MENU
クレジットカード現金化 逮捕
調査員:しんや
「クレジットカードのショッピング枠を現金化しようと考えているけれども、犯罪に該当するのだろうか」と不安な方がいらっしゃるかもしれません。
結論から述べると、過去に現金化業者が摘発された事例は存在します。

しかし、今のところ利用者側が逮捕された事例は存在しないので安心してください。

本記事では、過去の逮捕事例などを踏まえて徹底解説いたします。

お銀
お銀
ご隠居はクレジットカード現金化業者が逮捕された事例を御存知ですか?
黄門様
黄門様
うむ、知っておる。ただ、摘発された業者は裏で闇金業を営んでいたり、商品の受け渡しを形式的にすら行わなかったりと様々な問題を抱えていたようじゃな。
助さん
助さん
過去に業者が逮捕された事例においては、現金化行為そのものが問題とされたわけではありません。あくまでも実質的に貸金業を営んでいたとして、出資法違反の罪に問われました。
なお、今のところ、一般利用者の逮捕例は存在しないので安心してください。ただし、犯罪行為に該当しなかったとしても、カードの利用規約には違反することになり、民事上の違法性が問われる可能性があるので、やりすぎには注意しましょう。

過去にクレジットカード現金化業者が逮捕・摘発された事例

過去にクレジットカード現金化業者が逮捕・摘発された事例
過去にクレジットカードのショッピング枠を現金化している業者が逮捕・摘発された事例は存在します。

具体的には、以下のような事例です。

  • 2011年8月に現金化業者が出資法違反で摘発
  • 2012年7月に現金化業者が脱税で摘発
  • 2013年9月に現金化業者が出資法違反で摘発
  • 2014年10月に現金化業者が出資法違反で摘発

まず、2011年と2014年のケースでは、「実質的に闇金業を営んでいた」という特殊な事情があり、それが「出資法違反」に問われました

また、2012年のケースは、あくまでも「脱税」で摘発されており、現金化行為そのものは罪に問われていません。

なお、2013年のケースは、実際に商品の授受が行われていなかったことが問題となりました。

摘発例が存在するにもかかわらず、多くの現金化業者は摘発を受けずに長年営業を続けています。

  • そのため、「ショッピング枠で商品を購入する」という形式が整っていれば、闇金業を営んだり脱税行為をしない限りは罪には問われないと考えられます。
  • 仮に、現金化行為そのものを取り締まろうとするのであれば、街中に看板を堂々と出して営業したり、インターネット上でウェブサイトを開設して営業したりすることは、以前から不可能になっているはずです。
  • すなわち、警察としては、現金化行為そのものを取り締まろうという考え方はなく、闇金営業や脱税といった他の事情があった場合にのみ検挙しているのが実情といえそうです。

合法なのに現金化業者が摘発された理由とは

クレジット現金化は、現段階では合法で法律違反にはなりません。

しかし実は、業者が逮捕された例があります。

なぜなのでしょう?

