商品券などの金券は金券ショップで現金化!方法やメリット・デメリットを解説

金券 現金化
調査員:だいすけ
駅前や繁華街で、金券ショップの看板を目にしたことはありませんか?
あなたは現金化と聞いて、クレジットカードを連想するかもしれません。
ところが、金券ショップは、効率的に現金化できる有力候補の一つです。

金券ショップで手軽に売れる商品券や金券類は、

  • 換金率の高さ
  • 安全性

などで、クレジットカード現金化業者に勝ることもあります。

でも換金率が高いとはいえ、

  • どのように現金化すればいいの?
  • 金券や商品券の現金化は大丈夫?
  • どの商品券が高く売れる?おすすめ?
  • フリマアプリで売るのはダメなの?

と疑問や不安を感じる人もいますよね。

そこで商品券の現金化に金券ショップをおすすめする理由やメリット・デメリットを解説します。

このページでわかる事

金券ショップで現金化できる?商品券の現金化方法

金券ショップで現金化できるか?

金券ショップがおすすめの現金化方法

あなたの手元に後述する金券類があるなら、金券ショップに持ち込めば簡単・すぐに現金化が完了します。

手持ちの金券が無い場合は、現金を使わずに購入する必要が出てきますよね。
だから現金化は、クレジットカードのショッピング枠などを使ってするのが一般的です。
その場合、専門の現金化業者があり、依頼することで現金化を進めます。

しかし、業者にお任せでの現金化には、リスクや危険が伴うもの。
だから、お任せ現金化を回避する人が増えています。
そこで人気が再燃しているのが、金券ショップによる現金化です。

金券ショップは、現金化できる数少ない金券専用の買取店舗と考えて差し支えありません。
何より現金化の主体といってもよいでしょう。

現金化するために買取をしていて、それを売る。
この売買構造が金券ショップには用意されているのです。

ネットオークションやフリマアプリはおすすめできない

金券ショップで売却する以外にも

  • ネットオークション
  • フリマアプリ

を使って、あなたが自分で売却する方法もあります。

ですがこれらの方法では、

  • 商品の出品
  • 落札への対応
  • 商品の発送
  • 落札金額の振り込み

など、とても手間と時間がかかります。

さらに落札金額がそのまま振り込まれる訳でもありませんよね。
手数料や送料などもかかるから、換金率は想像以上に下がることに。

たとえ額面以上で売れても、金券ショップの方が手に入るお金が多い可能性があるので注意してください。

そもそもメルカリなど、金券類の出品が禁止されている場合も。
確実に現金化したいなら、金券ショップが安心です。

どんな金券や商品券が現金化に使えるの?おすすめや換金率は?

どんな金券や商品券か゛あるのか

金券や商品券を換金するときに「どのような種類があるの?」と疑問を持つ人もいるでしょう。
金券や商品券は、

  • チケット版
  • 電子版
  • ギフトカード

などがあり、特徴も違うことがあります。
だから確認しておくことが大事です。

金券と商品券の種類は以下をご覧ください。

黄門様
黄門様
商品券や金券は、種類によって購入方法や換金率などに違いが出てくるようじゃ。
種類を知って、自分に合う金券や商品券を購入することが大事じゃぞ。

現金化で利用する主な金券・商品券

現金化で取り上げる金券は、紙幣のことではありません。
また、有価証券のように、株やそれに類する金融商品でもありません。

現金化する場合の金券は、商品券やギフトカード類のことを指します。

具体的には、以下のようなものを「金券」と呼びます。

金券とは

  • 新幹線や電車の切符(回数券)
  • 株主優待券
  • ギフト券・商品券(アマゾン券、JCBギフト等)
  • 旅行券
  • プリペイドカード
  • クオカード
  • テレフォンカード
  • グルメカード・ビール券
  • 切手やハガキ
  • 外貨
  • 携帯電話
  • 印紙
  • etc.

