MENU
クレジットカード 捨て方
調査員:たくや
クレジットカードは、使用できなくなったなら破棄することが大事です。

しかし、処分方法を間違えると大事な個人情報や決済データが奪われて悪用される危険があります。

そこで今回は、クレジットカードを安全に処分・破棄する方法うあそのまま捨てるリスクについて紹介します。

助さん
助さん
ご隠居、クレジットカードを処分したいのですが、そのまま捨ててよいのか不安です。
処分方法をご存知ですか?
黄門様
黄門様
クレジットカードは、大事な情報の詰まったカード。
捨てた後、他人に盗まれてしまえば大変じゃな。
できれば安全に処分する方法を知っておくことが大事じゃろう。
お銀が正しい処分方法を知っているはずじゃ。
お銀
お銀
クレジットカードをそのまま捨てるリスクや処分方法について私からお教えしましょう。

クレジットカードを安全に破棄・処分する方法

クレジットカードを安全に処分する手段

個人情報を消す

個人情報の中でもクレジットカードの名義は、不正利用されやすい部分です。
そのため、カード番号やセキュリティコード同様に入念に読み取りできないような処分方法をすることが大事です。

最初は、名義を読み取れないように裁断するのではなく、先に表面を削って文字そのものを消すことが大切です。

これなら裁断された残存部分を寄せ集めて組み合わせても情報は読み取ることができません。

助さん
助さん
なぜ名義を消すことが重要なのですか?
お銀
お銀
クレジットカードは名義が異なる場合やそもそも名義がわからない人が使えない仕組みです。
実店舗での買い物は名義のあるカードしか使用できず、名前のサイン記入も名義がわからなければできません。
また、オンラインショッピングなどでは、カード名義を入力することを前提とするところも多く、カード番号だけでは決済が通らないからです。
クレジットカード現金化でも名義を必要とするでしょう。

