仮想通貨の現金化が便利!マイニングやクレカ購入による現金化方法を解説

仮想通貨(ビットコイン)現金化を行うなら法律知識を増やすと良い
調査員:だいすけ
現金が必要になった際、仮想通貨を持っていればすぐに現金化できるから便利です。

ただ、仮想通貨の入手方法や現金化のやり方を知らない人が多いかも。
仮想通貨の現金化は簡単なので、早めに理解しておくと安心ですよ。

仮想通貨は、

  • マイニング
  • クレジットカードで購入
  • 現金で購入

などの方法で入手できます。
ただ、現金で購入する方法は、投資目的でもなければ現金化の意味があまりありません。

だから重要なのは、マイニングやクレジットカードで用意する方法です。
だけど「マイニングとは何のこと?」など、まだまだ分からない人も多いはず。

そこで仮想通貨の現金化について、

  • 仮想通貨の入手方法
  • 必要なもの(機材、口座)
  • 現金化の流れ
  • 現金化におすすめの仮想通貨の種類
  • 税金

など、初心者でも分かるように詳しく解説します。

目次

現金化に必要な仮想通貨の入手方法はマイニングとクレカでの購入

現金で仮想通貨を購入できるなら、現金化は必要ない状況のはず。
そこで現金が無くても仮想通貨が入手できる

  • マイニング
  • クレジットカードでの購入

と2種類の方法を詳しく解説します。

マイニングで手軽に仮想通貨を入手

現金化を行う際に「マイニングとは何か?」と疑問を感じるかも。
マイニングとは、

  • ビットコイン
  • イーサリアム

などの仮想通貨の採掘を指す言葉。
PCのCPUやGPUを使用して、掘り当てることです。

仮想通貨は数に制限があり、有名なビットコインも枚数が決められています。
数に制限があるとはいえ、需要が増えてくれば仮想通貨一枚分の価値も上昇。
投資目的として、多くの人が利用していますよね。

仮想通貨は取引所でも購入可能。
ですが、マイニング(採掘)でも入手可能なんです。

市場に仮想通貨の枚数が出ていないなら、マイニングでどんどん仮想通貨を得ることができます。
仮想通貨の種類や需要が上がってきているため、マイニングは収益を得る方法として注目されています。

助さん
助さん
マイニングで仮想通貨を採掘しても、収益を得ることができるのですね。
マイニングで掘り当てれば、実質無料で仮想通貨が手に入るわけだね。
お銀
お銀

クレジットカードで購入可能!仮想通貨は現金化方法として効率的だった

仮想通貨現金化はクレジットカード現金化の手法として効率的だった

仮想通貨現金化は、クレジットカード現金化の手法として実現出来れば効率的だと考えられます。
なぜなら、現金化を行うまでのステップが分かりやすいからです。

現金化ステップ
  1. クレジットカードで仮想通貨取引所の口座へ資金を入金する
  2. 購入したい仮想通貨を取引所経由で売買して購入する
  3. 取引所に設置された換金所で法定通貨へ換金する
  4. 指定した銀行口座へ日本円を送金する

これらの流れは、わずか1時間以内に自分で行えます
しかもビットコインといった、取引量が多い通貨ならばすぐに取引可能です。

購入可能な仮想通貨は、取引所により異なります。
でもクレジットカード経由で、取引所の口座へ電子マネー感覚で入金。
その後、取引を繰り返してから好きなタイミングで換金出来ます。

取引や換金を行うたびに一定の手数料は掛かることに。
だけどクレジットカード現金化業者を使った時の手数料よりも遥かに少ないのがポイント。
数%程度で、仮想通貨現金化
が実現できます。

日本国内の取引所ではクレジットカードで仮想通貨を購入出来ない

かつては日本の仮想通貨取引所でも、クレジットカード経由で取引所口座への入金が可能でした。
実際に2018年初頭までは、クレジットカードを使って国内の取引所でも仮想通貨購入が出来たんです。
でもカード会社の通達により、購入出来なくなりました。

なぜなら、日本のクレジットカードには、

  • 分割払い金利が低いショッピング枠
  • 利息制限法で定められた上限金利ギリギリの高金利で貸し付けるキャッシング枠

があるから。
このキャッシング枠の利用が減るからです。

実際は信販会社によると、ショッピング利用の審査とキャッシング利用の審査が別という理由を挙げています。
それならば、全面禁止にしなくても利用制限額を設ければ済むことですよね。

