MENU

資金が必要になった際は現金化することを考えるでしょう。今はいろいろなサービスを現金化することができるので、自分が持っているものや利用しているサービスを現金化しても資金に充てることができます。

もし、自分が積立NISAをしているなら、現金化して資金を得ることもできます。ただ、積立NISAによる現金化の方法や課税などについて疑問を感じる人もいるでしょう。積立NISAの現金化による方法を紹介しましょう。

黄門様
黄門様
積立NISAはどのように現金化できるのか方法をしておくことは大事じゃな

積立NISAとは何か?

「積立NISAとは何か?」と疑問を感じる人もいるでしょう。積立NISAとは今まであった一般NISAの別パターンとして2018年から始まった投資手法の1つです。積立NISAは通常の普通預金口座に資金を積立ていくのではなく、証券会社による専用口座を開設して投資を実行します。

そのため、投資を始めるためには各種の手続きを先に行う必要があります。また、投資信託やEFTへの投資が積立NISAに該当しますが、申込みした証券会社によって手数料の設定は違います。積立NISAは税金免除により一時的な資産運用を行うことができますが、手数料の確認や税金とは別の費用が発生することを計算して、運用する必要があるでしょう。

積立NISAは資金を少しずつ積み立てて資金を貯めていくことができるんですね
助さん
助さん
税金を免除して積立てできるので、余計な費用をかけずに投資をしていくことができますね

積立NISAの現金化とは?

積立NISAを利用している人は現金化することが可能です。積立NISAは専用の口座を使用して資金を積立てるため、やり取りは全て口座を通して行われます。そのため、積立NISAは自分が今まで貯めた資産を切り崩すことが可能であり、現金化することができます。

現金化の際は、毎月一定の投資金額から現金化することや今までの何割かを資金化にするなど、範囲は決まっていないので自分の欲しい金額を得ることができます。ただ、積立NISAは上限金額が決まっているので、お金を引き出すことや解約などで大きく資金を動かせても、大量に投資をして短期間で利益を得て解約することはできません。

そのため、現金化して資金を得るためには、ある程度の期間を待たなくてはいけないことになります。この点を確認して積立NISAによる現金化を考えるようにしましょう。

積立NISAは環境さえ整っているなら、いつでも現金化することができるんだね
お銀
お銀
積立NISAは利用ぢて直ぐに現金化することは難しいので、中、長期的な目線で現金化するのが良いようですね

積立NISAによる現金化のメリットとは何か?

積立NISAを利用して現金化をすることができますが、どのようなメリットがあるのか知っておくと利用しやすくなります。積立NISAによる現金化を行うなら以下のようなメリットがあるので考えてみましょう。

黄門様
黄門様
積立NISAによる現金化を行うならメリットがあるようじゃな。しっかり確認して自分の用途に合うのか判断するのじゃな

非課税によって現金化が行える

積立NISAによる現金化は非課税となっているので、税金の支払いを行う必要がありません。投資をする際は必ず税金対象となり、利益を出した場合は約2割ほどを負担しなくてはいけません。

しかし、投資で得た利益の2割も税金対象となるなら、大きな利益を得た分だけ税金による支払い負担も大きくなるので損をしてしまうことになります。ただ、積立NISAの場合は最大20年間も非課税となっているため、積立投資の際に税金負担がかかりません。

通常のNISAは5間のみ非課税となっており、他の投資も税金がかかってくる中、積立NISAは20年間も非課税なので、実質税金負担が無いと言えます。もし、税金負担をかけずに現金化できるならほぼ100%で資金を得ることができるため、大きなメリットとなるでしょう。

助さん
助さん
積立NISAは20年間非課税なら実質税金なしで現金化できるので、得られる金額も高いですね
ただ、20年を経過すると課税対象になるから、10年後,15年後に解約して現金化するのがおすすめだね
お銀
お銀

価格変動に対処することができる

投資に関しては何でも価格の変動があり、その変化によって利益を生むこともあれば損失を出してしまうこともあります。価格変動を見極めて利益を出して現金化するというのは難しく、プロの投資家でも失敗することがあるため、時には現金化する際に予想した資金を得られないこともあるでしょう。

しかし、積立NISAには「平均買いのコストが下がる」というメリットがあり、口数あたりの価格を平均化することができます。例えば、1口を毎月5万円のペースで投資することを決定した際に口数の価格が半分ほどまで安くなったとします。

そうなると5万円で2口購入することができ、価格が安くなるほど基準点よりも多く買うことが可能です。逆に価格が上昇して1口10万円となるなら5万円という設定だと0.5口までしか購入することができません。

そのため、価格が高くなると口数は減少し、安い価格だと口数は多くなるような仕組みとなっています。積立NISAはこの仕組みによって状況判断を簡単に行うことができるようになっており、個人で判断する他の投資よりも難易度が低くなっています。

積立NISAは価格変動によって購入口を変えることができるので投資方法としても簡単ですね
助さん
助さん
価格変動による影響をあまり受けないようにできるので、投資をしていても大きく損失を出す可能性も低いですね

積立NISAを現金化するときの方法とは?