ハサミやシュレッダーなどで細かく切り刻むようにする

クレジットカードを処分する際は必ずハサミで細かく切り刻んで、数字や原型が分からないようにしておくべきです。

クレジットカードの情報は少しでも残ってしまうと不正利用される可能性が生じてしまいます。

使用できなくなっているカードだったとしても、以下の情報は分からないように細かく切り刻むと安心です。

  • 名前
  • カード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード

カードにハサミを入れる場合は無造作に切り刻むよりも、名前やカード番号などを切り離して、その後4つに細かく裁断するのがおすすめです。

さらに、署名欄も原型が分からなくなるほど細かく切り刻むようにしましょう。

ハサミで切り刻むのでは不安を感じるようであれば、プラスチックに対応しているシュレッダーもおすすめです。

クレジットカードの原型が残らないように細かくすることを心がけてください。

お銀
お銀
クレジットカードは、とにかくハサミやシュレッダーを使用して細かく切り刻むことが大事なようだね。原型を残さないようにしておこう

磁気データやICチップも破棄する

クレジットカードを破棄する際は、磁気データICチップに関しても破棄することが大事です。

クレジットカードの情報はICチップや磁気データから読み込みを行うため、もし磁気データなどが綺麗な状態であれば、利用することが可能です。

ICチップなどが使用できる状態であれば不正利用される危険性も高くなるため、この部分にハサミを入れて切り刻んでおくことが大事です。

クレジットカードはハサミによって切り刻んでいるなら、読み込みを行うことができません。

また、金づちや強い磁気を当ててICチップを破壊することもできます。

水で濡らした程度では機能が壊れることはないので、確実に破棄できる方法を取るようにしましょう。

お銀
お銀
クレジットカードの磁気データやICチップは情報が詰まっているので大事な部分です。しっかり破壊して読み込みができない状態にしておきましょう

切断したカードは数回に分けて捨てる

クレジットカードを破棄・処分するときは、数回に分けて捨てることを心がけてください。

クレジットカードを細かく切り刻みそれを1度にまとめて捨ててしまえば、複製されるリスクがあります。

何回かに分けて捨てることで不正利用のリスクを下げることができるため、カードに関するトラブルを小さくしておきたいなら、数回に分けたほうが得策です。

クレジットカードを破棄・処分する際の注意点

クレジットカードを破棄する際の注意点
破棄の際にミスをしてしまうとトラブルにつながることもあるため、しっかり破壊する際のポイントを確認しておきましょう。

黄門様
黄門様
クレジットカードを破棄するときは注意点を確認しておくことが大事じゃな。注意点を確認して、トラブルにならないようにするのじゃ

破棄・処分前には登録解除する必要がある

クレジットカードを破棄するときは登録解除してから破棄すべきです。

クレジットカードはカード会社に管理されている状態であれば、カードの機能が生きています。

そのため、クレジットカードの登録がされているときに破棄しても、毎年の年会費やETCなどの利用サービス料金は口座から引き落とされることになります。

そのため、クレジットカードを破棄する前はカード会社に連絡して解約をしておくことが大事です。

何も連絡をしていない状態であれば、口座からお金が無くなっていくことになりますし、登録口座からお金がなくなれば遅延払い扱いになり、信用が下がってしまいます。

不要なクレジットカードは持っているだけでリスクを伴うため、先に手続きを済ませておくのがおすすめです。

クレジットカードを破棄する際にカード会社に連絡してないなら、自分のお金や信用を失うことになります。事前に連絡をして解約することは覚えておきましょう

自治体ごとにゴミの分別を確認する

クレジットカード処分時のごみの分類

クレジットカードは基本素材としてプラスチックで構成されています。

しかし、処分時にごみとして出す場合、自治体によってクレジットカードの捨て方は分別が異なります。

例えば、プラスチック素材のごみを、もえるごみで処分できる地域とプラスチックごみとして分別する地域があります。
あるいは、クレジットカードは不燃ごみと指定するケースも稀にあります。
そのため、自分が住んでいる自治体ではクレジットカードがどのように処分されているのか、分別を指定されているのかなどを行政サイトからチェックすることです。

またクレジットカードは、表面のシールやICチップなどプラスチックでない部分もあります。
それぞれは同じごみとして捨てるのではなく、種類ごとに分別することが必要です。

シールや本体は分別したうえでもえるごみやプラスチックごみ、取り除いたICチップは不燃ごみに捨てるようにしましょう。

クレジットカードを何の処理もせず捨てるリスク

クレジットカードを何の処理もせず捨てるリスク
クレジットカードは、表と裏の両方にさまざまな情報が表記されいます。
特にクレジットカード番号カード名義セキュリティコードはたとえ家族であっても他人に知られてはいけないものです。
万が一、何の処理もしないままごみ袋から盗まれれば、悪用されることにもなりかねません。

助さん
助さん
クレジットカードをそのまま捨てると具体的にどんな危険があるのですか?
お銀
お銀
まず決済の不正利用会員登録身分証の代用として使われます。
中でもたちが悪いのは、犯罪に使用されることです。
助さん
助さん
犯罪に使用されるとは、どういうことですか?
お銀
お銀
盗んだ人とは別の犯罪者にカード情報だけが売られてしまうことです。
犯人の特定も難しく、特殊詐欺などにも使われ、被害額の補填もタイミングによっては受けられないのです。
助さん
助さん
それはたしかに危険ですね。

決済に使われる

クレジットカードをそのまま捨てて悪用される最大のリスクは、決済に使われてしまうことです。
決済というのは、実店舗での買い物はもちろんのこと、通販での支払いなどにも第三者が使えてしまうことです。
カードに記載された情報の中でも、特にカード番号セキュリティコードカード名義は盗まれると本人に扮して使えてしまうというリスクがあるため気をつけなければなりません。

