Appleギフトカード・iTunesカードは何に使える?使い道や買えるものを紹介します

Appleギフトカード(iTunesカード)は何に使える?使い道や買えるものを紹介します
調査員:だいすけ
iPhoneユーザーなら、Appleギフトカードは日常的に使っていると思います。
そんなAppleギフトカードですが、たくさんの使い道があるって知っていましたか?

今回の記事では、

  • 使い道・買えるもの
  • 実店舗で使えるか
  • 使うためのチャージ手順
  • 注意点
  • 使い道がない場合

など、何に使えるのかを詳しく解説していきます。

Appleギフトカードは、プレゼントで貰うこともありますよね。
使い道に魅力を感じないときは、アップルギフトカード買取というのも1つの手です。

おすすめの処分方法も紹介していくので、有効活用できるようにぜひチェックしてください。

目次

Appleギフトカード(iTunesカード)は何に使える?使い道や買えるもの5選

Appleギフトカード(iTunesカード)は何に使える?使い道や買えるもの5選
Appleギフトカード(iTunesカード)とは、アップル社が販売しているギフト券。

Appleギフトカードの購入方法については、「Appleギフトカード・iTunesカードを額面よりも安く買う方法!」のページをご覧ください

色々な使い道があるため、5つに厳選して紹介します。
Windows利用者でも買えるものはあるので、ぜひ確認してください。

iTunesストアで音楽や映画の購入

Appleギフトカードは、iTunesストアで音楽や映画の購入に使えます。
iPhoneやMacを使っていれば、最初からiTunesストアは利用できるはず。

音楽は1曲単位で購入できるなど、気軽に世界中のコンテンツを楽しむことができます。

そしてiTunesストアは、Windows版のアプリもあるのがポイント。
Windowsでも音楽や映画を購入できるため、Appleギフトカードは無駄になりません!

iBook storeで電子書籍を購入

iPhoneやMacにあるApple Books(iBook store)を使うと、Appleギフトカードで電子書籍を購入できます。
人気マンガや話題の小説などが、売り切れを気にせず手軽に買えるので便利です。

オーディオブックも販売されているので、通勤・通学時間を有効に使えます。

有料アプリの購入

Appleギフトカードは、App Storeから有料アプリの購入ができます。
もちろんiPhoneやiPad、Macとあなたの使っている機種に応じたアプリが購入可能。

フリーアプリの広告を邪魔に感じているなら、有料アプリの購入は便利な使い道です。
しかもアプリだけではなく、Apple Store appを使えば本体やアクセサリの購入も可能。

Appleギフトカードでチャージしておけば、クレジットカードは必要ありません!
学生でも気軽にアップルの新製品がオンラインで買うことができますよ。

ゲームアプリなどへの課金

スマホのゲームアプリは大人気ですが、課金にもAppleギフトカードは使えます。

クレジットカードで課金をしていると、夢中で使いすぎる心配が。
その点、Appleギフトカードなら自分でチャージ金額を管理しやすいです。
ゲームに熱中しすぎても、使い過ぎが防げます。

ゲームの他にも、配信アプリ用の投げ銭アイテムの購入などにも利用可能。
少額課金が手軽にできるのも、iTunesカードの便利な使い道です。

LINEでマンガやスタンプを購入

Appleギフトカードは、LINEでLINEコインの購入に使えます。

LINEコインを使うとマンガやスタンプが購入ができるので、LINEユーザーにも魅力的な使い道があるんです。

Appleギフトカードを使えば、マンガはApple Booksでも買えました。
Androidの方でも使いたいなら、LINEで購入した方が管理しやすくなります。

LINEアプリからはスタンプだけではなく、絵文字や着せかえなども購入可能。
もちろんプレゼントもできます!

ちなみにマンガ購入とスタンプ購入に使うLINEコインは別物です。
名称が同じで間違いやすいので注意してください。

Appleギフトカード(iTunesカード)で買えるものは実店舗にはない

Appleギフトカード(iTunesカード)で買えるものは実店舗にはない

Appleギフトカードは、アカウント残高にチャージしてから使用します。
そのため、Apple IDとの連携が必要になるので基本的に実店舗で買えるものはありません。

Appleギフトカードを売っている家電量販店でも、Macなどは買えないから注意してください。

その代わり、アカウントと連携できるApple Store(オンラインショップ)を使えば、取り扱い製品を購入可能。
買えるものにはiPhoneのアクセサリーもあるので使い道は多いんです。

ちなみに直営店のアップルストアなら、実店舗でも利用できます。

そもそも現在のAppleギフトカードは、

  • App Store&iTunesギフトカード:チャージ専用
  • Apple Storeギフトカード:商品券として利用可能

と、以前2種類あったギフトカードが統合されたものです。

そのため、Appleストア用の商品券としての機能も併せ持っているのがポイント。
レジで物理的なカードかEメールを見せることで、実店舗でも取り扱い商品が購入できます。

