現金化の流れ

クレジットカード現金化をカード会社に疑われた時の言い訳を徹底解説!

現金化の利用がバレた際の言い訳
クレジットカード現金化をしても法律に違反することはありませんがカード会社にバレてしまうと利用停止や、最悪のケースになると強制解約になってしまいます。

しかし、通告なしでそのような処分になるわけではなく事前にカード会社から電話がくることが大半です。

なので、そのときの言い訳によってその後の対応が変わってくることになるため、素直に「クレジットカード現金化をしました」と絶対に言ってはいけません。

今回は、クレジットカード現金化がカード会社にバレない言い訳について徹底解説していきます。

大手のクレジットカード現金化業者ランキング
クレジットカード現金化おすすめ優良店!口コミ比較で人気ランキング

続きを見る

クレジットカード現金化をカード会社に疑われた時は?

普段は絶対に連絡がこないカード会社から突然電話が鳴ったら動揺するはずなので、普通の対応ができなくカード会社に「不審だな」と思われてしまうかもしれません。

そんなことにならないように、クレジットカード現金化をカード会社に疑われた時の初期対応をまとめました。

カード会社から連絡は無視しない

カード会社から連絡がくるパターンはクレジットカード現金化を行った直後が多いため、突然の連絡でビックリすると思います。

動揺してしまい電話が鳴り止むまで見ている方も多いのですが、それをやってしまうと即カード停止になってしまうので絶対にしてはいけません。

クレジットカード会社から電話が鳴ったら必ず出るようにしましょう。

開口一番に「クレジットカード現金化を行いましたか?」と言われることは絶対になく、通常は「クレジットカードを利用しましたか?」と不正利用されていないかの有無を確認されることが多いです。

そこで怪しい挙動をしてしまうと「何を買ったか?」「何のために買ったか?」など、細かい質問をされることになるので挙動不審にならずに「はい、利用しました」と対応するようにしてください。

現金化を利用したと絶対に言ってはダメ

カード会社から連絡がきたときに「クレジットカードのキャッシング枠を使って現金化をしました」と絶対に言ってはいけません。

なぜなら、キャッシング枠を現金化することはカード会社の規約に反することで、現金化が発覚してしまうと強制解約になり、尚且つ一括請求されることになるからです。

そのような最悪のケースにならないために、カード会社から「何の目的で利用したか?」と問われたら「欲しい商品を購入しただけです」と応えるようにしてください。

「虚偽の報告」と感じる方もいると思いますが、拡大解釈をすれば欲しい商品を購入しただけなので嘘とは言えません。

嘘をついても違法ではなく法律で罰せられることはないですし、カード会社からしつこく追及されても本当のことは言わないで大丈夫です。

クレジットカード現金化を疑われた時の言い訳

次にクレジットカード現金化をカード会社に疑われた時の言い訳と事前事後の対応を解説していきます。

そもそもクレジットカード現金化を疑われないようにする対処法もあるので参考にしてみてください。

高額商品を購入した目的を伝える

カード会社から電話がきて確認されることはケースによってまちまちですが、購入目的を聞かれるケースは多い傾向があります。

その時、スムーズに購入した商品の目的を伝えることができればクレジットカード現金化の疑いが晴れることでしょう。

クレジットカード現金化業者によって購入する商品は違いますが、家電であったりブランド品であったりと高額商品を購入して現金化する仕組みが多いです。

その時に、どんな商品だとしても「自分で使うため」と言えば大抵の場合、そこから深く追求されることはありません。

逆に「彼女の1年祝いに」や「母の誕生日に」など、細かく言い訳してしまうほうが疑われる可能性が高くなるのでシンプルに対応したほうがいいでしょう。

現金化業者を使わずに自分で現金化を行った場合も同様に「自分で使うため」と言うのがベストな対応です。

しかし、一度に同じ商品を何個も買ってしまった場合はおかしい言い訳になるので他人のプレゼントと伝えた方がいいかもしれません。

カード会社から連絡が来た場合はしばらく利用を控える

クレジットカード現金化を行いカード会社から連絡が来たクレジットカードは監視対象になっている場合が多いので、しばらく利用を控えたほうがいいでしょう。

同じ系列のクレジットカードを所有している場合は同じく監視対象になっているのでそれらも現金化に使わない方が無難です。

利用を控える期間はクレジットカードによって違いますが大体3~6か月程度は利用を控えた方がいいと思います。

毎月の返済をしっかりと行い、カード会社からの信用を回復させてからクレジットカード現金化を行えば今後、カード会社から疑われることはなくなるはずです。

カード会社に事前申告するのも手の一つ

「クレジットカード現金化を行ってカード会社に疑われて言い訳するのは絶対にイヤ!」という方は、クレジットカード現金化の利用前にカード会社へ連絡するのも手の一つです。

カード会社に高額商品の購入を事前に伝えておけば、カード会社の不正防止自動検知機能に引っ掛かることはないので電話が来ることはないでしょう。

しかし、頻繁にやってしまうと逆に怪しまれてしまう可能性があるので、事前申告をしてクレジットカード現金化を行う方法は1~3回程度にしたほうがいいです。

一つのクレジットカードで頻繁に現金化を行う形ではなく、何枚かのクレジットカードをローテーションして利用するのがベストのやり方と言えます。

【まとめ】クレジットカード現金化をカード会社に疑われた時の言い訳

クレジットカード現金化をカード会社に疑われた時の対処法やその後の言い訳などを解説していきました。

現金化業者を利用せずに高額商品を自分で購入し換金する現金化はやり方を間違えるとカード会社にバレてしまうので、細心の注意をはらって行ってください。

同じ高額商品を何度も購入したり、アマゾンギフト券や新幹線の回数券を換金するやり方は高確率でカード会社にバレてしまい失敗するのでやめるようにしましょう。

カード会社にクレジットカード現金化を疑われない方法は優良店の現金化業者を使うやり方です。

優良店ならカード会社にバレない現金化のノウハウがありますし、万が一カード会社から連絡が来た場合の対処法も説明されるので安全に現金化をすることができます。

「カード停止になって一括請求がきた・・」と後悔しないために安心・安全な現金化を利用してみてください。

    • この記事を書いた人

    金子りゅうすけ

    1981年生まれ。福岡在住。現金調達のサイトを立ち上げましたが、審査に厳しいこともあり、なかなか利用者にとって高い壁となっていることを知りました。簡単に現金調達する方法としてクレジットカード現金化をおすすめしています。

    -現金化の流れ