クレジットカード現金化の流れや仕組みを分かりやすく解説します!

クレジットカード現金化とは
調査員:だいすけ
クレジットカードを使用して現金化出来ることを一度は聞いたことがあるけど仕組みについてわからないという声をよく聞きます。

そもそも、クレジットカードって現金とは無縁なものであり、現金化出来ないものではないでしょうか。

クレジットカード現金化は、クレジットカードのメカニズムの異変という言い方も出来てしまうでしょう。その実態を探ってみましょう。

クレジットカード現金化とは

クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠の2つの枠が設けられています。

種類用途
キャッシング枠カードを利用してお金を借りるための枠
ショッピング枠買い物などで利用できる枠

この中でクレジットカード現金化で利用するのはショッピング枠になります。

利用者はこの枠を使って商品を買い、それを業者などに売って現金に変えるといったシステムです。
主に、キャッシング枠を使い切っていて、それでも現金が必要になった際に利用されることが多いです。

キャッシングのように審査もなく、手軽に利用できることから、最近使用している人が増えています。

クレジットカード現金化の仕組み

商品を買うことで現金に換える

クレジットカードで現金化には、大きく分けて以下の4つの方法があります。

「買取方式」
「キャッシュバック方法」
「買戻方式」
「直接購入方式」

ネット通販などでクレジットカードを使い、商品を買うことと似たような仕組みです。

クレジットカードのショッピング枠を使うという点においては同じなのですが、換金スピードなどに違いがあります。

どのような違いがあるのか確認していきましょう。

買取方式の仕組み

買い取り方式とは、客がクレジットカードのショッピング枠を使って何らかの商品を購入し、その商品を現金化業者が中古品(古物)として買い取ることで現金化を行う方式です。

買い取り方式を採用する現金化業者は、古物営業法の適用を受けます。

都道府県の公安委員会から古物商許可番号を取得しないまま営業している場合、違法となります

店頭やウェブサイトにて12桁の古物商許可番号を掲示しているどうか確認しましょう。
許可番号を掲示していない業者は古物営業法に違反しています。

また、悪徳業者である可能性が高いので注意してください。

キャッシュバック方式の仕組み

キャッシュバック方式とは、現金化業者が販売する商品を客がクレジットカードのショッピング枠を使って購入し、その購入金額の一部をキャッシュバックという形で業者から客に還元することにより、現金化を行う方式です。

キャッシュバック方式の現金化業者は、「業者が客から中古品(古物)を買い取る」というプロセスがないため、古物営業法が適用されません。

業者が客に販売する商品は情報商材だったり玩具だったりと、あまり大きな価値を有さないものが殆どです。

なお、商品を何ら販売しないまま単純に現金化のみを行っている場合は違法となる可能性があるので注意しましょう。

買戻方式の仕組み

買戻方式とは、現金化業者が買取業者も兼ねており、利用者が現金化業者から指定されたお店で指定された商品をクレジットカードで購入し、現金化業者兼買取業者が買い戻して現金化を行う方式です。

指定された商品には買戻しや返品オプションが付いており、購入金額から手数料を引かれた額を現金化することができます。

買戻方式はショッピング枠の買取方式と似ていますが、大きく違うのは「購入した商品を売りに行かなくていい」点です。
買戻方式は返品前提で指定されたお店で行われるため、買取業者自らが買戻しを実行します。

現金化するために買取店に持ち込みをする利用者の手間が省け、即現金化できるメリットがあります。
しかし、返品前提でクレジットカードを利用することや、架空の売買契約を結ぶことになるため、カード会社にバレると強制解約などのリスクを伴います。

直接購入方式の仕組み

直接購入方式とは、クレジットカードを使って現行の紙幣・貨幣を購入して現金化を行う方式です。

直接購入方式といっても、現金化業者から直接現金をクレジットカードで購入するわけではありません。
多くの現金化業者では、取扱商品に商品券やギフト券などの「金券」はあっても「現金」はありません。

