MENU
クレジットカードの債務整理とは?どのような使用ができるのか考えよう

クレジットカードを利用することができるなら、ショッピングの支払い光熱費携帯電話の支払い、またステータス性を表明させることができます。

そのため、クレジットカードを持っておくなら支払いに便利ですが、債務整理を行ってしまうなら「クレジットカードが使えなくなるのでは?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

債務整理は借金の精算なので、信用という部分で気になるところです。

債務整理とクレジットカードの内容について紹介します。

黄門様
黄門様
クレジットカードは信用があることで発行してもらい携帯できているわけじゃな。
そう考えると債務整理は微妙なところじゃな
助さん
助さん
クレジットカードと債務整理についてしっかり考えておくことが大事ですね

クレジットカードで債務整理するとどうなる?

クレジットカードで債務整理するとどうなる?
債務整理をすると、クレジットカードはどのような影響を受けるのか気になると人もいるでしょう。
クレジットカードで債務整理をするなら、引き続きクレジットカードを利用できるのか確認が大事です。
以下のポイントを明記しておきましょう。

クレジットカードで債務整理するときの注意点

  • 債務整理するとクレジットカードは使えなくなる
  • 信用情報機関に事故情報登録されるので新規契約もできない
お銀
お銀
債務整理の後もクレジットカードの利用ができれば支払いは安心だね。もし、使用不可になれば支払い方法を考え直す必要があるね

債務整理するとクレジットカードは使えなくなる

債務整理をしたなら結論として、クレジットカードは強制的に解約されて使えなくなります。
債務整理は任意整理個人再生自己破産を行うことで借金を正当に解決できるものですが、自分の情報が情報開示されてしまいます。

カード会社はクレジットカードの発行に信用を重視しており、返済をしてくれる人をターゲットにしてカードの発行を行います。
そのため、債務整理で借金を解決したとはいえ、元々借りたお金の支払いを全額返済していない履歴が残るなら、カード会社はその人に信用を置くことができません。

債務整理で借金の精算をしたなら「クレジットカードの支払いも全額返済してくれないのでは?」と疑問を持つためです。
カード会社はクレジットカード発行後も持ち主について定期的に利用状況に問題ないのか確認します。
もし、債務整理をしたならカード会社は審査から発覚するため、使用不可となります。

債務整理をしたならクレジットカードは利用不可となるようですね。
債務整理をするとカード会社の定期的な審査により、いずれクレジットカードの停止処分になるようなので、使えなくなることは必然ですね

信用情報機関に事故情報登録されるので新規契約もできない

債務整理を行うなら借金は精算することができますが、信用情報機関に事故情報が登録されます。
この信用情報機関に事故登録されると、ブラックリストに載る状態となり、いろいろな制約を受けることになります。

カードローンや銀行、クレジットカード会社は審査の対象となる人が信用情報の点で問題ないのか信用情報機関の内容を確認するのも1つの方法です。
もし、信用情報機関で対象の人の名前を発見したなら、ブラックリストに載っているため、当然審査は落ちてしまいます。

そのため、クレジットカードを持っていた人もブラックリストに載ったなら当然解約となり、新規で発行することも不可能となります。
信用情報機関にリストとして掲載されている期間は5年以上となっているため、新たにクレジットカードの発行を行いたいなら、期間が過ぎるのを待つ必要があります。

助さん
助さん
債務整理を行うならブラックリストに載るのでクレジットカードの新規発行は不可能となるようですね。
期間が過ぎて除外されるのを待つ必要がありますね

債務整理をした後にクレジットカードを作成するには?

