現金化の流れ

クレジットカード現金化を業者を使わずに自分で行う方法は意外とリスクが大きい

投稿日:

業者を使わないで自分でクレジットカード現金化をする方法
クレジットカード現金化を自分で行う場合、何かを購入して買取して貰うことになります。
実用性が高いものほど高く売れるため、ギフト券や新幹線の回数券、各種チケットが人気です。
ただし、購入する場所や買取をしてくれる場所までセットで考えないと、かなりの手間がかかります。
即日現金化が難しいケースや、換金率が低くくなるケースもあるため注意が必要です。

このページでは自分で行うクレジットカード現金化の方法や注意点を詳しく紹介します。

クレジットカード現金化を自分で行う方法は物を購入して売るのが一般的

クレジットカード現金化を自分で行う場合、自分でものを購入し、買取ショップに売るのが一般的になっています。
ブランド品などの金銭価値が高いものを売るか、ギフト券等を購入して金券ショップに持ち込むのがわかりやすい方法です。
未開封新品の家電やゲーム機などが使われることもあります。
どこで何を購入し、どこにどの程度売れるかが重要で、計画的に考えないと換金率を上げることが出来ないのが特徴です。
かつてはスマホの乗換えなどを行ってキャッシュバックを利用する手法などもありましたが、各社が自粛するようになった関係で効率が悪くなっています。
調べなければならない情報が多く、手間がかかりやすいのがネックになっています。

クレジットカードで購入できる商品は限られる

クレジットカードで商品を購入し、リサイクルショップなどで買取を依頼するのはそれほど難しくありません。
しかし、換金率が高いものを購入して売ろうとすると、何を購入するかから考える必要があります。
ギフト券や商品券は非常に換金率が高く、クレジットカード現金化でも人気のアイテムです。
問題はクレジットカードで購入できる商品券などが限られることで、一旦電子マネーに変えるなど手間をかけないと購入できないものもあります。
実用性が低いもの、人気が低いものを購入して売っても、換金率が下がることには注意が必要です。
簡単に、高い換金率で商品の購入から売却までを行えるアイテムは少ないのです。

商品を売却する場合は場所ごとの買取相場をチェック

クレジットカードで購入した商品を売却する場合は、どこに、どのように売るかが大切になってきます。
急ぐ場合は買取ショップを利用するのがおすすめで、買取金額も安定する傾向にあります。
ただし、店ごとの買取率の違いには注意が必要です。
商品には買取相場が存在し、それをどのように考えるかは買取ショップごとにことなります。
リサイクルショップなのか、扱う商品を絞り込んだ専門ショップなのかでも違いが存在し、少しでも高く売りたいなら店ごとの違いもチェックする必要があります。
特にブランド品や家電は価格差が出やすいため、いくつかのお店を比較してみるのもおすすめです。
フリマアプリやネットオークションで売る方法もありますが、お金の受取に時間がかかるのが一般的です。

クレジットカード現金化を自分でするメリットは手数料を抑えられること

クレジットカード現金化を自分で行う場合、業者に支払う手数料を節約することが出来ます。
手元に入るお金が増えるのは大きなメリットです。
自分のタイミングで行動できるため、スピーディーに現金化が行える場合もあります。
ただし、商品選びや買取場所を間違ってしまうと、業者に依頼した方が換金率が高くなる可能性が高くなってしまいます。
住んでいる地域によっては即日現金化自体が難しい場合もあるため、一長一短な部分があるのです。
自分でクレジットカード現金化を目指すのであれば、実際にどれくらい特なのかを自分なりに整理しておくのがおすすめです。
メリットが薄い場合は、自分で現金化するよりも専門業者に依頼した方が割がよくなります。

クレジットカード現金化を自分で行う場合の注意点

クレジットカー現金化を自分で行う場合、業者よりも換金率が高くなるケースもあります。
しかし、換金の手間も考えないと本当にお得かは判断できなくなります。
商品購入や売却のための移動が発生する場合、移動の時間や交通費という負担が発生するからです。
数が足りて入れば値崩れする商品も存在するため、タイミング次第で価格がかわるリスクもあります。
お店自体が営業していないという初歩的なトラブルに会わないよう、事前確認必要になる場合もあります。
限定品は高く売れる可能性が高い一方、購入できるチャンスが少なく、手に入らない恐れもあるなどデメリットも存在します。
自分で現金化を目指す場合、リスクは全部自分で背負うことになることに注意が必要です。

高い換金率で即日現金化をすることは難しい

自分で現金化を目指す場合、購入する場所と売る場所が必要になります。
都心部であれば近くにあることが多くなりますが、地方や郊外の場合は移動の手間が増えます。
購入して即日現金化するハードルが上がるケースは珍しくなく、お金に困ったときにすぐに使えるとは限らないのです。
購入する商品、売る場所にこだわらなければ即日現金化のハードルは下がりますが、換金率は低下する可能性が高くなります。
一般的な家電量販店で商品を購入し、そのままリサイクルショップに持ち込むことも可能だからです。
ただし、それで大幅に換金率が下がっても自己責任になるため、ある程度割りきりが必要になってきます。

換金率が低くなりがちな点は注意

クレジットカード現金化は、商品選びや売却方法に工夫を加えないと換金率が低くなる傾向があります。
専門業者の場合はノウハウがあるため手数料がかかっても高い換金率が実現出来ます。
しかし、独学で現金化を目指す場合は、何を購入すればいいかというチェックから始まり、外れを引いてしまうことが多いのです。
わかったつもりで購入しても売れずに困ることも珍しくなく、実質的な換金率は更に下がるケースもあります。
換金率が高いことがわかっても、実際にその通りにやれるかは話が別で、自分で現金化を目指す人の多くはミスを犯します。
トラブルに合うと必要なタイミングに間にあわなくなる恐れもあります。
安定して、高い換金率で現金化をするハードルはかなり高いのです。

  • この記事を書いた人

金子りゅうすけ

1981年生まれ。福岡在住。現金調達のサイトを立ち上げましたが、審査に厳しいこともあり、なかなか利用者にとって高い壁となっていることを知りました。簡単に現金調達する方法としてクレジットカード現金化をおすすめしています。

-現金化の流れ

Copyright© クレジットカード現金化ランキング!即日現金を調達できるおすすめな優良店を比較 , 2021 All Rights Reserved.

おすすめな現金化業者NO.1
プライムウォレット公式