小切手の現金化方法と注意点を解説します!

小切手 現金化
調査員:だいすけ
小切手を受け取った……、そのとき私達はどのようなことに注意をしなければならないのでしょうか。小切手に大事なのは、管理を行うことです。
業務中、あなたは、前月支払い分を小切手で受け取ることになりました。果たして、それはその後どうすればいいのでしょうか。
目次

小切手の現金化

小切手の現金化
受け取った小切手は、現金とほとんど同じ意味を持ちます。しかし、現金と同じというものの小切手では買い物をすることが出来ませんよね。

現金化という作業が必要となりますが、果たしてその方法とは……。

小切手は、受取人が自分自身の取引している銀行に預ければ、銀行は、手形交換所を経由して、振り出した人(振出人)の当座預金から引き落しを行い、出金することが出来ます。

実際には作業している最中には引き出しすることが出来ないで、預け入れた日を含めて3営業日の期日が必要です。

3営業日かかってしまうことに問題を抱えている方々もいるでしょう。何か他に、すぐに小切手の現金化の方法は見付けることが出来るのでしょうか。

実際に小切手を見てみれば、表面に2本の線が引かれてあるでしょう。

線引小切手という言い方をしますが、このようなものに対しては、受取人は自分の口座がある取引銀行に提示する必要があり、手形交換所を通して取立をすることになります。

しかし、線引きがされていないものもあり、そのようなものに対しては、小切手に掲載されている銀行に持参することでスピーディーに換金を行うことが出来ます。

小切手の現金化で必要なもの

小切手の現金化で必要なもの
はじめて小切手の現金化という方々は、ちょっと不安に気持ちも抱えていることでしょう。そして、多くの方々は小切手って、銀行に持っていけば誰でもスピーディーに現金化出来るものと思っているのではないでしょうか。

しかし、注意しなければならないのは、小切手にもいろいろ種類があることです。

まず、小切手を持参すれば誰でも現金化出来てしまうような小切手があります。 でも、紛失した人がすぐに警察に届ければ、すぐに足はつきそうなので犯罪としてはリスクが高めです。

そして、線引小切手というものがあります。小切手の上部に2本の平行線が引かれている小切手のことであり、「横線(おうせん)小切手」という言い方もします。

線引小切手の種類には、銀行と取引がある人に対してだけ支払いされる一般線引小切手というものと、取引銀行を指定する特定線引小切手があります。

一般線引小切手は、2本の平行線がありますが、その線の間には、「銀行」や「BANK」を含んだ文字の記載があったり、2本の平行線だけの小切手です。特定線引小切手の場合は2本の平行線の線内に特定の銀行名などの記載があります。

指定されている銀行に口座がないと、支払いを受けることが出来ません。

そして、先日付小切手があります。先日付小切手は、振出日を実際の振出しの日よりも後の日付にして振出する小切手のことです。

このような小切手のタイプは、受取人の快諾も必要になって来ますし、約束がしっかり守られることが前提となっている小切手です。

実際に、資金不足で不渡りのリスクも抱えているので、よっぽど信用出来る相手でないとそのようなやりとりは基本行わないでしょう。

受取人が約束を守らないで、振出日前に呈示を行い損害を出してしまった時、 振出人は、受取人に対して損害賠償請求をすることが出来ますが、不渡りが起きてしまうことに対して阻止は出来ません。

更に受取人が、先日付小切手を第三者に譲り渡してしまった場合、第三者が振出日より前に呈示してしまうことで、振出人が損害賠償もすることが出来なくなってしまうでしょう。

約束手形も似たタイプなのかもしれませんが、先日付小切手はそれとは違い、振出日に対して法的根拠を見いだすことが出来ません。やっぱり、先日付小切手に対しては、信用力がないから、そのような方法を取る事情があるようです。

小切手の現金化には、期限と言ったものも存在しているので、しっかり向きあう必要があります。かなり期限も短いので、はじめて小切手の現金化という人たちは、より注意をしなければならないでしょう。

何か他の用件と一緒に銀行へ行こうと思っていたら、たちまち期限切れということがあります。 振出日の翌日から10日間というルールが小切手法によってあらかじめ決められているのでこのあたりのポイントもしっかり抑えておくようにしてください。

2本線がない小切手のリスク

本線がない小切手のリスク
スピーディーに現金化出来るのはいいですが、2本線がない小切手はなくしてしまったり、盗まれた時大きな被害が出てしまうことになります。

ですから、

小切手を受け取ったら、即2本線を書くというのが安全対策です。

紛失しても換金する3営業日の間には支払い停止することが出来ます。

線引き小切手の中には、裏判という、裏側に銀行取引印が押してあるものがありますが、銀行に持参することですぐに安易に支払いすることが出来ます。

更に小切手の現金化で注意をしなければならないポイントは、額と振出人と振出日を要チェックすることです。振出日が空欄ということもあるので、そのような時、振出人にしっかり確認作業を行ってください。