クレジットカードを使って仮想通貨を購入出来る状況が広まると、仮想通貨現金化を簡単に許してしまいキャッシング枠が利用されなくなります。

海外ではVISAとMASTERブランドの本社が、仮想通貨購入時にクレジットカードの使用を止めるように声明を出したことが影響しています。
仮想通貨はあくまでも法定外通貨であって、法定通貨へ換金出来てしまうからという点が理由です。

日本国内と海外の決済ブランドが両方別々の理由でクレジットカードを使った仮想通貨購入を認めないことに
そのため、クレジットカードでは、仮想通貨が購入出来なくなりました。

仮想通貨をクレジットカードで購入できる海外の取引所

海外の取引所なら今でも仮想通貨を購入出来る


日本とアメリカの仮想通貨取引所を中心として、クレジットカード決済による仮想通貨購入が出来ません。
でも世界中には、まだクレジットカード決済に対応している取引所と両替所があります

なぜなら、VISAとMASTERが出した仮想通貨をクレジットカードにて購入しないようにというのは、あくまでも声明。
利用規約に追加されたわけでは無いからです。

仮想通貨を購入出来るのは?

  • 仮想通貨取引所:BINANCE
  • 両替所:Changelly

にて仮想通貨の購入が可能です。

BINANCEで購入した仮想通貨はコインチェックに移せる

BINANCEで使用可能な国際決済ブランドは、VISAとMASTERです。
日本の金融庁が行う仮想通貨に対する規制に対して、強い反発を行っています。
香港にあった本社を地中海のマルタ島に移転させて、手が届かない状況としています。

仮想通貨の中でも、下記4通貨についてのみクレジットカード決済にて購入出来ます

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

BINANCEでは、クレジットカード決済手数料を1購入につき3.5%または10ドルと定めています。
他の仮想通貨取引所では、5%以上の決済手数料を請求しているから良心的ですね。

実際の取引時には0.1%と極めて安い取引手数料で済む点を考えても、仮想通貨現金化を行う最初の仮想通貨購入先候補として相応しいと考えられます。

BINANCEのクレジットカード決済システムには、Simplexを採用。
制限国では購入出来ませんが、日本は制限国に含まれていません。
だから信販会社が通せば、日本からも購入可能です。

Changellyで両替した仮想通貨をコインチェックに移動させる

Changellyは、チェコ共和国にある両替所サービスです。
取引所とは異なり、アルトコインを両替するために本来は設置されています。
MinerGateという仮想通貨のマイニングツール開発会社が運営。
管理がしっかりしているのが特徴です。

クレジットカードはVISAのみが使用可能。
購入可能な仮想通貨はBTC、ETH、BCHの3種類です。
クレジットカード決済手数料は5.0%とやや高め
さらに両替取引手数料が0.5%別途かかります。

説明したように、クレジットカードで仮想通貨を買うには海外の取引所で購入するしかないです。
価値が上がれば他の現金化では不可能な換金率で現金を手にすることができますが、簡単ではありません。

仮想通貨の現金化で必要なもの

マイニングやクレジットカードで仮想通貨を入手・現金化するには、必要なものがあります。
急に現金が必要になったときに、焦らずに済むように確認しておきましょう。

仮想通貨(暗号通貨)取引所の口座

仮想通貨を現金化するためには、取引所を利用する必要があります。
マイニングで掘り当てた仮想通貨も、持っているだけでは自動で現金化はされません。

売買は、取引所で行われます。
だから仮想通貨を日本円に変換するには、取引所の口座開設が必要です。

仮想通貨の取引所は、日本国内の他、海外にも多く設置されています。
日本国内で有名な取引所は、

  • コインチェック
  • GMOコイン

など。
仮想通貨を現金化するなら、手数料ができるだけ安いところを選択すべきです。

仮想通貨を現金化するときは、取引所に手数料を取られてしまいます。
もし大量に現金化するなら、手数料が高いところほど金額的に損することに。
手数料設定は各取引所によって違うので、口座開設前に確認して選択しましょう。

