MENU

クレジットカードを濡らしても大丈夫?濡らした場合の対処法とは

クレジットカードを濡らしても大丈夫?濡らした場合の対処法とは

クレジットカードの作成を行いたい人もいるでしょう。

クレジットカードを持っていると支払いをスムーズに行うことができ、お金の支払い方法としてとても便利です。

他にもポイント付与や国内外の旅行保険付帯があるなど特典も豊富に用意されているので、クレジットカードは持っておくといろいろなメリットがあります。

ただ、クレジットカードを水で濡らしてしまうと「大丈夫なの?」と機能面がしっかり使用できるのか不安になる人もいるでしょう。

クレジットカードを濡らした場合について内容を紹介していきましょう。

黄門様
黄門様
クレジットカードを濡らしてしまったなら、機能面がどうなるのか確認しておきたいところじゃな。濡らした場合について情報を確認しておくのじゃな

クレジットカードは濡らしたとしても壊れない

クレジットカードは濡らしたとしても壊れない
クレジットカードは少々の水で濡らしたとしても壊れる心配がありません。

クレジットカードをズボンのポケットに入れて洗濯機に回したとしても、クレジットカードは壊れずにそのまま使用することができると言われています。

では、なぜクレジットカードが濡れたとしても壊れずにそのまま使用できるのか知りたい人もいるでしょう。

それは、クレジットカードが水に強い素材で作られているためです。

  • プラスチック
  • ICチップ
  • 磁気ストライプ

これらの素材は水に濡れても故障しません。

そのため、水溜まりにクレジットカードを落としても洗濯したとしても、機能面では正常に使用できます。

もし、スマホのように機器やバッテリーが入っているなら、水に濡れてしまうとショートしてしまう可能性があるので故障するリスクがありますが、クレジットカードに機器の要素は入っていません。

そのため、クレジットカードが水に濡れたくらいでは心配する必要はないことを覚えておきましょう。

お銀
お銀
クレジットカードは素材が水に強いものでできているので、濡らしたとしても壊れる心配はないようだね。間違えて洗濯してしまったとしても慌てる必要はないようだね
助さん
助さん
もし海に落としてしまっても問題はなく、洗剤の中に落としたとしても溶けるくらい強くなければ水で洗い流せば問題ないようですね

クレジットカードを濡らした際の対処法と注意

クレジットカードを濡らした際の対処法と注意
クレジットカードを濡らしたとしても機能面で問題はありませんが、濡らしたままでは財布に入れることができないので、対処する必要があります。

ただ、濡らしたクレジットカードの対処法を間違えると故障してしまうことがあります。

どんなやり方が良く、注意が必要なのか紹介します。

クレジットカードを濡らした場合の対処法について失敗しないようにすることが大事ですね。どのような方法を用いることができるのか確認しましょう

ハンカチやティッシュなどで拭き取る

クレジットカードを濡らした場合はハンカチやティッシュで拭き取ることも大事です。

クレジットカードを濡らした際に、そのままの状態で自然乾燥を行うと、種類によってはシミとなって汚れてしまいます。

特にゴールドカードなどは水のシミが付いてしまうと、綺麗な外観が台無しになってしまい、ステータス性の高さを証明できてもカッコ悪く映ります。

クレジットカードに水のシミが付くことを防ぐためにも、ハンカチやティッシュで濡れた部分を拭き取るようにしてください。

ただ、拭き取る時に磁器ストライプの部分を強く擦ると、傷が付いてしまって故障することがあります。

そのため、優しく丁寧に拭いて磁気ストライプに傷が付かないように注意しましょう。

黄門様
黄門様
濡らしたクレジットカードはハンカチやティッシュで優しく丁寧に拭き取ることで問題ないようじゃな。強く拭くと磁気ストライプに傷が付くこともあるようじゃから注意するのじゃな

