現金化の流れ

家電で現金化するおすすめの方法5選!仕組みから注意点まで徹底解説!

家電で現金化するおすすめの方法クレジットカード現金化の方法はいくつかありますが、その中の一つに家電で現金化する方法があります。

換金率の高い家電を購入し、売却すれば手元に残るお金は他の方法よりも多い場合もあるでしょう。

しかし、逆に換金率の低い家電を購入してしまった場合は大損する可能性があります。

そのような失敗をしないために、この記事を読んで賢く家電で現金化してみてください。

クレジットカード現金化に適したおすすめ家電5選!

クレジットカード現金化に適したおすすめ家電5選!
それでは早速ですが、クレジットカード現金化に適したおすすめ家電を厳選して5つ紹介していきます。

一口に家電と言っても様々な種類があり、家電に詳しくない人は何を買えばいいのか迷うと思うので、具体的な商品名も込みで解説します。

それに伴い換金率も記載しますが、家電の換金率は需要と供給により変動するのであくまでも目安という形で参考にしてみてください。
【自己流】業者を通さずに高換金率で現金化をする方法
【自己流】業者を通さずに高換金率で現金化をする方法

ゲーム機・ソフト

クレジットカード現金化に適したおすすめ家電一つ目はゲーム機とソフトです。

ご存じの人も多いと思いますが、2020年はお家時間が増えたことによりゲーム機の需要が一気に高まり、レトロゲーム機やNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が品切れ状態になりました。

転売ヤーと呼ばれる転売を目的とした人間に価格が吊り上げられて、最盛期の頃は定価29,980円のNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が5万円オーバー、中古のファミコンやスーパーファミコンも高値で取引されていたことは記憶に新しいはずです。

2021年6月現在の換金率が高いゲーム機やソフトは以下の通りになります。

ゲーム機・ソフトの換金率
商品換金率
Nintendo Switch 2019年バッテリー強化版[ネオンブルー・ネオンレッド]70~80%
Nintendo Switch Lite60~80%
PlayStation VR PlayStation Camera同梱版60~80%
PlayStation 5 CFI-100092%
PlayStation 5 デジタル・エディション CFI-100090%
ゲームソフト50~85%

Nintendo Switchはいまだに需要があるので換金率は高めですが、以前のように定価以上で売買されることはありません。

現在一番換金率に期待が持てるのは2020年11月に発売されたPlayStation 5です。

普通のリサイクルショップに売っても換金率はかなり高いですし、フリマアプリをすれば定価以上で売却することも可能でしょう。

しかし、かなり品薄なので定価で購入するのは至難の業と言えます。

もし、ゲームソフトでクレジットカード現金化する時は新作のゲームソフトをなるべく早く売る方法がおすすめです。

プレミアの付いているレトロゲームは別ですが、通常は最新作であればあるほど高値で買取してくれるので高い換金率にしたい人は新作のゲームソフトを売りましょう。

Apple製品

続いてクレジットカード現金化に適した家電はApple製品です。

日本人はApple製品が好きで需要があるため高い換金率に期待ができます。

Apple製品の換金率
商品換金率
iPhone12 ProMax 512GB65~70%
iPhone12 256GB55~60%
iPhoneSE2 256GB(第2世代)50~55%
MacBook Air30~60%

パソコンよりもスマートフォンのほうが高い換金率に期待が持てますが、それでも70%が限度でしょう。

最新式のiPhone12以外はもっと換金率が下がりますし、使用済みの場合は買取不可の可能性もあります。

ちなみに、キャリアのiPhoneよりもsimフリーのiPhoneのほうが若干ですが高換金率なので、新規購入する場合はsimフリー版がおすすめです。

パソコン周辺機器(グラフィックボード)

パソコンや周辺機器は高い換金率に期待が出来る家電の一つですが、スマホの台頭により以前よりも換金率は低い傾向にあるので、パソコンで現金化はおすすめしません。

しかし、グラフィックボードはビットコインのマイニングや自作PCにより需要が高まっており、高い換金率に期待ができます。

パソコン周辺機器の換金率
商品換金率
ROG-STRIX-RTX2080TI-O11G-GAMING70%
ROG-STRIX-RTX2080TI-O11G-GAMING50%
ROG-STRIX-RTX2080TI-O11G-GAMING40%

グラフィックボードに馴染みのない人にとっては、どれも同じように見えるのでクレジットカード現金化で購入する時は品番を間違わないように注意してください。

尚、開封すると換金率が下がるので、クレジットカード現金化をする時は未開封のまま売却するようにしましょう。

カメラ・レンズ

カメラやカメラレンズはカメラ愛好家に需要があるため、クレジットカード現金化の家電と利用することができます。

カメラ・レンズの換金率
商品換金率
Canon (キヤノン) EOS RP RF24-105 IS STM レンズキット75~80%
Nikon (ニコン) Z7II60~70%
Nikon (ニコン) NIKKOR Z 50mm F1.8 S40~45%
SONY (ソニー) FE 24mm F2.8G SEL24F28G40~50%