黄門様
黄門様
マイニング現金化のためには、取引所の手数料を確認しておくことも重要じゃな。

仮想通貨の現金化で多いのはコインチェックとビットコインの組み合わせ

仮想通貨現金化を行う際は、日本国内の取引所が必要。
利用例が多いのはコインチェックで、出金手数料に秘密があります。

コインチェックでは、出金手数料を一律400円に設定
現金化する際の金額が大きいほど、有利となるわけです。

アルトコインのままコインチェックへ持ち込んでから両替を行うと、スプレッドが2%となってしまいます。
海外の取引所や両替所でビットコインにした状態で送金すれば、最小限の手数料で賄えます。

銀行口座

現金化には、当然ですが銀行口座が必要です。
換金した現金を実際に使用するためには、現金化したお金を銀行口座に送金する必要があります。
ほとんどの人が銀行口座を持っているはずですよね。
できれば現金化用に、ネット銀行に口座を開設しておくのがおすすめです。

理由は、取引所から銀行口座に送金する際に手数料がかかるからです。
取引所で仮想通貨を日本円に換金する際も手数料がかかります。
さらに銀行に送金するときも手数料が。
現金化で得た資金がさらに損することになりますよね。

しかし、ネット銀行であれば、取引所から送金する際の手数料が無料になっていることが多いのがポイント。
普通の口座しか持っていない方は、仮想通貨現金化用にネット銀行に開設をしておくのもおすすめです。

助さん
助さん
取引所ごとに、どのネット銀行なら送金手数料が無料か確認しておくべきですね。

仮想通貨のマイニングで現金化をするために必要な道具

現金やクレカでの購入と違い、マイニングで現金化を行うためにはさらに道具が必要です。
何も無い状態では、マイニングができません。
だからまずは道具を揃えることが大切です。
どのような道具がマイニングに必要なのか紹介します。

黄門様
黄門様
マイニングには道具が必要なようじゃな。
助さん
助さん
マイニングで現金化を考えているなら、まずは必要なものを確認して費用の計算をしておくべきですね。

仮想通貨のマイニングによる現金化を行うなら、PCが必要です。
マイニングはコンピュータ上で行うため、PCが無いと始まりません。
もしあなたが持っていない場合、購入する必要があります。
ちなみにマイニングを行うためのPCは、デスクトップがおすすめです。

ノートパソコンでもダメなわけではありません。
でもマイニングは、GPU搭載など性能が高いものを選択する必要があります。

ノートパソコンでは、マイニングに必要な性能が充分ではないものも多いので注意。
採掘中に動作が落ちてしまうなど、不安定になることが予想できます。
さらにデスクトップ型PCの中でも、GPUが搭載されているものを準備してください。

高性能GPUを搭載しているなら、マイニングも比較的安定して行うことができます。
仮想通貨を得て、現金化しやすくなりますよ。
また、マイニングを行うと、PCが熱を持つようになるため、排熱性の高いものを選ぶのがおすすめです。
これらの点を考慮してPCを選ぶなら、最低でも10万円ほどの価格になるでしょう。

PCは性能上、デスクトップを選ぶのがいいようですね。
デスクトップだと、最低でも10万円以上の価格になるわ。
パーツをカスタマイズするなら、より出費がかかるから初期費用が高くなるね。
お銀
お銀

用意した仮想通貨を現金化する方法

仮想通貨を採掘したり購入したなら、現金化する方法が大事です。
仮想通貨現金化の方法はいくつか種類があるため、どの方法が自分に合うのか確認しておくとスムーズに対応できます。

現金化の方法は以下のようになっています。

黄門様
黄門様
現金化の方法を確認しておくことは大事じゃな。

仮想通貨取引所で換金する

仮想通貨は、仮想通貨取引所で換金するのがオーソドックスな方法です。
国内にもたくさんあるため、気軽に現金化できます。

仮想通貨取引所で現金化する際は、手に入れた仮想通貨を自分の利用している取引所に送金。
その後レートに従って日本円に換金し、自分の銀行口座に送金する流れです。

手順としては簡単ですが、仮想通貨取引所には「販売所」と「取引所」の2種類あります。

  • 販売所・両替所:仲介者を通して売買
  • 取引所:直接売買

を行うのが違い。

「販売所」は仲介者を通して売買を行うため、現金化する際の手数料が高めに設定されています。
ただ、取引できる通貨の種類が多いのが特徴。
マイナーな仮想通貨でも換金できます。