Appleギフトカード(iTunesカード)のチャージするときの手順

Appleギフトカード(iTunesカード)のチャージするときの手順

Appleギフトカードは、Apple ID(Appleのアカウント)にチャージしてから使います。

ただ、Apple IDは持っていても、チャージをしたことがないという人もいると思います。
基本的なチャージの手順を解説するので、プレゼントでもらった場合などの参考にしてください。

iPhoneやiPadでチャージする手順は、

チャージの流れ
  1. App Storeアプリを開く
  2. サインインボタンかプロフィール写真をタップ
  3. 「ギフトカードまたはコードを使う」をタップ
  4. 「カメラで読み取る」か「手動でコードを入力」をタップ
  5. 案内に従いカメラでコードをスキャンするか、自分でコードを入力
  6. 「完了」をタップ

となり、初めてでも簡単です。

MacならApp Store、WindowsならiTunesと、チャージする際のアプリが少し違います。
でもiPhone以外の端末でも同様の手順でチャージできるので安心してください。

ただし、AndroidデバイスだとApple Musicのサブスクにしか利用できません。
そのため、登録もApple Music Appを開いて行います。

チャージに必要な16桁のコードはカード裏面に記載されています。

Eメール版もコードが送られてきますし「今すぐコードを使用する」という便利なリンクがある場合もあるので、事前に確認しておいてください。

チャージできないときの対処法

Appleギフトカードをチャージしようとしたのにできない場合があります。

様々なケースが考えられるので、それぞれの対処法を解説していきます。
あせらずに、表示されているメッセージに応じて対処してください。

カードが無効である

カードが無効だと表示された場合は、入力したコードを間違えている可能性があります。

アルファベットのBと数字の8など、似ている文字を間違えていないか確認しましょう。
カメラでスキャンした場合には、手入力を試してください。

他にも以前販売されていたApple Store ギフトカードの可能性があります。
これはチャージせずに使うタイプなので、カードの種類も確認してください。

カードが使用済みである

カードが使用済みと表示された場合は、2回連続で登録しようとしている可能性があります。

まだ残高に反映されていないなら、一度サインアウトしてからサインインし直してください。

登録できていれば、残高に反映されます。
もし本当に使用済みだった場合は、購入店に連絡してください。

カードが有効になっていない

Appleギフトカードをコンビニなどで購入した際、カードをレジに通すことでコードが有効化されます。

これが何らかの原因で有効化されていない場合はチャージできません。
購入した際のレシートを持って、購入店に問い合わせてください。

別のストアでのみ使えるコード

Appleギフトカードを外国で購入した場合、日本では使えないので注意してください。

国外の友人からプレゼントとして貰った場合など、国が違うと使えません。
日本で利用できるのは、日本国内で販売されているギフト券になります。

Appleギフトカード(iTunesカード)の使い道で注意すること

Appleギフトカード(iTunesカード)の使い道で注意すること

Appleギフトカードには、色々な使い道があります。

でも利用の際には注意点もあり、買えるものと思っていたのにダメな可能性も。
分かりやすく解説していくので、ぜひ確認しておいてください。

オンラインショッピングでは使えない

Appleギフトカードは、一般的なオンラインショッピングでは使えません。

使えるのはAppleストアなど、アップル系のお店だけ。
LINEでスタンプなどが購入できるのは、事前にアプリ内課金という形でLINEコインを購入しているからです。

Appleギフトカードで買えるものは色々とありますが、買えるお店は限られています。

Amazonなどの大手オンラインショップでAppleギフトカードは購入することはできます。
で、もAppleギフトカードを使って買い物はできないので勘違いしないようにしてください。

購入した国でしか使えない

チャージできない原因でも解説しましたが、Appleギフトカードは購入した国でしか使えません。

通貨の違いもあり、別の国ではチャージができないんです。
日本のアカウントを使っているなら、必ず日本で購入してください。

海外旅行に行った際に、残高が足りなくてチャージしたいと思うかも知れません。
だけど現地のAppleギフトカードを買っても、無駄になるので注意してください!

