現金化の流れ

クレジットカード現金化で個人情報が悪用されるケースを徹底解説!

更新日:

個人情報が悪用されるケース
クレジットカード現金化業者で現金化する際は個人情報が必要ですが、グレーゾーンのサービスゆえに「悪用されてしまうのでは?」と不安に感じてしまう方も少なくないはずです。

確かに個人情報を悪用されるケースもありますがそのような事案は少数ですし、優良店で現金化を行えば悪用されることは絶対にありません。

しかし、万が一に備えて悪用される様々なケースを覚えておいて損はないはずです。

今回は、クレジットカード現金化で個人情報が悪用されるケースと、悪用されそうになったときに自分でできる対処法を解説していきます。

クレジットカード現金化をする際に必要な3つの個人情報

現金化業者で現金化を行う際は、なりすましを防ぐために個人情報を提出する必要があります。

  • 本人情報
  • 銀行口座情報
  • クレジットカード情報

本人情報を確認するために身分証が必要になり、写真のある身分証(免許証やマイナンバーなど)ですと1点で写真のない身分証ですと2点必要になるケースが多いです。

銀行口座情報は本人確認とクレジットカード現金化を行った際の振込み先として利用されます。

クレジットカード番号が必要な業者は悪用されるリスクがある

キャッシュバック方式を採用しているクレジットカード現金化業者によってはクレジットカード情報を必要とする場合がありますがその場合、悪用される恐れがあるので注意が必要です。

優良店という確信がない業者でセキュリティーコードを聞かれた場合は、不正利用の心配があるので利用を控えたほうがいいでしょう。

クレジットカード現金化で個人情報が悪用されるケース

続いてクレジットカード現金化で個人情報が悪用されるケースと、悪用されないように自分で出来る対処法を解説していきます。

事前に対処法を知っておけば個人情報の悪用を未然に防ぐことができるので、是非参考にしてみてください。

犯罪や詐欺集団に個人情報が流出

名前や住所などの個人情報とクレジットカード現金化を利用したことが犯罪集団に流失してしまった場合、あなたの金銭事情を逆手に取って融資の持ちかけなどをしてきます。

いわゆる「闇金融」と呼ばれる業者なので、もしそのような誘いを持ちかけられても絶対に利用してはいけません。

現金化業者を利用する際に個人情報の管理について質問し曖昧な対応をされた場合は悪用される心配があるので、その現金化業者は利用しないようにしましょう。

優良店なら丁寧に個人情報の管理など説明してくれるので、個人情報の流失が心配な方は参考にしてみてください。

クレジットカードの不正利用

悪徳な現金化業者にクレジットカード情報を教えた場合、クレジットカードを不正利用されることがあります。

すぐに不正利用せず忘れた頃に利用する手口も多く、ある日クレジットカードの明細を見ると「見知らぬ商品の購入履歴」があったことで発覚することも珍しくありません。

通常はクレジットカード会社に電話して不正利用の旨を伝えれば適切な対処をしてくれますが、クレジットカード現金化を行った後ろめたさがあるので泣き寝入りしてしまう方も少なくないです。

また、クレジットカード現金化をカード会社にバレてしまうと不正利用の被害は防げてもカードの強制退会は不可避なので、とても難しい判断が必要になります。

そのような面倒を避けたい場合はクレジットカード情報が必要ない優良店を利用しましょう。

買取方式のクレジットカード現金化業者であれば自分で決済するため基本的にクレジットカード情報を教える必要はないですし、キャッシュバック式の業者でもクレジットカード情報を教える必要がないことがあります。

利用する際にクレジットカード情報を教える必要があるかないかは、換金率などの同様に現金化業者を選ぶ際に重要な点なので事前に問い合わせてみるといいでしょう。

押し貸し

押し貸しとは頼んでいないにも関わらず勝手にお金を入金してくること行為のことで、新手の闇金の一つです。

ラッキーと思いそのまま放置していると法外な利息を要求してきますし、返金すると言っても素直に応じてくれない場合が多いのでかなり厄介です。

銀行口座などの個人情報が闇金に流失したことで起きることなので、個人情報の管理が甘い現金化業者を利用してしまうと悪用される心配があります。

押し貸しを未然に防ぐためには利用を検討している現金化業者に個人情報の管理について質問しましょう。

個人情報の管理がずさんな現金化業者は、曖昧な対応をしてくることが多いのですぐに見極めができると思います。

優良店なら個人情報が悪用されるリスクは限りなく低い

ここまでクレジットカード現金化で個人情報が悪用されるケースを解説してきました。

時代の流れにより悪徳業者が淘汰され優良店のほうが圧倒的に多い業界となりましたが、未だに個人情報を悪用する悪徳業者も少なからず存在しています。

これを見て業者を使わずに自分で現金化をしようと思う方もいると思いますが、カード会社にバレるリスクが高いため自分で現金化をすることはあまりおすすめできません。

それよりも、優良店と呼ばれるクレジットカード現金化業者であれば個人情報が悪用されるリスクは限りなく低いので評判の良いクレジットカード現金化業者を利用しましょう。

優良店であればカード会社に現金化がバレる心配もいらないですし換金率にも納得できるはずです。

また、スピーディーに振込みをしてくれるので、すぐにお金が必要なときでも迅速に対応してくれます。

【まとめ】クレジットカード現金化で個人情報が悪用されるケース

現在、クレジットカード現金化で個人情報が悪用されることは滅多にないですが用心するに越したことはありません。

個人情報を悪用されてからでは遅いのでこの記事を参考にして頂き、現金化業者を利用する際は個人情報を悪用しそうな業者なのかを判断してみてください。

そして、換金率だけではなく個人情報の管理も業者選びの基準に加えましょう。

  • この記事を書いた人

金子りゅうすけ

1981年生まれ。福岡在住。現金調達のサイトを立ち上げましたが、審査に厳しいこともあり、なかなか利用者にとって高い壁となっていることを知りました。簡単に現金調達する方法としてクレジットカード現金化をおすすめしています。

-現金化の流れ

Copyright© クレジットカード現金化おすすめ優良店!口コミ比較で人気ランキング , 2021 All Rights Reserved.

おすすめな現金化業者NO.1
プライムウォレット公式
/>