「取引所」は直接売買なので、現金化の手数料は「販売所」に比べると低いのが特徴です。
ただ「取引所」では、扱っている仮想通貨の種類が少なくなります。
多くが有名なビットコインやイーサリアムくらい。
もし、あなたの仮想通貨がマイナーなのであれば、取引所での現金化は難しいから注意してください。

現金化で取引所を利用するなら、自分の仮想通貨の種類を確認しておく必要があるね。
お銀
お銀

仮想通貨は日本の取引所へ資金を移せば現金化が可能

日本の取引所へ資金を移せば仮想通貨現金化が可能

ちなみにクレジットカード決済で購入した仮想通貨は、日本国内の取引所へ移動。
最終的に銀行口座へ出金手続きを行う流れ
が一般的です。

クレジットカード決済可能な取引所・両替所は、海外にあります。
だから該当する取引所または両替所にて、仮想通貨を購入。
日本の仮想通貨取引所にあるウォレットへ移動させます。

カード決済手数料と資金移動時は、売買取引を行ったことに。
そのため取引手数料がその都度発生します。

発生する手数料

  • 仮想通貨購入時のカード決済手数料3.5%~5%と取引手数料0.1%~0.25%
  • 購入した仮想通貨がビットコイン以外ならビットコインへの交換取引手数料が1回の取引ごとに0.1%~0.25%
  • 自分のウォレットへ送金するための取引手数料が1回につき0.1%~0.25%
  • 日本国内の取引所から自分の銀行口座への出金手数料

全てを合計すると、5%~8%程度となります。
ただビットコインは、リアルタイムで相場が変動しています。
実際には、更に仮想通貨現金化までの間に換金額が変動することになります。

クレジットカード現金化業者を使った場合、15%~21%程度の手数料及び税金額となりますよね。
だからこれらを考えても、仮想通貨現金化は効率が良いわけです。

ビットコインATMで換金する

ビットコインATMを利用しても現金化が可能です。
ビットコインATMは、名前の通りATM式で現金を引き出すことができるサービス。
あなたのいる場所で、直ぐに仮想通貨を現金化できます。

ただ、ビットコインATM利用時には、

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号

などの個人情報の登録と本人確認の作業が必要。
少し手間をかけなくてはいけません。

ビットコインATMを利用する手続きは、

  1. 名前や住所など必要情報を入力して登録する
  2. 送金先のQRコードを読み取る
  3. 指定されたアドレスにビットコインを送金する
  4. 現金を引き出す

という流れです。

仮想通貨を引き出す際の手順は難しくないから、現金化の方法として手軽です。
ビットコインATMは、都心部ではいくつか設置されています。
でも地方では、ほとんどないから注意してください。

利用した際は換金手数料も取られ、2~10%ほどと高いです。
ビットコインATMを利用するときは、デメリットにも注意しておきましょう。

ビットコインATMは、直ぐに仮想通貨を現金化できる特徴が嬉しいですね。
でも、ビットコインATMは都心部のみで、地方にはまだほとんど無いよ。
今後増えてくれば、需要も上がってきそうだね。
お銀
お銀

直接取引で現金化する

仮想通貨の保管は、ウォレットが使用可能です。
だから仮想通貨の現金化方法として、他の人と直接やり取りをする方法もあります。
持っている人同士であれば、直接送金や受け取りが可能です。

あなたが相手に送金した分の仮想通貨を日本円で自分の銀行口座に振込んでもらえば現金化に。
ウォレットは簡単に作成でき、無駄な手数料負担も無いので現金化のメリットがあります。

ただ、ウォレットによる直接取引は、詐欺に会ってしまう可能性も。
仮想通貨を相手のウォレットに送金したのに、銀行口座に現金が振り込まず、持ち逃げされることが想定されるから注意してください。

取引所を利用して現金化するなら、手数料は取られますが持ち逃げリスクはありません。
そのため、ウォレットによる現金化は、相手が信頼できる人限定で利用するのがおすすめです。

黄門様
黄門様
ウォレットによる取引は、相手が知らない人だとリスクが高いようじゃな。
助さん
助さん
もし、ウォレットによる取引をするなら、持ち逃げしない信頼できる人だけに限定した方が安心ですね。