確かにカメラやレンズは高い換金率ではありますが、現金を手元に残す目的のクレジットカード現金化という観点で言えばあまり高い換金率とは言えないかもしれません。

SDカード

家電のハイテク化、小型化により利用する頻度が高くなったSDカードですが、実は商品によっては高い換金率に期待が持てます。

microSDカードと呼ばれるSDカードよりも小さなもので、50~60%ほどの換金率です。

しかし、買取してくれる場所が限られた店しかないので、お店があまりない地域の人にはおすすめできません。

家電を売って現金化するのは素人でも簡単


家電で現金化とは文字通り、買取価格の高い家電をクレジットカードで購入、売却し現金を得る方法です。

クレジットカード現金化に適した商品は他にもブランド品や高級時計などありますが、それらを現金化するためには高換金率商品の知識が必要になります。

その点家電のクレジットカード現金化の場合は、そこまで知識を必要としません。

家電で現金化するメリットは?

家電で現金化するメリットは「手軽に現金化できる」ことの他に以下のメリットがあります。

  • カード会社に現金化がバレにくい
  • フリマアプリで売却できる
  • ポイントが貰える

何と言ってもカード会社に現金化がバレにくいのが家電で現金化する最大のメリットです。

ブランド品や高級時計などは換金性の高い商品という認識がカード会社にあるため、不正利用していないか目を光らせている傾向があります。

一方、家電の場合は誰でも購入するものなのでブランド品などよりも格段にバレにくいです。

しかし、同じ家電を一気に何個も購入してしまうとカード会社の不正利用システムに探知される可能性があるので、注意しながら購入するようにしましょう。

家電で現金化する際の注意点は?

家電で現金化する際の注意点は?
最後に家電でクレジットカード現金化する際に注意することを解説していきます。

これから説明する注意点を把握し、賢くクレジットカード現金化をしてみてください。

高い換金率は期待できないかも

旬のゲーム機は例外ですが、一般的に身近に手に入る家電に高い換金率は期待できません。

せいぜい70~80%が限界なので、例えば10万円分の家電を購入したとしても7万~8万円のお金しか手元に残らないです。

その点、クレジットカード現金化の優良店を利用した場合は最低でも80%は期待できますし、キャンペーンを行っている時期に利用すれば90%も夢ではありません。

宣伝めいたものに聞こえてしまうかもしれませんが、優良現金業者であれば自宅に居ながら利用でき、その日のうちに現金化することができるのでとても便利です。

売却には結構手間がかかる

想像して頂くとわかると思いますが、家電を購入して売却するのって意外と手間も時間もかかります。

家電量販店などは売り場が広いので目的の家電を探すだけでも一苦労です。

売却する時も意外と手間がかかると思います。

なぜなら、お店によって買取価格が違うからです。

なるべく高く売りたいと思うなら数店舗巡る羽目になるかもしれません。

そのようなことになってしまえば体力的にも精神的にも疲労するはずです。

相場変動が激しいので目的の金額が手に入るかわからない

家電は需要がなくなれば一気に価値が落ちてしまいます。

人気があった家電でも供給過多になってしまえばすぐに価値が落ちてしまい、高い換金率に期待が持てなくなるでしょう。

例えば、ゲームソフトなどは1日で2割くらい安くなることもザラです。

カメラも買取店舗に在庫が沢山あった場合は査定が低くなる可能性だってあります。

グラフィックボードはビットコインの相場に大きく関係するため、ビットコインがオワコンになれば自ずとグラフィックボードの価値も下がってしまうのです。

家電で現金化する方法のまとめ

換金率の高い家電で現金化する方法を解説してきました。

「購入した家電を売却する」というシンプルな現金化の方法ですが、低い換金率の家電を購入すると損をしてしまうことになります。

損をしないためにこちらの記事を参考にして高い換金率の家電を購入し、現金化してみてください。

「家電を購入して売るのは面倒だな」と感じた人は、優良現金化業者がおすすめです。

クレジットカード現金化業者を利用すればお店に行って何かを購入したり、売ったりする必要はありません。

お手持ちのスマホやパソコンからいつでもどこでも利用可能なので、是非この機会に検討してみてください。

    • この記事を書いた人

    金子りゅうすけ

    1981年生まれ。福岡在住。現金調達のサイトを立ち上げましたが、審査に厳しいこともあり、なかなか利用者にとって高い壁となっていることを知りました。簡単に現金調達する方法としてクレジットカード現金化をおすすめしています。

    -現金化の流れ