MENU

自分でできるクレジットカード現金化!業者を使わない方法(手段)とは– category –

調査員:だいすけ 専門業者を使わず自分で現金化する方法はあります。
  • 買取業者へ自分で持ち込んで現金化する
  • フリマアプリで売却する
  • クレカ払いをキャンセルして返品により現金化
  • 海外から資金を持ち込んで国内で現金化
それぞれメリット・デメリットがあります。 では詳しく解説していきます。

クレジットカード現金化は自分でできる方法がある?実行前に安全性と換金率のバランスを考えよう

自分で出来る現金化の方法とは?利用前に-安全性と換金率のバランスを考えよう

クレジットカード現金化を行う際には、現金化業者を利用しなければならないと考えている人が少なくありません。

確かにクレジットカード現金化業者を利用すれば、クレジットカード利用停止となる原因を可能な限り排除した状態で現金化出来ますが、手数料として15%~20%控除されてしまいます。

多少のリスク管理を覚悟した上ならば、クレジットカード現金化は自分でできる方法があると知っている人がどれくらいいるでしょうか。

自分でできる方法ならば、換金率を100%になるべく近づけることが出来る方法があります。

現金化業者を使わないクレジットカード現金化方法は、ポイントを押さえて行うことで安全性と換金率のバランスを調整できるわけです。

自分でできるクレジットカード現金化方法は必ず換金するポイントがある

自分でできるクレジットカード現金化方法とはいえ、最終的に換金する場面では買取業者へ売却しなければ現金を手に入れることは出来ません。

このため、クレジットカード現金化を現金化業者を使わない方法で行う際には、以下のようなパターンが基本となります。

業者を使わない!-自分でクレカ現金化をする-換金のポイントとは!

細かいバリエーションの違いはあるものの、以下の4つの分類に分けられることを知っていれば、どの方法なら自分でできるのか把握しやすいです。

パターンA:買取業者へ自分で持ち込んで現金化する

パターンA:買取業者へ自分で持ち込んで現金化する
パターンA

クレジットカード決済により購入した商品について、最終的に自分で買取業者へ持ち込み現金化する方法です。

クレジットカード現金化はショッピング枠を使用してクレジットカード決済を行うことで商品を手に入れる所から始まります。

近年はクレジットカード決済で電子マネーをチャージしてから使うことが出来るので、必ずしもクレジットカードを直接使って商品を購入するとは限りません。

敢えてクレジットカードを使用して電子マネーを購入するという手順を使うことにより、現金化業者を使わないクレジットカード現金化のメリットが明らかになります。

最も重要なことは、後日クレジットカード会社から購入商品について調査が入った際に、クレジットカード決済により直接購入していたら、加盟店経由で購入商品が詳細に分かってしまうわけです。

一方、電子マネーへチャージした結果として、クレジットカード会社は電子マネー購入までしか追跡出来ません

電子マネーへ切り替わった先の使われ方については、個人情報保護の観点からクレジットカード会社へグループ会社でも無い限り公開されないわけです。

買取業者へ持ち込む以前の状況により、現金化するまでの道のりから変わります

パターンB:直接個人間取引により第三者へ売却して現金化

パターンB:直接個人間取引により第三者へ売却して現金化
パターンB

クレジットカードにより仕入れた商品をオークションやフリマアプリといった個人間売買により第三者へ売却する方法は、買取業者よりも高く売却できる可能性があります。

なぜなら、買取業者は買い取った商品を再販売する価格との差額で利益を得ているので、個人が購入する金額よりも低く買取依頼するからです。

中間差益が無い分だけ個人間取引では高く売れる可能性があります。

しかし、個人間取引では詐欺被害に遭うリスクが常につきまとうので、リスク負担を行いつつ相場を把握している取引慣れしている個人以外はハードルが高いです。

また、オークションやフリマアプリでは、決済手数料やシステム利用料といった金額の負担が必要になるので、総合的に考える必要があります。

買取業者へ売却する際には、法人相手という安心感がありますが、個人間売買では相手に自らの個人情報が知られてしまい悪用されるリスクまで考慮しなければなりません。

匿名取引を行うためには、別途手数料が必要となるので換金率の管理が難しい方法です。

パターンC:売買契約自体をキャンセルして返品により現金化

パターンC:売買契約自体をキャンセルして返品により現金化
パターンC

現金化率を100%とする方法を最優先するならば、クレジットカード決済により行われた売買契約を返品手続きにより取り消しする方法で現金化する手段があります。

クレジットカード決済というシステム上の隙間を突いた方法となるため、何度も行うとクレジットカード会社から調査が入ることや利用停止となるリスクがある点に注意が必要です。