デビッドカードを利用して現金化する

仮想通貨を現金化する方法として、デビッドカードが利用できます。
デビッドカードでの現金化方法は、実際に日本円で換金するのではありません。
商品をカード購入して、その金額分の仮想通貨が引き落とされる仕組みです。

つまり、日本円の換金の手間を省いて、仮想通貨で直接商品を購入する形になります。
利用する際は、デビッドカードで商品を購入。
商品相当額の仮想通貨が引き落とされる形なので、難しい手順もありません。

デビッドカードによる商品交換は、日本円を現金として手にできません。
あくまでも商品を購入する方法。
何か欲しいものがあれば、仮想通貨でも日本円でも同じなので、利用するメリットはあります。
しかし、現金化して手元に置けるわけではありません。
確実に日本円を持ちたい人にとっては、デメリットかも。

デビッドカードは現金化というより、商品購入のために仮想通貨による支払い方法というわけですね。
現金化で日本円を得たいなら、取引所の利用がおすすめだね。
お銀
お銀

現金化におすすめの仮想通貨はどれ?

仮想通貨現金化に適した仮想通貨とは

色々な種類がある中で、現金化に適した仮想通貨(暗号通貨)とは何でしょうか。

ポイントとなるのは、仮想通貨の取引を行った上で利益が出た場合です。
仮想通貨を日本円で現金化(出金)する場合、利用する取引所の出金手数料が大切です。

問題となるのは、クレジットカード決済により海外の取引所で購入した仮想通貨現金化を行うケースとなります。

クレジットカード決済で購入可能な仮想通貨は、

  • 取引量が多い基軸仮想通貨
  • アルトコインの中でも流通性が高いもの

限定です。

具体的には次の5種類と考えておけば間違いありません。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)

ビットコインキャッシュは、ハードフォークにより取引所ごとに表記や取扱が異なります。
日本国内の取引所へ持ち込む際には注意しなければなりません。

最終的にビットコインの形にして日本国内のコインチェックで取引すれば、仮想通貨現金化する際の変動を抑えられます。

ペッグ通貨なら基軸通貨との交換がいつでも可能

急騰や暴落リスクが高いアルトコインについては、基軸通貨となっているビットコインへ交換しておくとある程度リスクを減らせます。

しかし、クレジットカード現金化をすぐに行わずに、期間を置いてから実施する場合もありますよね。
そうなると、一時的に仮想通貨の相場変動を抑える必要が出てきます。

仮想通貨は、取引相場で価値が変わるものが多い状況です。
でも流通用の仮想通貨として設計されているペッグ通貨にしておけば、価値の変動幅は為替相場程度まで抑えることが可能です。

ペッグ通貨とは、仮想通貨発行以降も法定通貨との交換比率が保障されている暗号通貨のこと。
ステーブルコインとも呼ばれているペッグ通貨は、Tether(USDT, EURT)のようにアメリカドルやユーロとの交換比率を固定して発行される法定通貨と価値が連動した暗号通貨です。

法定通貨の中でも

  • アメリカドル
  • ユーロ
  • スイスフラン
  • 日本円
  • イギリスポンド

といった基軸通貨としても一般的な法定通貨に連動したペッグ通貨ならば、1ヶ月経過しても価値がほとんど変わらないか数%しか変動しません

スプレッド手数料を考慮した上で、すぐに仮想通貨現金化を行わないならば、ペッグ通貨へ交換しておく手も有効です。

仮想通貨を現金化したら税金がかかる

マイニングやクレジットカードで購入するなど、仮想通貨経由の現金化は便利です。
でも税金がかかる可能性もあるから確認の必要があります。

仮想通貨取引は、投資にも利用されています。
仮想通貨を現金化することで、収益とみなされることに。
金額が大きくなるほど課税対象となります。

税金の種類によって税率が異なるため、あなたがどれに当てはまるのかしっかり確認しましょう。

黄門様
黄門様
仮想通貨を得た場合は、税金もかかってくるのじゃな。
税金を計算しておかないと、後に支払い義務が生じるからしっかり確認しておくのじゃな。

所得税にかかる税率は最大45%

仮想通貨取引でかかる税金は、最大で45%ほど。
投資の税金は、累進課税が適用されます。
だから利益が大きいほど税率も高くなることに。
最大45%までとなっており、年間利益が4,000万円以上の人が対象です。