ドライヤーで乾かすのはNG

ドライヤーで乾かすのはNG
濡らしたクレジットカードを乾かすためにドライヤーを使用する人もいるかもしれません。

ドライヤーは熱風が出るため、濡らした部分を強風で吹き飛ばすことで、綺麗にすることができると思うからです。

しかし、ドライヤーを使用して乾かすのは避けておく必要があります。

それは、クレジットカードの素材がプラスチックでできているので、全体的に熱に弱くなっているからです。

そのため、クレジットカードにドライヤーを当てて乾かそうとすると、クレジットカードが溶けてしまったり変形してしまったりします

ドライヤーは冷風を出すこともできますが、使用すること自体にリスクを伴うため、使用は控えておくのがおすすめです。

タオルやハンカチで拭き取るようにしてください。

お銀
お銀
クレジットカードは熱に弱いからドライヤーの熱風に耐えることができないようだね。乾かす目的でもドライヤーの使用は控えておくべきだね

乾燥機を使用するのもNG

クレジットカードを濡らした際に、乾燥機で乾かそうとする人もいるかもしれません。

特に、洗濯機で回してしまったなら「乾燥機を利用すればクレジットカードを速攻で乾かせる」と考えるが人がいてもおかしくはありません。

しかし、ドライヤーと同じでクレジットカードは高温に弱いため、乾燥機で乾かそうとするとクレジットカードの変形磁気ストライプが破損する可能性が高くなります。

乾燥機はかなりの高温となるため、クレジットカードの乾燥は行えても、その後の使用は厳しくなるでしょう。

そのため、濡らしたクレジットカードを乾燥機で乾かすことも控えるようにしてください。

助さん
助さん
濡らしたクレジットカードを乾燥機で乾かそうとするなら、クレジットカードを故障させてしまうことになるようですね
乾燥機には絶対に入れないようにすることが大事ですね

クレジットカードが壊れてしまう可能性がある場面とは

クレジットカードが壊れてしまう可能性がある場面とは
水で濡らしたとしても強いクレジットカードなので、濡らした場合でも全く問題はないですが、丈夫なクレジットカードでも壊れてしまうリスクはあります。

どんな場合にクレジットカードが壊れてしまうのか知っておきたい人もいるでしょう。

その内容について紹介します。

黄門様
黄門様
クレジットカードは濡らしたくらいでは故障はせんが、他のやり方では故障してしまうこともあるようじゃな
お銀
お銀
どんなことでクレジットカードが故障して使えなくなるのか原因をしっかり確認しておこうね

磁気のあるものに近付ける

クレジットカードは磁気のあるものに近付けてしまうと故障して使用できなくなることがあります。

クレジットカードの磁気ストライプは他の磁気の影響を受けると、中のICチップがダメージを受けて読込みが行えなくなることがあるからです。

クレジットカードの磁気ストライプがダメージを受けてしまうものは、

  • スマートフォン
  • テレビ
  • パソコン
  • ラジオ
  • スピーカー
  • などの電子機器です。

また、クレジットカードを複数枚所持している人は、カードを重ねることで磁気にダメージを与えてしまい、カードの使用ができなくなることあります。

そのため、電子機器や他のクレジットカードの側を避けて保管し、磁気ストライプが悪くならないように注意しておきましょう。

助さん
助さん
クレジットカードは他の電子機器の側に置くと磁気ストライプが悪くなって使用できなくなることがあるようですね。スマホの側やテレビの上にクレジットカードを置いて保管するのは避けておく必要がありますね

高温の場所に放置する

高温の場所に放置する
クレジットカードは高温の場所に放置しておくことも避けておく必要があります。

クレジットカードはプラスチックやICチップ、磁気ストライプと高温に耐性がない素材ばかりです。

そのため、高温となる場所に長時間放置しておくと、ICチップや磁気ストライプは変形して使用できなくなることがあります。

高温の場所は例えば、直射日光が当たる場所車の中などがあります。

高温の場所に置いておくと、ある日突然カードの読み込みができないなど、困ったことになってしまうため、日が当たらない場所や高温にならない場所を考えて保管しておくようにしましょう。

