MENU
クレジットカードを破棄する手順と注意点とは

クレジットカードを使用してショッピングやサービスの利用を行っている人もいるでしょう。

クレジットカードがあるとネットでの利用が便利であり、1枚は持っておきたいカードです。

ただ、ある拍子にクレジットカードが使用できなくなったなら破棄することが大事です。

クレジットカードは破棄しないとトラブルの元になることもあります。

クレジットカードをどのような手順で破棄することができるのか内容を紹介しましょう。

黄門様
黄門様
クレジットカードを使用するときは破棄する手順を知っておくことも大事じゃな。内容確認しておくのじゃな

クレジットカードを破棄する原因になるものとは

クレジットカードを破棄する原因になるものとは
クレジットカードを利用していても破棄しなくてはいけないときがあります。

どのような場合のみクレジットカードを破棄しなくてはいけないのか先に確認しておく必要があります。

事前にクレジットカードを破棄しても問題ないのか確認しましょう。

クレジットカードは理由によっては破棄しなくてはいけないときもありますね。どのようなときに破棄する必要があるのか確認しておきましょう

有効期限が切れたカード

クレジットカードでも有効期限が切れてしまった場合は利用することができません

カードの有効期限はカードの表や裏に記載されており、期限切れになったカードはそこで利用停止になるため、持っていても利用することができず不要になります。

クレジットカードの有効期限が切れる際はカード会社から新しいカードを送付されるため、その際に古いカードを切るように言われることもあります。

新しいカードが来た時点で有効期限が切れたクレジットカードは処分するようにしましょう。

お銀
お銀
クレジットカードは有効期限が切れたなら、その場でクレジットカード処分したほうがいいようだね

使わなくなり解除したクレジットカード

クレジットカードを複数枚持っている方は1枚カードを解約する方もいるかもしれません。

もし、クレジットカードを解約したなら、カードの機能は使えなくなるため、所持していても意味がありません。

そのため、クレジットカードを処分することが必要です。

また、クレジットカードが必要ないため、解約手続きをせずに処分するのはやめておきましょう。

解約手続きをせずに自分でクレジットカードの処分を行うと不正利用の危険が伴うためです。

カードの解約をするときに番号が分からなくなってしまうこともあるため、解約してから処分という流れにしておきましょう。

助さん
助さん
「クレジットカードは必ず解約してから処分するようにしたほうがいいですね。解約する前に行うなら不正を疑われることもあるので注意しましょう

不具合などで再発行された場合

クレジットカードを新しく再発行した場合は、以前の旧型のカードは使用不可になります。

そのため、クレジットカードを処分する必要があります。

以前の旧型と新しいカードは番号が変わっているので、もし、サービスの登録をしているなら、全て新しいカード番号に登録する必要があります。

また、新しいカードが届いた際には古いカードは直ぐに処分するのがおすすめです。

古いタイプをずっと持っておくと新しいカードと間違ってしまうことがあり、カードの使用ができないこともあるからです。

再発行されたら旧型のカードは持っておくとややこしいことにつながるため、直ぐに破棄して新しいカードと区別できるようにしておきましょう。

再発行したカードと旧型のカードが混ざってしまうと、ややこしいことになりますね。新しいカードが到着した時点で処分するようにしておきましょう

クレジットカードの破棄する手順とは

クレジットカードの破棄する手順とは
使用できなくなったクレジットカードは破棄する必要があります。

ただ、破棄の方法を知っておかないと不正利用される危険性が生じるため、破棄する手順について内容を確認しておくことが大事です。

クレジットカードの破棄する手順は以下のようになっています。

黄門様
黄門様
クレジットカードを処分するなら破棄する手順を知っておくことが大事じゃな。どのような手順で破棄できるのか確認しておくのじゃな

ハサミで細かく切り刻むようにする

クレジットカードを処分する際は必ずハサミで細かく切り刻んで、数字や原型が分からないようにしておくべきです。

クレジットカードの情報は少しでも残ってしまうと不正利用される可能性が生じてしまいます。

使用できなくなっているカードだったとしても、以下の情報は分からないように細かく切り刻む必要があります。

  • 名前
  • カード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード

カードにハサミを入れる場合は無造作に切り刻むよりもまず、名前やカード番号などを切り離して、その後4つに細かく裁断するのがおすすめです。

さらに署名欄も原型が分からなくなるほど、細かく切り刻むのがいいです。

ハサミで切り刻むのでは不安を感じるようであればプラスチックに対応しているシュレッダーを利用することもできます。

クレジットカードの原型が残らないように細かくすることを心がけましょう。

お銀
お銀
クレジットカードは、とにかくハサミやシュレッダーを使用して細かく切り刻むことが大事なようだね。原型を残さないようにしておこう

データやチップも破棄する

クレジットカードを破棄する際は、磁気データICチップに関しても破棄することが大事です。

クレジットカードの情報はICチップや磁気データから読み込みを行うため、もし磁気データなどが綺麗な状態であれば、利用することが可能です。

ICチップなどが使用できる状態であれば、不正利用される危険性も高くなるため、この部分にハサミを入れて切り刻んでおくことが大事です。

クレジットカードはハサミによって切り刻んでいるなら、読み込みを行うことができません。

また、金づちや強い磁気を当ててICチップを破壊することもできます。

水で濡らした程度では機能が壊れることはないので、確実に破棄できる方法を取るようにしましょう。

助さん
助さん
クレジットカードの磁気データやICチップは情報が詰まっているので大事な部分です。しっかり破壊して読み込みができない状態にしておきましょう

カードは数回に分けて捨てる

