現金化おすすめ情報

「金欠やばい」とお困りの方には現金化がおすすめ!迅速にお金を手元に用意する方法を徹底解説

「金欠やばい」とお困りの方には現金化がおすすめ!迅速にお金を手元に用意する方法を徹底解説

毎月の家賃や水道光熱費の支払期限が迫っていたり、急に冠婚葬祭の出費が発生したりした際に、手元に現金が無く、「金欠やばい」とお困りになった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一時的な金欠であれば「現金化」を実行することで、解決できます。
現金化とは、クレジットカードのショッピング枠や携帯電話のキャリア決済などを使って換金しやすい商品を購入し、何らかの手段で売却して現金を入手することです。

なお、自分自身で実行するのではなく、現金化業者を使えば、迅速・簡単にお金を用意できます。

本記事では、「金欠やばい」とお困りの方に向けて、様々な現金化の方法をご紹介し、現金化の問題点についても徹底解説いたします。

ご隠居は、『金欠やばい』という状況に陥ったご経験はありますか?
お銀
お銀
黄門様
黄門様
そういう経験はないのう。ただし、知り合いの中には金欠で困っている者もおるようじゃ。
助さん
助さん
金欠で困っている方には、現金化がおすすめです。クレジットカードのショッピング枠やキャリア決済などで換金しやすい商品を購入して、売却すれば現金を入手できます。

自分自身で現金化を実行することも可能ですが、時間や労力を要します。現金化業者を利用すれば、迅速・簡単です

現金化は様々な方法で実行できる

予期せぬ災害や病気によって、一時的に手元の現金がなくなる事態は誰にでも起こり得るものです。
「1ヶ月待てば給与や報酬が振り込まれる」と分かっていても、家賃や水道光熱費といった各種支払いの期限は迫ってきます。

交渉を行えば、支払期限を延長してくれるかもしれません。
しかし、必ず期限の延長に応じてもらえるわけではなく、何らかの手段で現金を用意しなければならない状況に陥ることもあるでしょう。

そんな方には「現金化」がおすすめです。
現金化とは、以下に示すような手段で換金しやすい商品を購入し、古物商(金券屋、リサイクルショップなど)やフリマアプリ、オークションサイトで売却することで現金を入手することを指します。

  • クレジットカードのショッピング枠
  • 携帯電話のキャリア決済
  • 後払いサービス

なお、自分自身で商品の購入や売却を実行するのではなく、「現金化業者」に任せることも可能です。

現金化業者なら、長年のノウハウにより、安全かつ迅速・簡単に現金化を実現できます。
資金繰りにお困りの方は、一度、現金化の実行を検討してみてはいかがでしょうか。

ご隠居はクレジットカードをお持ちですか?
お銀
お銀
黄門様
黄門様
うむ。小銭を用意しなくても良いので、スマートに会計できて便利じゃのう。
ショッピング枠で様々な商品を購入しておる。
助さん
助さん
クレジットカードは便利ですが、発行には審査が必要です。
無職だったり低収入だったりすると発行されないケースもありますね。

クレジットカードをお持ちではない方でも、携帯電話は持っているという方が多いのではないでしょうか。
携帯電話のキャリア決済でも、クレジットカードのショッピング枠と同様に現金化が可能です。

クレジットカードのショッピング枠による現金化

クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠が存在します。
キャッシング枠の上限までお金を借りてしまっていても、諦める必要がありません。

ショッピング枠に余裕があれば、現金化を実行できます。
クレジットカードのショッピング枠を現金化は、以下の手順で実行します。

  1. ショッピング枠で換金率の高い商品を購入する
  2. 購入した商品を何らかの方法で売却する

換金率が高い商品としては、最新のゲーム機(「Nintendo Switch」「PlayStation 5」など)やスマートフォン端末が挙げられます。
また、Amazonギフト券といった金券類も換金率が高いのでおすすめです。

購入した商品を売却する際は、以下に示す手段を使いましょう。

  • 古物商(金券屋、リサイクルショップなど)
  • フリマアプリ(メルカリ、ラクマなど)
  • オークションサイト(ヤフオク!など)

フリマアプリやオークションサイトを利用すれば、自分自身で売却を行えます。
ただし、購入者との交渉や商品の発送などに少々手間がかかります。

また、現金が手元に来るまでに数日~1週間程度の時間がかかるという問題があります。

即日現金が欲しいという方は、古物商に売却する方が良いでしょう。
なお、「現金化業者」でも即日現金を確保できます。

自分自身で商品を購入したり売却したりする手間を省けるという利点もあります。
また、長年の経験によって「この商品は、カード会社に怪しまれる」といったノウハウを有しているので、安心・安全に現金化の実行が可能です。