クレジットカードは高温に弱いので直射日光の当たる場所には注意しなくてはいけませんね

ICチップに傷が付いてしまう

ICチップに傷が付いてしまうと、クレジットカードが上手く読み込めなくなりカードとして機能しなくなります。

お店でクレジットカードの支払いをするときはICチップを使用するため、ICチップが正常でない場合はもちろん、少しでも汚れが付着していてもカードとして機能しなくなります。

汚れの付着が原因でカードが読み込めない場合は故障ではないので、拭き取ることで使用可能になります。

しかし、カードに物が当たって傷が付いてしまったりヒビが入ってしまったりしている場合は、ICチップの再起は不可能なので新しく再発行する必要があります。

クレジットカードのICチップは少しの傷でも使用ができなくなるため、保管には注意しましょう。

黄門様
黄門様
ICチップは少しの傷でも使用ができなくなるようじゃな。保管の仕方に注意しておくのじゃな

シールを貼る

クレジットカードにシールを貼るのも避けておく必要があります。

デコレーションや見た目の良さを追求して、シールを貼っておしゃれに見せることを考える人もいるかもしれません。

しかし、シールを貼ってクレジットカードの読み取りを行うと、機器を故障させてしまう原因になります。

シールが機器に挟まり、詰まって取り出せなくなることで、無理に引っ張ってクレジットカードのICチップに傷が付いてしまうことがあるからです。

また、クレジットカードだけでなく、読み取りの機器もシールが挟まったことで正常に動作しなくなり破損させてしまうことがあります。

もし、機器を破損させるとお店側から修理代を請求されてしまい、大きな出費となることがあります。

機器を破損させる可能性がある以上、クレジットカードにシールを貼るのは避けましょう。

お銀
お銀
クレジットカードにシールなどを貼るなら、お店の機器まで壊してしまうことがあるようだね。絶対にシールは貼らないようにしよう

クレジットカードが壊れてしまった場合

クレジットカードが壊れてしまった場合
クレジットカードを濡らしたときの何かの衝撃、または自分のミスでICチップなどを壊してしまうこともあります。

もし、クレジットカードが何かの原因で壊れてしまった際の、対処法について紹介します。

助さん
助さん
クレジットカードがもし破損してしまったなら、しっかり使用できるように対応する必要がありますね。どのように対応できるのか確認しましょう

カード会社に再発行をお願いする

クレジットカードが破損してしまったらカード会社に再発行を申請することが大事です。

ICチップや磁気ストライプが破損した状態では、クレジットカードとして機能しません。

そのため、カード会社に再発行を申請して新しいカードを送ってもらう必要があります。

ただ、クレジットカードを新しく再発行するときはカード番号やセキュリティ番号も変わってしまうことがあるので、何かサービスに登録しているなら、全て再登録し直さなくてはいけません。

また、クレジットカードの再発行は手数料がかかるため、費用が出ることも覚えておきましょう。

クレジットカードの再発行は番号変更と手数料がかかるようですね。登録変更などの手間があることを明記しましょう

別のクレジットカードを利用する

別のクレジットカードを利用する
クレジットカードを利用できなくなったなら、別のクレジットカードを利用することもできます。

カードを複数枚所持しているなら、1枚利用できなくなったとしても別のカードでショッピングの支払いを行えます。

ただ、クレジットカードが使えないままでも、登録上は残っているため、年会費などの支払いが生じます

そのため、破損をきっかけに使用を辞めたいなら、しっかり解約を行うことが大事です。

解約手続きは電話などでカード会社に連絡することで、そのまま解約できます。

また、破損したクレジットカードは使用できないため、ハサミなどで細かく切って悪用されないように処分しましょう。

お銀
お銀
破損をきっかけにクレジットカードを処分するなら解約手続きをおしっかり行おうね

濡らしたクレジットカードのまとめ

クレジットカードは濡らしたぐらいでは破損することはありません

しかし、ICチップ磁気ストライプの破損によってクレジットカードが使用できなくなることはあるので、扱いに注意しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人