実際、本人が不正使用されていることに気付かなければ、第三者が悪用し続けられるため、被害が拡大することがあります。
もし不正利用に気づいてもカード会社への申請時期が遅ければ、被害額が返ってくることもありません。
もちろん、他者のカード情報を手に入れたからといって、自由にどこでも決済ができるというわけではありません。
例えば、銀行口座の名義が一致していないと決済に使えない「クレジットカード現金化」でのカード利用は事実上不可能です。

会員登録に使われる

決済以外にもクレジットカードは悪用されることがあります。
例えば、ショップポータルサイト特定サービスの会員登録などです。
有料会員を前提としたサービスの会員登録などではよくある仕組みで、そこにクレジットカードが必要というものです。
クレジットカードの処分方法をミスして、情報が悪用され知らない内にどこかのサイトに会員登録されてしまった場合、本人には知る由もありません。
第三者が何かしらの被害を受けてからようやく気づくのです。
ただし、決済のように直接、資金を動かすものでなければ被害は大きくなりません。

身分証代わりに使われる

昨今のトレンドとして、SMSやクレジットカードの認証を身分証の代替とするように各種サービスが変化したことです。
ようするに、クレジットカードが身分証の代わりをするため、携帯契約有料サービスクレジットカードを登録すれば面倒な手続き無しで利用できるというものです。
逆にいえば、こうした契約ではクレジットカードがないとオンライン手続きが難しく、不正利用のハードルが高くなる反面、用意できてしまうと防ぐ手段がほとんどないということです。
それだけ、クレジットカードの有用性が、処分時に盗まれることで被害が出やすくなります。

助さん
助さん
身分証がなければよいだけではないのですか?
お銀
お銀
そうとは言い切れません。
書類は偽造されやすく、コピーされて使われることもありますが、クレジットカードはコピーしても実際にオンラインで使えなければ意味がありません。
その点、使えるクレジットカードの情報が盗まれると本人でなくても身分証代わりとして一部のサービスで使えてしまうのです。

犯罪に使用される

振り込め詐欺や電子マネー送付の詐欺などが頻発する中で、特殊犯罪の一部としてクレジットカード情報の闇売買犯罪へと利用した被害は大きく広がっています。
盗まれたカード情報は本人の知らないところで勝手に売買されていたり、犯罪利用に使われていたりするということです。
物理的に盗まれるお札(現金)とは違い、クレジットカードは世界で犯罪者に情報が売られてしまうとどこに使われて被害を受けたのかすら本人でもわからないでしょう。
特に犯罪目的の人に売られないようにするには、オンラインでのサイト利用時にフィッシングサイトに気をつけるだけでなく、現実でカードを捨てて盗まれ使用されることも念頭に置いておきましょう。

クレジットカードは適切に破棄・処分して情報を読み取られないようにする

クレジットカードは情報を読み取られないように適切な処分をする
今回はクレジットカードの処分について、そのリスクや安全な処分方法について解説しました。
カード本体は情報を抜かれないように細かく裁断し、磁気データも破棄することでたとえごみから破片を盗まれても復元されにくいのです。
また、請求書もカードほどではありませんが情報が詰まっているため、他者が請求書とわからないレベルに破棄しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

某国立大学経済学部卒業後、金融系の会社に就職。

堅苦しい社風が合わずに6年で退職するものの、仕事柄クレジットカードについて詳しくなる。

クレジットカードの情報は世の中に多いけど、中には古いものがそのままということもあり危機感を感じていました。

退社をきっかけに、クレジットカード関連の情報サイトを開始するも上級者向けの情報ばかりで、あまり人気が上がらず閉鎖することに。
その後も仕事の経験からクレジットカードについては興味もあり、常に最新情報を追い続ける。

経験と知識を活かして、クレジットカードの賢い使い方などをこちらのサイトで紹介するようになりました。

過去の失敗から、クレジットカードの選び方など初心者でも役立つ内容や、さらに上級者向けの情報も合わせて、精力的に記事を執筆しています

執筆した記事一覧はこちら