかるものの、現金化に利用しやすい方法です。

マイレージ機能の付いたクレジットカードを作れば、普段の買い物でもマイルは貯まります。
ただ、ポイントが貯まるクレジットカードは他にもあるので、わざわざマイルを選ぶ必要性はありません。

また、マイルは一部のポイントサイトを経由しても貯まります。
ですが、ポイントサイトを使うなら上述したように直接現金化できるサービスを利用した方が効率的です。

そのため、マイルを使った現金化方法は飛行機利用が多い人向けになります。

仮想通貨で行う方法

仮想通貨(暗号資産)で現金化を行う方法はこのようになります。

仮想通貨現金化の流れ
  1. 仮想通貨用の取引口座を開設
  2. クレジットカードで仮想通貨を購入
  3. 仮想通貨を出金依頼
  4. 銀行口座に振り込まれる

仮想通貨を取引するためには、専用の取引所や販売所に口座の開設が必要です。
さらにお金がない以上、仮想通貨の購入にはクレジットカードを使うことに。

銀行振込やデビットカードしか利用できない取引所は、現金化に利用する意味がありません。

しかも国内にはクレカ対応の取引所がないため、海外のサービスを選ぶ必要があります。

  • BINANCE
  • Gate.io(日本語対応)
  • ByBit(日本語対応、Line PayやPayPayに対応)

などがクレジットカードで仮想通貨が購入できるサービス。
日本語に対応しているサイトもありますが、トラブルに備えてある程度の英語力はあった方が安心です。

仮想通貨は値動きがあるため、状況によっては儲かる可能性も。
時間的に余裕があるなら、値上がりするまで待つのもありです。

もちろん損する場合もあるので、しっかりと値動きを見極める必要があります。

もし儲けたいと思っていないなら、ステーブルコインを選ぶのがおすすめです。
法定通貨などと連動しているため、値動きが安定しています。

クレジットカードで購入するなら、素直にクレジットカード現金化を利用する方がムダがありません。

他にもマイニング(仮想通貨取引の手伝いのようなもの)でも、報酬として仮想通貨を入手可能です。
ただし、需要と供給によって報酬額が変わるのが問題。

さらに日本だと電気代がネックになり、あまり儲からないと言われています。
でも仮想通貨を購入する必要がないから、クレジットカードがなくても利用可能な現金化方法です。

外貨両替で行う方法

外貨両替で現金化を行う基本的な方法はこのようになります。

外貨両替現金化の流れ
  1. クレジットカードで外貨を購入
  2. 購入した外貨を受け取る
  3. 日本円に両替

クレジットカードで外貨が購入できるサイトには、トラベレックスがあります。
店舗の他にオンラインでも購入できるため、空港などに行く必要はありません。

ただ、宅配で受け取る場合には日数がかかるので注意してください。
受け取った外貨は、銀行や大黒屋などの金券ショップで両替(買取)して貰えます。

外貨は米ドルやユーロ以外にもあり、選んだ通貨によって手数料が変わることも。
為替相場も影響するため、両替した際に儲かる可能性もあります。

だけど基本的にすぐ外貨両替を行うなら、手数料分は損をすると思ってください。
クレジットカードで購入するよりは、余っている外貨がある場合の現金化方法です。

小切手で行う方法

小切手で現金化を行う方法はこのようになります。

小切手現金化の流れ
  1. 小切手(先日付小切手)で商品を購入(仕入れ)
  2. 各種買取店などで売る
  3. 現金を入手
  4. 指定日までに銀行口座に入金

