Amazonギフト券買取

Amazonギフト券買取サイトを利用したらアカウント停止?違法性を徹底解説

Amazonギフト券買取サイトを利用したらアカウント停止?違法性を徹底解説
Amazonギフト券の買取業者は便利ですが、本当に安全で違法であったりリスクはないのかと不安に感じている人も少なくありません。
正しい知識を身につけておけばその不安も解消することができるので確認していきましょう。

そもそもAmazonギフト券の現金化を規制する法律はない

Amazonギフト券を業者などを通して現金化したいという人の中には、Amazonギフト券の現金化は違法なのでないかが不安という人もいます。
結論から言ってしまうと、Amazonギフト券の現金化は違法ではありません。
これはAmazonギフト券の買取を禁止する法律がないためです。そのためAmazonギフト券を現金化したからといって逮捕されたり、罰則を科されるということは一切ありません。
そのためAmazonギフト券の現金化は決して違法な行為ではなく、合法的な行為なのです。

Amazonギフト券の買取は利用違反にはなりえる

前述の通りAmazonギフト券の現金化は決して違法な行為ではありません。
ですが実はいくつかの規約や細則には違反してしまう行為ではあります。
ここからはAmazonギフト券の現金化が違反してしまう規約や細則について紹介していきます。

クレジットカードでの現金化は規約違反

クレジットカードは現金化目的での使用がカード会社の利用規約によって禁止されています。
そのためAmazonギフト券をクレジットカードで購入し、それを業者に買い取ってもらうと現金化目的での利用になってしまうため、カード会社の利用規約に違反してしまいます。
これはどのカード会社のクレジットカードを利用していた場合でも同じで、そのことがカード会社にバレてしまうとペナルティを科されることになります。

Amazonギフト券細則違反になる

AmazonではAmazonギフト券の使用方法として「Amazonギフト券細則」というものを定めています。このAmazonギフト券細則には「Amazonギフト券を換金してはいけない」という旨が記載されています
そのためAmazonギフト券を買取業者などを通して現金化することはこのAmazonギフト券細則に違反してしまうのです。
Amazonギフト券は本来Amazonのサイト内の買い物で利用するためのもので、現金化は本来の目的から外れてしまうので違反になってしまいます。

Amazonギフト券の現金化が発覚したペナルティ

前述の通りAmazonギフト券の換金は違法ではないのですが、カード会社の利用規約やAmazonギフト券細則に違反してしまいます。
ではAmazonギフト券の換金がカード会社やAmazonに知られてしまうとどのようなペナルティが科されるのでしょうか。

決済したクレジットカードの利用停止

クレジットカード会社にクレジットカードで購入したAmazonギフト券を現金化したことが知られてしまうと、決済に利用したカードの利用停止の措置が取られます。
また悪質だと判断された場合にはカードが強制解約されてしまうこともあります。
カード会社の規約に違反してしまうと、その後新しいカードを作る際に審査に落とされてしまう可能性もあり、他のカード会社でも新しいカードを作れなくなってしまう恐れもあるので注意しましょう。

Amazonアカウントの強制退会

Amazonギフト券の現金化がamazonにバレてしまうと、Amazonギフト券細則に違反したということでAmazonのアカウントが強制的に退会させられてしまいます。
強制退会になってしまっても新しいアカウントを作れば大丈夫だろうと考える人もいるかもしれませんが、Amazonの強制退会はかなり厳しいです。一度強制退会をさせられてしまうと、その後新しいアカウントを作っても同一人物だとわかればアカウントが停止されてしまうのです。
そのためかなり厳しいペナルティが科されるといってよいでしょう。

Amazonギフト券の買取がバレない裏ワザは?

これまでに紹介してきたようにAmazonギフト券の買取は違法ではないものの、カード会社やAmazonにそのことが知られてしまうと様々なペナルティが科されます。
そこでここからはAmazonギフト券の買取がバレないようにするための裏技を紹介していきます。

高額な売買を避ける

Amazonギフト券をバレないようにするためには、高額な売買を避けるというのが効果的です。
高額な売買が繰り返されると、カード会社やAmazonの運営は現金化をしているのではないかと疑う可能性が高いです。
特にクレジットカードで頻繁に高額なAmazonギフト券を購入したり、高額なAmazonギフト券を購入してもAmazonで利用していないという時に疑われやすいので気を付けましょう。
逆に少額ならば疑われにくいので安全です。

EメールタイプのAmazonギフト券なら大丈夫

EメールタイプのAmazonギフト券
Amazonギフト券には様々なタイプがありますが、その中でもEメールタイプのギフト券は現金化が疑われにくいのでおすすめです。
これはEメールタイプのAmazonギフト券はクレジットカードでしか購入することができないためです。そのためEメールタイプのAmazonギフト券を購入するのにクレジットカードを利用することは自然なことなので疑われにくいのです。
逆に他の形式のAmazonギフト券の場合はクレジットカード以外でも購入することができるので、頻繁に購入しているとカード会社に疑われてしまう可能性があります。

Amazonギフト券の専門買取サイトを利用する

Amazonギフト券をバレないように現金化するためには、Amazonギフト券の買取を専門としたサイトを利用するのがおすすめです。
そこでここからはバレずにAmazonギフト券を現金化するためにおすすめのサイトを紹介していきます。

おすすめAmazonギフト券買取サイト

買取デラックス

買取デラックス
買取デラックスはAmazonギフト券をはじめiTunesカードなど幅広いギフト券の買取を行っている買取サイトです。
1,000円から買取が可能なので少額でも現金化が可能で、24時間365日対応可能、最短30分での振り込みなど多くの魅力があるサイトとして有名です。
また指定された額面のAmazonギフト券ならば通常よりも高い換金率で買い取ってもらうこともできます。

金券買取EX

金券買取EX
金券買取EXは換金率と換金スピードの異なる2つのプランが用意されていて、自分に合った現金化が可能な買取サイトです。
また初回利用時には85%という高い換金率でAmazonギフト券を買い取ってもらうこともできます。
総額1,000から買取を行っていますが、ギフト券の額面は100円単位から買い取ってもらえるので、手元にあるAmazonギフト券を余すところなく現金に換えることができます。

バイカ

バイカ
バイカはAmazonギフト券とiTunesカードの買取を行っている買取サイトです。
金額に問わず初回利用時には83%(5万円以上の場合は81%)、2回目以降の利用時には78%という高い換金率が適用されています。
また公式サイト上で他のサイトとの買取率の比較表も掲載してくれているので、より好条件で現金化することができる方法を教えてくれるのも特徴です。

【結論】Amazonギフト券の現金化は違法ではないが注意が必要

今回紹介してきたようにAmazonギフト券の買取は違法な行為ではありません。そのため利用したからといって逮捕などの心配はありません。
ですがAmazonギフト券細則やカード会社の利用規約に違反してしまうことになるため、バレてしまうとさまざまなペナルティが科される可能性があります。
ですがちょっとした工夫をしてAmazonギフト券を現金化することで、バレるリスクを大幅に減らすことができます。
Amazonギフト券を現金化する際には、バレないように意識すべき点を理解して行うようにしましょう。

  • この記事を書いた人

金子りゅうすけ

1981年生まれ。福岡在住。現金調達のサイトを立ち上げましたが、審査に厳しいこともあり、なかなか利用者にとって高い壁となっていることを知りました。簡単に現金調達する方法としてクレジットカード現金化をおすすめしています。

-Amazonギフト券買取