携帯電話のキャリア決済による現金化

クレジットカードのショッピング枠現金化は、クレジットカードを保有している方にしか実行できません。
無職だったり低収入だったりしてクレジットカードの審査に通らない方には、携帯電話のキャリア決済による現金化をおすすめします。

現在の日本の大手キャリアは、いずれも「キャリア決済」と呼ばれる仕組みを利用者に対して提供しています。

キャリア決済で支払った代金は、携帯電話料金と一緒に請求されます。各キャリアの決済システムの名称は、以下の通りです。

  • docomo(NTTドコモ):「ドコモ払い」(ネットショッピング限定)または「d払い」
  • au(KDDI):「auかんたん決済」
  • SoftBank(ソフトバンク):「ソフトバンクまとめて支払い」

キャリア決済を使って商品を購入し、売却することで現金化が可能です。
なお、年齢や携帯電話料金の支払い状況などによって利用限度額が定められています。

クレジットカードのショッピング枠に比べて限度額が低く、最大でも10万円程度となっている点に留意してください。

後払いサービスによる現金化

過去に携帯電話料金の支払いを滞納した経験があると、キャリア決済を利用できないケースがあります。
そのような方は、「後払いサービス」を使った現金化を検討してみましょう。

後払いサービスは、購入者に代わって業者が一時的に代金の支払いを立て替える仕組みです。
後払いサービスを利用すれば、購入者は手元にお金が無くても商品を手に入れることが可能になります。

しかし、後日、業者から送付されてくる請求書を使って期限までに代金を支払わなければなりません。

後払いサービスの代表例は「NP後払い」です。NP後払いは、2002年にスタートした後払い決済サービスであり、様々な大手通販サイトで採用されています。

注意すべきことは、クレジットカードやキャリア決済に比べて使えるお店が限定されているという点です。
そのため、換金しやすい商品を探すのに苦労するかもしれません。

また、限度額も低めになっている(NP後払いの場合は税込みで55,000円)ので、大量に現金が必要な方には不向きです。

現金化に関する刑事上・民事上の問題

現金化を行うに際して、刑事上の問題や民事上の問題が無いか不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から述べると、刑事上の責任が問われることはないと言って良いでしょう。
ただし、民事上の責任が問われる可能性はある点に留意してください。

街中を歩いていると、様々な場所で「クレジットカード現金化」といった文言が書かれた看板を目にします。
また、インターネットで検索をしても、大量の現金化業者のサイトがヒットします。

もし、現金化が犯罪行為に該当するのであれば、このように表立って堂々と商売を営めないはずです。

現在のところ、現金化業者が摘発を受けた例はありますが、利用者が刑事上の責任を問われて逮捕されたという事例は存在しません。

なお、現金化業者が摘発を受けたケースは、実質的に「闇金融」を営んでいて極めて悪質であり、出資法などに違反しているとして検挙されたものです。

摘発されたのは金利が高いことが理由であり、現金化そのものが犯罪行為とみなされたわけではありません。

民事上の責任は、場合によって問われる可能性があるという点に注意しましょう。
一般的にクレジットカードの利用規約には「現金化目的の利用を禁止する」という趣旨の内容が記載されています。

万が一、現金化行為がカード会社に発覚した場合、規約違反とみなされて

  • カードの利用停止
  • 一括返済を迫られる

かもしれません。

ただし、「現金化目的で商品を購入したのかどうか」を判別することは困難であり、現実的には通常の商品購入のためのショッピング枠利用と区別できません。

ただし、カード会社はAI(人工知能)などを活用しながら膨大な取引記録を監視しています。
一度に大量に金券類を購入することは、「現金化に利用される手段」としてカード会社に認識されているため、派手にやり過ぎない方が良いでしょう。

ご隠居、現金化って合法なんですか?
お銀
お銀
黄門様
黄門様
現金化そのものが犯罪行為として取り締まりされたことは、過去にないようじゃ。
ただし、高金利での金銭の貸し借りに実質的に該当するとみなされて、出資法違反で検挙されたケースが存在するらしいのう。
助さん
助さん
実質的に闇金融を営んでいたとして現金化業者が摘発された事例ですね。
現金化業者を利用した一般人が逮捕された事例は存在しません。

刑事上の責任を一般人が問われることはないと思われますが、民事上の責任は発生する可能性があるので注意した方が良いでしょう。
カード会社の利用規約の中に、現金化を禁止する旨の文言が含まれているからです。

殆どの現金化業者は安心・安全に現金化を実行できる

過去に現金化業者が摘発された事例が数件存在します。
しかし、検挙された業者は実質的に「闇金融」を営んでいたといった特殊な事情があります。
殆どの現金化業者は健全な業者であり、そのような心配はありません。