あまり金券のイメージにない外貨携帯電話プリペイドカードも現金化に使われます。

現金化で利用が多いおすすめの商品券について、おおよその換金率も含めてさらに詳しく解説。

クレジットカード系のギフトカード

カード会社が発行するクレジットカード系のギフトカードは、百貨店や大手のスーパーで利用可能。
ギフトカードとしての需要が高い種類です。

クレジットカード系ギフトカードの種類としては、次のようなものがあります。

  • JCBギフトカード
  • UCギフトカード
  • 三菱UFJニコスギフトカード

クレジットカード系のギフトカードは、電子マネーなどで購入することが可能
需要が高いため、金券ショップでも最高95%で買取りしてもらえる可能性があります。

金券や商品券の中でも、現金化におすすめと言えるでしょう。

助さん
助さん
クレジットカード系のギフトカードは、大手スーパーならどこでも使用できるので、換金率も高くなっているようですね。
需要が高いギフトカードは、換金するときもお得だと覚えておくといいようですね。

大手スーパーが提供するギフトカード

大手スーパーもギフトカードを発行しています。
もちろんショッピングで使用可能。
大手スーパーが提供しているギフトカードには、

  • イオン商品券
  • 全国百貨店共通商品券

などがあります。

イオン商品券や全国百貨店共通商品券は、使用できるお店も多く、換金率も90~95%ほどと高い可能性があります。

大手スーパーのギフト券は、クレジットカードでの購入が難しいことも。
だけど手に入れば、高い換金率が期待できます。

また大手スーパーは、旅行券や図書カードも提供しています。
でもこれらの商品券は、利用対象が限られているのが違い。
換金率は80~90%ほどになります。
高い換金率ですが、イオン商品券などと比べると下がります。

大手スーパーが提供している商品券は、種類によって換金率に違いが出るようですね。
使用範囲が広い商品券が換金率が高いので、購入時にはしっかり考えましょう。

レストランなどが提供する食事券

レストランが提供している食事券も、商品券として価値があります。
だから現金化にも利用可能です。

レストランが提供している商品券には、次のようなものがあります。

  • ジェフグルメカード
  • ビール券
  • ハーゲンダッツギフト券

全国のレストランや店舗で広く利用することができるため、換金率も高く90%ほどを記録しています。

特にジェフグルメカードは、利用できる店舗数が他の食事券とは違うので、換金率93%ほどで買取ってもらうことも可能です。
さらにビール券は、需要の高さから95%以上で換金してもらえることもあります。

レストランの商品券は、換金率が他の金券やギフト券よりも高いので期待を持てます。

レストランの商品券は、需要が高いので95%以上で買取りをしてくれることもあるようですね。
特にビール券やジェフグルメカードの金券率が高いので、現金化の際は重宝できそうです。
お銀
お銀

ネットショップが提供するギフトカード

ネットショップが提供するギフトカードも、換金率が高いので現金化に考えることができます。

ネットショップが提供するギフトカードで有名なのは、次のようなものがあります。

  • Amazonギフト券
  • Google Playギフトカード
  • iTunesカード

ネットショップが提供するこれらのギフトカードは、コンビニなどで簡単に購入することが可能。
またメールタイプなら、直ぐに購入できる
手軽さと素早さも持ち合わせています。

ネットショップが提供するギフト券も需要が高いため、換金率は90~92%ほどで買取りをしてもらえます。

直ぐに換金したい人にとっては、魅力のある金券と言えるでしょう。

黄門様
黄門様
ネットショップが提供するAmazonギフト券などは、コードをメールで送信するだけで簡単に換金を行うことができるんじゃ。
お手軽なので、即日で現金化できるぞ。

商品券や金券を金券ショップを使って現金化するメリット

金券や商品券の現金化のメリットとは
金券や商品券の現金化には、オークションなど自分で売却する方法もありました。
ただ、金券ショップの利用には、6つのメリットがありおすすめです。

メリット1:業者の良し悪しに関係なく現金化を進められる

1つ目のメリットは、安心して現金化に使うことができる点です。

現金化専門業者の中には、クレジットカードの決済情報を渡さなければいけないことも。
問題や詐欺・悪質業者の餌食にされるケースもあります。

しかし、金券ショップは、クレジットカードやキャリア決済などで購入した、商品券などを売るだけの場所
クレジットカード利用の安全性や悪用などを恐れる必要がないのがメリットです。