仮想通貨取引の利益で4,000万円ほど現金化したと仮定。
この場合の所得税は1,800万円まで取られることになります。
かなりの税額ですが、税金対象は所得税だけでなく住民税もあるから忘れないように。

住民税に関しては、一律で10%ほどに。
年間利益が4,000万円以上ある人は、所得税と合算すると年間利益の55%(2,200万円)を税金として納めなくてはいけません。

これだけ課税されることになれば、後で支払う税金を計算していなくれは大変なことに。
累進課税は金額によって税率が変わるため、しっかり確認するようにしましょう。

助さん
助さん
仮想通貨取引で得た利益は、課税対象だから金額に応じて税金の計算をしておく必要がありますね。

金額が大きくなるほど課税金額も大きくなるので、注意しておくべきですね。

法人になれば税率は20%まで下がる

上記仮想通貨取引で得た利益への課税額は、個人事業主やフリーランスなどの場合です。
もし、法人化しているなら、税金の徴収方法は累進課税ではなく一律制になります。
利益を得たとしても、税金が変わりません。

法人の税率は大体20%前後ほど。
年間所得が800万円以上になると、税率は変わりません。
つまり、仮想通貨取引の収益が大きくなってしまったら、金額を考慮して法人化も考えるべきです。

4,000万円ほどの収益が出た場合、法人なら最大でも23%ほどです。
上記45%と比較すると、約半分ほどに。
収益の大きさによっては、法人化の申請をする方がメリットが大きくなります。
法人化すると税金の支払いを先延ばしも可能なので、検討してみましょう。

ある程度収益が出たなら、法人化した方が税金負担が軽くなるようだね。
お銀
お銀
黄門様
黄門様
仮想通貨取引で収益800万円ほどになれば、申請を考えてみるのじゃな。

仮想通貨を現金化する際の税金対策とは?

仮想通貨取引で利益を得たなら、課税対象となります。
ただ、仮想通貨による税金は、節税が可能なので方法を確認しておきましょう。

仮想通貨に関する税金は、他の投資方法と比較しても不遇です。
利益をしっかり確保するために、以下の対策を考えてください。

助さん
助さん
税金対策をして、利益を確保できるようにすべきですね。

仮想通貨を現金化せずに保有し続ける

現金化しないで保有し続けるのも、仮想通貨の節税方法です。
通常、仮想通貨は、日本円などの通貨に現金化した場合に収益とみなされて、課税対象となります。
そのまま保有し続けていれば、利益とはならないので課税されません。

しかし、マイニングした仮想通貨の場合は、その時点で対価が発生し課税対象になります。
その時の時価総額で、価格が決定し税金額も決まります。

ただ、仮想通貨は価格が変動するため、あなたが得た時よりも価値が上がって価格が高くなる可能性もあります。
もし、その時点で現金化してしまうと、より課税される金額も上がることに。
保有し続けた方が良い場合があります。
保有し続けるなら税金の支払いを先延ばしにして、課税を抑えることが可能です。

仮想通貨は、取引所によってポジションの保有に手数料が取られることもあります。
手数料で損することも考えられるので、注意が必要です。
でも税金負担を軽減するなら、保有し続けることも考えておきましょう。

仮想通貨を現金化せずに保有し続けるなら、節税となる場合もあるようですね。

申告をして経費による相殺を狙う

仮想通貨取引で得た利益は、確定申告により経費を計上して金額を下げられます。
個人事業主や法人として確定申告をした場合は、電気代や家賃を経費として計上することが可能。
マイニングは電気代も設備も必要でしたよね。
だから初期費用を揃えるだけで、経費は数十万になることもあります。

10万円以下なら減価償却にならず、そのまま全て経費として計上できます。
手軽に節税が可能。
一度法人化や個人事業主となれば、必要な作業はないので考えてみましょう。

経費計上すれば、仮想通貨の現金化をしても税金が大きくかからないこともあるようだね。
お銀
お銀

年間利益を20万円以内に収める

税金対象となるのは、年間利益が20万円以上になった場合です。
会社員など本業があるなら、20万円以上の副収入が出ないかぎり税金対象とはなりません。
もし、主婦など給与を得ていないなら、年間38万円まで非課税対象。
そのため、仮想通貨取引で利益を得たとしても、収益を抑えられるなら問題ないので、考えておきましょう。