債務整理をした後にクレジットカードを作成するには?
債務整理をした後はクレジットカードを利用することができません。
ただ、債務整理後でもクレジットカードの発行や他の方法を用いることは可能です。
どのように発行することができるのか内容を紹介しましょう。

黄門様
黄門様
債務整理をした後は一生クレジットカードの発行はできないわけではないようじゃな。
クレジットカードや他の方法について内容を確認しておくことが大事じゃな

信用情報機関の事故情報登録から外れるまで待つ

債務整理をした後は自分の事故登録が信用情報機関に登録されます。
信用情報機関の事故登録されている間はクレジットカードの発行を行うことができませんが、ずっと登録されているわけではなく、一定期間を経過すると事故登録から外れるようになります。

信用情報機関の登録は自分が行った債務整理の方法によって変わり、個人再生や自己破産、任意整理の場合は5〜10年ほどになります。
また、特定調停や過払い金請求の場合、年数は5〜7年となっています。

年数は自分の借金の程度などによって変化しますが、信用情報機関の登録が外れるならクレジットカードの作成を行うことが可能なので、外れるまで待つことができます。

お銀
お銀
債務整理は5〜10年ほど経てば信用情報機関の登録から外れるのでクレジットカードの発行を行えるようだね
ただ、登録から外れるのに最低5年は経過する必要があるので、長期間クレジットカードの作成はできないことを明記しておくべきですね

家族カードを作る

債務整理をした後に本人がクレジットカードの申込みをせずに「家族カード」を作成することで発行が可能な場合もあります。
家族カードとは生計を同じくする家族や親族などに発行できるクレジットカードであり、利用金額分は本会員の指定銀行口座からまとめて引き落とされます。

家族カードもクレジットカードの1つですが、こちらは本人以外の家族が債務整理をしていても利用が制限されることはないので、どんな人でも発行することが可能です。
自分が債務整理をしてクレジットカードの発行ができなくても、家族カードであれば通常通りの利用をすることができるので、家族と相談して発行を検討するのも良い方法です。

助さん
助さん
家族カードの発行をするときに、誰に渡すのかという点は審査の対象外のようですね。
もし、家族の誰かがクレジットカードを持っているなら家族カードの発行を検討してみるのも良いですね

デビットカードやプリペイドカードの作成を行う

カード決済を行えるようにしたいなら、デビットカードプリペイドカードの利用を検討してみることができます。
デビットカードは商品やサービスの支払いをするときに即時払いとなっており、指定している銀行口座からお金を支払います。

プリペイドカードは事前にお金をチャージしてカード入金しておき、チャージ金額分のみ商品やサービスを購入できるカードです。
デビットカードやプリペイドカードは前払い式のカードとなっており、先にお金を払うシステムとなっています。

そのため、これらのカードは審査が無くても発行して自由に使うことができます。
クレジットカードのようにキャッシング機能を利用することはできませんが、ショッピングでのカード払いや光熱費の引き落としなどに利用することはでき、国際カードブランドを付けることも可能です。

もし、カード払いをしたいならデビットカードやプリペイドカードの使用を考えてみましょう。

黄門様
黄門様
債務整理後もカード払いを行いたいなら、デビットカードやプリペイドカードの利用を考えることができるの。
審査が不要なので確実に発行できるのがメリットになるの

債務整理後にクレジットカードの審査を通りやすくするには

債務整理後にクレジットカードの審査を通りやすくするには
債務整理をした後は、信用情報機関に登録されている間はクレジットカードの発行が行えませんが、期間が経過した後は再度申込みをして審査をしてもらうことが可能です。
ただ、債務整理後に申込みをするとしても確実に発行できるわけではありません。
クレジットカードの発行のためにどのようなポイントを押さえておくことができるのか紹介しましょう。

債務整理後にクレジットカードの審査を通りやすくするポイント

  • 短期間に複数のカード会社への申込みを行わない
  • キャッシング枠を設定しない
  • 申込みを行ったことがないカード会社に申請する
  • 審査に通りやすいカード会社に申込む
債務整理後のクレジットカードの発行のためのポイントを押さえておくなら、カード発行しやすくなりますね

短期間に複数のカード会社への申込みを行わない

クレジットカードの申込みを行うとき、カード会社は個人信用情報期間を通じて申込者の情報を確認します。
信用情報機関は年数が経過すると登録から外れますが、カード会社への申込みには記録が残ります。

