ブランド品で現金化!高く買い取ってもらう方法とは?

現金化 ブランド品
調査員:だいすけ
現金化自分でする方法の中でも、わかりやすいのが物品の現金化です。

いわゆる換金というやり方なのですが、その対象になるものは様々です。

その中でも、比較的持っていることが多く、換金しやすいものについてをご紹介します。

目次

ブランド品を質屋で高く買い取ってもらう

女性はバッグに洋服、小物に時計など、ブランド品を持っている人も少なくないでしょう。

しかも、ブランド品が好きな人だとモデルが出るごとに買い替えたりするので、当然古い型のものは自宅にたまっていく一方なのではないでしょうか。

もしも、ブランド品が好きでついつい買ってしまい、無駄にため込んでしまうという人がいるのであれば、いっそのことそれを現金化してしまうのも一つの手段です。

他にも、自分で買っていないけど元恋人にもらったプレゼントなどでもあまりデザインが好きではなくて使っていないというものでも、クローゼットの中で眠らせ続けるのは、宝の持ち腐れだと言えます。

また、ブランド品を扱うお店は決済の種類も多いため、d払い現金化などの後払い現金化に利用できるのもメリットの1つです。

使用済みでもそうでなくても、質屋で買い取ってもらうことができる上、人気なものだと、そこそこの値段で取引をしてもらえます。

質屋に買い取ってもらいお金を手に入れよう

質屋に買い取ってもらいお金を手に入れよう


ブランド品をたくさん持っている、しかもほぼ使っていないという状況であれば、ただ持っているよりもお金に換えてしまったほうが、新しいものを買いやすいでしょう。

特に、エルメスシャネルヴィトンなどの人気が高いブランドの商品なんかだと、買い取り値段が古いものでも結構いい値段になっていることもあります。

ただ、ブランド品の買い取り価格は、時間がたつほど下がってしまうので、なるだけ早めに買い取ってもらうことが高く売るコツです。

委託販売やオークションを利用する

他にも、質屋ではなくネットでの委託販売オークションなどを用いることによって、直接ほしい人に売却するという手段もあります。

こちらでは、そのブランド品をほしい人がありきでの商売になるので、質屋などで売るよりもさらに高い値段がつくこともあります。

ただ、この場合は質屋と違って、買い手がつかなければお金になりません。

売却する際にある程度の需要や人気があり、買い手が付きそうかどうかを判断しなければいけません。

勿論、買い取り手がたくさんいるブランド品ならば、質屋よりも高い値段で買い取ってもらうこともできるでしょう。

管理やマネジメントを自分でやらなくてはいけない分、利益は大きく出ます。

金、銀、プラチナなどの貴金属は今高額で現金化することができる

金、銀、プラチナなどの貴金属は今高額で現金化することができる


お金がどうしても必要な場合の資金調達といえば、稼ぐ、借りる、そして換えるというのがやはりシンプルな手段でしょう。

その中でも、とくに大きな金額のお金の調達に使える手法についてご紹介します。

金、銀、プラチナの高く売れる現金化方法

現金を手っ取り早く、しかもある程度まとまった高額のお金が必要という場合、金・銀・プラチナと言った貴金属の換金が非常に便利です。

金やプラチナのネックレスは、ダイヤモンドなどの宝石類と組み合わせて、デザインされているものも多くあります。

貴金属は宝石類の装飾品やアクセサリーなどと組み合わされているデザインを思い浮かべやすいのですが、最近では資産として購入する人も結構いるようです。

純金は安定した資産になりますし、値が落ちる心配が資金よりも少ないという利点があるからです。

貴金属は需要供給の関係により、価格は多少変動するのですが、それでも通貨不安がある中では、貴金属は非常に価値が高くなりやすいと言えます。

今は価値保蔵のために貴金属が高値で取引されているのです。

金銀プラチナは買い取ってもらって換金

近年では、金の価格がメディアなどでも注目を受け、思いもしない金額に上がっていたりもします。

実際、不要になった貴金属類を買い取ってもらい、値段が思ったよりも高くて驚いた、という経験をしている人も少なくはありません。

実際、テレビで貴金属がある程度高値で取引されていることを知り、買い取りをお願いした人も多いでしょう。

これらの買い取りは貴金属のショップ、質屋、リサイクル店などで、以前から行われていたのですが、それが注目され始めたのは経済不安による貴金属の価格上昇が起こってからです。

現金が今すぐ必要だという人は、換金率の高さを考えると、貴金属を買い取ってもらうことで、より高値で現金と換えてもらうことができます。

貴金属は担保にもなる

すぐに返済する宛てがあるという場合は、貴金属を買い取りにするのではなく、担保にして銀行などで融資を申し込むという方法もあります。

不動産を担保に入れるのとは反対に、貴金属は動産担保ローンとして取り扱われます。

動産担保

  • 宝石
  • 美術品
  • 自動車
  • バイク
  • 機械  などの不動産以外の資産価値のあるもの

利用者がそれほど多いわけではないのですが、至急お金が必要で、それが返す宛てがあるというのであれば、一つの手段として考えてみるといいでしょう。

銀行以外でも、金融会社などでも取り扱いをしている場合もあります。

ブランド品現金化よりもギフト券現金化が手軽でおすすめ!