積立NISAを用いて現金化を考えることができますが、どのように現金化することができるのか知っておきたい人もいるでしょう。積立NISAの現金化方法は主に2つであり利益分から引き出すのか解約して利益を得るかです。それぞれの内容について紹介しましょう。

黄門様
黄門様
現金化するためには利益から取り出すのか、解約して売却するのかどちらかを選択できるのじゃな

利益分から引き出して現金化する

積立NISAは投資で得た利益分から、資金を取り出して現金化することができます。積立NISAの場合は20年間非課税となっているため「その期間は資金を引き出すことができない」と考える人もいます。しかし、積立NISAは必要なときに口座から資金を引き出して現金化することが、いつでも行えるため、期間を待つ必要はありません。

口座から出金するためには、積立NISAから指定した自分の銀行口座に振込みしてもらうだけなので簡単です。ただ、自分の銀行振込み情報や銀行口座による手数料は確認しておく必要があります。

もし、情報が間違っていれば上手く現金化することができますし、手数料によって資金がいくらか減少してしまうこともあるからです。現金化はオンライン上で全て手続きを取ることができるため、必要に応じて現金化を考えてみましょう。

積立NISAはいつでも利益分から現金化することができるので便利ですね
お銀
お銀
助さん
助さん
銀行口座に送金するときは情報と手数料の確認をして現金化するようにしましょう

解約して現金化することができる

積立NISAは解約をして現金化することも可能です。積立NISAは20年間非課税という内容になっていますが、契約が20年間縛られているわけではありません。積立NISAによる投資の期限はないので、投資信託や他の積立投資のように期間を気にする必要がなく、自分のタイミングで解約が可能です。

そのため、積立投資をやめて預けているお金を全て引き出したいときは、解約を考えることができるでしょう。投資による解約を行うときは申込みをします。解約の旨を伝えて受理されたなら翌営業日の基本価額によって換金額が決定します。

入金は約定された日から3営業日に行われるため、資金が入金されるまでは時間がかかります。中には入金までの日数が長くなるファンドもあるため、目論見書などを確認して入金を確認するようにしましょう。

積立NISAはいつでも解約することができるので、自分の好きなタイミングで行えますね
黄門様
黄門様
解約してから入金までは日数がかかるのじゃな。即日ではないのでその点は注意しておくのじゃな

積立NISAを現金化するタイミングとは?

積立NISAは途中解約をすることができるので、現金化を考えることができます。ただ、途中解約して現金化する際はタイミングもあります。どのようなタイミングで現金化することを考えるのか紹介しましょう。

積立NISAを現金化する際はタイミングもあるようだね。どのような際に現金化を考えるのかポイントを把握しておこう
お銀
お銀

年数によって株式の比率を変える

積立投資の資産は「量×価格」で決定します。積立NISAを始めたときは値動きや利益を確認しながら投資をしていく人が多いので量が少なく、資産全体の目減りは大きくないでしょう。しかし、何年も積立投資を行っていくなら当然金額が上がっていくので価格が下落ちするなら全体の資産も大きく減少していきます。

そのため、積立NISAによる投資は年数が上がっていくにつれて株式の比率を減らすのか、それともある程度資金が貯まったので利益を確定して現金化するのか考えることになります。

「株式の割合は100−自分の年齢」という数式で考えることもでき,例えば30歳なら100-30で比率は70%、40歳なら60%となり、年齢によって比率は低下していきます。先に比率の目標を立てておき、その比率になった時点で現金化を考えておくなら、良いタイミングになるかもしれません。

助さん
助さん
積立NISAは年数によって価格変動のリスクも上がっていくので、比率が下がったタイミングで現金化するのも1つの方法ですね

運用が上手くいっているときに現金化する

運用がうまくいっているときに現金化をするのも良いタイミングです。積立NISAは毎月金額を投資していき、お金が貯まっていきます。その際は投資の運用に回されるため、自分が積立に使用したお金以外に投資で得た利益も重なっていき含み益をもらうことができます。