カード会社は情報を共有して対象者の審査を行うこともあるため、複数のカード会社に申込みをするなら、他社で審査に落ちていることや債務整理をした事実を知り審査に落ちやすくなる可能性があります。

複数のカード会社に申込みを行うと、それだけ審査に落ちる可能性が高くなるため、クレジットカードの発行を行うなら1社に絞るのがおすすめです。

複数のカード会社に申込みを行う方が審査通過しやすく感じるかもしれませんが、1社も通過しないことになればさらに期間を置いて申込みをしなければなりません。

お銀
お銀
債務整理後に関わらず複数のカード会社に申込みをするとカード審査が厳しくなるよ。
1〜2社に絞って申込みをするのがおすすめだね

キャッシング枠を設定しない

クレジットカードの申込みを行う際に、キャッシング枠は外しておくことがおすすめです。
1度債務整理をしてブラックリストに載ってしまった後、直ぐにクレジットカードの申込みでキャッシング枠の設定をするなら、カード会社は「滞納せずに支払いをしてくれるのか?」と疑念を抱くようになります。

カード会社としては信用情報機関の登録が外れてしまったとしても、債務整理をして完全な返済をしていないことを調べることができます。
信用情報機関の登録から外れても、1度債務整理をしたことについての履歴が消えることはないため、キャッシング枠を付けてカード申込みをすると、収入に問題なくても審査に落ちてしまう可能性があります。

債務整理後にキャッシング枠付きで申込みをするのは自分のイメージが悪くなる可能性があるため、設定を外して申込みするのがいいでしょう。

助さん
助さん
債務整理後にキャッシング枠の設定をして申込みをするのは審査に落ちるリスクも高くなるようですね。
どうしてもキャッシング枠を利用したいなら、カード発行した後に改めて申請するのがおすすめですね

申込みを行ったことがないカード会社に申請する

申込みを行ったことがないカード会社に申請する
債務整理後にクレジットカードの申込みをするときは、1度もカードの申込みを行ったことがないカード会社で申込みを行うのがおすすめです。
債務整理をしたときに使用していたカード会社で再度申込みをしても、そのカード会社には自分が債務整理をした記録が残っているため、再びクレジットカードの発行はほぼ不可能です。

そのため、1度も自分が申込みをしたことがないカード会社に申請するのが最適な方法です。
そのカード会社であれば自分の記録が何も残っていないので、債務整理後でもクレジットカードの審査が通る可能性があるからです。

もちろん、カード会社によって審査の基準の厳しさは違いがあるので、その点を考慮して申込みをする必要もあります。

債務整理の際に使用していたクレジットカードの機能やステータス性が良いので、再度同じカード会社で申込みをした気持ちを持っている人もいるかもしれませんが、極めて難しい状況であることは覚えておきましょう。

黄門様
黄門様
債務整理後に再度同じカード会社で申込みをして発行してもらうのは難しいようじゃな
お銀
お銀
債務整理後に同じクレジットカード会社に申込みをしてはいけない制約はないようだから、どうしても前のカードが欲しい人は1度申込みをして審査してみるのも良いかもね

審査に通りやすいカード会社に申込む

クレジットカードの申込みをするときは、審査に通りやすい評判があるカード会社を選択するのもおすすめです。
審査の通りやすいカードは厳格な審査をしない可能性があるので、債務整理後に申込みをしても審査を通過しやすいからです。

債務整理をした後に1枚クレジットカードを持っておきたいならブランドなどにこだわらず、審査の通過しやすさの基準を重視して申込みをしてください。

審査の通過しやすいカード会社ならクレジットカードも作成しやすいですね

債務整理後のクレジットカードの作成を考えよう

債務整理後のクレジットカードの作成を考えよう
債務整理をした後もクレジットカードの作成を行うことは可能です。
クレジットカードの作成を行うためにはポイントを押さえて申込みすることが大事なので、内容を確認して申込みをしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人