実際には、フリーマーケットサイトやオークションサイトで売られている現行紙幣をクレジットカードで購入することを意味します。

現金化業者の仕組みは買取方式かキャッシュバック方式が多い

現金化業者の仕組みを4種類ご紹介しましたが、1番よく利用されているのが「買取方式」「キャッシュバック方式」の2つです。

「クレジットカードで購入したものを転売してお金にする」
「指定された商品を購入してキャッシュバックでお金を得る」

どちらも簡単ですぐに現金を手に入れられるので王道的に利用されています。

クレジットカード現金化するときの流れや手順

クレジットカード現金化のサービスはどんな流れなのか?
クレジットカード現金化はかなり前からあるサービスですが、この方法が注目されるようになったのは割と最近のことです。

ここでは、現在どのような手段でクレジットカード現金化がおこなわれているのかについて見ていきましょう。

クレジットカード現金化の流れ①業者を利用するとき

業者を利用時の流れ

  1. 現金化業者に利用の申し込みをする
  2. 現金化業者が本人確認をする
  3. 現金化業者から希望額に応じた購入商品の連絡がくる
  4. 指定された商品をクレジットカードで購入する
  5. 購入した商品を現金化業者に買い取ってもらう
  6. 指定の口座に振り込まれる

すぐに現金化したいという場合には、現金化業者を利用してクレジットカードを現金化することをおすすめします。

現金化業者を利用すると、最短30分で現金化が可能で、手間も掛からず簡単に現金化することができます。

確実に現金化したいという方にもおすすめとなっている方法です。

現金化業者のホームページから申し込むだけで現金化できるという手軽さも便利なポイントとなっています。

クレジットカード現金化の流れ②個人で現金化するとき

個人で現金化する流れ

  1. 換金率が高い商品の調査
  2. 調査した商品をクレジットカードで購入
  3. 購入した商品を買取店に持っていき売る

個人でクレジットカードを現金化する場合のオーソドックスな手段は、

  • Amazonギフト券
  • ブランド品
  • ゲーム機

などを購入すると転売しやすいのでおすすめです。

EメールタイプのAmazonギフト券は、買取店舗も多くて換金率も高いため特におすすめとなっています。

ブランド品やゲーム機などを売るときは、メルカリなどのフリマアプリ、ヤフオクなどのオークションアプリがおすすめです。

ただ、この方法は現金化するまでに時間を要するので、すぐに現金化したい場合は実店舗型の専門業者で売却することをおすすめします。

現金化の手法で早く現金を手に入れるなら大手の優良店がおすすめ

「今すぐ手元に現金が欲しい!」という方は、効率的で時間も早いクレジットカード現金化優良店の利用がおすすめです。

現金化に優良店がおすすめな理由

  • 24時間営業の業者なら時間を選ばない
  • ネット現金化業者は店休日がない
  • 振込までの速さが早い
  • 実店舗まで足を運ばないくていい
  • 商品選定など面倒な手間が不要

手っ取り早く今すぐ現金が欲しい!と言う場合は、WEB上で完結する現金化業者を利用しましょう。

大黒屋の仕組み上amazonギフト券は買取できないので注意

買取大手の大黒屋は、クレジットカードで購入した商品を買取して現金化するシステムを採用しています。

大黒屋は再販目的で買取するため、「売れる価値のあるもの」が大前提。
クレジットカード現金化で定番のAmazonギフト券ですが、大黒屋ではギフト券が登録済みかどうかの確認ができないため買取は行ってないので注意してください。

大黒屋の流れや換金率が高い商品はこちらの記事で紹介しているので、利用を考えている方は目を通してみてください。

大黒屋で現金化する時の流れや換金率が高い商品の詳細はこちら

現金化業者が利益を出す仕組み

WEB上には様々な現金化業者が多く存在し、どのサイトを見ても「高い換金率」をキャッチコピーとして集客を行っています。
現金化業者の利益は「換金率」で儲かる仕組みを構築しています。

換金率は業者によって異なりますが、ある現金化業者の換金率を例にみてみましょう。

換金額換金率利益
1~10万円91%900~9,000円
11~30万円93%7,700~21,000円
31~50万円95%15,500~25,000円
51~100万円97%15,300~30,000円
100万円以上99%10,000円以上