メリット2:オークションのように不特定多数の人が買い手にならない

オークションのように不特定多数の人が買い手にならない

オークションやフリマサイトで金券を売る場合、どうしてもトラブルの種になるのが購入者とのいざこざです。
オークション利用の場合、出品した商品を誰が買うか分かりません。
評価だけでは良い購入者とは断定できず、トラブルや問題が発生するケースも少なからずあるのです。

でも金券ショップは、許可を取った買い取り業者としての側面を持ち、相手は会社の1法人だけです。
金券ショップでは相手が事業者として対応してくれます。
どんな人が金券を売っても、手続きとして決まった流れをたどるだけ。
だから問題にはなりません。

実店舗であれば、ネットショップのような持ち逃げもないため、安心して査定で預けられるのもメリットです。

メリット3:有名で人気が高い金券ほど換金率が高くなる

誰でも持っていて、欲している人が多い。
そんな金券は、必然的に換金率も高くなります。
いわゆる、流通市場が活発で需要の高い金券です。

例えば、

人気が高い金券

  • 図書券
  • 大手金融企業の発行する商品券
  • 毎日のようにお客さんがいる新幹線の回数券

などです。

逆に、知名度の低いものやマイナーなお店の商品券など、換金率が低い傾向のある金券も存在します。
クレジットカードやキャリア決済などを利用した現金化をする場合、原価が変わらない金券同士であれば、より高く買い取ってくれる換金率の良い金券を購入するのがベストです。

メリット4:換金率は90%後半が多い

換金率の高さをメリット3で取り上げましたが、実際にどのくらいの換金率になるのか。

多くの金券ショップで採用されている換金率は95~98%です。
実際は、金券の種類によって上下します。
でも標準的な金券でも、この高い換金率が実現します。

90%後半の換金が可能なクレジットカード現金化業者はありません。
だからクレジットカードをそのまま現金化するよりも、金券ショップを介した方が少ない負担で現金化が実現できるのがメリットです。

メリット5:貸金業者ではないから手間がかからない

貸金業者ではないから手間がかからない

金券の現物を持っていれば、どんな人でも買い取ってもらえるのが金券ショップの大きなメリットです。

信用情報や身分確認、審査などがないのは、買取であって貸し金ではないからです。
貸し金で良いなら、クレジットカードのキャッシングで現金を引き出せます。
でもその枠は、5千円から1万円程度。
多くても5万円を超えません。

しかし、消費者金融でまとまったお金を借りたいとなれば、審査や身分確認が必要です。
特に多重債務などで信用情報に登録されている方は、新たにお金を借りるのはかなり難しい状況。

一方で金券ショップは、買い取りに面倒な手続きはありません。
金券に価値があれば、その換金率で買い取りして、売買契約による現金化が可能です。

クレジットカードで購入する場合も、ショッピング枠はキャッシングよりも何倍も高い上限枠が設定されていますよね。
だから現金化できる金額の大きさが全然違うのもメリットです。

当然、現金化しても、金券ショップにお金を返す必要はありません。
利子もなく、現金は本人の手元に収まったらそれで取引は終わりです。
消費者金融との最大の違いです。

ただし、質屋と兼業の金券ショップで売る場合は少し複雑です。
3ヶ月までのそれぞれ月ごとに、質入れ料が一定割合で取られます。

ですが、保管してある金券を取り戻さないと考えれば、そのまま売ったのと同じ扱い。
質屋の方が処分してくれて、返金も必要ありません。
その点で買取とほぼ同じような形の現金化ができます。

メリット6:売れない事態が起こらない

クレジットカードのショッピング枠で購入した商品(金券)を売る場合、商品が全く売れない可能性が。
売り上げを狙って買ったとしても、必ず売れるとは限らないのが一番の悩みごとですよね。

例えば、製品を購入してお店に持っていったが、商品に需要がなくて売れなかった。
値段がつかずに引き取ってもらえなかった。
こういったケースが少なからず存在します。

もちろんオークションなどに出品しても、いつまでたっても売れない。
そんなケースもあります。

しかし、金券ショップは、状態や物品そのものの素材価値ではなく、金券が持っている金銭的価値を重視。
そのため、購入対象の金券なら、状態はそれほど関係ありません。
流動性や人気があるので、商品の流行り廃りに関係なく確実に引き取ってもらえるのがメリットです。