黄門様
黄門様
年間の収益によっては、税金を支払わなくてもいいのじゃな。

仮想通貨以外の現金化でおすすめは業者を使った方法

仮想通貨を使った現金化は、税金を気にしたりや知識が必要だったりします。

手軽にすぐ現金化したいのであれば、現金化業者を使ってみてください。
仮想通貨のよう元本以上のお金を手に入れることはできませんが、確実に現金化できます。

優良店なら20万円ほどであれば換金率95%~とほぼ額面の金額が振り込まれます。

振り込みも1時間ほどなので、すぐにお金が欲しい人は現金化業者も検討してみてください。

プライムウォレット

プライムウォレット


プライムウォレットは、手続きから振込まで最短10分で完了し、急な資金ニーズに応える信頼性抜群の現金化業者です。

高い買取率も自慢で、最大98%以上の換金率を誇ります。

少額から大口まで幅広い利用ニーズに対応し、さらに特別キャンペーンにより10万円以上で換金率がアップします。

安全の業界屈指で、個人情報のセキュリティも高水準なので、初心者にも安心しておすすめできる現金化業者です。

プライムウォレット公式サイトへ

いますぐクレジット

いますぐクレジット

いますぐクレジットは、最大換金率が99.5%と高い現金化業者です。
しかも後払いアプリやプリペイドカードなどにも対応しているのが特徴。

スマホがあれば手軽に申し込めるため、急にお金が必要になったときに頼りになります。

スタッフ対応・顧客満足度・リピート率でNo.1と、3冠を獲得。
もちろんカード事故0件と、信頼性もあります。

初めての方はもちろん、リピーターにも支持されているおすすめの現金化業者です。

いますぐクレジット公式サイトへ

現金化ベスト

現金化BEST

現金化ベストは、最短3分と迅速な振り込みスピードが特徴です。
混雑時でも10分程度で振り込まれるので、急いでいる時も安心して利用できます。

男性なら最大換金率98.8%の男性限定プランが自動的に適用されます。
リピーターもお得でスムーズに現金が用意できる、おすすめの現金化業者です。

現金化ベスト公式サイトへ

仮想通貨の現金化はタイミングと準備が大事

仮想通貨は、

  • マイニング:地道に貯めていく
  • クレジットカードで購入:必要な時にすぐ入手

と、現金が無くても用意できます。
特にマイニングは機材の準備などが必要だけど、手間がかかるのは最初だけ。
準備が終われば、後は手軽に仮想通貨を入手できるから便利です。
しかも購入する訳ではないので、事業として行っている会社があるほどの魅力があります。

ただ、仮想通貨を現金化する際は、準備とタイミングが大事です。
取引口座が必要なので、手数料などをチェックして早めに準備しておくと安心です。

相場が変動するため、現金化するタイミングで損得が変わることに。
もちろん得するタイミングなら良いけど、儲けすぎると税金の問題も。
会社員でも、確定申告を忘れないようにしてくださいね。

損するタイミングだと、急に現金が必要になったときに悩むことに。
だからもし現金が必要なタイミングが先なら、ペッグ通貨にしておくと安心です。

仮想通貨は、すぐに現金化ができるのがメリット。
余裕があるときに準備をしておくと、現金が必要になった際に安心です。

この記事を書いた人

大学卒業後は定職には就かず、短期の仕事を繰り返しながら気ままな生活を満喫していましたが、不景気で仕事が簡単に見つからず、収入が激減しマンガ喫茶で寝泊まりする生活に。

それでも生活費が足りない状況に陥り、お金を工面する方法を必死で探し始め、いくつかの現金化を試していく中でどんどんと詳しくなり、専門業者を使わない方がもっとお金を手にできるかもとさらにいろんな方法を試してきました。

それでも収入がないと根本的な状況打破はできないため、アフィリエイトなどの様々な副業を実践し、その結果、楽して儲かる副業につられると騙されるケースが多いことを身をもって経験しました。

同じように美味しい話で騙される人がいないようにと、注意を促すために現金化や副業の記事を書いています。

目次