MENU
クレジットカードは未成年からでも作成できる?特徴や注意点を確認

クレジットカードは未成年からでも作成できる?特徴や注意点を確認

クレジットカードを持つなら、オンライン決済やインターネット上のサービス利用を行うことが可能です。

クレジットカードを1枚持っておくだけで自分の支払いの選択が増えるため、1枚は持っておくことがおすすめです。

しかし、クレジットカードは持ちたくても審査があるため、カード会社の条件を満たしておく必要があります。

特に未成年の場合クレジットカードを持ちたいなら内容を明記しておくことが大事です。

未成年がクレジットカードを持つ際の条件や注意点などについて紹介しましょう。

黄門様
黄門様
未成年でもクレジットカードを持ちたい人はいるはずじゃな。

しっかり内容を考慮する必要があるの

クレジットカードは未成年でも持つことが可能か?

クレジットカードは未成年でも持つことが可能か?
クレジットカードの申込みをする際に「そもそも未成年でも発行することができるの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

クレジットカードの申込みは18歳以上から行うことができます。

年齢が条件になっているため、18歳になった時点でクレジットカードの申込みを行うことができます。

高校生は注意!18歳でも高校生であるならクレジットカードの申込みを行うことはできず、18歳以下の人たちは当然申込みをしても審査の段階で落とされてしまいます。

もし、18歳になったときにクレジットカードを持っておきたいなら、カード会社を選んで申込みをしてみましょう。

クレジットカードは18歳以上からなら申込みをして発行できる原則となっているようですね。

つまり未成年でもクレジットカードの発行は可能と言えますね

未成年がクレジットカードを申込みする際の条件とは

未成年でもクレジットカードの申込みをして作成することは可能です。

ただ、未成年がクレジットカードの作成をするときは条件があるため、その点を確認しておくことが大事です。

未成年でクレジットカード作成は以下のポイントがあります。

お銀
お銀
未成年でクレジットカードを作成するなら、申込みの条件を確認しておかないと審査に落ちてしまうよ。

条件を確認しておこう

親の同意が必要

未成年でクレジットカードを作成するなら、親に同意してもらう必要があります。

クレジットカードに親の同意が必要なのはカード作成の契約は法律行為に当たるためです。

法律では「未成年者が法律行為をするためには法定代理人の同意を得なければならない」と記載されているため、クレジットカードの契約を未成年がする際は親の同意が無ければ違法行為になります。

そのため、18歳などの未成年でカード作成を行いたいなら、親と相談して同意を得るようにしましょう。

もし、親から反対されてしまった場合は、残念ながら未成年でクレジットカード作成は行えないので20歳の成人になるまで待つ必要があります。

助さん
助さん
未成年でクレジットカードの作成をするなら親の同意が必要ですね。

自分で勝手に作成はできないため、親と相談して同意を得るようにしましょう

親の収入が大事になってくる

親の収入が大事になってくる
未成年が親の同意を得てクレジットカードの申込みをするときも審査を受けます。

ただ、クレジットカードの審査の際に未成年の場合は収入の点で0ということもあるため、親の収入が審査の対象となります。

カード会社としてはカード利用した際に返済能力があることを重視して発行を検討します。

そのため、親の資産や仕事の収入を確認して不足と捉えられるなら、親の同意を得ても審査落ちして発行されないこともあります。

自営業者は特に注意!親が自営業をしているならカード会社はより厳しく収入に関して審査を行うため、審査落ちになることも考えておくべきです。

もし、親の資産が原因でクレジットカードの審査に落ちたなら、成年になって仕事の収入が安定したときに再度申込みをするのがおすすめです。この点も注意しておきましょう。

クレジットカードの審査は親の収入も審査のポイントになるようですね。

親の同意を得ても必ず審査に受かるわけでは無いことを覚えておきましょう

未成年がクレジットカードを持つメリットとは

未成年がクレジットカードを持つメリットとは
未成年でも条件を満たせばクレジットカードカードを持つことができます。

もしクレジットカードが発行できれば当然メリットがあります。

未成年がクレジットカードを持つメリットについて紹介します。

黄門様
黄門様
未成年がクレジットカードを持つことにはメリットもあるようじゃな。

どのようなメリットがあるのか確認しておくのじゃな

未成年でも現金以外の決済手段を持つことができる

未成年でクレジットカードを持つなら、現金以外の決済手段を持つことができます。

今では現金以外に電子マネーやカード払いができるお店が増えており、買い物をするときに利用することができます。

もし、電化製品など高い商品を購入する場合、現金をたくさん持っておく必要がありますが、お金をたくさん持つことに不安を感じる人もいるでしょう。

しかし、クレジットカードであれば現金を持たなくてもお店で高い商品を購入することもでき、大金を財布に入れて持つ必要もありません。

クレジットカードには上限があるため、限度金額の中で利用する必要がありますが、オンライン決済にも利用することができるため、買い物のときにスムーズな支払いをすることが可能です。

お銀
お銀
未成年でも現金以外に決済方法があれば、大金を持たなくて済むので不安を軽減できるね

特典利用やポイントを貯めることができる

クレジットカードを未成年のときから持つなら買い物をお得に行うことができ、カードの特典からサービスを利用することができます。

クレジットカードには割引や優待特典が付帯されており、これらは未成年でも利用することができます。

例えば、ポイントが倍増になる特典やカード会社と提携しているショッピングは5%割引で購入できるなどです。

ショッピングのときにクレジットカードを利用してポイントを貯めることができれば、ポイントを消費して買い物を安く行うことができますし、特典で割引を適用できるのも同じく出費の負担を減らせます。