振出日が先付になっているものは、受け取る側が日付に合わせて銀行に呈示するよう注意する必要があります。

小切手現金化よりも簡単にできるクレジットカード現金化もおすすめ

小切手の現金化は早さも問題なくできる現金化ですが、もし「現金が少しだけほしいんだよな」という時には、クレジットカード現金化もおすすめです。

クレジットカードのショッピング枠を現金に変える方法なのですが、即日でできるので急ぎの時でもおすすめです。

換金率が90%後半になるため、ショッピング枠利用額すべてが現金に変わりしないのですが、裏ワザ的な方法として覚えておいて損はないですよ。

おすすめの業者も紹介するので、こちらもチェックしてみてください。

スペシャルクレジット

スペシャルクレジット

「スペシャルクレジット」は最大100%の換金率を誇り、101万円以上の利用が条件ですが、事業資金に最適です。

1~10万円の利用でも95%の高換金率で小口の支払いもお得に現金化できます。

営業時間は9時から22時までと長時間対応しているので、遅くでも困りません。

15年の実績と5万人以上の利用者からの信頼が厚く、カード事故は一切ないです。
実績と高い換金率を兼ね備えた、おすすめの現金化業者となっています。

スペシャルクレジット公式サイトへ

トラストキャッシュ

トラストキャッシュ

「トラストキャッシュ」は最大換金率99.5%と高い換金率を誇り、支払い方法も分割やリボ払いが選べ、事業資金調達に便利です。

お客様満足度は94%で、トラブルゼロと安全性が確保されています。
初心者でも気軽に利用でき、お得な現金化が可能です。

営業時間は9時から20時まで、利用者に柔軟性を提供します。

また、最短3分での振り込みが可能で、初回利用でも15分から30分程度で即日現金化が実珸できますよ。

トラストキャッシュ公式サイトへ

ソニックマネー

ソニックマネー

「ソニックマネー」は高換金率の現金化業者で、最大換金率は99.2%で、1万円からでも91%の換金率で気軽に現金化できます。

営業時間は9時~20時になります。

他社からの乗り換えなら優遇もあり、電話相談がおすすめです。
安全性も高く、トラブルや個人情報漏洩の心配は不要。

お得で安心感のある、クレジットカード現金化のイチオシ業者です。

ソニックマネー公式サイトへ

小切手の現金化が特殊詐欺対策として有効的

特殊詐欺対策として小切手の現金化が有効的

金融機関の窓口において、特殊詐欺にひっかかっているのでは……、というケースにおいて小切手が現在、有効的であると見なされています。

特殊詐欺被害とは、まさにいま話題の振り込め詐欺です。でも、振り込め詐欺のようなケースで、小切手とはあまり結びつかなかったのではないでしょうか。

詐欺グループから、一定額以上の払い出し請求があったときには、記名式線引貯金小切手という方法が、現金化に手間がかかるから推奨されています。

それは、振り込み人が指定する受取人だけ現金化をすることが出来ます。息子と名乗り犯罪を起こす者たちがいますが、そのような詐欺は、本当の息子でないと受け取ることが出来ないので阻止することが出来ます。

単純構造ですが、多くの人たちが、このような方法に気付けばもっと特殊詐欺の被害を激減させることが出来ます。ここでみなさんにしっかり理解して欲しいのには、記名式線引預貯金小切手というモノが存在していることです。

いかがでしょうか。小切手の現金化について知らない人たちは、正しいルールを勉強する必要があります。プラスα、小切手の現金化は、悪徳業者に利用され、悪徳業者から身を守るためにも有効的に活用されています。


この記事を書いた人

大学卒業後は定職には就かず、短期の仕事を繰り返しながら気ままな生活を満喫していましたが、不景気で仕事が簡単に見つからず、収入が激減しマンガ喫茶で寝泊まりする生活に。

それでも生活費が足りない状況に陥り、お金を工面する方法を必死で探し始め、いくつかの現金化を試していく中でどんどんと詳しくなり、専門業者を使わない方がもっとお金を手にできるかもとさらにいろんな方法を試してきました。

それでも収入がないと根本的な状況打破はできないため、アフィリエイトなどの様々な副業を実践し、その結果、楽して儲かる副業につられると騙されるケースが多いことを身をもって経験しました。

同じように美味しい話で騙される人がいないようにと、注意を促すために現金化や副業の記事を書いています。

目次