小切手には何種類かありますが、後払いで利用できるのは先日付小切手です。
他はすぐに換金できるため、当座預金から引かれてしまことに。

事前にお金を用意しておかないと不渡りをだすことになるので、現金化には利用できません。

小切手で換金できる商品を購入する必要があるため、利用できる状況は限られます。
普段から取引のある会社に頼むなど、個人的な現金化とは言えない方法です。

しかも一般的な商品を購入できるとは限らないので、換金アイテムの選択肢が限られることに。
売る際も業者対応可能な、大量買取を行っているお店に頼むことになります。

もし記入した日付までに入金ができなければ不渡りを出すことに。
信頼や取引先を失う可能性があるため、利用には注意してください。

会社の運転資金のためなど、限られた状況で利用される現金化方法です。

もちろんあなたが既に切られた小切手を持っている状態なら、銀行に持っていけば現金に変えて貰えます。
特別な現金化方法は必要ありません。

手形で行う方法

手形で現金化を行う方法はこのようになります。

手形現金化の流れ
  1. 手形を振り出し商品を購入(仕入れ)
  2. 各種買取店などで売る
  3. 現金を入手
  4. 指定日までに銀行口座に入金

手形(約束手形)には、日付と金額が指定されています。
商取引で良く使われるものの、普通のお店では支払いに使えません。

そのため対応してくれる企業か個人との取引に。
金券などの高換金率商品が購入できるとは限りません。

取引相手に応じた商品を入手し、それを売却して現金化することに。
まとまった商品の売却が可能な、売り先も確保しておく必要があります。

広義では小切手も手形に含まれるため、現金化の手間や方法はほとんど同じです。
指定日までに入金しておかないと不渡りになるのも同じなので、利用には注意してください。

もちろん約束手形を受け取ったのであれば、銀行に持ち込めば現金化できます。
しかも割引料(利息)分を差し引いて受け取ることも可能。

この手形割引を使えば、支払期日まで待たなくてもすぐに現金化できます。

株で行う方法

株で現金化を行う方法はこのようになります。

株現金化の流れ
  1. 持っている株を売却
  2. 約定日から3~4営業日目に証券口座に入金
  3. 銀行口座に出金依頼

株を持っていないなら、買う必要があるため現金化には使えません。
あくまでも株が現金化に使えるのは、既に持っている株を売却するケースだけです。

証券会社に売却手続きを行うと、約定日から3日程度で取引口座に入金されます。
売却した株の種類や取引日などによっては多少変わることも。

この段階では証券会社の取引口座に資金が入っているため、登録してある銀行口座に出金依頼を行います。

証券会社と銀行口座によっては即時反映されますが、翌日以降になることも多いので確認しましょう。
銀行口座に振り込まれれば、普通に引き出して使えます。

株は値動きがあるため、売却タイミングによっては損することも。
現金が必要になりそうな場合は、早い段階から値動きをチェックしましょう。

値上がりを待つ余裕がないなら、損切りになっても売却してください。

雑誌の懸賞に応募で行う方法

雑誌の懸賞に応募して現金化を行う方法はこのようになります。

懸賞現金化の流れ
  1. 各種懸賞に応募
  2. 当選したら商品を受け取る
  3. 各種買取店やフリマアプリなどで売る
  4. 現金を入手

雑誌の懸賞には、現金プレゼントもあります。
そのままお金が手に入るので便利ですが、多くは商品なので売らなければなりません。

しかも雑誌の懸賞は、他にも応募してくる人が多いのが問題。
特に現金や商品券は人気商品のため、当選確率が低くなってしまいます。

逆に人気が低い懸賞であれば、それだけ当選しやすくなります。
女性誌よりも男性誌の方が、懸賞への応募は少ない傾向があるんです。

懸賞に当選したいなら、男性誌を中心に選ぶのがおすすめ。
さらに地域限定など、購読者が少ない雑誌ほど当たりやすくなります。

それでも簡単には当選しないので、雑誌の懸賞に応募する現金化にはあまり頼らないようにしましょう。

ちなみにネットで手軽に応募できる懸賞は、雑誌を購入しなくても良いため全国から応募が殺到します。
当選する可能性はとても低いので、あまり期待せずに応募してください。

