Amazonギフト券買取

Amazonギフト券買取業者は未成年でも利用できる?未成年の換金方法を徹底解説

Amazonギフト券買取業者は未成年でも利用できる? Amazonギフト券の買取業者を利用したいという人の中には、現在未成年だという人もいることでしょう。そんな人からすると未成年でもAmazonギフト券買取業者を利用できるのかが気になることでしょう。
今回は未成年はAmazonギフト券買取業者を利用できるのかについて紹介していきます。

Amazonギフト券の買取サイトは何歳から利用できる?

Amazonギフト券の買取サイトは何歳から利用できる?
Amazonギフト券の買取は誰でもできると思う人もいるかもしれません。ですが実際には年齢制限があり、年齢制限を満たした人でなければ利用することができません。
Amazonギフト券の買取業者を利用することができるのは18歳以上の人のみです。そのため18歳未満の人はAmazonギフト券買取業者を利用することはできないのです。
逆に年齢に上限はないので、18歳以上であればだれでも利用することができます。
年齢をごまかして利用したいという人もいるでしょうが、Amazonギフト券買取業者では身分証明書の提出が必須なので、年齢をごまかすことはできません。

なぜ未成年はAmazonギフト券を換金できないの?

なぜ未成年はAmazonギフト券を換金できないの?
Amazonギフト券の換金は18歳以上でなければ利用することができません。
ではなぜ18歳未満はAmazonギフト券の換金をすることができないのでしょうか。
ここからはその理由を紹介していきます。

古物営業法

18歳未満の未成年がAmazonギフト券の換金をすることができないのは、古物営業法で定められているためです。
この古物営業法は不正入手したものや盗難品を中古品として売買することを防ぐための法律なのですが、その中で未成年単独での中古品などの古物を買い取りを禁止しています。

青少年保護育成条例

未成年のAmazonギフト券の換金は青少年保護育成条例でも禁止されています。
この青少年保護育成条例は都道府県ごとに定められているのですが、どの都道府県においても未成年は親権者の同意なしに買取業者のサービスを利用することが禁止されています。
これは社会的に望ましい成長を阻害してしまうという理由から定められています。

未成年でもAmazonギフト券を換金できる3つの方法

未成年でもAmazonギフト券を換金できる3つの方法
これまでに紹介してきたように未成年はAmazonギフト券の買取業者を利用することができません。
ですが実は未成年でもAmazonギフト券を換金する方法はあります。
ここからは未成年でもできるAmazonギフト券の換金方法を紹介していきます。

18歳以上の人に申し込みをしてもらう

未成年がAmazonギフト券を換金したい場合、18歳以上の人に代わりに申し込みをしてもらい、換金したお金をもらうという方法があります。
Amazonギフト券買取業者は18歳以上であればだれでも利用することができます。またクレジットカードなどとは違いAmazonギフト券には名義もありません。
そのため18歳以上のAmazonギフト券買取業者が利用できる人に代わりに申し込みなどをしてもらえば換金は可能です。

オークションサイトで売る

未成年がAmazonギフト券を換金するための方法に、オークションサイトに出品するという方法があります。
例えば大手オークションサイトであるヤフオクならば、満15歳以上(中学生は除く)であれば出品することができます。そのため満15歳以上であれば未成年でも換金をすることができるのです。
オークションサイトでは自分で最低落札価格を設定することもできるので、上手く値段を設定すれば買取業者を利用するよりも高額で買い取ってもらえる可能性もあります。

知人に買い取ってもらう

未成年がAmazonギフト券を換金するもっとも簡単な方法は、Amazonギフト券を知人に買い取ってもらうというものです。知人に買い取ってもらうのならば業者を経由する必要もないので、未成年でも換金をすることができます。
相手がAmazonギフト券を必要としていなければ買い取ってもらえないかもしれませんが、人によっては業者以上の金額で買い取ってくれることもあります。
身近にAmazonギフト券をよく利用しているという人がいれば利用しやすい方法でしょう。

まとめ

今回紹介してきたようにAmazonギフト券の買取業者は、18歳以上でなければ利用することができません。そのため未成年が不要なAmazonギフト券を換金したい場合には、自分で買取業者を利用する以外の方法で換金しなければいけません。
身近にAmazonギフト券を必要としている人がいるならばその人に買い取ってもらう、代わりに手続きをしてくれる人がいるならばその人に業者を利用してもらう、15歳以上で自分一人で換金したいならばオークションサイトを利用するのがおすすめです。
未成年だからといって換金をあきらめる必要はないので、不要なAmazonギフト券がある人はぜひ換金をしてみてください。

  • この記事を書いた人

金子りゅうすけ

1981年生まれ。福岡在住。現金調達のサイトを立ち上げましたが、審査に厳しいこともあり、なかなか利用者にとって高い壁となっていることを知りました。簡単に現金調達する方法としてクレジットカード現金化をおすすめしています。

-Amazonギフト券買取