このように現金化した商品の換金率の差額で利益が出る仕組みとなっています。

この表を見た瞬間は「現金化業者の儲けは意外に少ない?」と感じられるかもしれませんが、この還元率は「最高値を参考までに」という数値です。

換金率はその時々の市場に大きく左右されるため、実際の換金率はもっと低くくなります。
その分、現金化業者の利益は表の数字よりも多くなっていくということです。

また、換金率の他に利用者から手数料も徴収するため、その分も利益として上乗せとなります。

現金化業者は転売する商品を使いまわせばいいので、仕入れ等に関する経費もかからないので、利益率の高い商売というわけです。

これが、現金化業者がWEB上で売買するだけでも利益が得られる仕組みになります。

クレジットカード現金化はどのような人が利用しているのか?

クレジットカード現金化は、今すぐ手元に現金が欲しい場合に手軽に利用できる手段です。

とはいえ、「単純に財布の中に現金がない人」が利用するではなく、「本当に今すぐ現金に困っている人」が利用する手段です。

  • カードのキャッシング枠を使い切った人
  • 借り入れの記録を残したくない人
  • 冠婚葬祭など急な現金が必要な人
  • フリーターや主婦など安定収入がない人
  • 事業を経営している個人事業主

このように「何かしら事情がある人」が、今すぐ現金を手にするために利用しています。

では、どういった人がどのような背景でクレジットカード現金化を利用するのかをみていきましょう。

カードのキャッシング枠がなくなった人

クレジットカードには、カードで現金を借りられるキャッシング枠が設けられていて、個人の利用状況に応じて、最大で年収の3分の1まで借り入れすることが可能です。

このキャッシング枠の上限を使い果たしたにも関わらず現金が必要となった人が、「今すぐ現金を手にする手段」として、クレジットカードショッピング枠の現金化を利用しています。

借り入れ記録を残したくない人

「銀行口座の残高以上にお金が必要になったけれど、家族にバレずにお金を工面したい。」
「消費者金融でお金を借りると記録残るから困る。」

クレジットカード現金化は金融機関にお金を借りる行為とは全く異なるため、借金の履歴が残ったり、確認書類が自宅に届いてバレることがありません。

このように、お金を借りた事実がバレると都合の悪い人や、お金を借りた履歴をどこにも残したくない人が、クレジットカードの現金化を利用しています。

冠婚葬祭などで急に現金が必要になった人

「身内の結婚祝いで急に大金が必要になった。」
「冠婚葬祭が続いて一気に現金が必要になった。」

給料ギリギリで生活をしている場合、急な葬儀の香典や、連続する友人の結婚祝いのお金を現金で用意することに困ります。

このような口座残高以上の額の冠婚葬祭費を現金で用意しなければならない人が、取り急ぎ現金を用立てるのにクレジットカード現金化を利用しています。

フリーターや主婦など定期的な収入がない人

クレジットカードの現金化をする人はフリーターや主婦の人がいます。

フリーターの人は正社員として働いている人と違って定期的に収入が入ってこないこともため、何か出費が生じたときに現金化してお金を準備することがあります。

また、主婦の人は夫の給料に頼っていることが多いです。
何か自分の欲しい物や必要な物の支払いがある場合、収入がないので現金化で工面してお金を準備することがあります。

フリーターも主婦も定期的に安定した主婦がないため、現金化はお金を工面する1つの方法として用いられています。

フリーターや主婦などの方は収入がないので現金化に頼ることがあるようですね

事業を経営している個人事業主

個人事業主の方は自分の経営状態によって金融機関へ融資を申込むこともありますが、必ず通過できるわけではありません。

特に個人事業主の場合は収入が不安定と見られてしまい、審査を通過できないことも多いです。

ただ、事業を行っていくためにはお金が必要になるため、その資金として現金化を利用することがあります。

現金化の場合は審査がほぼ不要で誰でも利用することができるため、事業の資金としても計算しやすく事業主にとって1つの金策として用いられています。

個人事業主の方にとって資金が得やすい現金化は計算しやすいようだね
お銀
お銀

クレジットカード現金化はなぜバレるリスクがあるのに無くならない?