もし運用が比較的スムーズに行われていくなら、何年化すれば積立による金額と含み益により大きな利益を得ていることでしょう。ある程度の利益を得ることができたなら、積立NISAを解約して現金化した方がお得な場合もあります。

そのまま保有しておけば、より利益を得られる可能性もありますが、積立NISAは投資なので必ず利益を出し続けるわけではありません。

経済状況などによっては運用状況が悪くなることもあるため、利益を確認して自分の納得した金額となっている時点で解約した方が後悔しないでしょう。逆に運用状況が悪く、思ったほどの利益を出せていないなら、相場の回復を待つのがおすすめです。

積立NISAによる運用が良く、含み益が大きくなったところで利益を確定するのが良いですね
黄門様
黄門様
もし、含み益が少ないなら、そのまま運用して相場の回復を待つのじゃな

積立NISAによる現金化の方法の注意点とは?

積立NISAによる現金化を行うときは注意点もあります。注意点を確認しておかないと、思った現金化の方法とならず、損をしてしまうこともあるからです。積立NISAによる現金化は以下の点を注意しておきましょう。

助さん
助さん
積立NISAはメリットだけではありません。現金化する方法として注意点も把握しておきましょう

下落ちしているときに現金化はやめておく

積立NISAは基準価額が下落ちしているときに現金化すると、利益を得ることができません。積立投資は相場の値動きの影響を受けにくく、毎月3万円など同じ金額で投資資金を積み上げていきます。

積立投資は時期を変えて入金を行うため、価格が高いときや低いときにポジションを保有することができ、結果的に平均した金額で資金が積み上がるので環境に左右されずに投資を行えます。

ただ、大きく評価額が下がるような出来事が起こると相場は急転して下落ちしてしまいます。例えば、コロナショックのように株価が大きく下がってしまう出来事が発生すれば、株価が大きく下がり停滞状況も続くので、解約して現金化してしまう人も多いです。

しかし、停滞しているときは銘柄を安く購入でき、長い目で見れば経済はまた上昇する可能性が高いです。そのため、一時的に価格が下落ちしたとしても直ぐに解約するのはやめておきましょう。

特に、積立NISAは20年ほどの期間で考えることができるので、評価額が下がっても利益を出せる可能性は高いです。そのため、下落ちして直ぐに解約という行動には出ないようにしましょう。

大きく下落ちするような時でも積立NISAを直ぐに解約するのは避けておくべきだね
お銀
お銀
黄門様
黄門様
価格が下がっても長期的に見れば利益を出す可能性は十分あるようじゃから、性急に行動しないようにするのじゃな

積立NISAにゴールはない

積立NISAをして投資運用をするときは期限が無いことを覚えておきましょう。積立NISAは非課税となっている期間は20年なので、その期間まで運用すれば現金を考えるかもしれません。

しかし、積立NISAは20年経っても課税口座に移して引き続き運用を行っていくことができます。そのため、積立NISAは投資を継続しようと思えばいつまでも運用していくことが可能です。海外のプライベートバンクなどは祖父からひ孫まで投資運用するなど、一族で財産管理しています。

もちろん、非課税が終わる20年の期間を区切りとして今までの資金を現金化することもできますが、自分の老後や万が一のために、そのまま継続していくのも良い方法です。積立NISAの投資金額は何かお金が必要になったときに現金化する方法として用いることもできるため、期間によって解約する必要はないことを覚えておきましょう。

助さん
助さん
積立NISAは期間ではなく、いつでも解約することができます。本当に必要な時に現金化するため、20年経っても継続して運用することも考えるべきですね

銘柄の売却を複数回に分ける

積立NISAによる解約ではなく、運用している投資信託を売却したい場合は購入するのと同じように複数回に分けて売却することがおすすめです。基準価額が安いときに全てを売却するなら、結局利益が少なく、損をしてしまうこともあるからです。

利益が安いのか高いのかは後になってみないと分からない部分もありますが、高値で予想していても外してしまうこともあります。そのため、一度に全てを売却するのではなく、複数回に分けて現金化するのがおすすめです。リスクを減らして現金化する方法として覚えておきましょう。

もし、万が一急なお金が必要になれば全て売却するのもいいでしょう。ただ、それ以外の理由なら小分け売却の方がリスクが低いですね

積立NISAによる現金化を考えよう

積立NISAによる現金化の方法について紹介しました。積立NISAはいつでも現金化でき、非課税なので利用しやすい点が豊富です。急な資金の必要があれば手段として利用できるので、ぜひ運用と現金化を考えてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人