メリット7:どこの業者でも買取りをしてくれる

どこの業者でも買取りをしてくれる
現金化するときは買取業者に自分が持ってきた商品を買取りしてもらいます。ただ、商品によってはどんな商品も買取りをしてもらえるわけではありません。

買取店では買取りできる商品が決まっているものもあり、需要が低い商品は買取りしてもらえないことがあります。

もし、現金化のために商品を購入しても買取りしてもらえないなら意味がありません。しかし、商品券や金券は需要が高い商品となっているので、どこの買取店でも買取りしてもらうことが可能です。

金券や商品券は金銭的価値が高いので流行や商品の価値観が変わることはないので、どこの買取店でも買取りしてもらうことができます。

また、どこの買取店でも換金率が大きく落ちることもないので、換金率も安定していて現金化の際に金額の計算が行いやすいと言えるでしょう。

黄門様
黄門様
金券や商品券がどこの業者でも買取りしてくれるなら、買取店を探す手間が省けるので効率よく現金化できるの
助さん
助さん
換金率も安定しているので、流行によって価値が変化する商品よりも換金の計算も行いやすいですね

商品券や金券を金券ショップを使って現金化するデメリット

金券や商品券を現金化する際のデメリットとは
次に、4つのデメリットを確認しましょう。

デメリット1:クレジットカードで買えない金券が多い

クレジットカード等で買えない金券が多い

金券ショップは他の買取店と違い、金券を専門に買い取る場所です。
そのため、現金化に使う商品が金券でなければなりません。

しかし、現在の現金化事情において、クレジットカードを利用して金券を購入することが難しくなっています。
有名なのはアマゾン券や図書券です。

ヤフオクなどでも、中古で購入しようとしても決済方法を制限されることに。
クレジットカードが使えないケースが増えているのがデメリットです。
アマゾン通販など一部のショップでしか、クレジットカードでの購入ができません。

正規の方法で金券を購入できる場合も、購入枚数に制限が存在するケースも。
原則購入できないと考えてください。

換金率が高く、金券ショップなら確実に現金化できます。
でもそもそも金券が手に入らないと現金化ができない点が大きなデメリットです。

デメリット2:クレジットカードでの金券購入への対策

新幹線の回数券の制限や上記の金券でクレジットカード購入の制限があるのは有名な話です。

高い換金率と確実な現金化で高い評価を受けていても、購入制限で一気に難しくなります。
事業者側の対策として、クレジットカード決済の排除がそれに当たります。
今後も現金化の手段として、クレジットカードを利用する方法は、どんどん減っていくことでしょう。

デメリット3:カード停止や一括請求の危険がある

金券は、クレジットカードで買える場合でも、

  • 大量に購入
  • 繰り返し同じ銘柄や同種の金券類ばかり購入

しているとカード会社から処置が起きる可能性があります。

必ずではなく、可能性があるだけ。
しかし、実際に処置を受ければ、解約や事情説明の要求などが電話でかかってきたりします。

また、継続審査で現金化が判明して、クレジットカード契約解除に至ることも。
この辺りは、利用頻度やカード会社側が問題とする範囲で判断されます。

判断基準の細かいことは決まっておらず、規約としてカード会社が定めているに過ぎないのも確かです。
現金化が明らかで金券ショップに売ったことがばれた場合は、確実に止められることに。
可能性は低くても利用頻度を抑えたり、金額を10万円以下にするなどの対策をしましょう。