月刊誌の場合、応募締め切りまで1ヶ月程度あるのもポイント。
もし当選しても、商品の発送はそれ以上に時間がかかります。

最終的に数ヶ月かかるケースもあるため、急いでいる時には向きません。
商品を受け取ってからも買取などに時間がかかることも忘れないように。

そのため、趣味感覚で雑誌の懸賞に応募し、当選したらラッキー程度の気持ちで利用してください。
現金化としての魅力はあまりないものの当選した喜びは味わえます。

家にある不用品で行う方法

家にある不用品で現金化を行う方法はこのようになります。

不用品現金化の方法
  • リサイクルショップ
  • 質屋
  • 古着屋
  • メディアショップ

各種買取店に持ち込み、買い取ってもらうだけです。
その場で査定や買取が終わるので、即日現金化できます。

不用品の種類によって買取店が変わりますが、可能な限り専門店を利用するのがおすすめ。
価値をしっかりと見極めてくれるため、高価買い取りが期待できます。

他にもフリマアプリやネットオークションに出品といった不用品の現金化方法もあります。

ただ、街中の買取店と違い、時間と手間がかかることに。
それでもお店では買取不可だったアイテムも出品でき、高額で売れる場合もあります。

特にヤフオクなどは、競争心理から思った以上に高額になることも。
一旦は近所のお店に持ち込み、安かった・ダメだったアイテムをフリマアプリに出品するのもアリです。

高く売れる不用品としては、

  • ブランド品
  • 貴金属・宝石類
  • 楽器
  • お酒(ウイスキーなど)
  • スポーツ用品(ゴルフ用品や釣り具など)
  • 昔のおもちゃ

などがあります。

ビックリマンシールやブリキのおもちゃ、ソフビ人形などの昔のおもちゃはとても人気がありプレミア化していることが多々あります。
子どもの頃に遊んだ記憶があるなら、探してみるのもおすすめ。

昔は安かったおもちゃも、今では高額買取が期待できるアイテムです。
あなたには不用品でも、世の中には必要としている・探している人がいる場合があります。

価値がないと捨てるよりも、まずは買取店に持ち込んでみ
てください。
思わぬアイテムが高額買取になる可能性があります。
だけど売れる不用品がないと使えないため、他の現金化方法もチェックしておいてください。

現金化の方法を一覧で比較!

現金化の方法を一覧で比較!

ここまで紹介してきた現金化方法を一覧表にしました。
それぞれ比較して、自分にピッタリの方法を見つけてください。

現金化方法 種類 スピード・日数 金額
ネット業者でクレジットカード現金化 クレジットカード現金化 即日 ショッピング枠の残りによる
店舗型業者でクレジットカード現金化 クレジットカード現金化 即日 ショッピング枠の残りによる
自分でクレジットカード現金化 クレジットカード現金化 即日~数日 ショッピング枠の残りによる
メルカリ 不用品売却・後払いアプリ現金化 即日~数週間 売却アイテムによる
メルペイ後払いは50万円
paypay 後払いアプリ現金化 即日~数日 50万円
auかんたん決済 キャリア決済 即日~数日 10万円
d払い キャリア決済 即日~数日 10万円
ソフトバンクまとめて支払い キャリア決済 即日~数日 10万円
atone 後払いアプリ現金化 即日~数日 5万円
ペイディ 後払いアプリ現金化 即日~数日 約20万円
NP後払い 後払い現金化 数日 55,000円
バンドルカード クレジットカード現金化 即日~数日 5万円
LINEPay クレジットカード現金化 即日~数日 ショッピング枠の残りによる
amazonテンポラリーカード クレジットカード現金化 即日~数日 3万円
交通系ICカード 返品による現金化 即日~数日 概ね2万円
ポイントサイト ポイ活 数日~長期間(ポイ活次第) 貯めたポイントによる
レシート ポイ活 長期間 貯めたポイントによる
マイル ポイ活 長期間 貯めたポイントによる
仮想通貨 クレジットカード現金化 即日~数日 ショッピング枠の残りによる
外貨両替 クレジットカード現金化 即日~数日 ショッピング枠の残りによる
小切手 後払い現金化 即日~数日 支払い能力・当座預金残高による
手形 後払い現金化 即日~数日 支払い能力・当座預金残高による
投資 3~4営業日 持っている株による
雑誌の懸賞に応募 懸賞 数週間~数ヶ月 当選アイテムによる
家にある不用品の売却 不用品売却 即日~数週間 売却アイテムによる

現金化に関するよくある質問

現金化に関するよくある質問

現金化には様々な方法があるため、不安なまま利用するのは避けたいですよね。
そこでよくある質問と回答を紹介します。
疑問を解消して、安心・安全に現金化を行ってください。