クレジットカードを破棄するときは数回に分けて破棄する手順が大事です。

クレジットカードを細かく切り刻みそれを1度にまとめて捨ててしまえば、複製されるリスクがあります。

何回かに分けて捨てることで、不正利用のリスクを下げることができるため、カードに関するトラブルを小さくしておきたいなら、数回に分けたほうが得策です。

また、クレジットカード本体も大事ですが、明細書の扱いも注意しておく必要があります。

明細書は個人情報なので、もし普通に捨てた際に誰かに見られるようなことがあれば、自分の情報が流出してしまう可能性が生じるため、切り刻んで捨てるのがおすすめです。

また、クレジットカードのように数回に分けて明細書も捨てるなら、トラブルにつながるリスクは回避できるはずです。

クレジットカードは数回に分けて切り刻んで捨てるのが安全のようですね。明細書に関しても数回に切り刻んで捨てたほうがリスク回避となります

クレジットカードを破棄する際の注意点

クレジットカードを破棄する際の注意点
クレジットカードは状況によって破棄することが大事ですが、破棄するときに注意点もあるため確認しておくことが大事です。

破棄の際にミスをしてしまうとトラブルにつながることもあるため、しっかり破壊する際のポイントを確認しておきましょう。

黄門様
黄門様
クレジットカードを破棄するときは注意点を確認しておくことが大事じゃな。注意点を確認して、トラブルにならないようにするのじゃな

カードをそのまま捨てるのは避けておく

クレジットカードの再発行や磁気の不具合により使用できなくなった場合、カードをそのまま捨てるのは避ける必要があります。

クレジットカードをそのまま捨ててしまうと、誰かがカードを拾った際にそのまま使用することができます。

たとえ、クレジットカードが利用停止されていても、カード番号や自分の名前などが知られてしまうと、個人情報が流出してしまう可能性があるため、大きな危険が生じます。

そのため、上記でも紹介したように不要となったクレジットカードは切り刻むなどして情報が分からないように破棄することが大事です。

クレジットカードをそのまま捨てると、情報の悪用やカードの不正利用につながるので絶対やめておきましょう。

助さん
助さん
クレジットカードをそのままの状態で破棄するのは危険なことなので、絶対にしないように明記しておくべきですね。不正利用や個人情報の流出など大きなトラブルにつながります

登録解除する必要がある

クレジットカードを破棄するときは登録解除してから破棄すべきです。

クレジットカードはカード会社に管理されている状態であれば、カードの機能が生きています。

そのため、クレジットカードの登録がされているときに破棄しても、毎年の年会費やETCなどの利用サービス料金は口座から引き落とされることになります。

そのため、クレジットカードを破棄する前はカード会社に連絡して解約をしておくことが大事です。

何も連絡をしていない状態であれば、口座からお金が無くなっていくことになりますし、登録口座からお金がなくなれば遅延払い扱いになり、信用が下がります。

上記でも紹介しましたが、不要なクレジットカードは持っているだけでリスクを伴うため、先に手続きを済ませておくのがおすすめです。

クレジットカードを破棄する際にカード会社に連絡してないなら、自分のお金や信用を失うことになります。事前に連絡をして解約することは覚えておきましょう

クレジットカードのトラブル防止の回避も覚えておこう

クレジットカードのトラブル防止の回避も覚えておこう
クレジットカードを破棄するときに手順を間違えてしまうと、大きなトラブルにつながります。

そのため、しっかり破棄の手順を確認しておくことが大事ですが、思わぬ事態で破棄の手順を踏めないこともあります。

どんな状況の際は破棄することができないのか、その内容と対策を紹介します。

黄門様
黄門様
クレジットカードの破棄の手順を踏めない状況になることもあるようじゃな。その際の対策について知っておくことは大事じゃから確認しておくのじゃな

クレジットカードを紛失した際はカード会社に連絡する

クレジットカードが自分の不注意で紛失してしまった場合は、カード会社に連絡する必要があります。

紛失してしまったということは、カード機能は利用可能であり、ショッピングやネットサービスなどに利用することができる状態です。

もし、利用可能な状態で誰かに拾われた場合、カードを不正利用されてしまい、自分の登録している口座からお金がどんどん減少していくことになります。

クレジットカードの不正利用を防ぐためにもクレジットカードを自らの不注意で紛失してしまったときは、カード会社に連絡して利用停止してもらう必要があります。

クレジットカードの利用を停止してもらうことができれば、カードを誰かに拾われても悪用されることはありません。

クレジットカードの紛失は大きなトラブルになるため、気付いた時点で連絡するようにしてください。

お銀
お銀
クレジットカードを紛失してしまったときは、早めにカード会社に連絡することが大事だね
助さん
助さん
連絡することで不正利用されることは防げるので、直ぐに連絡するようにしましょう

不正利用されている場合

不正利用されている場合
クレジットカードが誰かに不正利用されているときも、カード会社に連絡して利用停止にしてもらうことが大事です。

不正利用されている状況だと自分の口座からお金がどんどん減ってしまうことになるため、自分の資産を守る点でも連絡して利用停止にしてもらう必要があります。

カード会社は不正利用されていても、3ヶ月以内に連絡をすると不正利用された金額は保証してくれます。

不正利用された際はカードが新しく再発行されるため、旧型のクレジットカードも破棄されます。

もし、不正利用されていても慌てずにカード会社に連絡をして止めてもらうようにしましょう。

クレジットカードの不正利用されているときも、カード会社に連絡すれば問題ありません。不正利用で失くしたお金も保証されるので安心してください

クレジットカードの破棄の手順のまとめ

クレジットカードの破棄に手順について紹介しました。

クレジットカードはしっかり破棄しないと不正利用される危険性があります。

しっかり破棄の手順を守り、自分の個人情報と信用を守るようにしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人