ポイントとなるのは

クレジットカード決済には集計→売上票送付→売上確定という手順があることです。

多くのクレジットカード決済では、日付を跨いだ時点でクレジットカード決済が確定するので、それまでの間は何度でも取り消しが可能だという点を知っておく必要があります。

日付を跨ぐ前の時点ではオンライン処理による取り消しだけで与信枠が戻ることになりますが、日付を跨ぐと別途加盟店側からアクワイアラーを通して取り消し処理を行わなければなりません。

取り消し処理を行った上で返金する際には、別途取り消し者に対して返金する金額を届ける必要がありますが、人件費と手間を考えれば売上をそのまま立てて現金にて返金するといった方法を取る店舗が出ても不思議ではありません。

このため、翌日以降に商品を持ち込み返品し、その場で現金による返金を受けることが出来れば現金化率100%となるわけです。

注意

ただし、同じ店舗で何度も使おうとすると営業妨害となるため出入り禁止となりかねません。

本来は後日返金または後日利用可能枠を戻すという方法となる可能性もあり、クレジットカード決済処理慣れしている担当者の有無により変わります。

パターンD:海外から資金を持ち込んで国内で現金化

パターンD:海外から資金を持ち込んで国内で現金化

クレジットカード決済にて購入出来る商品は、日本国内での規制が厳しく世界で最も暗号通貨に対する課税が重い国として知られることになったので、日本国内の取引所ではクレジットカード決済による暗号通貨購入は出来ません。

パターンD

海外の取引所ではクレジットカード決済により暗号通貨を購入出来るので、一旦海外で暗号通貨を購入してから日本国内の取引所へ持ち込み現金化すれば良いわけです。

暗号通貨には相場による影響が多い変動通貨と法定通貨と結びついて価値が保証されているペッグ通貨と呼ばれる安定通貨があります。

ペッグ通貨ならば海外取引所から日本国内の取引所へ持ち込む際に、ウォレット間送金を行うだけで良いので、最終的に現金化する迄に暗号通貨の価値が変わるリスクを減らせます。

リスクが完全にゼロとならない点は、海外取引所で購入する際の価格は外貨ベースで購入しているので、日本円として現金化する際には多少為替相場の影響を受けてしまうわけです。

また、現金化した際の受取額を報酬とみなされて課税対象となるので、翌年春の確定申告が必須となる点に注意しなければなりません。

現金化業者を使わないクレジットカード現金化方法一覧

現金化業者を使わないままクレジットカード現金化する方法は、以下のように様々な方法が存在します。

全ての方法を試す必要は無く、人により選択できる手法に限りが出ることも珍しくありません。

そこで、まずは現金化業者を使わない自分でできる手法にはどのようなものがあるのか、以下に一覧にて解説します。

現金化業者を使わずにクレジットカード現金化を自分で出来る方法・全12種の一覧

中には複数の手法を組み合わせることにより、より高い換金率と安全性を確保出来ることもありますが、あまりにも複雑な手法は手間が多く掛かりすぎることになるので現実的では無いと考えられます。

業者を使った現金化を希望する方はコチラ

クレジットカード現金化人気優良店ランキング

商品券・金券購入

商品券・金券購入

商品券や金券をクレジットカード決済にて購入する方法は、クレジットカード現金化を行う際に最もシンプルな手法としてかねてより行われて来ました。

クレジットカード現金化を自分でできる範囲で誰もがすぐに出来るからこそ、クレジットカード会社にとっては取り締まりしやすい分野でもあります。

そこで、商品券や金券を換金性が高い商品という括りにより購入不可商品として指定し、多くの商品券や金券は購入出来ない状態となりました。

このため、JCBカード限定でJCBギフトカードを購入出来ることは、あくまでも例外的な話となります。

近年では、新たに電子マネーやQRコード決済サービスへ一旦チャージしてから商品券・金券類を購入して金券ショップへ持ち込むといった方法も使われている状態です。

地方の百貨店専用商品券といったタイプならば、広い流通性が無く地域限定・店舗限定で使えるためにクレジットカードや電子マネーにより贈答品として購入出来ます。

1234...8