審査なしで現金化できる方法はありますか?
紹介してきた現金化方法の中でも、交通系ICカードやポイ活系、用品の売却などは、審査なしでできる現金化方法です。

クレジットカード現金化も利用時には審査がありません。
ですが、クレジットカード発行時に審査があるため、事前に持っている場合に限ります。
現金化の注意点を教えてください
現金化を行う際は、必要な金額が揃うか(手数料・換金率も確認)や支払い(返済)のタイミング、信頼できる業者かなどに注意してください。

株や不用品の売却などを除き、現金化の多くは後日返済する必要があります。
小切手などで不渡りを出すと大変なので、利用する際は計画的に行うこと。
現金化で換金率をよくする方法ってありますか?
現金化では、複数のお店で査定・見積もりをして比較することが大切です。
換金率はギフトカードや貴金属といった、価値が変わりにくい物を選ぶと良くなります。

交通系ICカードで返品を使った現金化方法なら、全額返金になり換金率は100%。
ただし、お店に迷惑がかかり返品対応していないケースもあるので注意も必要です。
現金化する時のおすすめの商品を教えてください
総じて単価や換金率が高めで、現金化を疑われにくいアイテムがおすすめになります。
そのため、たまに現金化をするならおすすめ商品はギフトカードなどの金券類です。

換金率90%以上も多く、効率的にお金を用意できます。
頻繁に利用するなら、ゲーム機やブランド品も利用すると、怪しまれるリスクを減らしながら安定的な換金率で現金を手に入れられるので安心です。

現金化方法は種類が多くクレカがなくてもお金は用意できる!

現金化方法は種類が多くクレカがなくてもお金は用意できる!
現金化について、様々なやり方を解説してきました。
そもそも現金化とは、何らかの方法でお金を用意することです。

中でもクレジットカードのショッピング枠を使う方法が、クレジットカード現金化として知られています。

実際にクレジットカードを使わない現金化方法もあるのが重要なポイント。

クレジットカード現金化 クレカが必要、上限額はショッピング枠の残り次第
後払いアプリ現金化 手軽に利用できてクレカが必要ない、上限額が低い
キャリア決済による現金化 スマホを使っていれば簡単に利用できる、上限額は10万円
不用品売却による現金化 審査なしで利用できる、売る物がある限り上限なし

それぞれ特徴に違いがあり、状況に合わせて現金化方法は選ぶことができるんです。
ブラックリストに載っていても利用しやすい、審査なしの現金化方法もあるので安心してください。

クレジットカードには専門の現金化業者がたくさんあります。
利用すれば手間もかからず、初心者でも簡単に現金化が可能。

バレにくく即日現金化もしやすいので、まずはクレジットカード現金化から検討するのがおすすめです。

中にはポイ活や懸賞など、手軽にできる現金化方法も。
ただ、効率を考えると急にお金が必要になった時に間に合わない可能性が高いです。

利用は日常的なお小遣い目的にしておいてください。

急にお金が必要になって現金化を行うなら、

  • 利用できる現金化方法か
  • 必要な金額が揃うか
  • 即日現金化できるか(間に合うか)

などのポイントを確認して、やり方を選ぶことが大切です。

今回紹介した現金化方法については、これらのポイントを一覧表でまとめています。
種類は多いものの、簡単に条件に当てはまる現金化方法が分かるから安心してください。

満足できる現金化方法が分かれば、友達などに借りなくてもこっそりとお金が用意できますよ。


この記事を書いた人

大学卒業後は定職には就かず、短期の仕事を繰り返しながら気ままな生活を満喫していましたが、不景気で仕事が簡単に見つからず、収入が激減しマンガ喫茶で寝泊まりする生活に。

それでも生活費が足りない状況に陥り、お金を工面する方法を必死で探し始め、いくつかの現金化を試していく中でどんどんと詳しくなり、専門業者を使わない方がもっとお金を手にできるかもとさらにいろんな方法を試してきました。

それでも収入がないと根本的な状況打破はできないため、アフィリエイトなどの様々な副業を実践し、その結果、楽して儲かる副業につられると騙されるケースが多いことを身をもって経験しました。

同じように美味しい話で騙される人がいないようにと、注意を促すために現金化や副業の記事を書いています。

目次