海外でチャージしたくなったら、クレジットカードを使うのが簡単です。

Apple IDにチャージすると他の人に譲渡できない

一度Apple IDにチャージすると、もう他の人には譲渡できなくなります。
残高として残っていても、既にコードは使えなくなっているので注意してください。

Appleギフトカードを貰ったときは、使い道を考えてからチャージするのがおすすめです。
何に使えるのか分からないままチャージしてしまうと無駄にする可能性があります。

チャージする前であればプレゼントしても問題ありません。

レジを通さないと使うことができない

Appleギフトカードは、レジを通さないと使うことができません。
なぜならレジを通すことで、コードの有効化がされるから。

単に16桁のコードで管理しているわけではなく、それぞれが有効かも管理しています。
購入していない(レジを通していない)Appleギフトカードはまだ無効状態。

正しく入力しても、チャージできないので注意してください。

複数枚まとめて購入したときなど、レジで店員さんのミスがあるかも知れません。
もし登録できなかった場合は、レシートを持ってお店に問い合わせてください。

Appleギフトカード(iTunesカード)の使い道がないときは…

Appleギフトカード(iTunesカード)の使い道がないときは…

Appleギフトカードが何に使えるか分かったものの、どれも必要がない人もいます。
特にAndroidユーザーにとっては、買えるものが限られていてあまり魅力がないかも。

そんなときにおすすめの使い道を紹介します。
無理に自分で使わなくても、無駄にならないので安心してください。

恋人や友達にプレゼントする

自分でAppleギフトカードの使い道がないなら、恋人や友達にプレゼントすることができます。

上述したように、1度チャージしてしまうと譲渡はできません。
チャージ前ならばそのままプレゼントできます。

Appleギフトカードの使い道には、ゲーム内課金や音楽の購入などがあります。
ゲームや音楽が好きな恋人や友達なら、喜ばれるプレゼントになります。

もちろん映画を購入して二人で楽しむのもアリ。
iPhoneを使っている知り合いにとっては、Appleギフトカードは魅力的なプレゼントですよ。

買取サイトに売って現金に変える

Appleギフトカードは、買取サイトに売って現金に変えることができます。
額面よりは少し目減りするものの、現金なら何に使えるか悩まずに済みますよね。

ただし、Appleギフトカードなどのデジタルギフト券は、街中の金券ショップではほぼ買い取っていません。
なぜなら、有効なコードか確認する方法が限られているからです。

そのため、確実に売るなら専門のAppleギフトカード買取業者になります。
ただし、ギフトコードを騙し取る悪徳サイトもあるのでサイト選びは慎重にしてください!

おすすめの買取サイトは『買取ボブ』です。

買取ボブ

買取ボブは、買取業者に必要な古物商許可番号をきちんと取得しており、ネットから簡単に申し込めて、30分程度で現金に変えられます。
Appleギフトカードの買取率も高いので、買えるものがなく使い道がない人は買取ボブで売ることも検討してみてください。

買取ボブ公式サイトへ

Appleギフトカード(iTunesカード)の使い道はたくさんある!

Appleギフトカード(iTunesカード)の使い道はたくさんある!

このページでは、Appleギフトカード(iTunesカード)が何に使えるのか解説してきました。
iPhoneやMacユーザーであれば、アプリの購入やゲーム内課金など、使い道はたくさんあります。

Windows利用者でも、音楽や映画が購入できます。
どうしても買えるものに魅力を感じなければ、売って現金にできるので無駄にはなりません。

Appleギフトカードの使い道の重要ポイントをまとめるとこのようになります。

使い道のポイント
  • Apple IDにチャージしてから使う
  • Windowsでも使える
  • 映画や音楽、電子書籍が買える
  • 有料アプリが買える
  • アプリ内課金に使える
  • LINEアプリでマンガやスタンプが買える
  • チャージすると譲渡できない
  • チャージ前ならプレゼントできる
  • 買取サイトで売れる

Appleギフトカードは、Apple IDにチャージしてから使うため街中のお店では使えません。

でもアカウントにチャージしてしまえば、様々なデジタルコンテンツが気軽に買うことができます。
しかもAppleストアを使えば、iPhoneやアクセサリ類も購入できます。

ただし、Androidユーザーだと買えるものに魅力を感じないかも。
そんなときもチャージ前ならプレゼントや買取サイトで売ることもできます。

Appleギフトカードは使い道がたくさんあるので、何に使えるのか確認して有効活用してください。


この記事を書いた人

大学卒業後は定職には就かず、短期の仕事を繰り返しながら気ままな生活を満喫していましたが、不景気で仕事が簡単に見つからず、収入が激減しマンガ喫茶で寝泊まりする生活に。

それでも生活費が足りない状況に陥り、お金を工面する方法を必死で探し始め、いくつかの現金化を試していく中でどんどんと詳しくなり、専門業者を使わない方がもっとお金を手にできるかもとさらにいろんな方法を試してきました。

それでも収入がないと根本的な状況打破はできないため、アフィリエイトなどの様々な副業を実践し、その結果、楽して儲かる副業につられると騙されるケースが多いことを身をもって経験しました。

同じように美味しい話で騙される人がいないようにと、注意を促すために現金化や副業の記事を書いています。

目次