ブランド品の現金化は買取商品の中でも換金率も高いのでおすすめです。

ですが、それ以上におすすめしたいのがAmazonギフト券やAppleギフトカードを使たギフト券を使った現金化です。

ギフト券はブランド品のように購入額も高くなく、自分が求める金額で購入することも可能です。

買取サイトでの換金率も90%ほどになるので、ブランド品よりも高いです。
必要なお金が3万円程度であれば、ギフト券現金化が圧倒的に手間もなくいいですよ。

ちなみに、換金率が安定して購入も簡単なAppleギフトカード買取が今1番おすすめになります。

買取ボブ

買取ボブ

買取ボブは、大手お魚通販.comグループのギフト券買取業者です。

グループ内には店頭買取の店舗もあり、ネット上だけの怪しいお店とは違います。
もちろん古物商許可番号を取得しているので、スマホからの申し込みも安心です。

振り込みまでは30分程度かかるものの、24時間営業なので安心してください。

深夜でもスムーズにギフト券を買い取って貰えます。
いつでも即日現金化ができる、おすすめのギフト券買取業者です。

買取ボブ公式サイトへ

買取レオン

買取レオン

買取レオンは、お得感の高さが特徴のギフト券買取業者です。
たとえばnanacoの場合、2回目以降は93%ですが初回買取率は95%と高くなります。

何よりLINEから申し込めば、他のギフト券でも買取率が1%アップ。

しかも銀行口座によっては、振込手数料が無料になります。
余計な手数料を払わずに済むので、額面が少ないギフト券も気軽に現金化可能。

手持ちのギフト券に係わらず、お得に現金化できるおすすめの業者です。

買取レオン公式サイトへ

買取デラックス

買取デラックス

買取デラックスは、古物営業許可のあるギフト券買取業者です。
グループ内には、実店舗で買取を行っているお店があるほど。

スマホからでも安全に手持ちの各種ギフト券を買い取って貰えます。

振り込みスピードも30分とスムーズで、24時間営業なのもポイント。
Amazonギフト券やApple Gift Cardなどが、深夜でも現金化できるので便利です。

初心者も安心して利用できる、おすすめの買取業者です。

買取デラックス公式サイトへ

ブランド品現金化でよくある質問

Q.ブランド品を現金化するときの買取率はいくらですか?
未使用品だと定価の70%が一般的な買取率です。業者によっては未使用品でも50~60%になる場合もあります。現金化する場合は現金化業者に予め相談しておくと買取率70%以上の商品を探してくれます。ロレックスなどの高級ブランドだと買取率100%を超えるのもあります。
Q.どんなブランド品の現金化が人気あるのですか?
高価買取されているブランド品は貴金属なら「カルティエ」、バッグなら「エルメス」「ルイヴィトン」「シャネル」、財布なら「グッチ」、腕時計なら「ロレックス」「ブルガリ」などのブランド品が現金化の定番です。
Q.ブランド品をクレジットカードで現金化してもバレませんか?
通常どおり買い物していればバレることはほとんどありません。現金化目的で何度もブランド品を購入していると利用制限がかかるケースが稀にあります。支払日を過ぎて滞納が続くと購入履歴を調べられるので限度額を下げられたり利用停止の恐れが出てきます。

この記事を書いた人

大学卒業後は定職には就かず、短期の仕事を繰り返しながら気ままな生活を満喫していましたが、不景気で仕事が簡単に見つからず、収入が激減しマンガ喫茶で寝泊まりする生活に。

それでも生活費が足りない状況に陥り、お金を工面する方法を必死で探し始め、いくつかの現金化を試していく中でどんどんと詳しくなり、専門業者を使わない方がもっとお金を手にできるかもとさらにいろんな方法を試してきました。

それでも収入がないと根本的な状況打破はできないため、アフィリエイトなどの様々な副業を実践し、その結果、楽して儲かる副業につられると騙されるケースが多いことを身をもって経験しました。

同じように美味しい話で騙される人がいないようにと、注意を促すために現金化や副業の記事を書いています。

目次