初めて現金化業者が摘発されたのは2011年。

東京台東区にある業者でした。

逮捕の名目は「貸金業法及び出資法違反」

警察に目をつけられていた業者が「お金の貸付を行っている」と見なされ、金融業法に基づいた法律に違反しており、摘発されました。

逮捕に至った経緯には、次のような背景があります。

現金化業者が摘発された理由

  • 他人のカードの無断使用の決済などの詐欺行為などが行われていた
  • もともとユーザーからの苦情が多かった

以上の2点から捜査側に情報が入り、警察が内密に動くことになったようです。

警察による逮捕例は少なく、ほぼ100%が悪徳業者によるトラブル

警察による逮捕例は少なく、ほぼ100%が悪徳業者によるトラブル
法律のグレーゾーンに位置するため、現金化業者の摘発は警察も不用意に動けないのが実情です。

それにもかかわらずに逮捕に至ったケースは、ユーザーからの告発がきっかけになったようです。

つまり悪質な営業形態が大きな要因となり、利用者側から警察に届けが出されるわけです。

クレームが少ないきちんとした営業を行っている優良店にはそういった例が全くありません

つまり、現金化業者を利用する際に大切なのは次のふたつです。

  • 怪しげな悪徳業者を利用しないこと
  • 優良店を選ぶこと

クレジット現金化は、いまの段階では合法です。

しかし、非常に微妙なラインに位置していますので、今後法の改正によって「違法なのか合法なのか」が明確化してくるかもしれません。

いまの段階では、悪徳業者を利用せず優良店を選ぶことがトラブルに巻き込まれないための最善の方法です。

しかし、法律がどのように変化していくかは常にアンテナを張っておいたほうがいいでしょう

利用者側は逮捕された事例が存在しない

利用者の逮捕者はまだない
現金化業者が逮捕・摘発された事例は存在しますが、これまで一般の利用者が逮捕された事例は存在しません

そのため、安心してクレジットカード現金化業者を利用してください。

ただし、刑事上の責任が問われないとしても、民事上の責任が追及される可能性は残るので、やりすぎには注意しましょう

一度に多額の現金化を行うと、カード会社が探知する可能性があります。

カードの利用規約に違反していることは事実なので、カード会社の不正利用検知システムに引っかからない程度の金額に留めて置くことが肝要です。

クレジットカード現金化で逮捕に関するよくある質問

Q.クレジットカード現金化業者が逮捕されるという事件をたびたび目にしますが、利用者が逮捕されることはありませんか?
ありません。
クレジットカードの現金化自体は罪にはなりませんので、利用者が逮捕までされる可能性は極めて低いです。
また、逮捕されたクレジットカード現金化業者を利用したことがあるからという理由で逮捕されることもありません。
Q.クレジットカードの現金化は罪にならないと聞きますが、ではなぜ逮捕される業者がいるのでしょうか?
申込者に脅迫をしていた、申込者のクレジットカード情報を含めた個人情報を悪用していた等を理由に逮捕されるケースが多いです。
クレジットカードの現金化業者がどこもこのような悪質な業者というわけではありませんので、利用する前には口コミ等を十分に調査したほうがいいでしょう。
Q.クレジットカードの現金化をした際に郵便物が家に届いたのですが、大丈夫でしょうか?
キャッシュバック式の現金化なので問題ありません。
クレジットカードの現金化をする際に何か安価な商品を高額で購入してもらい、キャッシュバックという名目で振り込みをする形式の取引なので、どうしても購入した商品が自宅に届いてしまう場合があります。
キャッシュバック式の換金方法にもかかわらず、手元に何も届かない場合は悪質な業者の可能性もありますので注意しましょう。

利用者側が逮捕される心配はないが規約ではNGなので適度に現金化しよう

利用者側が逮捕される心配はないが利用規約違反には該当するので適度に現金化しよう

クレジットカードのショッピング枠を現金化しても、一般利用者が逮捕される心配はありません

ただし、カードの利用規約には違反することになるので、カードの利用を停止されたり、一括返済を求められたりするリスクはあります

刑事上の責任は追及されませんが、民事上の違法性は否定できないので、「一時的な資金繰り」としての利用に留め、あまり大きな金額を現金化することがやめておきましょう。

なお、自己破産する際に、クレジットカード現金化は「免責不許可事由」とされますが、最終的に裁判官の裁量で免責されることが殆どなので安心してください

本記事が、クレジットカードのショッピング枠現金化が合法なのか違法なのか、犯罪行為に該当して逮捕されるのかどうかについて知りたい方のお役に立つことができれば幸いです。

まとめ

  • 過去に現金化業者が逮捕・摘発されたことはあるが利用者側はない
  • クレジットカード現金化は民事上の責任が問われる可能性がある
  • 利用する前に古物営業許可を受けているかどうかをチェック
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内で飲食店を経営していたものの、お金の出入りが激しくて短期的な金欠状態になることも多々あり、借り入れよりも手軽に利用できるからと、クレジットカード現金化業者を利用するようになっていきました。

少しでも割りの良い業者がないかと次々と替えながら利用していくことで、いろんな現金化業者について詳しくなっていき、その後お店はたたむことになったものの、蓄えた知識を活かしてクレジットカード現金化についての情報を伝え始めるようになりました。

切羽詰まっているときは悪徳業者に騙される危険も高いので、選び方や注意点など、実際の利用で感じたことなどを初心者にもわかりやすくまとめています。

執筆した記事一覧はこちら