クレジットカード現金化は、クレジットカードで商品を購入し、それを売ることで現金を得る手段です。

「商品を購入したものの、やっぱり不要になったので売ってしまおう。」という売買は正当な売買ですが、初めから現金化を目的としてクレジットカードで商品を購入することは、クレジットカード会社の規約で禁止されている行為です。

クレジットカード現金化については、金融庁も注意喚起を出している行為にも関わらず、クレジットカード現金化を利用する人は一向に減りません。

なぜ、カード会社の規約に違反して行政も注意を促しているにも関わらず、クレジットカード現金化はなくならないのでしょうか?

それは、

  • 法律に違反しているわけではないから
  • ニーズがあり利用者が多いから
  • 誰でも手軽に簡単に利用できるから

などの理由が挙げられます。
クレジットカード現金化がなくならない理由を、以下の章で1つずつ解説していきます。

法律に違反しているものではないから

クレジットカード現金化がなくならない理由の1つに、「クレジットカード現金化は違法ではない」が挙げられます。
クレジットカード現金化業者は、あくまでも「不要になった物を買い取っている」古物商です。

したがって、ただ商品の対価としてお金を利用者に渡しているだけでは何の問題もありません。

初めから現金化目的で換金率80~95%で現金化が成立した場合、この換金率は法定利息を超えることになりますが、クレジットカード現金化業者は賃金業ではないため、賃金業法には触れません。

ここが抜け穴でグレーゾーンとなっています。

「現金化業者も賃金業者にしてしまおう」という流れも一時期ありましたが、純粋に不要になった物を売買している行為と、現金化目的で売買している行為の見極めが困難なことから、現在も現金化業者を法律で縛ることはできません。

法律で違反されていませんが、現金化目的での使用はカード会社は認めていません。
もし現金化がバレてしまうと、カード停止などの厳しいペナルティがあるので気をつけてください。

現金化バレたらどうなる?クレジットカード現金化がカード会社にバレる理由と対策を解説します

ニーズがあり利用者が多いため

クレジットカード現金化がなくならない2つ目の理由に、「ニーズがあり利用者が多いから」が挙げられます。

2016年に賃金業法の改正があり、借金の限度額が年収の1/3までになりました。
これは1つの金融機関からではなく、トータルの限度額です。

キャッシングした場合、どこでいくら借りたなどの情報が金融機関ネットワークで共有されるため、借入の限度額を超えている場合はお金を借りることができません。

このことが、クレジットカードショッピング枠の現金化を助長させたといってもいいでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠を使い切ってもショッピング枠は普通に使えます。
しかも、金融機関からの借入とは異なるため、借入の履歴も残りません。