未成年であれば仕事も安定していないケースが多く収入は大きくはないため、クレジットカードの付帯サービスにより費用の負担軽減を行えるのは大きな魅力となるでしょう。

クレジットカードを利用するなら買い物を割引で行うことができますね、必要な物を購入するときも費用を抑えることができますね

海外旅行する留学の際の決済方法として利用できる

海外旅行する留学の際の決済方法として利用できる
クレジットカードを持っているなら、国内だけの支払いではなく海外での決済方法として利用することができます。

クレジットカードは付帯している国際ブランドがV VISAMasterCardなどであれば幅広い地域で利用することが可能です。

国際ブランドの利便性

  • 海外で現地通貨を得たいときも現金から両替しなくても、現地のATMで海外キャッシングをして現地通貨を得ることが可能
  • 海外でホテルに宿泊するときも、あるホテルでは支払い能力があることを証明出来る
  • 海外でショッピングやオンラインで航空券を購入するときもクレジットカードがあれば直ぐに支払うことができる
  • クレジットカードには海外保険も付帯されているため、渡航中にケガや病気をしたときは補償を受けられる

このようにクレジットカードは海外で利用する際に多くの特典を持っているため、もし、未成年で海外に留学や旅行するときは大きく活躍してくれる見込みがあります。

未成年で海外への留学や長期滞在などを考えているなら発行しておくと便利と言えます。

助さん
助さん
クレジットカードを持っておくと海外で生活するときに便利ですね。

特に現金を現地通貨に両替しなくて済むキャッシング機能は重宝できますね

クレジットカードの使い方から資金管理の学習を行える

クレジットカードを持っておくなら資金管理のやり方を学習することができます。

クレジットカードは1枚あれば、現金を持たなくてもショッピングや支払いをすることができるので、つい使い過ぎてしまうリスクがあります。

ただ、クレジットカードにも限度額があり、使い過ぎるなら自分の資産を大きく浪費することになります。

未成年の場合は親のお金を使用して物を購入することが多いため、お金の使い方についてクレジットカードを利用し、資金の使い方を学習させるのは良い方法です。

ある大学ではローンの仕組みを学習させるためにクレジットカードについて学習させる授業をしています。

未成年の頃はお金の大切さや怖さを知らないこともあるため、利便性と危険のバランスを知ってもらうためにクレジットカードを利用させるという方法もあります。

お銀
お銀
クレジットカードによる資金の使い方を学ばせるために、未成年から持たせる方法もあるね。

その際は使い過ぎないようにカードの限度額を低くしておくなど、対策も立てておこうね

未成年でクレジットカードを持つことができなかった場合

未成年でクレジットカードを持つことができなかった場合
未成年の場合、クレジットカードを持ちたくても親の同意が得られない場合や収入の面で審査に落ちてしまうなど、クレジットカードの発行ができないこともあります。

もし、クレジットカードの発行を行うことができないなら別の方法でクレジットカード代わりに利用することも検討できます。

以下の方法を確認してみてください。

黄門様
黄門様
未成年でクレジットカードの発行が行えないなら、別の方法で代用する必要がるようじゃな。

クレジットカードと同じような機能を付帯している物もあるのじゃから考えてみることができるの

デビッドカードの作成を考える

1つ目はデビッドカードを作ることを検討できます。

デビットカードの支払いの仕組み店舗でカード利用として支払ったのと同時に紐づけられた銀行口座から利用金額の全額が引き落とされるようになっている

デビッドカードはクレジットカードと同じく、カード払いの方法として利用できるので、現金を持たなくてもショッピングやオンライン決済で利用することが可能です。

ただ、クレジットカードと違うのは銀行に紐付けされており即時の一括払いしか行えない点です。

クレジットカードの場合は即日ではなく期限日での引き落としになるため、支払日にまで余裕を持つことができます。

また、クレジットカードの場合は分割払いを選択することも可能ですが、デビッドカードの場合は全て一括払いであり分割払いが行えません。

そのため、資金に余裕がないときはデビッドカードで支払いをすることができません。

ただ、デビッドカードは口座に入っている金額分しか使用できないため、借金をするリスクがなく、クレジットカードとは違うメリットもあります。
デビッドカードであれば銀行口座からお金を支払うため使い過ぎて借金をする心配はないようすね。

カードの利用方法で様子を見たいなら、まずはデビッドカードを使うのも良い方法ですね

プリペイドカードを作る

未成年でクレジットカードを作成することができなかったなら、プリペイドカードを作成することも可能です。

プリペイドカードはあらかじめカードにお金をチャージしておき、その金額内で支払いをすることができます。

デビッドカードやクレジットカードと違い銀行口座を持っていなくても支払い利用することができるため、気軽に利用することができますし、お金を使い過ぎてしまってもカード残高以下にはならないので借金のリスクもありません。

さらに、プリペイドカードも親の同意が無くても作成することができるので、自分の意思でカード作成して支払い利用できます。

全て一括払いになるため、分割払いなどはできませんが、カード払いをしたい方を考えることができます。

助さん
助さん
プリペイドカードをクレジットカードの代わりとして利用することもできますね。

お金をチャージするのみなので銀行口座が無くても利用できる気軽さがありますね

未成年のクレジットカード作成についてまとめ

未成年のクレジットカード作成についてまとめ
未成年のクレジットカードの内容について紹介してきました。

未成年であっても親の同意や親の収入面で問題なければクレジットカードを作成することができ、決済払いとして利用できます。

もし、クレジットカードが作成できない場合はデビッドカードやプリペイドカードの利用を考えることも可能です。

未成年の方もカード払いの方法はあるため、利用を検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人