現金化の流れ

クレジットカード現金化に不安がある人は仕組みからしれば安心できる

投稿日:

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化に不安を覚える場合は、仕組みから知っていくのがおすすめです。
仕組みを知れば安全性などについて学べ、不安を取り除くことが出来るからです。
理解できないものを利用すると不安にかられがちになるため、中身を知っていくことが重要です。

一般的なクレジットカード現金化の仕組みとは?

クレジットカード現金化の仕組みはそれほど多いわけではなく、一般的に商品買取方式とキャッシュバック方式の2種類に分けられます。
それぞれメリットとデメリットが存在し、お金を生み出す仕組みも違います。
クレジットカード現金化を利用したい場合は、簡単にでも内容をチェックして比較するのがおすすめです。
クレジットカード現金化業者に頼らずに自分で現金化を目指すことも可能ですが、手間が増えがちで、リスクがあることにも理解が必要です。
クレジットカード専門化業者はノウハウがあるから成立しているため、高い換金率とスピーディーな振込を両立していることが増えます。
利用のメリットがあるからこそ、専門業者が存在できているのです。

商品買取方式はシンプルでわかりやすいのが魅力

商品買取方式は、購入した商品をクレジットカード現金化業者に買取して貰うのが特徴です。
一般的に換金性が高い電子ギフト券などが使われることが多く、効率的な現金化を目指せます。
実用性が高い電子ギフト券を使えば、それだけ利益を出せる確率が高まるからです。
手続きが早く終わる傾向があることも人気の理由で、主要な現金化手法の一つとなっています。
商品買取方式を採用している業者を見分けるポイントは、古物商としての許可を得ているかどうかです。
商品の買取にはリサイクルショップなどと同じく、古物を買取ための許可が必要になります。
許可を得ている業者は法律面もしっかりと感がえていると言うことで、安心して頼みやすいのも魅力です。

商品買取方式のメリットはシンプルでわかりやすいこと

商品買取方式のメリットは、指定された商品を購入して送れば現金化が可能なことです。
やることがシンプルで、仕組みもわかりやすいのが魅力です。
案内にしたがって商品を購入し、メールで送るだけというケースが多く、メールが確認できたら振り込みが行われます。
知名度の高いショップが指定され、ギフトカードなどをメール経由で送るケースが多いのも特徴です。
良くわからないブランドや、中小のお店を指定されると不正な何かがあるのではと不安になる人もいます。
商品買取方式はメジャーなブランド、信頼性高いアイテムを扱うことが多いため、購入して買取を依頼するハードルも下がるのです。
また、購入時に分割払いを指定できるケースも存在し、柔軟に対応しやすいのもメリットです。

商品買取方式はデメリットが少ない

商品買取方式はデメリットが少なく、やりとりがわかりやすいのが特徴です。
ただし、メールを使うことが多い関係上、迷惑メール設定などを厳重にしている場合は注意が必要です。
商品購入時の確認を含む、様々な重要情報が届かない恐れがあります。
特に大手キャリアのスマホを使っている場合は注意が必要で、設定から見直さなければ話が進まなくなる恐れがあります。
場合によってはフリーメールアドレスを用意するなど、工夫をすることも大切です。
送り先を間違ったりしないように確認を行い、ミスをしないことも重要になります。
別な誰かが商品を受け取ってしまうと、ミスをカバーするのが大変だからです。
やりとりは慎重に進める必要があります。

購入した分だけお金が返るキャッシュバック方式

キャッシュバック方式は指定された商品を購入した際のキャッシュバックとしてお金を受け取ります。
スマホの乗換えなどに伴うキャッシュバックを想像するとわかりやすくなるかもしれません。
商品や契約の実績作りや販売促進のためにキャッシュバックが使われることは珍しくなく、身近なものになっています。
キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者は売りたい商品や、キャッシュバックのメリットのために現金化を行っているのです。
商品買取方式よりも仕組みが若干複雑になるものの、手続き自体はシンプルにまとまっていることが特徴です。
即日現金化が可能なケースも多く、メジャーな現金化方法になっています。

キャッシュバック方式のメリットは商品が貰えること

キャッシュバック方式の最大のメリットは、商品を購入し、その商品を自分が貰うことが出来る点です。
クレジットカード現金化をしつつ商品が貰えるため、買取方式よりもお得感があります。
ただし、指定商品はクレジットカード現金化業者によって違うため、何を購入する必要があるかは確認が必要です。
購入するものが情報がメインである場合はメールアドレスが、物である場合は住所情報が必須になります。
どちらも本人確認や、各種確認のために必要になることが一般的なため、それほど不便を感じにくいのも特徴です。
購入後に商品が届く以外は、商品買取方式とほぼ一緒の流れで振込が行われます。

キャッシュバック方式のデメリットは物が届いた場合にどうするか

キャッシュバック方式のデメリットになるのが、届いた物をどうするかです。
受け取らなければ手続きが完了しないケースがあること、家族がいる場合は何を購入したか確認される場合があります。
クレジットカード現金化やお金を使って何かを購入したことがトラブルの元になる可能性があるのです。
家族がいる場合はより慎重に考える必要があります。
トラブルを避けたいのであれば、メールのやりとりで完結する商品を扱う業者を選ぶか、買取方式の業者を選ぶかになります。
実用性がある商品であれば問題はないものの、受け取って困る商品を購入しないよう事前の確認は必須です。
また、どんな商品を購入しなければならないか、クレジットカード現金化業者のページからは読み取りづらいのもネックと言えます。

  • この記事を書いた人

金子りゅうすけ

1981年生まれ。福岡在住。現金調達のサイトを立ち上げましたが、審査に厳しいこともあり、なかなか利用者にとって高い壁となっていることを知りました。簡単に現金調達する方法としてクレジットカード現金化をおすすめしています。

-現金化の流れ

Copyright© クレジットカード現金化ランキング!即日現金を調達できるおすすめな優良店を比較 , 2021 All Rights Reserved.

おすすめな現金化業者NO.1
プライムウォレット公式