今すぐ現金が欲しい人にとってクレジットカード現金化は、実に都合よく利用しやすいサービスとなっているのです。

現金化の流れや手順が簡単で誰でも利用できるから

クレジットカード現金化がなくならない3つ目の理由に、「現金化の手順が簡単で利用しやすい」が挙げられます。

クレジットカード現金化は、クレジットカードがあれば誰でも簡単に利用できます。

  • 審査不要
  • WEB上で指定商品を購入するだけ
  • 売りに行かず振り込まれる

このように現金化業者を利用すれば、換金率の高い商品を調べたり実店舗に売りに行ったりせず、時間と場所を問わずWEB上で現金化が完結します。

今すぐ現金が手元に欲しい人にとっては、この手軽さと即金性はメリットにしか映りません。

クレジットカード現金化に関するよくある質問

クレジットカード現金化に際しよくある質問をご紹介します。
実際に利用する前に不安点を解消しておきましょう。

Q.クレジットカード現金化とは何ですか?
クレジットカード現金化は、クレジットカードで購入した商品を売却して現金を得る方法です。消費者がクレジットカードで購入した商品を業者が買取ることで現金を入手できます。
Q.クレジットカード現金化とはどのような仕組みですか?
クレジットカードに付帯されているショッピング枠を使用して、商品の購入を行います。キャッシング枠とは別の扱いであり、商品購入するときに使用でき、それを売却することで手数料を引いた金額を入手できます。
業者にお願いするときに審査はありますか?
クレジットカード現金化を業者に依頼する時、審査は何もありません。
クレジットカードを持っている人なら誰でも審査なしで利用可能です。
どのような商品が送られてきますか?
クレジットカード現金化を「買取方式」で行った場合は、Amazonギフト券やゲーム機などの換金率の高い商品が送られてくることが多いです。

また、「キャッシュバック方式」で行った場合は、CD-ROMやDVDなどのように商品自体にあまり価値がないものが送られてくることが多いです。

申し込むときに必要な書類はありますか?
クレジットカード現金化を申し込む際に必要な書類は、身分証明書(運転免許証や保険証など)と振込先の金融機関の情報です。
申し込み後にキャンセルすることはできますか?
クレジットカード現金化を申し込んだ後に気が変わった場合、決済が行われる前であればキャンセルは可能です。
しかし、決済が完了したあとのキャンセルは基本できません。

仮に出来ると言われても、キャンセル料を支払わされたにも関わらず返金されなかったというトラブルに巻き込まれるリスクがあることを知っておきましょう。

入金までにはどれくらいの時間がかかりますか?
クレジットカード現金化で入金までにかかる時間は、平均すると約30分程度となります。
業者によっては3分~5分のスピード入金もあります。

ただし、初回取引で手続きが別途必要だったり、繁忙期で申し込みが殺到している時期は30分~60分みておくと無難です。

現金化の上限金額はいくらですか?
クレジットカード現金化の上限金額は、クレジットカードショッピング枠に設定されている金額です。
ショッピング枠の限度額は個人の利用状況や支払い能力によって設定されています。
クレジットカード現金化で後悔することはありますか?
早く現金が欲しいあまり、現金化業者について何の情報も得ずに利用すると、思っていた換金率と違ったり、支払いができずにカードが止められたりと痛い目に遭います。
利用前に現金化業者についてリサーチをするだけで後悔のない現金化が可能なので、慌てず慎重に行いましょう。

下記の記事で利用者の後悔事例や対策を紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

知恵袋や2ちゃんねるの口コミなどは参考にして良いのでしょうか?
知恵袋や2ちゃんねる(現5ちゃんねる)には、実際に現金化業者を利用した人のリアルな口コミが掲載されています。
専用スレッドがあるため、検索しても見つからない新しい業者の口コミや、実際の振込金額なども確認できますよ。

ただ、中にはサクラなどの書き込みもあるため、すべての口コミを参考にして良いわけではありません。
口コミの見極め方やどのサイトを利用したほうがいいのかを知りたい方は、下記の記事も読んでみてください。

クレジットカード現金化は流れや仕組みを理解して行おう!

どうしてもお金が必要という時には、クレジットカード現金化も役に立つ方法の1つです。

ただ、クレジットカード現金化には少なからずリスクもあるので、仕組みや流れについては考えることも大事になります。

業者を利用する際はキャッシュバック方式がおすすめなので、選ぶ時のポイントにしてください。

この記事を書いた人

大学卒業後は定職には就かず、短期の仕事を繰り返しながら気ままな生活を満喫していましたが、不景気で仕事が簡単に見つからず、収入が激減しマンガ喫茶で寝泊まりする生活に。

それでも生活費が足りない状況に陥り、お金を工面する方法を必死で探し始め、いくつかの現金化を試していく中でどんどんと詳しくなり、専門業者を使わない方がもっとお金を手にできるかもとさらにいろんな方法を試してきました。

それでも収入がないと根本的な状況打破はできないため、アフィリエイトなどの様々な副業を実践し、その結果、楽して儲かる副業につられると騙されるケースが多いことを身をもって経験しました。

同じように美味しい話で騙される人がいないようにと、注意を促すために現金化や副業の記事を書いています。