自分自身でAmazonギフト券などの金券類を購入して売却することも可能です。
しかし、「どの程度までなら、カード会社に怪しまれないか」という点は、一般利用者が知ることができません。

現金化業者なら、長年の取引の経験から「このカード会社の場合、この商品をこの程度まで購入するのであればマークされることはない」といったノウハウを有しています。

ただし、まれに反社会的勢力などが「現金化業者」と称して営業している可能性もあります。
健全な現金化業者を探すには、以下の点をチェックすると良いでしょう。

  • 都道府県公安委員会から「古物商」の許可を受けているか
  • 長年、その地域で営業を続けているか

現金化業者は、利用者がクレジットカードのショッピング枠を使って購入した商品を買い取っているため、古物商としての許可を受けている必要があります。

店頭に「許可番号」が掲示されているか、あるいは、ウェブサイトに記載されているか確認してください。

なお、営業を開始してからの日が浅い業者は「違法行為を気にせずに短期間に稼いで、トラブルが発生したら店を畳む」という可能性も否定できません。

現金化は、グレーな部分があるビジネスです。
だからこそ、長年、地域に根付いた営業を続けてきた業者であれば、遵法意識が高く、トラブルを未然に防いできた優良業者といえるでしょう。

現金化したお金は後日返済しなければならない

現金化によって手にしたお金は、後日返済しなければなりません
そのため、返済能力を超える金額を現金化しないように注意してください。

あくまでも、一時的な「金欠やばい」という状態を解消するだけと捉えましょう。

  • レジットカードのショッピング枠
  • 携帯電話のキャリア決済
  • 後払いサービス

を使って現金を手に入れても、1か月程度経過すると返済期限が到来します。

それまでに給与や報酬が入る目途が立っている方は現金化で資金繰りすれば良いのですが、全く見通しが立たない状況に陥っている方は、現金化を行っても問題の先送りにしかなりません。

生活が破綻状態にある方は、現金化に手を出すよりも自己破産や生活保護受給を考える方が良いでしょう。

御隠居、現金化してお金を手元に用意しても、後で返済しないといけないんですよね?
お銀
お銀
黄門様
黄門様
結局、借金をしているわけで、翌月や翌々月あたりに返済しなければならんのう。
収入を確保できる見通しが無い場合は、問題を先送りするだけじゃろう。
あくまでも一時的な資金繰りとして利用すべきじゃろうな。
助さん
助さん
クレジットカードのショッピング枠にしても、携帯電話のキャリア決済にしても、後払いサービスにしても、後日、支払いを行わなければなりません。

収入の目途が立っていない方は、現金化を実行するよりも、自己破産したり生活保護の申請をしたりして、抜本的に生活の立て直しを考えた方が良いでしょう。

資金繰りの目途が立たない場合は自己破産や生活保護を検討しよう

現金化は「一時的な資金繰り」を改善するための手段であり、現金化で手にしたお金は一定期間経過後に返済しなければならない借金」です。

「今後しばらく収入を得る見通しが殆ど無い」という方は、自己破産したり、生活保護の受給を申請したりすることを検討しましょう。

自己破産や生活保護は、国によって認められている権利です。
恥ずかしがることはありません。
本当に困った際は、弁護士や市区町村役場に相談してください。

収入の目途が立っていれば一時的な「金欠やばい」という状況を現金化で解決できる

「金欠やばい」とお困りの方は、現金化を検討してみましょう。
現金化は、

  • クレジットカードのショッピング枠
  • 携帯電話のキャリア決済
  • 後払いサービス

を使って換金しやすい商品を購入し、売却することで実現できます。

現在のところ、「現金化行為そのもの」が犯罪行為として摘発対象になったことはありません。
ただし、カードの利用規約違反には該当し、民事上の責任を問われる可能性はあります。

万が一、カード会社に知られたら、利用を停止されたり一括返済を求められたりするかもしれません。
一度に大量の現金化は実行しない方が良いでしょう。

なお、自分自身で商品の購入や売却を行うことも可能ですが、現金化業者に依頼する方が時間や労力がかかりません。
現金化業者なら、カード会社に現金化の事実を把握されないようなノウハウを有しているので安心・安全です。

現金化は、あくまでも「一時的な資金繰り」として実行すべきものです。
収入の目途が立っていない場合は、現金化を実行しても問題の先送りにしかなりません。

生活を立て直すために、自己破産や生活保護を検討する方が良いケースもあります。

本記事の内容が、「金欠やばい」とお困りになっていて、現金化について調べている方のお役に立つことができれば幸いです。