Amazonギフト券買取

Amazonギフト券の換金には税金がかかる?税金の関係を徹底解説

Amazonギフト券の換金には税金がかかる?
Amazonギフト券は手に入る機会も多いため、Amazonギフト券を買い取りサイトなどで買い取ってもらうことで現金に換金しているという人は多いです。
ですが中には、Amazonギフト券の換金には税金がかかるのではないかと不安で手が出せないでいるという人もいます。また実際に換金をしているという人の中にも税金がかかるのかどうかを実は知らないという人もいることでしょう。
そこで今回はAmazonギフト券の換金における税金について解説していきます。

Amazonギフト券の換金には税金がかからない!

Amazonギフト券を換金する時には買い取りサイトなどを利用する人が多いですが、その時に税金がかかるのではないかと不安という人は少なくありません。
もし税金がかかってしまうと換金額がより少なくなってしまったり、既に換金をしている人は脱税をしているのではないかと疑ってしまうので不思議なことではありません。
ですが実はAmazonギフト券の換金では税金はかかりません。そのため税金のことを気にすることなくAmazonギフト券を換金することができますよ。

理由:Amazonギフト券の換金では利益が出ないため

Amazonギフト券の換金に税金がかからないのは、Amazonギフト券を換金しても利益を出すことができないためです。
基本的にAmazonギフト券の換金を行うときには手数料が引かれるため、Amazonギフト券の額面よりも少ない金額が得られます。
そのためAmazonギフト券を換金すると購入時よりもお金が減ってしまうのです。
所得税などの税金は利益が生じたときに発生するものなので、利益が出ないAmazonギフト券の換金には税金がかからないのです。

Amazonギフト券を換金する際の注意点とは?

ここまでに紹介してきたようにAmazonギフト券の換金には税金はかかりません。そのため安心して換金ができるという方もいることでしょう。
ですがAmazonギフト券を換金する時には知っておくべき注意点もあります。

額面より低い価格での換金になる

Amazonギフト券を換金する時の注意点は、額面よりも低い価格でなければ換金できないことです。
先ほども紹介したように買取サイトなどはAmazonギフト券を買い取る際に手数料を取ることで利益を出しています。買取サイトはボランティアではないため利益を出さないということはまずないため、額面通りの金額で換金できるということはまずありません。
そのためAmazonギフト券の換金をすればするほど、資産自体は減ってしまうことになるので注意しましょう。

Amazonギフト券は購入する時も税金はかからない

ここまでに紹介してきたようにAmazonギフト券の換金では税金はかかりません。では購入時はどうなのでしょうか。
実はAmazonギフト券の購入の場合も換金と同じく税金はかかりません。これはAmazonギフト券の購入が現金を前払いして同党の価値の金券を手に入れる前払式支払手段に当たるためです。Amazonギフト券の購入は現金を支払って何かを手に入れるのではなく、同じ価値の資産に変換しているだけなので税金は発生しないのです。
ですがこの購入したAmazonギフト券を使って商品を購入する際には通常の現金での買い物と同じように消費税が必要となるので覚えておきましょう。

Amazonギフト券をもらった時に税金がかかるケース

Amazonギフト券の換金や購入では税金がかからないと紹介しましたが、実はAmazonギフト券をもらった場合は税金がかかることもあります。
そこでここからはAmazonギフト券をもらった時に税金がかかるケースを紹介します。

会社からギフト券を支給されたとき

会社勤めをしていると、会社のイベントの景品や表彰を受けた際の特典としてAmazonギフト券をもらえることもあります。
ですが実はこのケースでは法律上、Amazonギフト券はボーナスと同じような扱いになるため税金がかかります。
ですがこの場合は会社側が源泉徴収を行う必要があるため、受け取った側は特に手続等をする必要はありません。

業務の報酬としてギフト券を手に入れたとき

仕事の業務を行った対価として現金の代わりにAmazonギフト券を受け取るという人もいます。
実はこのケースでも税金がかかります。
現金で報酬を受け取った時と同じ扱いになるため、法人税や所得税を支払うことになります。

副業でギフト券を手に入れたとき

副業をしている人は、Amazonギフト券で給料を受け取るという人もいます。
このケースでもAmazonギフト券を収入として受け取っているので税金を支払わなければいけません。
ですが年間で受け取ったAmazonギフト券の総額が20万円未満であれば確定申告はしなくてもよいので、必ず金額を確認しましょう。

無職の人が報酬としてギフト券を手に入れたとき

無職の人がバイトなどをしてAmazonギフト券を対価として受け取ることもあります。
このケースでも税金の支払いは発生します。
ですが副業の場合とは違い給与所得がない人の場合は38万円以下ならば所得税を納める必要はありません。ですが金額にかかわらず住民税を納める必要はあります。

懸賞でギフト券が当たったとき

懸賞に応募する機会があるという人は、その景品としてAmazonギフト券をもらうこともあります。
このケースでも実は税金を支払わなければいけません。
ですがこのケースで受け取ったAmazonギフト券は一時所得として扱われるため特別控除を利用することができ、金額が少ない場合は税金の支払いは発生しません。
特別控除を利用しても所得として認められる場合のみ税金を支払うことになります。

ポイントを貯めてギフト券をプレゼントされたとき

ポイントサイトなどを利用しているとAmazonギフト券を手に入れる機会もあります。このようにポイントからAmazonギフト券を手に入れた場合、どのようにして手に入れたのかによって税金がかかるかどうかが変わります。
もしポイントと交換する形でAmazonギフト券を受け取ったのならば、税金はかかりません。
一方でポイントを貯めたプレゼントとしてAmazonギフト券をもらった場合は、税金を支払う必要があります。

家族や友人からギフト券を譲り受けたとき

家族や友人からAmazonギフト券を譲ってもらうという人もいます。
実はこのケースの場合はAmazonギフト券をもらっても所得としては扱われません。ですが贈与として扱われるので、受け取ったAmazonギフト券の金額によっては贈与税を支払う必要があります。
贈与税が発生するのは金額が年間で110万円を超えた場合です。ここにはAmazonギフト券以外の贈与も含まれるので注意しましょう。
またAmazonギフト券をもらった理由がお祝いなどの場合は贈与として扱われず、税金を支払う必要はありません。

ギフト券を相続したとき

Amazonギフト券をもらったという人の中には、親族などが亡くなった際に相続したという人もいます。
このようなケースではほかに相続した遺産との合計金額が基本控除を超えていた場合に限り相続税を支払わなければいけません。
多くの場合では現金や不動産も相続することになるため基本控除を超えてしまうので、税金を支払う可能性が高いです。

まとめ

今回紹介してきたようにAmazonギフト券の換金や購入では利益が出ないため、税金はかかりません。そのため自分でAmazonギフト券を購入したり、自分が購入したAmazonギフト券を換金する分には税金の心配をする必要はありません。
ですがその一方で、自分で購入する以外の方法でAmazonギフト券を手に入れた場合は税金がかかってしまう可能性があります。そのため購入以外の方法でAmazonギフト券を手に入れた人は、課税対象にならないかを確認する必要があります。
Amazonギフト券と税金の関係性をきちんと理解して、安全にAmazonギフト券を換金しましょう。

    • この記事を書いた人

    金子りゅうすけ

    1981年生まれ。福岡在住。現金調達のサイトを立ち上げましたが、審査に厳しいこともあり、なかなか利用者にとって高い壁となっていることを知りました。簡単に現金調達する方法としてクレジットカード現金化をおすすめしています。

    -Amazonギフト券買取