デメリット4:換金率が明確でない金券ショップにはリスクがある

換金率が明確でない金券ショップにはリスクがある

金券ショップがすべてホワイトな会社とは言えません。
中には換金率が不明瞭であるケースや、広告で表示している換金率よりも実際の換金が低いケースもあります。

支払い金をちょろまかす会社はほとんどありません。
でもミスで

  • 実際より少ない金額しか支払われない
  • 明細を渡さない
  • 説明にない手数料が取られる

などの不手際もありえます。

そのため、どの金券ショップが良いかリサーチをして、優良なところを選ぶ必要があります。
念のため、悪質だと評判のショップだけは避けるのが無難です。

駅前にあるからと突然持っていて、換金率を確認せずに売るのだけはおすすめできません

商品券を現金に変える場所は金券ショップ以外にもたくさんある

商品券を現金に変えられる場所は、金券ショップ以外にも存在します。

  • ネット買取店
  • 宅配買取サービス
  • 大黒屋
  • ネットオークション

なお、メルカリやPayPayフリマなどのフリマアプリでは商品券の売買を禁止です。
規約違反となるため、利用は控えましょう。

換金率や換金スピードを求める方には、ネット買取店の利用がおすすめです。
ネット買取店は買取戦隊高額レンジャーやギフトアニマルなど種類が多いため、使いやすい業者を選んでみてくださいね。

商品券や金券の現金化に関するよくある質問

Q1.商品券を現金に換えたいときに大黒屋は使えますか?
大黒屋では、商品券を現金に変えることが可能です。
jcbやvisaを始めとした、各種商品券を取り扱っています。

買取は店舗でのみ対応しており、郵送には対応していません。
買取価格・買取率は日時や商品券の種類によっても異なるため、依頼の前に店舗への問い合わせをするようにしてください。

Q2.商品券は現金でしか買えないのでしょうか?
商品券は基本的に現金でのみ購入可能ですが、例外として、jcb商品券がクレジットカードで購入できます。
購入にはjcbのクレジットカードが必要になるため、持っていない場合は現金のみでの購入となります。

Q3.jcb商品券を現金に換えたいのですがどうすればいいですか?
jcb商品券を現金に変える方法は、金券ショップの他に2つあります。

  • ネット買取店
  • オークションやフリマアプリ

すぐに現金に変えたいならば、ネット買取店の利用がおすすめ。
ネット買取店なら最短10分ほどで現金が振り込まれることもありますよ。

またネット買取店は、金券ショップよりも換金率が高いことが多い点も魅力です。
下記の記事で、jcb商品券の注意点なども紹介しているので、より詳しく見てみたい方はこちらも読んでみてください。

商品券があるなら安全・簡単に現金化できる

あなたが商品券やギフトカードなどの金券類を持っているなら、安全に現金化ができます。
その方法も金券ショップに持ち込み、その場で買い取って貰うだけと簡単。
すぐに現金化が完了するので、急いでお金が必要な場合も安心です。

フリマアプリなどで売却する方法でも、商品券の現金化はできます。
だけど安全性や手間を考えると、金券ショップの利用がおすすめです。

しかも金券と金券ショップの組み合わせは、

  • 換金率が高い
  • 手間がかからない
  • トラブルの心配が少ない
  • 必ず買い取って貰える

と、たくさんのメリットがあります。

特におすすめの金券としては、

金券種類換金率
クレジットカード系ギフトカード最高95%
大手スーパーのギフトカード90~95%
食事券・ビール券90~95%
ネットショップ系ギフトカード90~92%

などがあり、どれも90%以上の高換金率で現金化可能です。

ただし、デメリットもあり、クレジットカードでは金券類の購入が難しいから注意してください。
あくまでも商品券があなたの手元にある場合のおすすめ方法です。

もし金券が無い場合は、クレジットカード現金化業者などの利用を検討してください。

この記事を書いた人

大学卒業後は定職には就かず、短期の仕事を繰り返しながら気ままな生活を満喫していましたが、不景気で仕事が簡単に見つからず、収入が激減しマンガ喫茶で寝泊まりする生活に。

それでも生活費が足りない状況に陥り、お金を工面する方法を必死で探し始め、いくつかの現金化を試していく中でどんどんと詳しくなり、専門業者を使わない方がもっとお金を手にできるかもとさらにいろんな方法を試してきました。

それでも収入がないと根本的な状況打破はできないため、アフィリエイトなどの様々な副業を実践し、その結果、楽して儲かる副業につられると騙されるケースが多いことを身をもって経験しました。

同じように美味しい話で騙される人がいないようにと、注意を促すために現金化や副業の記事を書いています。

執筆した記事一覧はこちら